FC2ブログ

施餓鬼・施餓爺?

今日は旧暦の7月1日、旧暦で7月・8月・9月の三ヶ月が秋だ。吾が輩秋になった初日の夜明けを見ようと、外に出た。日の出前だが、心なしか、雲は秋の空に見える。
 早く目覚めたので今朝も地球の「髭剃り(りんご園草刈り)」をしたのだが、なんの事は無い、今日も残暑厳しいことに変わりはなかった。
日の出前(8・18)
 今日は午後1時から菩提寺の「施餓鬼法要」だ。吾が輩、お寺の世話を仰せつかっているので10時過ぎにはでかけた。参詣の善男・善女には昼食が振舞われる。そもそも,お盆行事の中心になるのが施餓鬼会、仏教徒のハシクレと雖もその法悦に浸らずになんとしたことか、と、吾輩は思うのである。
 中国語で「餓(ウォ)」は、お腹が空いた・飢えている、と云うこと。参詣の人々は善男・善女なので、飢えていなくてもお食事が頂けるのだ。
 施餓鬼法要採用
 読経は1時かっきりに始まった。木立がある境内、大屋根の本堂だが厳しい暑さだった。住職の読経に声を合わせた参詣の人達は、暑さを忘れて念仏を唱えたのである。
 終わって急ぎ帰宅した吾が輩、3時からは「ファーム・よつば」の例会だ。今日は素晴らしい研究発表があったのだが、そのことは明日記事にするとしよう。
 夕食は、お腹の空いた「爺」に施しだ。なんと「うな丼」ではないか。
 うな丼
 施主?は息子夫婦、「施餓鬼」の日に届いたので「施餓爺・婆」としておこう。
 これで一連のお盆行事は済んだ。庭にはこの時期決まったように「葉見ず花見ず(夏水仙)」の花茎が顔を出す。
 葉見ず花見ず
  今年も突然と思えるように、今日花茎が伸びたのであった。やはり秋は近くなったのだ。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR