はなしのタネ豊富

 今日は「さんしゅゅの花から。この花♪ 庭のさんしゅうの木 なーる鈴かけて♪ のさんしゅゅだ。
さんしゅの花  さんしゅの枝
 春の到来をいち早く知らせる植物のひとつ、梅の香りに誘われる頃に咲く”さんしゅゅ”、「サンショウ」なのか「サンシュユ」なのか吾が輩も間誤付くのだが、調べてみると、「山椒」であった。「ひえつき節」では「さんしゅう」と歌われているが「さんしょう」を訛って歌ったのだそうだ。
では、「さんしゅゆ」とは、となるのだが、中国名「山茱萸」の音読みだ。
 吾が輩今日はいろんな作業だ。先ずは柿の苗定植だ。去年の暮れに伐った桜の跡に渋柿の新品種「太天」を植えたのだ。この「太天」熟期が晩く、大きさも極大、その上に糖度が17度にもなる注目の品種だ。庭に植えて、人眼を引く作戦だ。
 お昼近くになって山畑の乾き具合を見てきた。柿の定植
 帰路は高台を経由して立山連峰を写す。きょうは山容が険しくて雪が比較的に少ないので黒く写る「剣」左に、主峰「雄山」を真ん中にしてパチリだ。
立山真ん中
 午後はファ-ム・よつばの皆さんが野菜を作る畑と、吾が輩のりんご園で樹齢の若い部分をトラクター耕耘した。
あぜ塗り採用
 作業の終わったところへ吾輩が手に負えない田んぼを委託しているY田さんだ。先日田んぼの「あぜ(畦)」塗りを依頼していたので、今日やりましょう、と云うわけだ。この作業、今でこそトラクターに作業機をアタッチして行うので苦にならないが、吾が輩が若い頃は、今の時期に鍬を使って行っていた作業で、まさに今昔の違いの大きさに思いをいたしたのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR