”あんま”や”おっじゃ”は一人も見えない

人影見えず
 今日は5月最後の日曜日、吾が輩が若かりし頃は兼業農家花盛りで、こんな日は”あっちにも、こっちにも”農作業をする”あんま”や”おっじゃ”の姿が見られたものなのに、今日はこの通り見渡す限り人影が見えない。
 なんとか一人二人は見つかったがどうせ”吾が輩と同じように爺さんであろう。
もっとも、田植して10日ほど経ったばかりなので稲作偏重地域ではすることも少ないのだが、それにしても寂しい限り、つまり「兼業農業」が消滅寸前なのだ。
 ところで吾が輩、昨日の早朝りんご園に潅水するため、用水の会所枡のグレーチングを足にぶつけて内出血、つまり怪我をした。
足の怪我
 それほど痛くはないのだが、怪我は怪我、やはり高齢で注意力が散漫になったのかな、だ。
 今日の早朝はりんご園でも、用水灌漑がムリな場所なので、水中ポンプを使って潅水した。三朝かかって園全体に水を与えたので、りんごは葉色が濃くなったように見えるから努力の甲斐ありだ。
 朝食をすました吾が輩、もう1筆残っている田んぼの”植代かき”だ。
引退宣言?
 今日は夏の陽気、トラクターに乗ってしまえば”なんちゅうこと”はないのだが、前後の作業が老農にはこたえる。
 考えてみたら、植え代作業をすること60年、還暦だ。齢も八十を数えたとあれば、と、ついに吾が輩、今年限りで米作りを辞める決心をしたのであった。
 で、ワイフ殿にデジカメを持ってこらせて植え代作業の記念写真?を撮らせ、「引退宣言」をしたのであった。
 吾が輩の集落では吾輩が今年最後の代掻き作業だったので、午後はトラクター&作業機を洗車して、格納した。
 夕方は野菜に潅水、今日は一日中”水”と関わる仕事、でも日照りが続けば”貰い水”は、人間様が天に代わってあげるのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR