FC2ブログ

 毎月第1~3の土曜日は詩吟教室がある。我が輩がこの道に入ってもう20年になるのだが、最近になってようやく自分の声が出せるようになったように思う。きょうは「宋代の詩人」戴益作「春を探る」を吟じてきた。 ♪尽日春を尋ねて 春を得ず、芒鞋踏遍す 隴頭の雲、帰り来たって適々梅花の下を過ぐれば、春は枝頭に在って己に十分♪。  早春の頃春景色をさがし、尋ね歩いたという詩であるが、真理を探究して後の悟りを述べたものだと教えられる。今日はとうとう一日細かい雨が降り続いて、春を尋ね歩くことはできなかったが、我が家の梅花は満開が近い。三寒四温には少し間があるようだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR