六月朔日

今日から六月、今年も真ん中に近づいた。
今日は吾が輩4時半起床だが、今朝は東の空は霞んで日の出は拝めなかった。早起きの目的はリンゴの「蚜(あぶら)虫退治だ。ここのところ晴天が続き、雨があったと云え雨量が少ないので、りんごの新梢は”うんと”甘味が増していて、蚜虫が爆発的に増殖し、幼果を舐めるので放っておくと大変なことになる。
 朝が早かったのでゆっくり朝食をとり、しばし休憩。
 午前はトマトの支柱誘引作業だ。吾が輩は今年農業技術者の卵?Y正君と、トマトと茄子について共同研究?をすることにしていて、きょうはY雅君も手伝いだ。
石灰窒素で作るコシヒカリ
 今日は野菜だけでなく、稲のことについても「観察力」を養ってもらった。この田んぼ、15日植えのコシヒカリ、特徴は昨年の秋に石灰窒素を施用してあるので、地力増強に役立っているはず。早苗の葉色を見ながら、一般的な稲作りと比較しよう、と云うわけだ。
田んぼの色もいろいろ
この地点から遠望すると、早苗の葉色はもとより、黄いばんで来た麦田など、田んぼの色もバラエテイに飛んでいる
麦秋に至る
 午後は腰椎の牽引などで、接骨院行きだ。院の外には麦田が広がっていて「麦秋」が訪れたことを教えている。
 そう云えば二十四節気「小満」も昨日から末候の「麦秋至る」だ。
 帰路はJAに立ち寄りファーム・よつばのT尾さんに頼まれた大豆の肥料を買って山田んぼに運んだ。
 夕方は野菜に一通り水遣り、今日は「山王さん」のお祭りなのだが”朔日饅頭(ついたち饅頭)”を食べることもなく、暮れたのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR