FC2ブログ

段取り8分

 昔から、仕事は「段取り8分」と云うが、今日の吾が輩段取りどおりの一日を終えてご機嫌だ。
 朝から順に足跡を留める。
  ①、リンゴ「サンつがる」を摘んで、昨日の「なつめ」とともにパッケージ、地場もん屋の集荷所へ運ぶ
 帰路、町の中心部?十三石橋を通って最近設置された交通信号をデジカメに収めた。右手の高台にある建物は、吾が輩がかつて勤務していたところだ。
 十三石橋東詰
 ②、最近の吾が輩の日課に、池の和金に餌を与える仕事がある。時間的には8~9時の間だ。この池と和金、先日来た孫娘に見せようと思っていて忘れたので、今日はブログを見てもらうことにしよう。
 噴水と和金
 ③、午前の主たる作業はりんご園の草刈りだ。りんごの樹の下草を繁茂させると、朝露の落ちるのが遅くまでかかって、病菌の巣になるので、伸び具合を見ながら、コマメに草刈りをするのだ。
 ④、一汗も、ふた汗もかいたので、草刈りを切り上げ、注文が入った新米を荷造りしてユーパックで送った。
 午後「がんこ村・楽市」の事務局長K井さんが「早生栗」を持って訪ねて下さったので、最近の「がんこ村・楽市」の状況を話し合った。彼が帰った後は、所用をこなすため、ぐるーりと一回りした。
 ⑤、先ずは、リンゴ仲間のM山さんを訪ね、着色管理と褐斑病を出さないための、手立てを話しあった。帰り道はJAに立ち寄り、秋冬野菜の害虫防除薬を買い、量販店では野菜追肥用「尿素」を買ってきた。最後は接骨院だ。昨日の「石灰窒素」撒布が祟って腰痛気味なので施術をして貰ったのである。
 ⑥、野菜の追肥を買ったので、早速レタス、大根、白菜と追肥だ。この畑、H江君が多品目栽培を行っている一画、なので彼が重点を置いている”南瓜”の抑制栽培の状況を見てきた。
 冬至を目指して
                           待望の雌花
この南瓜は前作が馬鈴薯だったので、馬鈴薯に施した肥料の「残効」でつくるのだが、この「残効」を見極めることがコツだ。残効が多いと雌花の着くのが遅れるのだが、写真に見られるように、ここにきて、雌花が一斉に着いてきたようで、「冬至南瓜」への期待が確実になってきたようだ。
 ⑦、今日の最後は、明日の段取りだ。明日は晴れればりんごの糖度アップ作戦を行うので、その準備をしたのであった。
 今日は多様な仕事をこなした。夕食はお腹が空いていて、何を食べても美味しいのだが、きょうはお昼過ぎに八尾の文化人Mさんが京都に行って来たからと、お土産に「ちりめん山椒」を頂いたので、早速ご馳走になることができた。
 ちりめんじゃこ
 品名が「おじゃこ」、名称が「惣菜(ちりめん山椒)」、この山椒が利いているねー。とても美味しくて吾が輩海産物の付加価値を高める技法に感心したのであった。
 思い通りの仕事ができた日は、それなりの疲れもある。”ぐっすり”眠れてまた明日がはじまるのである。晩安
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR