FC2ブログ

霜が降りることなく霜月終わる

11月30日(木曜)、曇り一時小雨
s-001_20181130181415169.jpg
今朝も雲はかかって暖か・・・・・
s-003_2018113018141863c.jpg  s-002_20181130181416ed7.jpg
・・・・放射冷却にならない朝は霜が降りない。11月は今日で終りなのに、1度も霜が降りなかった。だけでなく、雨の日も少なくリンゴ園の雑草は伸びるし、プランターのキャベツもこんなに大きくなった。
s-008_2018113018142226b.jpg  s-010_20181130181424642.jpg
今日は朝食をとった後、大根を引きに行ってきた。覚悟はしていたのだがハクビシンに食害されている。もうそろそろ収穫して越冬用に摺るのだが暫くの間は、と、嫌がらせのネットを張ってきた。
s-013_20181130181427ed3.jpg s-012_20181130181425832.jpg
11時過ぎには銀行のATMとスーパーへ。明日からは師走、お店には早くも”お鏡”が売られている。 
s-004_20181130181419e5d.jpg  s-017_2018113018142819d.jpg
昨日漬けた柚子白菜は今朝から食べているのだが、お昼には美味しさが増した。今日は先日来漬けた柚子大根に胡瓜・青梗菜の残り物もあって,漬け物好きの吾輩満足したのである。
s-018_2018113018203648f.jpg午後は、昨日ワイフの姪が育てて持ってきてくれたエンドウの苗をプランターに植えた。エンドウの苗も暖かかったので例年にない大苗になっている。その後は夕方近くまでリンゴの剪定をした。
s-019_201811301820379a3.jpg  s-022_2018113018204093e.jpg
夕方は接骨院に行って肩凝りを和らげる施術を受けてきた。日の入り時刻になってパラパラと小雨は降ったがそれまで。今日も暖かく好天の延長だった。今月の晴れ日数(日中だけも入れて)を調べてみると21日もあって、農作業が捗ったことを喜んだのであった。
[編集中)
スポンサーサイト



晴れ続き

11月29日(木曜)、晴れ
s-004_20181129180930aeb.jpg
昨夜も暫く雨が降ったようだが朝にはあがっていて、今日も晴れ一時曇りだった。これで6日続きの好天で、吾輩のリンゴ剪定は順調に進んでいる。
s-006_2018112918093296d.jpg
 朝食を取りかかったところへ珍しい客人だ。電話で来意を聞いていたので吃驚はしなかったが、30数年ぶりに会う高校時代の友人N村君だ。齢を重ねてクラスメイトも多く故人になったことなので、元気な人と会って話し合ってみたい、と云うことで、70年も前の話に花が咲いたのであった。
s-008_2018112918093344d.jpg s-017_201811291809365eb.jpg s-018_201811291809380cb.jpg
再会を約して彼が帰った頃は良く晴れて、小鳥たちも思い思いの行動、雀たちは架線の上で羽を休め、つむぎ?は吾輩が残しておいた柿を食べに来ている。
s-019_20181129180939ec5.jpg
 リンゴの剪定は12月に入ってから行うのが従来のパターンであったが、今年は収穫が早く終わったのと、高齢になったのでムリをしない、となれば開始日を早めて、好天の日だけ行うことにしたのだ。
 朝も、そんなにバタバタせずにとFBを覗くと、山形のH川さんが、冷凍した甘柿を自然解凍して、シャーベットになったのをタイムラインに投稿されていた。吾輩も渋柿の「ひらたねなし」をさわして冷凍していたので、今日はH川さんに真似て、朝から自然解凍をして食べてみると、とても美味しい。ただシャーベット状に少々物足りないので、冷凍かチルドで好いのか、もう少し研究?して、と思うのであった。
s-023_20181129180941fab.jpg s-024_20181129180942945.jpg  s-027_20181129181501666.jpg
 午後は3時過ぎに新港の海釣名人が、昨日生地沖で釣り上げてきた鯛などキトキトの魚を持って来てくださった。今日も裾分けにあづかったワイフの姪が孫を連れて受け取りにきた。可愛い幼子の振る舞いは高齢の者には嬉しいことで、和やかな一時であった。
s-031_20181129181507364.jpg  s-030_20181129181506014.jpg
 今日は朝からいろんな物を頂戴いた。姪は紫白菜をくれたので、昨日漬けた青梗菜に続いて、今日も柚子白菜を漬け込んだ。
s-028_20181129181503a96.jpg  s-029_20181129181504b91.jpg
 6日続いた好天、朝晩は小雨が降るパターンで、今日も夕方は雨になるような雲行きだ。

青梗菜を漬ける

11月28日(水曜)、曇り時々晴れ
s-001_20181128195136943.jpg s-007_20181128195138716.jpg
未明に降った雨が止んで、晴・雨の境目の雲の上にお天道様が顔を出された。
s-010_20181128195141733.jpg 
その後は暫く小雨がパラついたが次第に晴れて、”曇り時々晴れ”の天候、晴れ間にはリンゴの黄葉や・・・
 s-012_20181128195144f97.jpg
 ・・・・・里山の紅葉が綺麗に浮かび上がった。今日の午前は気心の知れた友人Oさんんが来宅、リンゴを買ってくれた。その後はりんごの剪定作業だ。
s-013_201811281951456d6.jpg  s-016_201811281959013e5.jpg
 午後は曇り空ながら暖かで、薄着で剪定作業をしているところにリンゴ作り仲間でA社のA井さんが、吾輩の園とリンゴを見に来てくださったので、今年の特徴「真夏の気温と水管理”のことなどを話あった。4時前には切り上げて、食材を買いにスーパーへ。この時間帯、県境の山は雨が降りだしたのかも、、、
s-017_2018112819590202b.jpg s-018_20181128202723d4a.jpg
 今日の買い物の中に、胡瓜とチンゲンサイがある。チンゲンサイは中国野菜の中でも身近な野菜の一つ、漢字は「青梗菜」だ。勿論二つとも中国から伝来した野菜、吾輩今日の締めくくり?の仕事はチンゲンサイの即席漬けの作り込みであった。

小春日和が続く

11月27日(火曜)、晴れ
 きょうで3日小春日和が続いた。わけても今日は暖かく、外での作業は汗をかいた。
s-007_20181127171006c14.jpg
 朝から”雲一つない”と云っても良い好天だ。お天道様が嶺の上に顔を出される位置は薬師岳の南に遠ざかって仕舞った。
s-011_201811271710098b1.jpg
ブログの今日のランキングは8時には分るので開けてビックリであった。最近はあがったり下がったりと毎日のように変わるのだが、こんなに飛躍したのは久しぶりなので、贔屓にしてくださる皆さんに感謝感謝だ。
s-015_20181127171012c7d.jpg
 10時には友人T田さんのご母堂の葬儀に参列した。大正の末の生まれで、段段田んぼの地域での農業、多い兄弟の長兄の奥さんとして随分ご苦労されたことだろう、と思って、吾輩合掌・ご冥福を祈ってきた。
s-018_201811271710131df.jpg
  葬儀が終わって葬祭場をでると空は真っ青だったので、回り道をして近くの保育園の屋根を入れて立山連峰を写してきた。.
s-019_20181127171015c2a.jpg
11時過ぎには帰宅したので腹減らしのためにも、とリンゴの剪定作業を行った。午後も3時過ぎまでは剪定、その後は、それこそ残り少なくなったリンゴを収穫した。
s-021_20181127171016855.jpg
今日の小春日和は、本当に暖かで春を通り越したような感じ。入り日の頃も雲一つなく、綺麗な夕焼けであった。

癖になった?”あっさり漬け”

11月26日(月曜)、晴れときどき曇り
s-003_201811261737297f3.jpg s-008_20181126173731c02.jpg
今朝は雲があるが雲の切れ間から陽光が射して朝の気分がイッパイだ。
s-010_201811261737320f8.jpg s-012_2018112617373317f.jpg
吾輩9月に友達から、即席漬けもの器で野菜を漬けることを教えられて、その気になって始めて以来、今日までいろんな野菜を漬けて美味しく食べている。だけでなく、多く学ぶことがあるのを知った。わけても材と水あがりのスピード、そして材の鮮度との関係や、水の量は、とても面白く、今では漬けもの器が休む?ことが無いのである。
s-013_201811261737352da.jpg
今日も小春日和の下でリンゴの剪定だ。齢が齢だけに、あと何年作れるかは”神のみぞ知る”なので、来年こそは極め付の果実を採りたいものと、思っての作業だ。
s-014_20181126173736609.jpg  s-015_20181126173737d73.jpg
再度漬け物になるが、昨日漬けた柚子白菜は今日のお昼で食べ尽くしたの午後は柚子大根を作り込んだ。この大根は粘土質の土で作った大根で肌理(きめ)が良く引いてきて半日経っただけなので新鮮そのもの、1時間も経ないで水が出てきている。
s-016_20181126173739578.jpg  s-019_2018112617374098b.jpg
剪定作業は3時過ぎで切り上げて、満開になった庭の八重咲の山茶花を写し、その後は用足しと買い物だ。スーパーのお花コーナーには、もうポインセチアの鉢が並んでいる。
s-021_2018112617374394b.jpg  s-020_20181126173742d5f.jpg
帰宅する頃はもう日暮れだ。それでも、と、井田川の堰を除くのだが白鳥の姿はない。

晴れの日は曜日お構いなし

11月25日(日曜)、晴れ
掲載は26日になってから・・・
  今朝は起きて直ぐ大根を引きに畑へ行ってきた。
s-004_20181125174106800.jpg s-003_201811251741042c1.jpg
8時過ぎに、院湊の海釣名人が蟹と自分で作ったグレープフルーツを手土産に来宅、知人のY岡さんにリンゴの宅配をするようにとのこと、吾輩引き受けたのは勿論だ。名人への吾輩の贈り物は大根と”粒あんジヤム”だ。
s-005_201811251741077f9.jpg
彼が帰った後はリンゴの剪定をした。
s-010_20181125174112cbc.jpg  立山の大窓
午後はY社会長のF山さんのリンゴの剪定に行く。経路にある経力は吾輩の祖母の生まれたところ、お宮さんにお参り。また大久保あたりでは立山連峰の大窓辺りが綺麗に見えたので写してきた。
s-012_20181125174114d00.jpg
F山さんのリンゴは植えて数年経過した樹なので、実が着きかかる大事な時期、成木になった時の樹形を考えながらの”手ほどき”であった。
s-013_20181125174116305.jpg  s-014_2018112517411726e.jpg
作業が終わったのは4時近く、夕方近くの立山を写し、帰宅した時点で、牛岳を写した。明日も天気は良いようだ。

Y叔父の1周忌

11月24日(土曜)晴れ
s-004_20181124200840528.jpg s-008_20181124200843f34.jpg  s-006_201811242008412a4.jpg
3連休の中日は朝から好く晴れて絶好の小楽日和であった
s-013_20181124200846c43.jpg s-019_2018112420085262f.jpg
今日の吾輩、午前は桃に基肥を施したり、柿の幼木の剪定をしたり・・・だ。
s-022_20181124201733db7.jpg s-021_20181124210312c3e.jpg
11時過ぎにはスーパーに行ってチョットした買い物。車を走らせると今朝は雲に隠れていた牛岳が見える。この山も初雪であった
s-024_20181124201734b60.jpg 
午後の吾輩は昨年12月に亡くなった亡母の弟・Yさんの1周忌法要なので、2時前に家を出た。この時間空はいよいよ晴れて、立山連峰の銀嶺が綺麗だったので車を停めて写した。
s-025_20181124201735a84.jpg
2時半から法要の読経が始まり・・・・・焼香が済んで直会だ。
s-028_20181124201738bf7.jpg  s-027_20181124201737692.jpg
直会の会場は坂の町・門前町の老舗「椿亭」だ。施主の挨拶で始まり、故人を偲んで飲食をいたのだが、今日の料理はFBでお友達で、このお店の主人であるM井さんがシェフだ。吾輩、BookではなくFaceを会わせてのご挨拶を申し上げたのであった。


曾孫に感謝の日

11月23日(金曜・祝)、くもり時々雨
s-003_2018112317552590d.jpg
今日は勤労感謝の日、我が家は”ひ孫に感謝の日”だった。夜来の雨は朝方一旦止んで・・・・
s-005_20181123175527f3e.jpg s-006_20181123180347f87.jpg s-010_20181123175528f49.jpg
・・・いっとき視界が広がった。おもての県境の山は里近くまで初雪だった。吾輩早速写してFBに投稿した。朝食の後は近くの銘菓店とスーパーに買い物。銘菓店では入口前に綺麗な鉢花があった。訊ねて「ネリネ」だと、教えられた。
s-019_20181123175533267.jpg
11時近くになって福井に嫁いでいる長女のファミリーがリンゴ目当ての”ちょうはい”にやって来た。子・孫夫婦・曾孫が3人だ。わけても3人のひ孫は元気で、小さい2人は来るなり吾輩に抱き着くのだから、これに勝る喜びはない。
s-028_20181123175537ff9.jpg s-025_201811231755344dc.jpg s-029_20181123175538358.jpg
幸い雨が止んでいたのでリンゴ園にでてリンゴ狩り?だ。もぎたてのリンゴ1個を交互に丸齧りしているのは、”とっておきのりんご”さぞかし美味かったのであろう。
s-032_201811231808134e6.jpg s-034_20181123180815724.jpg
お昼は、一昨日から来ている次女と姉妹でご馳走を作ってくれた。我が家で10人近くの人数で食卓を囲むのは暫くぶり、勤労感謝もさることながら、「子・孫.・ひ孫に感謝」の日となったのである。
s-036_2018112318081845b.jpg s-030_20181123181225f34.jpg
 午後の4時過ぎにはお帰りだ。小さいひ孫は”かぞえで4歳“かわいい盛りだ。孫でさえ”目に入れても痛くないのだから・・・・・
s-038_201811231808207c9.jpg s-039_20181123180821e81.jpg
 車には、リンゴがどっさり、大根もたくさん積んで、”またくるちゃ”と手を振って帰ったのである。
s-035_2018112318081776f.jpg
 心配していた雨空も大したことはなく、楽しい一日が過ごせたことにも感謝をしよう。

小雪の候

11月22日(木曜)、曇りから雨
s-001_2018112217342033e.jpg
朝、曇ってはいるが立山連峰は中腹の辺りが見える。雨はすぐには降らないだろう。

s-008_20181122173425797.jpg   s-004_201811221734235bb.jpg
今日は二十四節季が「小雪」なので、そろそろ雪が降るのを覚悟せねばだ。とすると、この月の5日に植えたキャベツがここまで大きくなったのがあり難い。
s-011_20181122173427e94.jpg s-023_20181122173435f1c.jpg
 明日は福井の長女ファミリーが日帰りで来宅し、リンゴのほか大根も欲しいと言うので、吾輩朝食を済また後、大根を引きに行った。畑に行って見ると、なんとカモシカが先回り?して大根を食べていった証拠があるので腹立つ思いだ。未だ2本だけなので早めに対策を講ぜねばだ。今日は20本ほど引いてきて水洗いしたのだが、とても肌理(決め)の良い大根になっている。
s-019_20181122173432fb0.jpg s-022_20181122173433f41.jpg
帰り道は、畑の近くの市道沿いで黄葉に埋まる?ログハウスを写し、途中で生垣に植えてある南天が目に留まったので写してきた。この南天は吾輩が存じ上げているS林さんのお宅、今年は枝ぶりも?実の赤も見事だ。
s-025_20181122173438824.jpg s-028_20181122173441c39.jpg s-033_201811221734472b4.jpg
家に着いた頃から雨がポツリポツリと降ってきた。吾輩大根を洗った後は「小蕪」の即席漬け作業をした。「小蕪」は”水あがり”が早く3時間余りで、もう水が材の上まで上がるので夕飯には軟らかくて美味しい漬物が食べれる。
s-031_20181122173444a06.jpg  s-029_201811221734429d7.jpg
午後は雨足が強くなってきた。吾輩明日来宅するファミリーのご馳走の食材を買いに行ってきた。お昼過ぎは客が少ないのでスイスイ、ゆっくり花も眺めれるので・・・
s-032_20181122173446f07.jpg
帰宅した後はN田さんに貰った里芋を越冬させるべく発泡スチール製の野菜貯蔵箱に詰めた。
s-036_20181122202500008.jpg
今日は旧暦の10月15日、夜になって雨が小止みになって雲間に十五夜の月が望めた。

小春日和の立山連峰

11月21日(水曜)、快晴
今日の小春日和は終日立山連峰が見えるリンゴ園の作業だったので、朝・昼・夕方と立山連峰を写した。
s-004_201811211657272b0.jpg s-007_20181121165729203.jpg
朝は薄い雲で日の出が近づくにつれて空は焼けて行った。お天道様が薬師岳の麓から顔を出されたのは7時近くだ。
s-014_20181121165729ff8.jpg
8時過ぎには青空が広がった。
s-019_20181121165732676.jpg s-020_20181121165734a7a.jpg s-022_20181121165735ac5.jpg
お昼近くになって銀嶺立山が”すっきり”見えるので、車を走らせて送電線の写るのを避けた場所から写した。左は新潟県境、白馬岳が望める。真中は言ううに及ばず、右は剣岳をアップで撮った。
s-016_20181121165731ab4.jpg  s-024_20181121165737a94.jpg s-028_20181121194757a8e.jpg
今日の吾輩、リンゴの剪定のほか、白菜の即席漬けを付けたのと、次女が”ちょうはい”に来たのでスーパーへお惣菜を買いに行ったのが仕事であった。
s-025_20181121194755145.jpg s-030_20181121165740518.jpg
夕方は、少々霞がかったので、夕映えの立山連峰とまではゆかなかった。左は雄大に写る薬師岳だ。
s-029_20181121165738d57.jpg s-032_20181121194758de3.jpg
 日暮れ時は立山ならぬ牛岳と、西の空だ。今日の小春は本当に暖かであった。

11月も下旬になるのに暖か

11月20日(火曜)、晴れ
旧暦が10月になって今日で13日、気温は高めで、晴れれば”小春”だ。今日も暖かく吾輩外仕事で軽く汗をかいた。
s-001_2018112017235781c.jpg s-005_20181120172359476.jpg
 今朝などは放射冷却で霜が降りるのではと思っていたのに、なんのなんの雲があって思ったほど気温は下がらなかった。
   日の出の後は雲間から光が射して立山連峰は麓が霞んで素敵な絵模様になった。
s-007_201811201724030fb.jpg s-009_201811201724047e9.jpg
朝食を済ませて理髪店へ、空はすっかり晴れあがっている。出たところで県境の山を写す。理髪店は本日一番早い客であった。
s-010_20181120172405bf6.jpg  s-012_20181120172407b58.jpg 
男前を挙げて?帰り道、立山連峰は雪を被った峰々が綺麗に見える。
s-013_20181120172850509.jpg
 午前の吾輩、保冷庫から前期の追熟を終えた洋梨のル・レクチュエを出して、後期の追熟に切り替えた。果皮がかなり黄ぃばんできたので、あと1週間ほどで“食べ頃”になる。その後はリンゴの剪定作業をした。
s-015_20181120172851b08.jpg s-016_20181120172853946.jpg 
 午後になってすっかり暖かくなった。陽射しも強くて、リンゴの落葉の上に日影が映るのを写して”落葉帰根”を覚えるのであった。そこへ暖かい日差しに誘われて、ご夫婦でリンゴを買に見えたのはF原さん、吾輩残り少ないリンゴを摘んであげた。
 4時近くまでリンゴの剪定をした後、肩凝りを癒すため接骨院へ行った。途中で黄色い柚子と赤い柿が花が開いたように実を着けているのが目に留まったので、車を停めて写してきた。
s-017_2018112017285445d.jpg s-018_20181120172856065.jpg
 今日から写真に日付と時間が入った。16時32分はお天道様が山の端に沈まれた後だ。本当に日が短くなった。東の空には十三夜の月があった。

Facebookへの投稿

11月19日(月曜)、雨が降ったり止んだり
s-003_20181119170010172.jpg  s-007_2018111917001317a.jpg
朝は小雨が降っている。吾輩、地場もん屋で売るリンゴが無くなったので、朝飯前の日課は解消?したので以後は冬型に変わる。
 朝食を済ませたところへワイフの姪が孫を連れて京都へ行ってきたから、と土産持参でやって来た。お土産は”八つ橋”、吾輩好物なので早速いただいた。
s-大鴈塔をバックに s-の兵馬俑西安 s-西安の城壁
彼女たちが帰った後はFBを覗く。今日はK森さんがタイムラインに中国は西安の旅(11月8日と9日が西安)の写真を投稿されている。吾輩この日を待っていたので大雁塔と兵馬俑の写真を”穴が開くほど”見たのであった。西安は吾輩2度も訪ねているので懐かしく、ならばと26年前に西安の城壁の上で写した写真を探し出して,K森さんの写真と共に吾輩のタイムラインにも投稿したのである。
s-014_20181119170016371.jpg s-015_20181119170018dea.jpg
 午後はスーパーとドラッグストアに買い物に行ってきた。11月も下旬になるのと,寒くなりそうなので、スーパーでは蜜柑、ドラッグストアでは貼るカイロを買ってきた。
s-018_20181119170020043.jpg s-016_20181119170019222.jpg s-022_20181119170447715.jpg
 降ったり止んだりの小雨は午後になって止み間が長くなったので、吾輩大根を引きに行ってきた。大根は暫くの間に大きくなって、順次収穫をしても良い。今日は4本ばかり引いてきて、早速、大きめの大根1本を即席つけもの器に漬けた。
s-019_20181119170022afb.jpg  s-020_20181119170023556.jpg   s-021_2018111917144116b.jpg  
畑からの帰り道、県境の山は雲が湧いてみえてシャッターチャンスとばかり写した。帰宅後は近くの医院に行ってインフルエンザの予防注射を打ってきた。医院の入り口に素敵な「蘭花」があったのを吾輩見逃さなかった。
s-025_20181119170450b13.jpg
 日の入りの時刻、西の空は雲が切れてきたし、山際が晴れている。明日は天候が回復するようだ。

リンゴの収穫ほぼ終わる

11月18日(日曜)、晴れ
s-010_20181118172044177.jpg s-013_201811181720466eb.jpg
今日も朝から好く晴れている。冬至まで1ケ月余りとなっただけあって、お天道さまは薬師岳を離れた位置に顔を出された。
今朝は集落へ資源回収車がくる日なので積み込み協力だ。
s-015_20181118172048d70.jpg
霜月になって以来、まだ朝の霜をみない。が、今朝は朝露がしっかり?降りているので朝食を済ませてからリンゴ園の下草を刈った。
s-016_20181118172049c4f.jpg
ティタイムになって珍しい人物?が訪ねてきた。小学校のクラスメィトのi塚君だ。招き入れて旧交を温めたのは無論のこと。聞けば細君もアルツハイマーなので、夫婦で介護施設に入るので云々と云う訳。高齢社会は大変だ。
s-002_2018111817243159f.jpg  s-001_20181118172429b4e.jpg
午後の吾輩、好天はそろそろ終わりと考えて、最後まで秀品の実をつけたままにしていた樹のリンゴを収穫した。これで今年のリンゴの収穫はほぼ終わりだ。秀品の幾つかは保冷庫に入れて”お正月用”にするとしよう。
 日暮れまでの余った時間は、昨日に続いてリンゴの剪定、今日は「秋映」と「シナノゴールド」だ。
s-005_2018111817203981c.jpg  s-007_20181118172041e06.jpg
 夕方近くなって、雲がかかり始めた。吾輩、車を走らせて好い写真がとれる地点を探して山々を写した。賀、白鳥は今日も見ることが叶わなかった。

漬け物シーズン

11月17日(土曜)、曇り一時小雨
s-001_201811171711549f4.jpg  s-003_20181117171156c4c.jpg
今朝は日の出の時刻東の空は雲間から光が射したが、西は怪しい天気,そのうちに小雨になって、午前は時々の雨であった。
s-006_20181117171158b70.jpg  s-004_20181117171158ef3.jpg
吾輩、午前は留守居?。宅配の荷物を受け取ったり、リンゴを買いにみえたA野さんの話を聞いたり、合間には、紅葉した柿と花開いた椿は「侘助」を写したりだ。
s-009_20181117171201da6.jpg s-010_201811171712031e0.jpg
お昼近くには雨が止んで青空がのぞいた。
s-012_20181117171204605.jpg s-014_20181117171206fd4.jpg s-016_2018111717161413c.jpg
午後は買い物に出かけた。今日のスーパーはポイントが10倍の上、今朝のチラシによると”おでん袋やキャベツがお買得なので・・・。ついでに1100円シヨップで小物を買ってきた。土曜日は外国人らしき人を多く見かける。
s-008_20181117171200607.jpg  s-017_20181117171615b54.jpg
11月も後半ともなると、白菜、キャベツ、大根と秋冬物の収穫があ間になる。吾輩も先日プランターで作った白菜にワイフの姪が呉れた紫白菜を混ぜて漬けて三度三度食べているのだが、今日ハスーパーで買ってきたキャベツの即漬けを鋳込んだ。
 その後は日暮れまでリンゴを摘んだり園の下草刈りをした。
s-023_2018111717161819a.jpg  s-022_201811171716185ae.jpg
 日の入りの時刻、きょうは観天望気だ。東西の空とも雲が切れてきて夕陽の光がこぼれているので明日は好天が期待できそうだ。

来年のこと

11月16日(金曜)、晴れ一時くもり
s-001_20181116201838e9d.jpg s-004_201811162018393ea.jpg
今日は朝から快晴、暫くぶりに日の出が拝めた。お天道様が嶺の上に顔を出された位置は、もう薬師岳のテッペンを通り越していた。
s-005_20181116201841791.jpg   s-009_20181116201843ad0.jpg
吾輩、白鳥はどうしたか、と見に行くと日の出の直後には早くも飛び立つ群れがあった。今朝は地場もん屋にリンゴを出した帰り道で、吾輩が推奨?する峡谷のように映るスポットで朝の風景を写してきた。
s-017_20181116201845846.jpg  s-018_201811162018471a6.jpg
今日の吾輩終日リンゴの大枝切りの作業だ。”果物作りは剪定に始まり、剪定で終わる”と云っても良いくらいに剪定作業は大切で、早くも来年の事を考えての作業だ。プランターの野菜は来年の晩春に結球する品種、雪の下になるまでに冬を越す体力?を作らねばならないので、今度の好天はありがたい。
s-021_201811162018500ec.jpg  s-020_20181116201848b31.jpg
今日は昼近くから暫く立山が綺麗に見えて、雪の積もり方が想像できるほどだったので、柿の枝越しに写した。リンゴがあるうちに立山を写すのもそろそろ終わりだ。
s-022_20181116202214427.jpg  s-023_20181116202216bee.jpg
夕方になってスーパーへ。吾輩、食材&お惣菜を買うのを任されて?もう1年半近くになるので、今ではどの時間帯が混雑するか、品揃いは、と、合点承知だ。が、お花の種類は未だし、なので・・・・・
s-027_201811162022198d8.jpg
 日の入りの時間帯、今日はどうしたことか白鳥の姿は明るいうちに見ることが叶わなかった。代わりに空に縦横にかかる飛行雲が綺麗であった。

晩秋の空

11月15日(木曜)、晴れ一時曇り
霜月も半ば、今度の好天は今日明日でイップク(一服)、ならばと今日は空ばかり(嘘)眺めてノブログとしよう。
s-001_2018111518070037e.jpg
朝6時45分、朝から青空が広がるのは暫くぶり。天気は好いぞ
s-009_20181115180702669.jpg s-010_2018111518070329d.jpg
左は8時43分、西の空は雲が多いが赤い屋根が映えている。8時46分、右は頭を雲の上に出した立山連峰だ。
 (吾輩、ごぜんはN田さんと2人で桃の大枝切り(剪定)をした)。
s-013_20181115175856e97.jpg  s-014_20181115175857abb.jpg
この写真2枚とも15時37分、午後は西の空も好く晴れて、ヘリコプターをゲット?した。
(吾輩、午後はリンゴの収穫、作業中にY岸さんS瀬さんがリンゴを買いに見えた)
s-017_2018111517535964b.jpg  s-016_201811151753578fd.jpg
左は16時12分、日の入り時刻が近いので写真散策に、東の空はは雲の有り無しが北寄りと南寄りで分かれる。右は16時15分(お天道様が山の端に沈まれる)、井田川の堰の場所で写したのだが、川の水面に夕焼が映っている。
s-026_2018111517540574f.jpg  s-033_201811151754097e0.jpg
16時21分には北の方角から白鳥が飛んでくるではないか!。白鳥は堰の水には降りず、近くの水がはってある田んぼに降りた。吾輩急いで移動、すると30羽近くが羽を休めている。そのうちに道路上に移動して・・・
s-036_201811151759002a4.jpg
最後の写真は日没後は16時35分、西の空は雲が夕焼けていた。
(撮影の時間が画面に入らないので、カメラの記録を見ながら記入した)

天気が好いと

11月14日(水曜)曇り時々晴れ
今日は朝から晴れて、ヘボカメラマン?もフル回転だった。
s-001_20181114201256fe3.jpg  s-004_20181114201258f38.jpg
我が家のリンゴ園、家の真ん前の樹にはまだかなり実が残っているが、ほかの樹は少なくなった。今朝は地場もん屋の集荷所へ。途中で夫婦山の頂辺りから雲が湧くように見えるので車を停めたのだが、里山もかなり紅葉をしている。
s-005_20181114201300f7b.jpg
11月も半ばに差し掛かると、出荷する人も、品目・出荷量ともに減ってゆくようだ。
s-010_20181114201302746.jpg  s-008_201811142013019ea.jpg
帰り道は遠回りして坂の町の朝の風情を写してきた。井田川の河川敷の草枯れが霜月の象徴かも。
s-012_20181114201305b1c.jpg   s-011_201811142013040ae.jpg
序に、と白鳥はどうしているやら、と回り道だ。すると井田川の堰には見えず、来年の為に“代かき”が済んだ田んぼに飛来して餌漁りをしていた。まだ飛来数は少ないが、寒さが募る様になれば羽数も増えることであろう。
s-021_201811142013080db.jpg  s-023_201811142026556c0.jpg
吾輩、少し遅くなった朝食を済ませ、一休みした後はヨウ足しに出かけた.JAで金銭出納の後JA系スーパーの生産者コーナーを偵察?だ。相も変わらない雑多な陳列、その上品質の悪さが目立つのは何とかならぬものなのか、これでは「地産地消」が泣くのでは・・・。それに比べてスーパーの賑わい、わけても”じゃが芋・玉ねぎ”の袋詰め放題の人気は大したものだ。
s-025_20181114201911265.jpg  s-027_201811142019132b3.jpg  s-028_20181114201914c89.jpg
お昼近くになって雲間から光が射して、おもて山の峰々が”波打って”見えるので写した。
s-031_20181114201915a3d.jpg  s-032_20181114201917f02.jpg
午後の吾輩、リンゴ園のシルバーシートを外したり、傷果や鳥に啄まれた果実を摘んだりした。園の前の田んぼでは精農家のYさんがトラクターで代掻きをされていた。
s-037_201811142019208ae.jpg  s-034_201811142019182de.jpg
今日は暫くぶりで日の入りの写真が写せた。お天道様が沈まれる位置は、うんと南寄りになって、牛岳の裾野に達していた。

色・艶・大きさ、もちろん食味

11月13日(火曜)、曇り夕方一時小雨
s-004_201811131751549b5.jpg  s-003_20181113175152456.jpg
今朝は雲が厚く、今にも雨が降りそう。吾輩今朝も日課免除でゆっくり過ごす.NHKおはよう日本では「古都の山寺を彩る紅葉」で京都の神護寺の紅葉が放映されている。やはり京都の紅葉は綺麗だ。
s-007_201811131751543ad.jpg  s-017_20181113175445a66.jpg
吾輩、きょうの午前はこの秋一番の託送リンゴの箱詰・荷造りをして郵便局から発送した。大事な客なので選別も入念、今日は今年の「ふじ」で最大と思われる果実があったので計量すると、南砺518㌘もあって・・・。このリンゴ色艶も良く極上品、もちろん味も好いので他人様には渡さず、自家用だ。
s-009_20181113175156fe3.jpg  s-010_201811131751577a5.jpg
午後はJAに行って12月になれば施すリンゴの基肥「有機入り果樹専用肥料)を引き取ってきた。往路、井田川の護岸補修工事現場を遠くから見てパチリ、帰路はS農園の切り花菊の残り株に咲いている花が見事なので写してきた。
s-011_20181113175159ca6.jpg  s-012_2018111317520053d.jpg
肥料を引き取った後は、暫く大根を見ていなかったので観察だ。試みに1本引いてみると、結構大きくなっていたので2~3本間引きしてきた。
s-013_201811131752021f2.jpg  s-021_20181113175448d6e.jpg
帰宅して1本計量すると500㌘はゆうにあるので、早速切り漬けした。
日暮れまでの時間は近くの医院に行って飲続けている薬を貰い、接骨院では肩凝りの手当をしてきた。
s-016_201811131754449d7.jpg
家に帰りついたのが5時近く、小雨がパラつくし薄暗い。でも西の空は雲間に残光がみれるので、模様はそんなに悪くはなるまい。

修理なったカメラ

11月12日(月曜)、晴れ後曇りから雨
吾輩、愛用のカメラを故障させて自分で写した写真を載せることが出来なかったのが丁度2週間、今日はカメラの修理が成ってブログは元どうりとなった。
 今日の午前は、桃園の下草を刈った後、カメラを引き取りに行き、帰り道はグリーンマーケットで「葉牡丹」を買ってきた。
 午後からは写真説明付だ。
s-009_201811121659302fb.jpg
 午後は、今まで手付かずにしていた樹のリンゴも摘み取りを始めるので、直近の写真を撮った。明日は託送を依頼されているリンゴを箱詰めするので、今日は相当数を収穫した。
s-011_20181112165932f86.jpg
 カメラの修理をしている間に”冬の花”山茶花が咲き始めて、今日はもう満開に近いので写した。
s-012_20181112165933824.jpg  s-014_20181112165935e1d.jpg
リンゴを収穫しているうちに雨が降ってきたので、その前に植えた「葉牡丹」と、今朝咲いた朝顔を写した。この朝顔は指折ってみると4ヶ月にわたって咲き続けた”健気な”花であった。
s-015_20181112165936bf6.jpg
午後の4時を回ったところでスーパーへ、この場所から県境の山を撮るのは暫くぶり、この時刻雨になったようだ。
s-017_20181112165939c37.jpg  s-016_201811121659379ce.jpg
このお店、今日は10%OFFなのと、夕方はお惣菜に割引品があるので日暮れ時は客が多い。
s-018_20181112165940a8a.jpg
日の入の時刻に、井田川の堰から牛岳を望み、かつ白鳥の観察をするのが「立冬」になってからの吾輩の仕事?だが、今日は牛岳も白鳥も見ること叶わずであった。
 今夜から明日の午前中は雨の予報、雨の後は気温も下がるのだろうな。

刺身・食欲の秋

11月11日(日曜)、晴れ
立冬になって5日目、嬉しいことに”小春”が続いて、今日も穏やかで暖かな一日であった。
吾輩、きょうは地場もん屋に出荷する日、8時過ぎには集荷所へ。この場所・館は今日は「菜菜こられ市」が立って朝から関係の皆さんが準備に大わらわだ。この市の名物の一つに「金時おこわ」がある、吾輩“蒸しがあがる”のを待って買ってきた。帰宅したところへワイフの姪が「おはぎ」を持ってきてくれた(間違い、「おはぎ」をもらったのは昨日だった)。
 少し遅めの朝食は「金時おこわ」だ。吾輩赤飯が大好きで、味噌汁に漬物があれば食欲は進むのである。
朝食を済ませたところへリンゴが欲しいと隣の地区のA野さんが見えたので、収穫・選別だ。A野さんは先日の中国旅行から昨日帰ったばかり。暫くは土産話をお聞きした。その後近くに住む妹が来たのでティタイム、食欲の話に花が咲いた。
 午後はワイフを美容院に送る。帰宅すると隣村のA倍さんから留守電があってリンゴが欲しいと言うので摘み取った。ワイフが帰宅した後はM上さんにT近さんとリンゴを買う客?が押しかけて、今日は大忙しであった。
 今日は”食欲の秋たけなわ”らしい写真が見つかって、ナイスタイミングだ。
s-烏賊の刺身
 先ずは、これまた南砺の市長さんのFBだ。昨日投稿されていて宗像市で食された「刺身」だ。記事は無いのでチャベチャベ云わないが、見事な”つくり”だ。
s-)こだわりの昆布〆(軽い昆布〆・刺身
 こちらは富山市はT亭のご主人のFB、記事には、”茶懐石の向附(さしみ)、軽い昆布〆(こだわりの昆布)”と、ある。吾輩写真を見ただけで”よだれ”ものであった。
 おふた方に、素敵な寫眞をお借りした無礼を詫びる次第。


[編集中)

菊花香る

11月10日(土曜)、曇りのち晴れ
霜月も、はや中旬入り、果物作りはもう来年に向けての作業が始まる。今日は桃の基肥の前作業で下草刈りを行なった。桃は葉が落ちてしまっているので下旬になれば基肥の施用に続いて剪定が始まる。
 吾輩の果物作りはリンゴを主に、桃・イチジクそして自家用の柿、洋梨と”欲張っているので、1年を通して仕事があり、吾輩が口癖?にする「貧乏暇なし」だ。
 午後になって唯一のリンゴオーナーK谷さんファミリーがリンゴ摘みに見えたところへ、7日に中国へ旅立った団員のNさんとMさんが回家(帰国)挨拶に見えて一時賑やかであった。
 4時過ぎには明日地場もん屋に出荷するリンゴのほか集荷所で顔を合わすYさんに頼まれているリンゴも摘んで保冷庫に入れた。
 保冷庫には追熟中の洋梨があり、あと1週間ほどで庫出しをするので、今日から温度をギリギリまで下げた。
 夕方は例によって例の如く?FBのお友達の写真探しだ。週末は皆さんご多忙のようで、今日は投稿が少なく苦労させられる。
ようやく見つかった、と云うよりはご多忙にもかかわらず”こまめに”投稿される南砺の市長さんが、今日は福岡県宗像市で投稿された素敵な寫眞が見つかった。
s-の菊菊花大会に出品  s-宗像市菊花大会・於いて
昨日に続いて花だが、今日は宗像市で開催されている「全日本菊花連盟全国大会宗像大会」の会場で写されたものだ。厚物・管物と見事な菊花、将に菊香るだ。
s-南砺の誉れ・菊花  s-南砺市長・福岡県宗像市へ
市長さんの記事に寄れば、明年は南砺市で菊花展に合わせて全国大会が開催されるとのこと、そんな関係で愛情には「南砺の誉」が活けられているは勿論、南砺の菊作り名人の方々も宗像の大会に参加されている、とのことで、吾輩多いに考えさせられたのであった。最後の写真は宗像市の風景だ。
 この間も南砺市長さんのFBから菊まつりの写真を使わせていただいたばかりで、南砺市長様様、と同時にご活躍ぶりに吾輩感動するのであった。

今日は花

11月9日(金曜)、曇り時々雨
今日は朝から時々小雨、午後になって前線の通過に伴う雨風が一時強かった。
吾輩、朝は日課をこなし、今朝は地場もん屋にリンゴの他に、今年最後になる「さわし柿」も入れて25点の品を出した。
午前は仕上がった「さわし柿」を冷蔵庫のチルドと保冷庫に入れた後、M川さんから託送依頼があったリンゴを1梱包ユーパックで送った。
  11月も明日は中旬入り、だけあってリンゴは完熟したのも多くなって、今までの”すぐり採り”から、一斉採りが出来るようになったので、今日の午後は親戚のM原さんから依頼のあった託送分を摘んで荷造りして2か所へ送った。夕方はスーパーに行って買い物、今日はジャムも買ったのだが、吾輩”つぶあんジャム”が売られていることを知って大喜び、早速買ってきた。
 日暮れてからはPCはFacebookで素敵な寫眞探しだ。今日で丁度1週間になるので、趣向を凝らそう、と探したら、山形のお友達Hさんが、経営されるお店に飾られた花が見つかった。
s-花だらけ、3
 記事には”晩秋の坊平高原云々”とあって、深み行く秋の草花などを見事に活けられているのに吾輩感心したのであった。
s-_1花だらけ、特  s-花だらけ、特2
 この写真の草花や実の名は何だろうか、さすがに高原だけはあるなー、だ。
s-花だらけ特3
 夜になって風は止み、雨も上がったようだ。明日は大陸育ちの高気圧が張り出して、霜月らしい天候になるようだ。

小春日和

11月8日(木曜)、晴れ
今日から旧暦は10月。旧暦は10・11・12の三か月が冬なので二十四節季の「立冬」と日を前後して暦は冬入りとなった。でも旧暦の十月は「小春」でもあるので、晴れる日は暖かい。今日は小春日和で日中は暖かであった。
 吾輩午前はワイフを総合病院に送った後JAに行ってリンゴの肥料「果樹専用一号」を注文、苦土石灰を引き取ってきた。昼までの余った時間はここのところ肩凝りが苦痛なので接骨院に行ってきた。
 午後は収穫が終わって落葉が始まった早生と中生のリンゴの一部に苦土石灰を施し3時過ぎまで明日出荷するリンゴ「ふじ)を摘んだ。4時には検査を終えたワイフを病院に迎えに行ってきて一日を終えた。
 今日の写真は食べ物だ
s-給食はたら汁 s-たら汁朝日町、学校給食は
 この写真は朝日町のKさんが投稿されていた朝日町の小学校の給食「たら汁」だ。夕方のNHKのテレビ「富山人」でもニュースにあったのだが、さすがに海がある町、吾輩羨まし思いをしたのである。
s-村上山荘、メグちゃんの料理(10・31)森田さん
次はMさんが10月31日にタイムラインに投稿されていた写真。先日大長谷の村上山荘で開かれた「とやま観光未来塾(食コース)の現地ツアーのひとコマだ。これまた山菜をふんだんに使った料理、吾輩ツバを飲み込んだのである。
 吾輩の愛用カメラ、修理の見通しがついたのであと4・5日で他人様の写真を借りる心苦しさから解放?されることになった。

今日は立冬

11月7日(水曜)、晴れ時々曇り
今日は二十四節季の「立冬」、暦の上では冬に入る。暦のついでに旧暦は今日が9月の晦日、明日から10月になるので「小春」の日和も期待できる。
 で、今朝は比較的暖か。吾輩、朝のの日課をこなして、今日は地場もん屋にリンゴを18点出した。
午前の吾輩は富山空港へ。今日の大連便で旅立つ町日中友好協会の「日中平和友好条約締結40周年記念訪中団」の結団式・出発見送りに行ってきた。一行は18名で、3泊4日、大連と西安を訪ねる旅、吾輩”一路平安”であれ、と願ったのである。
 午後は、富山紅茶の会を主宰されるK女史がお友達のSさんとともに、アップルティに使うリンコ「王林」を買に見えた。Sさんは初めてであったのでティタイムにして「王林」の特徴などをお話しした。
 その後はワイフがデイサービスから帰るのを待ってスーパーへ買い物。夕方になって詩吟仲間のS水サンがリンゴを求めてやって来た。
 日暮れが早くなったので5時ともなれば外仕事はムリ、PCでFBのお友達の投稿を見るのが楽しみになる。
 今日は皆さんご多忙のようで夕方の段階では投稿が少ない。その中で南砺の市長さんが訪問先は中国紹興市で投稿されている写真が目に留まったのでシェアした次第。
 s-南砺市長、紹興市で友情の夜
 この写真は昨夜の紹興市国際友好大会行事「友城の夜」の一コマで、松村健三顕彰会の皆さんと夕食で合流された、と記事にある。
s-友情の夜、2
南砺市長さんのFBはもともと幅広く投稿されていて、吾輩毎日拝見しているのだが、今回は海外出張先からの克明な投稿に吾輩脱帽をするのであった。

めで鯛

11月6日(火曜)、曇り時々雨
朝のうちはまだ雨だった。今日は地場もん屋への出荷はお休み。
朝食を済ませたところへ、海釣名人がキトキトの鯛を持参で訪ねて下さった。昨日石川県境の沖まで行って釣ってきた、と云う訳。聞けば今が旬の”ハチメ”を吊りに行ったのだが、”ハチメ”は魚影を捉えることが出来ず、鯛に替えたとのこと。なにしろ90歳台の半ばに近い年齢なのに心身共に元気そのもの、吾輩その元気を分けて貰うのであった。
 名人が帰った後は、吾輩のリンゴ園で唯一のオーナーK谷さんが娘さん夫婦にお孫さん連れでリンゴを摘みに見えた。幸い雨が止んでいて、可愛いお孫さんが大喜びでリンゴを摘むのだから、吾輩まで嬉しくなるのであった。 
 お昼は鯛の料理に舌鼓を打った。
 午後になって吾輩のリンゴ作りを物心両面で支えてくれている”又従兄弟”のK君が、自身が作る甘柿「富有」を届けてくれた。
その後はパッケージプラザへ行ってフルーツキャップを買い、帰り道はグリーンマーケットで鉢花を買ってきた。
 午後は時々小雨がパラつくだけ、吾輩帰宅した後は「王林」の残りを全部摘んで保冷庫に入れた。
今日の写真は、FBお友達はM村さんが投稿されていた「花嫁暖簾」だ。結婚式が家で行われていた頃はお嫁さんを迎える日から祝い事が済む日まで、新婚夫婦の部屋の入り口に掛けられていたのを吾輩思い出したのであった。
s-花嫁暖簾、3 s-、1花嫁暖簾 、2花嫁のれん
暖簾の上の図柄は「家紋」だ。
s-暖簾。4
昔は?座布団まで「家紋」の図柄、往時の人達が“家柄(いえがら)に拘ったのだ。

ブログのランキング

11月5日(月曜)、晴れ
好天の朝は目が覚めるのが早い。今朝は日課もこなさねばならないので、6時前には起床した。外に出て観天望気、好い天気になること間違いなしだ。
 今日は地場もん屋に21点のリンゴを出した。
 朝食をとった後、ブログのランキングを見ると、写真を載せなくなって以来大きくダウンしていたのに、今朝は、日記のジャンルで昨日の2,039位から837位に、「ゆとり世代」では、99位から44位に大躍進していたのには”ビックリ仰天”したのである。多分昨日お借りして載せた「南砺市の菊まつり」の写真がよかったから、と思うのだが、いずれにせよ吾輩のブログに関心を示してくださる皆さんに感謝感謝だ。
今日の午前はJAに行ってシーラーテープを買い、コメリーではコピー用紙、そしてS農園で春キャベツの苗とチューリップ球根を買ってきた。その後は春キャベツはプランターにチューリップは鉢に植えた。
 午後は月に1度の勉強会、中国文化セミナーに行ってきた。今日の勉強は10月の歳時記で「小春」など10月の異称であった。
 帰路は何時もの通り車を運転する学友・のKさんともどもスーパーで買い物をした。
 帰宅して今日も?FBのお友達の投稿を見た。今日お借りするのはM先生の紅葉の写真と・・・
s-毛丹青先生の紅葉
 M・M女史が旅行先で写されたもの。
s-のmatsunomaedaさん
 2枚並べてみると蔦の赤.と庭石の苔の緑が対照的で、吾輩、目の覚める思いがするのであった。

日曜の過ごし方

11月4日(日曜)、曇り一時小雨
今日は思っていたよりも天候が悪かった。
吾輩、11月に入ってからは地場もん屋への出荷は隔日としたので、今日はお休み、朝はゆっくりした。午前は今年最後の平核無(平種無し)柿の収穫、そして5度目の「さわし柿」作りをした。11月ともなると、柿は傷果が多くなるので今日あたりが収穫の限界だ。
午後はリンゴ”ぐんま名月)を摘んだ後、大根畑に行って生育状況を調べ、生育に影響すると思われる雑草を抜いた。
 帰り道で、天文家の先生宅に”ぐんま名月”を届けたらコーヒーでも、と誘われたのでお邪魔してきた。
 先生宅では現代?の大人の日曜日の過ごし方が話題になった。先生とは年代が同じいので、吾輩たちの若いころと比べて今の若い人たちの日曜の過ごし方が”みみっちい”となったのであった。
4時過ぎには帰宅したので明日地場もん屋に出すリンゴを摘んで保冷庫に入れた。
 夕方は雲が厚くなったこともあって、日暮れが早い。で、今日も吾輩、昨日の”他人のの褌”よろしくFBのお友達の投稿から素敵な写真をお借りした。
 今日は南砺の市長さんの投稿から、南砺市の菊まつりの写真だ。
s-南砺市長さんの写真・南砺菊まつり
 南砺の市長さんのタイムラインに投稿されていた写真、南砺市の菊まつり風景
s-南砺・菊まつり・2
 南砺市の「菊まつり」は例年盛大に行われて、見事な菊が飾られるのは吾輩承知しているのだが、今年の夏は猛暑が続いただけに、立派な菊と飾りの構図に感心したのであった。

写真が載らないのに・・・

11月3日(土曜)、晴れ
今日は朝の日課を一通りこなしたところへ吾輩が長年歯の定期検診?を受けているO歯科医院の看護師さん達がお子さん連れでリンゴ狩りに見えた。小1時間ほどリンゴ摘んだり、吾輩のリンゴ作りの苦労話などをさせていただいた。
遅くなった朝食を済ませてブログを開けて、それでも、と、ランキングを見ると、何と「ゆとり世代」で昨日の94位から59位と大躍進をしているのに吾輩驚いた。
 カメラの修理?が終わるまではブログを休刊?とまで、考えたのだが、思いとどまって日記代わりの記事だけ書くこと3日目であった。
 今日の午前はワイフをデイサービスへ送り出した後、今日が祥月命日になる亡正一叔父の墓参りに行ってきた。
 午後は隣の地区に住むA野さんがリンゴを買いに見えた後この秋すでに2度の来園があったわが町の通所介護施設はF園の一行10名余の方が遠足で来園されて、青空の下、赤くなったリンゴを食べながらの”おしゃべり”を楽しまれたのであった。
 今日は青空が広がった上暖か、こんな日は大切にlと吾輩、皆さんが帰った後はイチジクの防鳥ネットを外したり、プランターに植えていた生姜を掘り採ったりした。
 夕方になって、ふと思いついたのがブログの写真のこと。自分が写す写真が無いのであれば,FBのお友達が当日投稿されている綺麗な写真をシェアしよう、であった。
 で、早速FBに目を通すと旅行企画やガイドを手掛けていらっしゃるU女史が、昨日今日と室堂から黒部湖辺りまで歩かれて、素敵な写真を投稿されていたので、お借りして今日のブログに光彩?を添えることにした次第。
 s-夕焼け室堂で雲海の
室堂で写された雲海に沈んだ夕陽
s-、2ご来光
 立山のご来光、説明書きには「赤沢岳とズバリ岳の間から」、とあった
s-黒部ダムの途中で s-から11・2、室堂
 上の写真は黒部ダムまで行かれる間で写されたようだ
s-、1牛島さんの山の写真 s-からの眺め黒4ダム展望台休憩所
 左の写真は室堂から写されたのかな?、右は黒四ダム展望台休憩所の看板がある。

 ”他人の褌で相撲をとる”ようで心苦しいのだが、今日は文化の日でもあるので素敵な写真を紹介した次第,U女史に感謝感謝だ。

雨晴のバイキング

11月2日3(金曜)、曇りのち晴れ
昨夜は窓外に海が見えるホテルに泊まった。
 朝目覚めて外を見ると、凪いだ海が広がっている。朝食は勿論海が見える食堂でバイキング、吾輩、朝から烏賊とサスの刺身で食事をした。海辺は好いなー。 なんちゅうたってカメラの故障が残念だ。
 9時半の送りのバスでホテルを出て、高岡で大阪から見えた吟友と分かれて帰宅した。
 午後は昨日のうちに摘んで保冷庫に入れておいたリンゴを選別、30個を揃えた。その後明日の朝地場もん屋に出すリンゴを摘んだ。夕方5時近くになって富山のMさん母子が30個のリンゴを買いに来てくれた。

霜月朔日

11月 1日(木曜)、曇り後晴れ
AM、リンゴ摘み。琴の先生ご夫妻来宅。県農業共済・果樹担当のみなさん「ふじ」の収穫期調査に来園。
PM、漢詩吟詠会・OBの集いで雨晴の「磯はなび」へ
    参加者、宗家、吟詠会会長、本部指導者3人、富山3人、八尾10人だった。
久しぶりに吟を詠んだ。わけてもN会長の演題、松口月城先生作の「母」は、古き良き時代?の母を考えるに充分で、感動した。
      詩文を書き留めておく
          ふるさとの 栗もくるみも うれたれば
                  おまえを思うと 母の文くる
               呼びたくも 呼ぶことならぬガラス戸に
                  息吹きかけて 母と書くなり
  
プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR