遊び心

 「一家の主(あるじ)」と云う表現は古いのかも知れないが、”あるじ”は「家・家族」を背負っている、と思うのが吾が輩達の年代だ。なので、時によりいろんな言動が必要だ。
 今日の吾が輩、朝のうちはキャベツとナツメのラッピングなどをして地場もん屋にだした。
ラッピング
 早めに朝食をとった後は旧市内に住む、妹と叔父貴を訪ねて27日に予定する亡母の七・七日法要(所によっては”満中陰”とも、骨送りとも云う)のことで訪ねた。道すがらうつしたのが冨山城址だ。
車窓から
 今日も朝から青空が広がって秋の深まりを覚えるのであった。訪問先へのお土産は、新米コシヒカリに、リンゴ、さつま芋、キャベツと全て吾輩が作った物だ。
正一叔父貴宅で
 叔母上も”あれまあー”こんなに沢山、と、手放しの喜びよう。帰路は楽しい買い物だ。
窓辺の贅沢 鯉を買う
一つは、この時期欲しいと思っていた”秋の花”、もう一つはミニ泉水で飼う鯉だ。吾が輩の”ささやかな”遊び心とチョットした贅沢だ。
 午後になってファミリーあげて吾が輩のファン?M川さんがりんご園に遊びにやってきた。
5人家族です?    イナゴだよ
 ママさんは身重、だからこの写真は5人写っている?。青空の下子供達はイナゴを見つけて”おおはしぎ”だ。
 3人目のお子さんは胎教”?かなー。
 皆が帰った後、吾が輩は米の乾燥機を清掃、明日行う予定の”庭終い”の準備、その後はオータムポェームとミニ白菜に潅水、と寸暇を惜しんだのであーる。
午後7時からはワイフ殿の縁戚に当るT中家のお通夜にお参りしてきた。
 秋のさなかの3連休、吾が輩いろんな事を全て”こなした”。なので秋空同様、爽やかになっている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 「一家の主(あるじ)」という言葉で思い出しました。高松先生のところで「何がしているか」と聞かれると、「一所懸命にお百姓をしています」というご返事。 「一家の主」として見事な百姓姿に私は感動され、拍手。
プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR