寒気団覆う

寒の入り以来穏やかだった天候も、いよいよ本格的な寒気団の”ご到来”、今日は朝からの雪が時間の経過とともに本降りになってきた。
 吾輩が用いているカレンダーは幾つかあるが玄関に掛けてあるのは富山和子先生の監修になる「米カレンダー」、英語の記事もあって、今や国際的に知られるカレンダー。日本の原風景が月捲りで紹介されている。
 新年の暦も明日で10日になるのだから、雪が降るのは当たり前だ。
米カレンダー
 当たり前の雪が降る今日は、吾が輩パソコンに向って集落の平成24年度農地・水保全会の活動記録を整理・編集だ。
9日の執務
 最近、役所に提出する書類は、すべてパソコン処理が要求されるのだが、吾が輩のような小さな集落では、日中家に居るのは高齢者ばかり、勤めを持っている人が頑張ってくれないと地域の問題が前に進まないので悩ましい問題である。
 事務を処理する貧乏クジを引くのは好いとして、これ以上高齢になると、農村社会はどうなるのだろうか、と、またまた吾が輩の「心配性症候群」が痛むにであった。
井田川の歴史
 吾が輩の集落は1914年8月13日未明に近くを流れる井田川の洪水で堤防が決壊して田んぼの大半が河原になったのだが、今年で丸100年経過したことになる。一世紀の間集落はどう変ったか、大変な変わりようだ。
 今日は当時の資料が無いかも調べながら、今年の「農地・水保全活動」の計画を練るのであった。
 日が暮れて雪は”しんしん”と降っている。今度こそはかなりの積雪をみるものと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR