雨になれば、なったの仕事

今日は朝から曇り空、吾が輩今日もっとも大切なのはT中家の葬儀参列だ。
9時過ぎ、ワイフ殿と連れ立って葬斎場へむかう。きょうは道順を変えて「万代橋」経由だ。橋を渡り終わった所からの牛岳は、牛が寝そべっているように見える。
牛は長く寝そびる
 山が近く見えるから雨になるのは早いかもだ。
 T中家の葬儀は10時きっかりで始まった。きょうの導師の法衣は葬送に相応しい、と吾輩は思った。
葬送の法衣
 故人は、吾が輩ワイフの実家でよくご一緒した方。享年92歳、読経が済んで故人の”耽読一生”とも思えるお話があって、吾が輩感慨深い思いに駆られたのであった。
帰宅したのは11時過ぎ、雨雲が垂れてきたので、急いで着替え柿の収穫だ。
柿の収穫・1
 道具が好いので雨までの小1時間で百数拾個を摘んだ。
 午後の一番はオークスの外務員氏の来宅だ。七七日法要の段取りをしたのだ。
 3時過ぎから柿の”しぶぬき”作業だ。 
渋抜き・1    樽はイッパイ
 1個1個きれいに拭ってヘタに焼酎を塗る。この焼酎は「しぶぬき専科」と云う焼酎、なんと度数は47度だ。樽の中にセットした特殊のp袋に、行儀よく並べ、かつ積み上げるのであーる。
 予定した数が入ったら、袋に霧吹きで焼酎を吹きかけて、ハイ終了だ。渋が抜けて”さわし柿”になるまでの日数は約1週間、美味しいさわし柿の出来上がりだ。
 雨が降ったら降ったで、楽しい仕事はイッパイできるのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR