水沢あつく堅し

大寒の候も、次候になった。七十二候は”水沢あつく堅し”と云って、沢の氷が厚くはりつめる、とされる。今朝は好く晴れたので放射冷却もキツク、沢はともかく、田んぼの氷溜まりはかなり厚い氷がはった。雪のほうも地表を覆うだけは降って、朝のうちは”やっぱり”大寒だわい、と思ったのであった。
IMG_0760.jpg
日の出は気象情報では6時57分だが、お天道様が薬師岳の南寄りの位置から顔を出されたのは7時20分過ぎであった。うっすらと雪化粧したりんご園に旭が射してイカスイカスだ。
吾が輩午前中はJAと郵便局に行って金策?だ。
10時毛勝三山と剣
 時間の経過とともにまわりの山山は表情を変えてゆく。立山連峰も、どの時間帯に、どの場所から眺望するかでずいぶんかわる。今日は雲一つ無いので日中は剣と毛勝三山がとても綺麗だ。
12時雪は消えた
 10時近くまであった淡雪は、お昼には消えてしまった。りんご園は地表の緑が甦った(チョット大袈裟)。
愛車更新
 吾が輩午後は更新した軽四の代金を支払い、更新した免許証を受け取るのに所轄の警察署に行ってきた。
 吾輩が自動車免許を取得したのは31歳のとき、だから今年で丸50年、高齢者の免許は3年に短縮されるので、、今回の免許証で13回更新したことになる。自動車の方も初めから終わりまで「中古車」ばかり。思えば貧乏な車持ちであった。夕方になって、またかかりつけの医院へ行った。風邪がなかなか治りきらない。風邪は万病の元と云うので、先生の言うことを聞かねば、だ。
りんご園から残照を写す
 それはそうと、七十二候の「水沢あつく堅し」はどうなったのだろうか。朝こそ厳しい寒さだったが、昼から夕方にかけては大寒とは思えない天候。夕方の景色も格別で、入り日を拝んで平和の尊さに思いを致したのであーる。
牛岳に日は沈む
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR