気象の変化

 トップはFBのお友達谷井さんが、飛騨は宮川村の種蔵で写してこられた写真を借用して、先日から載せたいと思っていた「鯉のぼり」の風景だ。
谷井さんの写真(宮川村種蔵
今日は一日天候がどんどん変っていった。吾が輩最近は4時台の起床だが、天気予報を見るとともに自分でも気象予報師よろしく天候の移り変わりを読んで作業の段取りを決める。
 今日は風をどのように予測するかが中心であった。で、早朝にりんごの”アブラムシ”対策から始めた。
 アブラムシは漢字で書くと「蚜」、つまり虫へんに牙だ。牙をむかれると果物は手痛い目に会うので油断禁物なのだ。
小1時間で終えてすぐ、アスパラ菜と、今日からは「サヤエンドウ」も摘み取りだ。朝食までに選別・袋詰め。朝食を済ませて、今日は「地場もん屋」に出荷した。吾が輩の午前の作業は食用菊の新芽を摘んで挿し芽することだ。
食用菊   菊の挿し目
 この作業は天候と関係が深い。好天が3日続いたところで午前の9時代に新芽を摘むこと、挿し芽は先端の3葉でピンチすること、などなどだ。10時過ぎには風が強くなってきたので縁先で作業。そこへ山菜に詳しい床尾さん夫妻がみえて、お土産に素敵な「独活(うど)を頂戴した。
高級独活
これだけの独活をお作りになるのだから脱帽ものだ。午後の吾が輩、町日中の役員会だ。
薬師岳
 終わって帰宅したのが4時、雨が近づくと見えて山が明るく見える、薬師岳は際立っているので柿の枝葉越しにシャッターを押した。夕方は風が一層強くなったので山畑の西瓜トンネルの風対策にいってきた。
夕方
トンネルを被ってネットを張っておいたので飛ばされることはなかったのだが、杭などの固定をして、今夜急変が伝えられる対策をこうじたのであった。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR