高齢社会の人たち

今日は高齢社会の哀れさをしみじみ思う一日であった。朝は小雨が残っていたので、なんにもせずにFBを覗いてみると、県境の限界集落で活躍されている友達がニッコウキスゲの写真を載せている。
kisuge.png
岐阜県境の山、白木峰のキスゲだ。吾が輩サラリーマン時代は今の時期に何度も白木峰に足を運んだので、この写真をみて思い出に耽ったのである。
今日は旧市内に住む叔父貴夫妻を訪ねる日だ。出がけにレッドロビーに止まっているカタツムリが♪ つの出せ やり出せ・・・・♪と、やっているのでパチリだ。
カタツムリ
今日は叔父貴の家に、超高齢の義兄弟、年老いた弟夫婦、かなり年老いた甥とその連れ合いが集って、子供を持たない叔父貴夫妻の"暮らしむき”について話合ったのである。
総数10人、最高齢が93歳、80歳代が5人、70歳代が3人、60歳代が1人と高齢社会の典型的な集まりであった。
一家まつい・1 90歳代の義兄弟
お昼には近くの寿司店で会食、”おまかせメニュ”を平らげたのは吾輩と60歳代の2人だ。それでも話は弾んで、やはり”美味いことは大勢”を実証”したのであった。
夏の
 お店の軒下には、強烈な色をアピールして夏の花がさいている。吾が輩、つくづく"人生の夏”に思いを馳せたのである。
 帰宅したのは4時近く、雨はあがっていて、明日の段取りもあり、吾が輩りんご園jの草刈りをした。
今日はこの時間帯も蒸し暑く、一汗もふた汗もかいて、一日をおえたのである。
雲の嶺に夕陽沈む
 今日は夕陽が雲の嶺に落ちた。高齢社会は云ってみれば人生の日暮れ時だ。願わくは綺麗な落日を迎えたいものである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR