二十四節気は「芒種」

 今日は(今日から)芒種、暦便覧には「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり」と書かれている。麦の「芒(のぎ)」を吾が輩大写しした。
のぎ(芒) 芒種の候
 麦は六条大麦、籾穀の先端に付いている長いとげ(針のようにも見える)が「芒(のげ)」だ。芒は稲や麦など禾本科の植物にみられるもの。この時期は秋に蒔いた麦の実が稔って刈り取りが行われる一方、吾輩が若い頃は田植の最盛期だったのである。今朝の吾が輩、ワイフ殿の実家から借りていたトラクターを陸送して返却してきた。5㎞余を40分かけて走行したのだが早朝だったので人にも車にも殆ど会わずスイスイだったのであーる。
田中村 新田のお宮
 途中で何時もとは途がうアングルで牛岳を写し、鎮守の森では神木(立木)に感心したのであった。
ベリー園
終点?近くに有るのがO合さんの観光ブルーベリー園、雲の切れ間からの朝の光で幾何学模様の鉢の列が見下ろせるのである。
 吾が輩、西瓜の授粉をして帰宅、午前は食用菊を定植するうね作りをした。
 午後は西瓜に立てる標識(実が止まった日付け)用の資材?を買いに行き、余った時間はリンゴの仕上げ摘果をした。
芒種の夕暮れ
夕方になってポツリポツリと雨、でも、暫くして雨はあがった。秋になって芒(のぎ)のある穂をつける稲は田植後の好天続きで青田の緑が濃くなったのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR