FC2ブログ

ずいぶん涼しくなったなー

秋分・次候の日の出
 今日のファイルアップは秋晴れの日の出。今日は「秋分」の次候”蟄虫閉じる”の日だ。この時期になるとお天道様が顔を出されるのは立山連峰の主峰「雄山」のすぐ左になった。
 今日の富山市の最低気温は15・8度Cだったそうだから、日の出前は”ひんやり”とするのは当たり前だ。
  今日の吾が輩、仕事の量?はさておいて、質は?年齢制限違反?だ。と云うのは米の運搬作業をしたからだ。
 当今の米は30kgの紙袋詰めで販売するのが多い。特にJAに売ってもらうのは全て30kg単位だ。その米を今日、数袋JAの倉庫に運んだ他、知人の求めにも応じてクロネコヤマトの取り扱い店へも1梱包運んだので(勿論自動車)、腰がガタガタ云っている。
 吾が輩青年の頃は60kg入りの米俵を”よいっしょ”と肩に担いだものだが、そんな自慢をしていても始まるまい。
 今日は、売ってしまうべき米を片つけて「保冷庫」を一つ空け、洋梨の追熟に間に合わせるのである。
 今日はまた庭の「双幹の松」の剪定で、庭師の先生が来てくださったので、そっちの”お愛想”もせねばならずで、田舎の”あんま”の苦労を身に凍みて味わったのだ。
 松の剪定
 午後は、明日から売り出す「千秋」と、近く出荷をはじめる洋梨に使う「フルーツキャップ」を買いにいってきた。外出中に、りんごに貼る文字を何時も作ってくださるSデザイン社の奥さんが、お孫さん3人の名前を届けに見えた。吾が輩いつもお世話になるので勧めたのであった。
 3人の孫
 早速「ふじ」に貼ったのだが、これで先日来の文字シール貼りは、ひとまず終了だ。今年は、従来の「祝」のほかに、初孫の名前を貼ってあげる方もあって、やがて「ふじ」が真っ赤に色付いたときが楽しみだ。
 祝文字
幹夫・採用
 祝のシールを貼った「ふじ」は年が明けて”初売り”に2個包みで店頭に並べてもらおう、との魂胆、上手くいったら”お慰み”だ。
 夕方になって吾が輩、遅蒔きの大根ウネを作った。大根は早く播くと太り過ぎるので、年末頃に引くには、今頃が良いのである。
 秋分が済んで1週間あまり”日が短くなったなー”、そして”ずいぶん涼しくなったなー”を実感する今日この頃である。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR