とれ秋見舞い

今日も朝の日課、りんごのパッケージ、出荷と多忙の一日が始まる。今朝は地場もん屋とJA産直店だ。
朝食後は2回目の白菜を定植する畑を耕しウネ作りの準備、そのご午後に予定する籾摺り作業のリハーサル(点検・試運転)を行った。なお、残余の時間は世界一の着色管理だ。
世界一色づく
 世界一は、昨日今日と色付きが進み、マイリンゴとともに絵になっている。
お昼近くになって、かつての中国語教室の朋友で、吾が輩のブログの熱心な愛読者H爪女史が訪ねてくださった。
友情は変えがたし
 嬉しいことに、手作りの、お赤飯と茗荷寿司に加えピオーネの大房まで頂き、吾が輩その友情に感謝・感激したのである。この時期お米の取り入れの真っ最中、昔は親戚の人たちが農繁期見舞いにきてくれたもんだが、今は昔になってしまった。
 午後は乾燥調製仲間、隣家の籾摺りだ。隣家の大将も吾が輩と”おない歳”、2人の老農だけでキツイ作業をするのだから、農村の後継者不足は深刻だ。
籾摺り機械    米水分%
 でも、昔と違って、全自動の籾摺り機と米選機、そして自動計り、とセットにして作業をするので、老農と云えども、昔とった杵柄で、考えようによれば楽しみながら行うことができるのだ。
 嬉しいかなお米の収量は昨年を上回っていて、喜びを分かち合ったのであーる。
終わったのは午後の4時過ぎ、明日は雨との予報なので、吾が輩”もうひとふん張り”と、白菜を植えるウネを作り、一ウネの定植を行ったのである。
白菜定植
明日は雨、とすれば今度は我が家の籾摺りだ。籾は乾燥中なので、今晩は乾せ具合を見ねばならない。”とれ秋見舞い”を頂戴するだけあつて、忙しいわい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR