師走の坂の街、そして”にごり酒”

12月16日、月曜日
 今日は「師」でも無いのに「走」り廻った。
午前は歯科医院へ、2ケ月に一度の定期健診?だ。坂の街・門前町に出向いたので「師走の風景」を写してきた。
坂の街冬景色
 このアングルは何時写してもサマになる。
 出掛けに近くに住む叔父貴夫妻が訪ねてくださって、お歳暮になんと”濁り酒”を頂戴した。
濁り酒
 田舎酒座の「五郎八」とラベルに書かれていて、如何にも旨そうだ。
 午後は、正月に岸和田市で初吟会,ついでに京都で老朋友と旧交を温める段取りにしよう、と、旅行社に行ってJRのキップとホテルの予約を入れてきた。叔父貴の家は旅行社の直ぐ近くなので、午前のお歳暮のお礼も兼ねて、雪を被って美味しくなった白菜とアスパラ菜を摘んでプレゼントだ。
雪を被った野菜
帰宅した後は、北京に住む老朋友あてのメールを認めた。
 吾が輩、晩酌の習慣はないのだが、高価なお酒や好く働いた日は晩酌にありつくことにしている。今夜は見るからに”飲みたくなる”濁り酒、これが飲まずに済まされるかだ。
 待てよ、と吾が輩、ネットで「五郎八」を検索して予備知識を入れてから召し上がることにした。
{「五郎八」は、その名の通り豪快ながらもどこか素朴な味わいです。濃醇で、じっくり旨味が染みわたるようなにごり酒は、体を芯から温めてくれます。古くから伝わる越後民話に登場する、山賊頭領の名前から命名しました。}、とあって吾が輩、”ごっくり”、米の旨味を丸ごとあじわったのであーる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR