FC2ブログ

知のミーティング

二十四節気「小暑」の今日は朝から雨、午後は晴れて「小暑」どころか、我慢のならない暑さであった。
 吾が輩「晴耕雨読」で午前の雨は”雨学習?”だ。、と云うのは旧市内ANAクラウンホテルで愛知大学主催・愛知大学同窓会富山支部など後援で開催された「知のミーティング」の公開講演会に出席してきたのだ。
 梅雨空
 会場はホテルの19階、天空の間だ。天空からの眺めは抜群、でも窓ガラスは梅雨の雨にうたれている。
 講演会の演題は「常用漢字と簡体字の違いはどこからきたのか」で、講師先生は、愛知大学孔子学院院長 荒川清秀博士だ。荒川先生は2009年・2010年とNHKの「テレビで中国語」の講師も勤められた方で、吾が輩、漢字の面白さを改めて知ったのであった。
 記念講演
 帰宅して昼食、昼寝から覚めると、雨はあがって、庭の片隅に植えてある「ノウゼンカズラ」が咲き誇っている。
 ネジバナ採用
 晴れれば、じっとしておれないのがファーマーのサガ(性)、吾が輩りんご園の”髭剃り”だ。
 雨あがりの草刈りは能率があがる。刈り進んでゆくと、「ネジバナ」が花開いて、今日は蝶が蜜を吸いに訪れている。。
ネジバナ
 ネジバナはラン科でネジバナ属の小型多年草、条件がよいと年毎に株数が増えるので楽しい。吾が輩のりんご園は御気に召したようで今年はだいぶ株数が増えている。
 今日は蒸し暑く、タップリ汗をかいた。ここ1両日そんなに汗をかかなかったので、今日はしっかり「新陳代謝」をした。なので、お腹が空いて夕食の美味しかったこと。年老いても、これが健康の秘訣であることに変わりが無いのだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR