あとが怖い

今日は朝から青空が広がり一日中真っ青の空、あまりにも好い天気なので気にかかりだした。
朝は放射冷却で霜が”びっしり”降りた。
 霜びっしり    朝の光
 地表の霜を写真に撮るには”接写”して、と以前谷井先生からお教授いただいたので今日はその通りにした。先日ブログに書いた「水沢あつくて堅し」も写さねばと家の近くに水が張ってある田んぼの氷もデジカメだ。
 吾が輩午前は隣村のF田家の葬儀参列だ。
福田家葬儀
 故人は吾が輩若い頃から何かと声を掛けていただいた方、ご子息も用水組合の組合長を勤めていただくなどお世話になっているので棺の前で合掌、ご冥福を祈ってきたのであった。斎場から外にでると、すばらしい冬晴れ、ならばと吾が輩帰路は遠回りだ。めざすはブルーベリー観光農園だ。
ベr-ベr-ヤミー
案に相違せず見事な眺望が広がるのであった。ついでに丘陵にある我が町の工場団地の幹線道路を通る。
こっちも立山連峰のパノラマが一望できる。吾が輩、中核工業団地線を下りきる地点からの「毛勝三山」に惚れたのであった。
剣と雄山    毛勝三山
今日は立ち位置を変えて立山連峰を愛でてきたのだが、冬といえども、いな冬ならばこその美しさであった
 午後の吾輩はりんごの選定作業だ。例年であれば積雪があって足が冷たくなるのだが、今年はそんな心配はなく、作業ははかどるのであった。
 喜んでいるのは吾が輩だけではない。りんご園の土をねぐらにしている、”もぐら君たち”はトンネル工事を始めた。
もぐら君も
 幹の周りをボコボコと持上げている。獲物はミミズか蝉の幼虫だろうが、お陰で園の土壌改良が出来るので園主は大喜びだ。夕方になって一昨日同様立山連峰はきれいな夕映えになるで有ろう、と吾が輩今日は2回目のブルーベリー園にでかけた。
ゆうがた    夕焼けが綺麗です
 ブルーベリー園からの眺めは思っていたとおりで、綺麗な夕映えであった。西の山の夕焼けも穏やかな一日の終わりであった。
 1月もあと2日、テレビの天気予報ではウェイザーキャスターが1月としては観測史上3番目に酸くない積雪だった、と報じている。春の到来までまだ2ヶ月、年寄りの経験からすれば雪も冬もこのまま済むとは思えない、この後がどうなるのだろうか、またもや”心配性症候群?”が頭を持上げるのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR