こだわりの米つくり

大型連休が終わって世の中チョットは正常に戻ったかも、米どころ富山は本格的な田植シーズンを迎える。
 田んぼには水が入りと、「水田冷え」になると昔の人が云ったもんだが、ここのところの冷えは「寒気団」の悪戯(いたずら)、これには困ったもんだ。
 今朝は飯前にS農園に出かけて野菜苗の売れ具合?を覗きに行ってきた。S藤夫妻はシーズン真っ最中で張り切って段取りをされている、体を大事にしられや、とエール?を送ってきた。
 朝の顔
 吾が輩今日は午前中は代掻き作業だ。先日の作業は「荒しろ」、今日は「掻きこみ(昔の言い方)」だ。
 但し1筆だけ、続きの田んぼにはまだ水が張ってない。ないどころかレンゲ(紫雲英)が花盛り。
 レンゲ稲作
 この田んぼは紫雲英を鋤き込んで有機質を増やし、有機質多用の米を作るのだ。今まだこの状態だから田植も6月に入る。すると穂が出るのも暑い盛りが済んでから、となり、好適条件下でお米が稔るのである。
 午後は明日定植予定のトマトの”うね”に潅水、夕方マルチをかけた。
 風が収まる夕方までは、行きつけの接骨院だ。連休だったので待っていた通院、今日は「マッケンジ法」とかで、1・2・3と上体をのけぞる術を受けてきた。お陰で骨は豊かになって、「體」が整ったのであった。」
ホネが大事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR