ワイドビュー・飛騨

小雪
今日は二十四節気「小雪」だ。越中平野に雪が降るのはもう少し晩くなるようだが、季節は間違いなく冬の装いを深めている。
 吾が輩きょうは名古屋市で開催される「日本中部地方日中民間友好交流会」に出席するので、朝のうちにブログをしたためている。日帰りの予定だが、帰宅は夜遅くなるので、今日のことは明日に書き込むこととする
小雪の朝
 画像は我が家の庭の今朝の様子だ。
 以下23日に記す。題して「ワイドビュー・ひだ」
 10時27分富山発、高山本線の旅だ。猪谷でJR西日本からJR東海に乗り継ぐ。冨山・岐阜県境付近からは冠雪の峰々が遠望できる。飛騨号1
 岐阜県に入る。飛騨路の家々は、しっかり雪囲いが出来ている。
  飛騨の山並・3(雪あり)
 「ひだ・ふるかわ」は高山の手前、駅のホームにはご当地の観光名所が大看板で紹介されている。
 ひだふるかわ・8
 「古川」は果物作りが盛んだ。葉を落とした桃園、真っ赤な実を着けたりんご園が車窓から見れる。
 ふるかわの桃.飛騨のりんご・14
 高山の駅所在地は標高が573㍍、ずい分高いなー、小京都の街並、佇まいは、惚れ惚れする。ここで特急に乗り継ぐ。待ち時間あり、お昼に「そば」を食べる。その後、みやげ物店を見学?だ。ご当地の名物の一つ「赤カブ」の漬物は色鮮やかであった。
 飛騨高山・駅前もみやげ物店・10
 発車は13時30分、電車は「ワイドビュー・ひだ号」だ。
 高山をでるとあいなく日本列島の「背骨」、分水嶺にさしかかる。
 乗鞍か。11
 遠くに見えるのはヒョットして「乗鞍岳?」。
 分水嶺を過ぎると川の流れは電車の進行方向変わる。その川のほとりに”いで湯”の町、「下呂」があった。
 下呂温泉・12
 高山本線の終点岐阜駅が近くなった。右手の車窓からは晩秋の空に岐阜城が聳えていたのであった。 
 岐阜城・13
 23日のブログ其の一「ワイドビュー・ひだ」もここでピリオドを打つこととしよう。
 其の二は23日のブログとする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR