冬至のかぼちゃ

冬至の夜明け
 ファイルアップは冬至の日の夜明けだ。1年で一番昼の短い日、日の出は丁度7時だ。
今日は二十四節気の「冬至」、昔から冬至の日に、南瓜や冬至粥(小豆入りのお粥)を食べたり、柚子湯に入る。習慣のことは吾が輩詮索するのはやめる。
 で、習慣に従い我が家も今夜は南瓜料理を頂いた。問題は南瓜料理の”今昔”だ。南瓜料理
 今日我が家は”今昔”が仲良く食膳をかざった。昔は煮物、今はサラダだ。今年は吾が輩のグループ「ファーム・よつば」は多く南瓜を作り、収穫した。夏の間お天道様の恵みを充分に浴びた南瓜は、栄養素がバランスよく含まれている。なにも冬至の日でなければ食べない、のではなく、いろんなレシピでチョクチョク南瓜を食べたいものだ。
 今日の吾が輩午前は集落の「水・土・里」活動の書類整備、午後は、H江君にも同道してもらって、その書類を役所に届けた。余った時間は稲作の生産組織の決算準備を行った。
 休憩の時に「全国農業新聞」に目を通すと、青森大学教授でエッセイストの見城美枝子さんの「忘己利他(もうこりた)」との記事が目にとまった。{「もう懲りた」という言葉ではない。天台宗の開祖、伝教大師最澄が説いた教えで「己を忘れ他を利する」と言う慈悲の極みの言葉だ。}と、書かれていて感動したのであった。
 吾が輩も「もう懲りた」でなく「忘己利他」の精神?で寿命を全うしたいもんだ、と、殊勝な思いになったのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR