二十四節気「小満」は終日の雨

二十四節気「小満」は朝から雨で、吾が輩2度寝した。今朝は日課は課せずだ。でもデジカメは休まない。
甘夏の
 きのうから咲き始めた「甘なつ」が今朝はずいぶん花開いた。
コイン精米所
 午前のしごとはコイン精米所で精米をすることだけ。
午後は「とやま日中友好の集い」に出席だ。
車窓の風景
 久しぶりにJRの電車に乗る。車窓に黄金色に実った麦田が広がったのでシャッターを押した。
スーツ姿
 吾が輩今日は久しぶりのスーツ姿だ。市内で写したのがこの写真、花で飾られた目抜き通りは綺麗だ。
講演会
 「とやま日中友好の集い」は記念講演会から始まった。講演は「渤海王国と高志の国の交流」と題して松蔭大学の藤井一二教授、とても有意義な講演であった。
 県日中の定期総会の後は交流懇親会だ。
友好の集い
 金尾会長の挨拶の後来賓の祝辞だ。
大沢、瀋陽総領事 名古屋総領事
来賓の挨拶で日本国在瀋陽総領事、そして中国在名古屋総領事の挨拶は時が時だけに民間交流の重要性を話されて、納得したのであった。集いには中国からの留学生の皆さんも招かれていて、吾が輩も交流に加わってきた。
李 躍さんと 留学生の皆さん
 ツーショットのお相手は県費留学生のRさん、流暢な日本語に感心した。富山大学に留学している皆さんは日本の歌の合唱だ。皆さん明るくて若若しく、この世代の人たちが友好の架け橋になってくれるのを願ったのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

心に太陽を持て
嵐が吹こうと 吹雪が来ようと
天には黒雲 地には争いが絶えなかろうと 
いつも心に太陽を持て。

唇に歌を持て 軽く朗らに
自分の努め 自分の暮らしに 
よしや苦労が絶えなかろうと 
いつも唇に歌を持て。
ーー ツェザール・フライシュレン『心に太陽を持て』 (山本有三訳)

 


プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR