FC2ブログ

人、さまざま

 冨山の桜は咲いたが、我が家の庭の桜は、開花までもう一両日はかかりそうだ。でも、今日は「花ぐもり」だ。 吾が輩きょう午前は隣村の友人M田さんのリンゴの仕上げ剪定。小1時間ほどで帰宅したところへJAのS組合長が訪ねてくださった。JA杉林さん
 話題はもっぱら農村の”人づくり”だ。加えるに吾が輩が念願だったJAの「直売店」問題。我らが組合長、この直売店を開設することで、今年の定期総代会に議案を提出されるとあって、吾が輩希望が膨らんだのである。
 午後は桃の摘蕾を始めようと段取りしたところへ、ブルーベリーの研修中のO合さんがみえた。
 こっちは先日お願いした「ブルーベリー酢」、研修先から買ってきてくれた。何を隠そう、この酢を吾が輩、高台のお宿「和食処・合掌」の大将にお奨めしたのだ。
 午後は”ファームよつば”と名づけた我らがグループが「里芋」の催芽の段取りだ。
 里芋芽だし準備
 今日のところは前段の作業で、種芋をポットに植える仕事だ。この3人組、手馴れたもので作業は捗る。
 今日の結びは、広江君が中心になる果樹園の園地作りだ。果樹も雨水が長時間帯水すると根が悲鳴をあげるので、排水が、なるべく短時間で済むように、樹園の周囲と真ん中に、排水溝を掘るのである。
 園地作り
 名付けて「額淵排水」、特殊な作業機をアタッチして、トラクターを運転するのは、吾が輩が頼りにしているフアーマーY田さんだ。額淵排水が設けられたことで、今まで水田であった農地が、すっかり樹園地に変わったのであった。
 ここまでくれば、あとは「桃栗3年、柿8年」となるのだが、この諺は今は昔のこと、今は全てと云って好いほどに、接ぎ木で果樹の苗が育てられているので、大苗を買うと3年目ぐらいから実が着くのである。
 3年ぐらいは我慢しよう。”果報は寝て待て”と云うではないか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR