FC2ブログ

虫が牙をむく

 きょうは早起きだ。きのうと違って露の降り方が少なく、風がないので絶好の防除日和だ。
 今日の防除の主たる目的は「アブラムシ」退治だ。
 吾が輩のリンゴは有機減農薬栽培、エコファーマー、農薬は必要最小限使用するのだが、その中で大切な防除が今日の「アブラムシ」だ。リンゴのアブラ虫
 リンゴはこの時期”小指”ほどの大きさになっているのだが、新しい葉も次から次へと伸びてくる。「アブラムシ」は、この新葉や幼果の汁を吸う。すると新葉は”丸まり”幼果には、ちいさな赤い斑点が付くのだ。この赤い斑点、やがて果実がおおきくなると”果皮”がデコボコ状になって商品にならないのだ。
 「アブラムシ」漢字は虫へんに牙の「蚜」だ。虫が牙をむく、と考えれば、この害虫の怖さがわかる。
 ところがであーる。漢字源で調べてみると、牙ではないのだ。「蚜」の会意兼形声は、”虫+音符牙ガ(芽)”と書かれている。つまり芽なのだ。ははーん、それで新芽にアブラムシがつくのか、であった。
 この「アブラムシ」は結婚しないで子供を産む?(単位生殖)、しかも爆発的に増殖するので、油断大敵なのだ。
 作業は9時に終わった。もう半日働いたので、ゆっくり朝食をとり休養だ。こんな日はやはり花を愛でるに限る。          きょうはクレマチスと君子蘭が花開いた。テッセ
君子蘭開く
 花を眺めていただけではない。午前は里芋を植える場所を砕土耕したし、午後はリンゴの摘果作業だ。天気予報は天候の急変を伝えていたが、幸い夕方までに、雷もなく、雨も降らなかったので、防除効果は大丈夫だ。
 夜になって、雷さまがやってござった。また、寒気が入るようだが、閏3月も残り3日だ。雷様よ、そろそろ「寒気」などとは云わないでチョウダイな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR