隣の”よしみ(誼)”

今日も未明に雨が降ったようで、朝の日課は免除、起きたのは6時近くであった。
隣の家の大木は、薄曇の空に”木へんに夏(榎)”を謳歌しているかのように見える。
大木
我が家の方は枇杷だ。
枇杷実る
 富山でも条件が良ければこの時期、このように実る。
吾が輩、午前は田んぼ(稲田)の補植作業だ。田んぼと云っても僅かの面積、放っておいてもよいのだが農民魂の意地があるのでゴム長を履いて水田に入ったのである。
曇り空は次第に晴れて午後は青空が広がった。隣の家の畑では百合を初めサルビヤなど多くの花が作られていて、見事に咲き競っている。吾が輩”隣のよしみ”で写させてもらった。
百合の花
隣の主人は吾が輩と同い年、お互い兼業農家だったので草花を育てる趣味は似ている。
花の色
でも、この豪華さには吾が輩一目を置くのであった。
午後の吾輩は、林檎の仕上げ摘果だ。今日は午後7時から遠縁の家のお通夜に行って来た。”また従兄弟”の奥さんが亡くなったのだが、義弟のK山さんは、何を隠そう、吾が輩の林檎つくり応援団長、義理・人情は欠かすこと、まかりならぬのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR