FC2ブログ

神無月晦日

10月31日(水曜)、曇り時々雨
AM、中村接骨院へ。大根の生育状況を見てきた
PM、雨の晴れ間にリンゴを摘む。福島のYさん来園、夕方妙法寺ヘリンゴを届けた。
スポンサーサイト



愛用カメラが故障

10月30日(火曜)、雨
 今日は終日の雨模様、そのうえ愛用のカメラが吾輩の不注意で故障して、ブログに写真を載せることができない。購入先へ行って修理を依頼したのだが、メーカーまで送って修理費の見積もりをする、修理するか、買い替えるかの結論は1週間後、となった。
 写真が載るからこそ吾輩のブログは意味があったたけに、写真の載らないブログは修理が終わるまで休刊?をするの余儀なくなった。
AM、美和子さん、お孫さんと来宅。生姜2kg代金渡す
PM、絹子さん来宅、リンゴとさわし柿プレゼント、芝寿司を頂戴した

田んぼの白鳥

10月29日(月曜)、雨が降ったり止んだり
s-003_20181029202710923.jpg s-005_20181029202712a60.jpg
目覚めたときは雨が降っていたので朝の日課はお休み。起きたのは7時近くであった。この朝顔、今日咲いた花が最後のようだ。
s-006_20181029202713b71.jpg s-009_20181029202714d39.jpg
朝食を済ませて、さつま芋の冬越し準備。掘り取り後2週間ほど日陰で乾燥させたのを1本1本古新聞氏で包んで、発泡スチロール盛の野菜保存箱に入れて、室内に入れた。雨の止み間は好い景色が広がったので写した。
s-011_20181029202716d98.jpg s-014_20181029202717387.jpg
10時過ぎにはヨウ足しだ。先ずはヤマダ電気で速貼の表示ラベル用紙を買い、その足でコメリに行ったのだが臨時休業、途中で富山空港を見ると、きょうは同時に2機が駐機している写真が写せた。
s-020_201810292101235af.jpg s-023_20181029202719ee4.jpg s-019_20181029210121ce8.jpg
家が近づいたところで、往路の時に遠望していた田んぼの白鳥は、と、すぐ傍の道路を進むと、何と8羽の白鳥が餌を漁っている。吾輩が、目と鼻の先?に車を停めると、振り向いてくれるのだから、嬉しくなったのである。白鳥と云えば河川か湖水が普通だが、近年吾輩の地域に飛来する白鳥は、日中は田んぼで餌にありつくのがお決まりのようだ。
s-024_2018102920272021b.jpg
  白鳥の居る田んぼの近くから東南の方角を望むと飛越の山並みに雲が湧いている。日照が少ないのが残念だが里山・中腹・嶺と山の色が違って綺麗に写せた。
s-027_20181029210125594.jpg  s-029_20181029210128320.jpg s-031_20181029210129a2a.jpg
 午後は地場もん屋の集荷所に行って明日出荷する品物のバーコードを作ってきた。集荷所は小学校の前にある農村交流施設、雨の日の校舎は静かな佇まいであった。吾輩、帰路はスーパーでお惣菜を買った。このお店は夕方になると割引のお惣菜がある上に、月曜は10%OFFなので、ずいぶん得をした思いになるのである。夕方になっても雨は降ったり、止んだり、気温も下がりそうだ。

わらべが大勢

10月28日(日曜)、くもり一時小雨
10月最後の日曜日、今日は県下の各地でいろんな催しが行われたようだが吾輩のリンゴ園も大勢、しかも”わらべ”が多く来てくれて楽しい一日であった。
s-001_20181028203446b94.jpg s-003_20181028203447927.jpg  s-004_20181028203449818.jpg
今日の午前は予定がびっしりは前もって分かっていたので早く起きて昨日のうちに摘んでおいたリンゴをパッケージ、地場もん屋の集荷所へ。家を出たところで飛越の山並みを写す。集荷所は何時もより1時間早く到着、吾輩だけでなく幾人かの人も同じ思いのようだ。
s-015_20181028203452f27.jpg   s-013_20181028203707fed.jpg
8時からは集落の「水・土・里」活動、今日は用排水路の補修作業だ。排水路には”さわ蟹”が多くいて里の好さを知るのであった。
s-027_201810282034553e3.jpg  s-031_20181028210641010.jpg  s-026_2018102820345384c.jpg
吾輩10時でご免をもらって、次なる行動だ。例年この時期にリンゴ狩りに来てくれる母子のグループが訪ねてくれたのである。今日は3組の母子で”わらべ”は5人、一番大きい翔太君は小学校の5年生、ほかの子供たちも吾輩に好くなついてくれて、まるで吾輩のひ孫みたいな思いに駆られるのであった。
s-037_201810282034587a7.jpg   s-040_20181028203459127.jpg
リンゴを摘み終わったところへ、小雨が来たので家に招き入れて、臨時の保育園?我が家は”わらべ”たちの声が響いたのである。午後になって、今度は、もうすこし大きい子供と、ママさんだ。この母子も毎年訪ねてくれるので楽しい会話となるのであった。
s-042_201810282044040ac.jpg  s-049_201810282044079d3.jpg s-044_20181028204406adc.jpg
潮が引いた?ので吾輩次なる予定をこなした。リンゴ王林はまだ緑が濃いが収穫の適期、明日はまた空模様が変わるようなので保冷庫で貯蔵する予定個数を摘んで保冷庫に入れた。明日からは曇雨天が続きそうなので、庭先のプランター野菜の管理も行った。
s-057.jpg
日の入の頃は井田川の堰の様子見、今日は白鳥は塒を替えたみたいだ。西の空も雲が厚いので写真は止めて、夕食後に漬け込んだ大根の塩漬けを写しておいた。

薄曇り

10月27日(土曜)、曇りときどき小雨
s-001_201810271934189e1.jpg
 昨夜は風が強まり、朝は小雨が降っていた。今日は朝の日課は免除?だ。
s-005_201810271934214b0.jpg s-004_2018102719342007e.jpg
 夜が明けて雨の止み間があるので観天望気、外に出ると、雲の切れ間から陽が射して”おもて山”の眺めが、好いので、祖父岳と夫婦山を写した。
s-011_201810271934242dd.jpg s-012_20181027193425e14.jpg
 井田川の堰の白鳥は留守?で、西の空は真っ黒い雲、雨があがる見込みは無い。
s-菅沼合掌集落の秋  s-咲二季咲桜、コシノフクカサネ・10月下旬~12月上旬咲・一重咲から半八重
吾輩、午前はホネ休み,FBで友達の投稿に目を通す。すると、朝日のKさんが2季咲の櫻「コシノフクカサネ」を、南砺のSさんは「合掌造りの村の秋」の写真を投稿されていたので、シェアさせていただいた。
s-014_20181027193428761.jpg  s-015_20181027193430ea6.jpg
午後になっても薄曇りで雨がときどきパラついた。3時過ぎには毎年宅配のリンゴを注文してくださるMさんたちが見えてリンゴ狩り、そのうちにデイサービスからワイフが戻ったので、世間話に花が咲いた。
s-016_2018102720322844f.jpg s-018_20181027193431ee9.jpg
 夕方はスーパーに行ってお惣菜を買ってきた。帰りは日暮れ時になったので井田川の堰の様子見をしたのだが、天候の所為だろうか白鳥は戻ってはおらず、西の空は曇ったままであった。

プレミアムフライデー

10月26日(金曜)、晴れ
フライデーはなんら問題はないが、「プレミアム」と付くと、吾輩どうも気にくわないのだ。今日はそのプレミアムらしき?一日であった。
s-008_201810261825143bc.jpg s-009_201810261825155ad.jpg s-010_20181026182516a61.jpg
今朝は6時前に起きて日の出を待つ。起きてすぐ観天望気、すると西の空に月齢16の残月が在った。お天道様が立山連峰の外れに顔を出されたのは6時26分であった。
s-014_20181026182519c44.jpg s-012_20181026182517419.jpg
リンゴと甘柿を摘んでパッケージ、地場もん屋の集荷所へ運ぶ。道すがら、渓流を横目にに飛越の山並みを写した。
s-015_20181026182520c73.jpg
 帰路は回り道して堰の白鳥の様子見、今朝はズームを絞って写したら、こんな素敵な写真になった。
s-018_20181026182522b8c.jpg s-022_2018102618252382a.jpg s-023_20181026182525cd5.jpg
プレミアムになったのは”とつくに”の老朋友を迎えてのホスト役であった。
s-026_2018102618252677a.jpg s-027_201810261829164f1.jpg s-030_20181026182917e51.jpg
友 遠方より来る また楽しからずや、で昼は我が町のイタリアンへ案内し、その後は坂の町・門前町の名所旧跡をガイドしたのである。
s-034_20181026182919272.jpg s-036_201810261829200dd.jpg
 再来を約して彼らが帰った後はスーパーへ、夕方のお店はお子さん連れの若いママさんが見えるのは微笑ましく、ついシャッターを押すのであった。日暮れの時の井田川の堰、今日も白鳥と白鷺が仲良く羽を休めていた。
 吾輩も、今夜はゆっくり体を休めるとしよう。

いろいろあったなー

10月25日(木曜)、曇り時々晴れ
s-005_20181025182351212.jpg
夜明けの頃は雲が厚く、雨が降りそうであったが、空は持ち直して晴れてきた。吾今朝は日課どうりリンゴ摘みなどの作業をした。
s-008_20181025182354486.jpg s-006_201810251823529ab.jpg
朝食後は今日も用足し。銀行のATM→JAと量販店で包装資材を購入→JA系のスーパーで生産者コーナーの実態を調べ→GSで支払、と時間を費やした。
s-009_2018102518235547e.jpg
帰宅したのは昼近く、近くを通る関西電力の送電線鉄塔では高所作業が行われていて・・・
s-011_2018102518235797d.jpg
午後は庭の雑草を引く作業が主、そこへ県農業共済の果樹担当の方達が見えて「王林」の収穫期調査だ。
s-013_20181025182358a14.jpg  s-014_201810251824003c2.jpg
皆さんが帰る間際になって吾輩のリンゴ作りを精神的に支えてくれているOG2人がリンゴ刈にやって来た。この時期に季節外れの花が咲くクセがあるのが「王林」、今日も1輪だけ咲いて彼女たちを迎えた。
s-016_20181025182403931.jpg
日暮れ前に接骨院へ、家を出たところで陽が沈み雲の嶺が輝く綺麗な写真が撮れた。
s-019_201810251827320ba.jpg  s-018_20181025182404e2a.jpg
接骨院からの帰り、それでも、と井田川は高善寺の堰を覗くと、なんと今日は白鳥と白鷺が仲良く浅瀬で羽を休めているのであった。

東奔西走

10月24日(水曜)、朝のうちは小雨、その後曇り
s-003_201810241811060ed.jpg s-004_20181024181107ff6.jpg
今朝は小雨模様だったので、朝の日課は免除?して2度寝だった。
s-006_20181024181109484.jpg s-007_20181024181110e8c.jpg
朝食を済ませて、白鳥はどうしたか、と堰の様子見に行くと、飛び立ってしまっている。ならばと南の方角に目をやると、雨があがった県境の山並みが望めた。吾輩が目を凝らしたのは「夫婦山「と「祖父岳」だ。
s-009_2018102418111222b.jpg s-012_201810241811136c0.jpg s-014_20181024181115fd6.jpg s-015_2018102418111672e.jpg s-022_20181024181119141.jpg
 午前はヨウ足し。東へ西へと車を走らせる。先ずはスーパー、次がドラッグストア、3番目はさわし柿に用いる「しぶぬき職人」を買い、旧市内の外れにあるパッケージプラザへ、一旦帰宅した時は11時を回ったばかり、昼までの間に、と今度は近くの医院に行って”こむら返り?”の症状を診てもらい薬をもらってきた。半日で5ヶ所も回れるのは将に車のお蔭、いずれは免許返納だが・・・・。
s-025_20181024181458b70.jpg
午後は先週の金曜日に仕込んだ”さわし柿”を袋から出し1個1個布で拭って仕上がり。ワイフがデイサービスから帰るのを待って・・・
s-023_20181024181456f7b.jpg s-026_20181024181459b89.jpg s-028_20181024181500b81.jpg
 柿の収穫、そして「しぶぬき職人」にバトンを渡して”さわし柿”を仕込んだ。今シ-ズン4度目、これで終りかな・・・
s-029_20181024181502cbf.jpg
日暮れ時、今日は西の空は暗いが、東の空は明るみが射してきたので明日は秋晴れが戻りそうだ。

霜降の日は十五夜

10月23日(火曜)晴れのち曇り夜は雨
s-004_201810232015393f6.jpg
今日は(きょうから)二十四節季は「霜降」、霜は未だしだが朝は冷え込む。お天道様が立山連峰の上に顔を出されるのも6時半近くだ。
s-012_20181023201540cd8.jpg
今朝は吾輩通常の日課だ。
s-020_20181023201544557.jpg s-019_2018102320154333e.jpg
朝食を済ませたところへ海釣名人が「真鯛」の刺身を手土産に来宅した。この「真鯛」は昨日能登沖で釣り上げた大物、証拠写真のお顔は万年青年、きりっと引き締まった容貌に吾輩”惚れ直した”のであった。
s-021_201810232015465b4.jpg
名人がお帰りになった後は、近頃クセになった野菜の即席漬け、今日は茄子と胡瓜を漬けこんだ。傍らにあるのは昨日漬けた小蕪、今日はもう発酵食品でもある。
s-022_201810232015471b2.jpg
午後になって、今度は菓子つくり名人のSさんが、ワイフの姪が作った生姜と吾輩のリンゴを買いに来てくださった。この人は吾輩の作る「こうたろう」フアンで、今日も積み残しておいた「こうたろう」に目が無かった。その後の吾輩は、例年、霜降になったら収穫する洋梨は「ル・レクチュエ」を摘んで保冷庫に入れ追熟をかけた。
s-024_20181023201549f5d.jpg
今日は夕方近くまで晴れていて、立山連峰の主峰雄山が初冠雪した様子を窺い知ることができた。
s-032_201810232015509d9.jpg
霜降の日は旧暦の9月15日、十五夜お月さんが日の入りのすぐ後に、雄山の近くから昇られた。
s-037_201810232015536fa.jpg
先日は隣町の田んぼに白鳥が初飛来したとの新聞記事もあったので、もしや、と井田川は高善寺の堰を見に行くと、何と予感的中、白鳥が4羽飛来して遊泳していた。
 今日は写真の投稿を制限したのだが、朝から豊かな自然が多く写せた好き日であった。

蜜入り日和

10月22日(月曜)、晴れ
s-001_20181022181717e37.jpg s-003_2018102218171824a.jpg
晴れの日は目覚めが早くなるのが吾輩の習性だ。今朝は空気が凛としている。日の出を待ち構えること暫し、今日は鍬崎山の南からお天道様が昇られた。
s-004_20181022181719e10.jpg
今日は地場もん屋への出荷はお休みした。で、昨夕に漬けた小蕪の出来具合を診る。結果オーライで、とても美味しく漬け上がった。
s-007_20181022181721d70.jpg s-014_20181022181722826.jpg
 好天が2~3日続くとなれば秋といえどもプランターの作物には水遣りが必要、吾輩外に出ると裏玄関?に小鳥が落ちている。どうやら庇の下の雨除けガラスにぶつかって落命?したようだ。水やりは単に水ではなくて、有機の液肥を薄めて施した。
s-016_20181022181724942.jpg s-018_201810221817255cc.jpg
今日はワイフが総合病院の皮膚科へ予約してあるので朝食の後車で送った。帰路は富山空港を望んで秋晴れの立山連峰を写してきた。
s-037_201810221828473a3.jpg s-032_20181022182354bd0.jpg
朝はひんやりだったが陽が高くなるとともに気温も上がり秋晴れの上天気になった。この時期このような天候が続くと、ふじリンゴは蜜入りが期待できる。今日は其の日和だ。で、吾輩の園の見栄えするアングルで写した。
s-038_20181022182357926.jpg s-042_20181022182401c02.jpg
午後は、リンゴの果実によく陽が当たり、蜜入りにも役立たせよう、と日陰を作る徒長枝を切ったり、葉を摘んだりした。作業中にジエット音、吾輩の園チックで左旋回して着陸態勢になる飛行機を写した。
s-043_2018102218240322e.jpg 
今日は終日立山連峰が望め、夕方もすっきり晴れて居る。初冠雪のニュースもあった雄山を写したのだが・・・。
s-046_20181022182848d1c.jpg  s-047_2018102218285021b.jpg
5時近くなってスーパーへ行ってお惣菜などを買ってきた。帰宅したら日の入りを見ること叶わずであった。ダケデナク、リンゴ園には十四夜の月が昇っていた。

今宵は十三夜

10月21日(日曜)、晴れ
s-001_20181021193908a22.jpg s-003_20181021193910a11.jpg
今日は上天気、6時前に起きて観天望気、立山連峰は嶺が雲の上だ。お天道様が昇られる位置も随分南になった。
s-006_20181021193911a9d.jpg s-009_20181021193912070.jpg  s-010_2018102119391406c.jpg
吾輩、リンゴと甘柿を摘んでパッケージ地場もん屋にだした。.集荷所からの帰り道、河川段丘と県境の山が遠望できる此の場所は吾輩の観光スポットだ。
s-013_2018102119391525f.jpg  s-016_20181021193917616.jpg
著書くの後、今年初めて、しかも1個だけ着いた新品種「ローズパール」が熟したので収穫した。写真のように果皮は黄色、果肉はピンクだ。今日は昨日来宅した長女に加えてワイフの姪も来たので、みんなで試食した。品種の特性とされる”多汁で甘味多く、適度な酸味”は、その通りで将来への期待が大きい。
s-019_201810211939209d3.jpg  s-020_20181021193921131.jpg
今日は“天高く”なったので昼前に山畑の大根の生育状況をみてきた。先日有機の液肥で生育を促したこともあって、きょうは陽光を浴びて葉が光っていた。この分なら”いける”ぞだ。
s-021_20181021194441e91.jpg  s-025_20181021194445957.jpg
昼までの余った時間は「ふじ」でも、特に期待がかかる樹の地表面にシルバーシートを敷いた。反射光を当てて”真っ赤”なリンゴを目指すのだ。午後は樹冠で蔭になる葉を摘んだ。
s-022_201810211944426ad.jpg  s-024_20181021194444633.jpg
今日は旧暦が9月13日、十三夜だ。となると名月鑑賞、昼の部は庭に植えてあるリンゴ「ぐんま名月」が熟して名月?になったので・・・・。2時過ぎには長女が帰福するのでJRの駅まで送った。
s-027_201810211944471e3.jpg  s-029_2018102119444888c.jpg  s-036_201810211944501ea.jpg
 今日は秋晴れ、夕焼けも綺麗。陽が沈んだ頃はリンゴ園に十三夜の月が昇った。夜の名月も鑑賞したの勿論のことだ。

体が動けば、自ずから食欲の秋

10月20日(土曜)、朝のうちは小雨後曇り時々晴れ
今朝は4時にトイレに起きて、忘れ事を思いだした。昨夜は就寝前に行なうつもりだった「秋茄子の辛子漬け」だ。で、厨房に灯りを点けて30分あまり、未明の作業をした。
s-002_20181020183811134.jpg  s-005_20181020183814711.jpg
外は雨だし、と吾輩2度寝の気相は6時半過ぎであった。
s-006_20181020183815db8.jpg  s-004_20181020183812a6d.jpg
雨が小降りになったのでプランターの作物の観察。すると、またもや蝸牛が白菜の葉を食害しているのであった。片や朝顔は蔓のテッペンに花を着けていた。
s-007_20181020183817053.jpg
今日はワイフはデイサービス、雨はようやくあがった。
s-010_20181020183820786.jpg  s-012_20181020183821d5a.jpg
今日は夕方に長女が様子見にくると言うので、吾輩スーパに行ってご馳走を買ってきた。スーパーの花売り場は何時もながら目の保養になる。帰り道で町のコミニュテイセンターへの道路沿いに「桜」の花が咲いているのが目に留まったので写してきた。
s-013_20181020183823681.jpg  s-014_20181020183824125.jpg
ここから家までの道程は1km余りだが眺めは好くて、吾輩、雨上がりの景色も見逃さなかった。
s-017_20181020184431618.jpg  s-018_20181020184432f5f.jpg  s-020_20181020184434494.jpg
 スーパーでは長野産の好く締まった白菜を特売していたのを買ったので昼飯の後に即席漬けをした。その後葉今年最後になるであろう、リンゴ園の草刈りをした。写真に入ったのはリンゴでなくて昨日から売りに出した甘柿だ。
s-022_20181020184435238.jpg  s-026_20181020184440402.jpg
16時近くなって吾輩を”さわ爺”と呼んでくれる母子が見えた。”いつもお世話になっているのだからお届するように”と、実家は北海道の母からの品だ、と持ってきてくれたのであった。吾輩、嬉しさをこみ上げたのである。
  夕方は夕方で福井に嫁いでいる長女がお土産の品を手に持って老父母の様子見にやって来たのを、吾輩JRの駅に迎えた。
s-029_20181020184443403.jpg  s-028_20181020184441505.jpg
 入日の頃、東の空は黒雲、西の空は夕焼けまがい、今夜は一時雨かもだが、予報では明日は絶好の秋日和のようで・・・
 きょう一日、体もカメラアイも良く動いた。こんな日は言うまでもなく食欲の秋を満喫、否、満足したのである。

○○心と秋の空

10月19日(金曜)晴れ後曇りから雨、雨から曇り
s-006_20181019213231ca3.jpg
6時19分東の方角。朝焼けで晴れ
s-014_20181019211621553.jpg
8時26分、南の方角。青空がひろがる
s-019_2018101921162295f.jpg
11時35分、東の空。雲がかかり始める。
s-020_20181019211624025.jpg
14時51分、上の写真と同じ方角。午後になって雷鳴、雨強く降る。
s-021_2018101921162560e.jpg
16時21分、西の方角。雨があがって雲間に陽光のぞく。
s-023_201810192116284fa.jpg
16時24分、上から2枚目と同じ方角。雲流れて・・・
s-028_2018101921163044b.jpg
17時01分南西の方角。夕焼けが綺麗だ。
   投稿スタイルを変えて追記
 ①、今朝は甘柿の「陽豊」を初収穫、地場もん屋に出した。 
s-012_201810200713222e8.jpg  s-015_20181020071320707.jpg
  ②、夜7時、会長事務所で「日中友好平和条約締結40周年記念・西安の旅」の参加者打ち合わせ会があり、事務局として出席した。
s-030_20181020072752959.jpg

秋たけなわ

10月18日(木曜)、晴れ時々曇り
s-002_20181018202454953.jpg  s-004_201810182024569c8.jpg
朝、ひんやりした空気、雲はあるが天候が崩れる心配はなさそうだ。
s-006_20181018202457d67.jpg  s-007_201810182024594a2.jpg
吾輩、地場もん屋に出すリンゴをパッケージして、この秋一番の品数&重量を出した。集荷所では可愛い助っ人?が来て励ましてくれた。
s-009_20181018202500473.jpg
集荷所からの帰り道はS農園の菊の切り取り作業の状況を写させてもらった。朝食後は知人から依頼のあった「さわし柿」を荷造りして依頼先へユーパックで送った。
s-012_20181018202503306.jpg  s-010_201810182030178bc.jpg
11時過ぎには近くのかかりつけの医院に行って飲み続けている血圧の薬を貰ってきた。先日来続けられている関西電力の送電線の保守作業、今日も青空の下”軽業師”の仕事ぶりが見れる。
s-015_20181018203226e43.jpg s-016_20181018203227b42.jpg s-017_201810182032298f7.jpg
午後は午前に続いて知人から依頼の「さわし柿」を送ったほか、ワイフの用事で銀行のATMに行き、帰りはJAに行って(漬け物用の調味料などを買ってきた。4時近くになって大根畑に行き、気温が高いうちに生育を促進すべく有機液肥を葉面散布し、株元の雑草を引いてきた。
s-019_20181018203231eb2.jpg
仕事を終えての帰り道、ふるさと農道沿いのコスモス畑が、それこそ「百花繚乱」であるのが目に留まったので、富山平野を遠望して写してきた。
s-020_201810182032320ad.jpg s-024_20181018203236bf2.jpg
日暮れ際に、これで3回目になる平核無を収穫し蔕の緑が濃いうちに「しぶぬき職人」でさわし作業をした。
s-022_2018101820323384d.jpg s-023_20181018203235037.jpg
日の入り時刻、井田川の高善寺の堰では野鴨の群れが遊泳しているが、近くで飛来があったと伝えられる白鳥はまだのようだ。
s-025_201810182032383d7.jpg
日が暮れたって、まだ6時、夕食前にと吾輩、ワイフの姪っ子に貰った白菜の即席漬けの実習?をした。
 秋が”たけなわ”ともなれば、食欲の秋も満足のゆくものにせねばなるまい。

ジュースになる「こうたろう」

10月17日(水曜)、小雨から曇りのち晴れ
s-002_2018101720201322b.jpg  s-005_20181017202015a19.jpg
5時過ぎに目覚めたが、外は小雨、吾輩朝の日課を免除?して2度寝した。起床は6時過ぎ、まだ小雨が降っている。玄関先の鉢には夏の最中に稔った種が落ちて芽を出した朝顔が花開いた。吾輩、その健気さに感心した。
s-008_201810172020183ed.jpg s-003_20181017202014a07.jpg
朝食を済ませた頃から雨は止んだ。プランターの白菜を食べているのはカタツムリ、油断をしていると大変、捕まえて遠くに放るのだが幾日か経つと新顔?が巣食っている。でも、レタスは嫌いなようで被害はない。
s-006_20181017202017d59.jpg
水曜日はワイフはデイサービス、吾輩はスーパーに買い物に行くのがお決まりだ。
s-009_201810172020206d4.jpg  s-012_201810172020217f7.jpg
 午前の余った時間は接骨院へ、行き先への道路に沿うように関西電力の高圧線鉄塔が立っていて、今日は高圧線の保守作業が行われている。サーカス顔負けの作業員氏に脱帽だ。
s-013_20181017202023bcf.jpg
こちらは井田川の河床整備作業,川の流れの中での作業、そして流路が変わってゆくのを写しておいた。
s-014_20181017202423d03.jpg  s-016_201810172024265f1.jpg  s-015_20181017202424310.jpg
午後は量販店に行ってリンゴを入れる手提げポリ袋を物色したのだが、サイズが合わず諦めた。帰り道は南西方向に車を走らせるので陽射しを受ける山並みが美しいので写した。
s-019_20181017202427507.jpg
帰宅して、地場もん屋の特注分のリンゴを若干摘んだうえ、保冷庫で貯蔵していた品種とともにパッケージした。今日は地場もん屋が20日21日と2日間にわたって創業記念大売り出しを行うに当たってお客さんに振る舞うジュースに使うリンゴの用命を吾輩お受けしたので、保冷庫にストックしていた「こう太郎」の荷造りをしたのであった。
s-021_201810172024291ca.jpg  s-023_201810172024305e1.jpg
 応援が無い作業なので一所懸命“仕事をしていたら、何時の間にやら陽が沈んでいた。夕焼けは綺麗なので明日は好い天気になることであろう。

収穫の秋

10月16日(火曜)、晴れ一時曇り
s-002_20181016204035d9b.jpg  
6時前に起床、観天望気
s-011_20181016204038a21.jpg  s-012_20181016204040aed.jpg
朝の日課をこなして地場もん屋の集荷所へ
s-014_2018101620404256f.jpg  s-018_201810162040476bf.jpg
朝食を済ませたところへワイフの姪とその孫娘が蕪などの野菜を土産に訪ねてきた。10時前にはワイフのケアマネさんだ。
s-016_20181016204044c9d.jpg  s-017_20181016204045f22.jpg
吾輩、姪にもらった小蕪を即席つけもの器に漬け込み、甘柿は「水島」を収穫した。午前の余った時間はリンゴの着色管理作業だ。
 s-023_20181016204626328.jpg  s-021_20181016204623e51.jpg
午後は猪に食い荒らされて後手になった「さつま芋掘り」をした。猪は味が分かるようで食い荒らされたのは「紅はるか」、踏み荒らしただけは「パープルスィート・・」だった。残念無念!
s-025_20181016204627d6b.jpg  s-031_20181016204633510.jpg
芋を掘った後、大根の生育状況を調べてきた。10月に入ってからは”すこぶる“付きに順調、がこれもやがては獣に狙われるので、用心用心だ。
s-034_20181016213848ced.jpg
 芋ほりの帰りに、天文家のKさん宅にプレゼントし、コーヒーを頂戴していたら、帰宅は日没後になった。収穫の秋、好天の日は体が良く動く。



多様な一日

10月15日(月曜)、晴れ
s-003_201810152057404c8.jpg s-005_20181015205742384.jpg
今朝は6時前にに起きて予約のあったリンゴを摘んだ後、「ふじ」の糖度アップと着色増進のための液剤を散布した。
s-013_2018101520574482c.jpg s-010_2018101520574267e.jpg
午前はワイフを総合病院に送迎が主な仕事だ。今日は皮膚科と外科の診察を受けたので時間がかかって帰宅したのはお昼過ぎだった。
s-020_201810152057451fb.jpg
午後はリンゴの着色管理で、「ふじ」を重点に、徒長枝を切ったり、葉を摘んだりした。西陽を受けたリンゴは赤が冴える。
s-024_20181015210102b18.jpg  s-025_20181015210103367.jpg
午後の4時を回ってから、またもやワイフの買い物の送迎運転だ。
s-029_20181015210105a69.jpg  s-030_201810152101067fb.jpg
帰宅したら留守電が入っていて海釣名人が来宅する、とのこと。しばらくして”デッカイ”真鱈の釣果を持参で見えたのがチョウ元気なSさんだった。吾輩お礼に午後のうちに摘んでおいたリンゴを差し上げた。
s-033_201810152101082d0.jpg s-036_201810152101099f6.jpg
今日は祖父の祥月命日,Sさんがお帰りになってから、今日買ってきた仏花を供えて読経をしたのであった。海釣名人の釣果はワイフの姪におすそ分け、彼女は孫を連れて夕食後にやって来た。孫娘は、大きいお魚にビックリであった。
s-041_20181015210111c3b.jpg
今日は旧暦の9月7日、月の入りは早いようで、彼女たちが帰る頃はもう山の端に近かった。

家業と村

10月14日(日曜)、晴れ時々曇り
s-001_201810141754446eb.jpg s-006_20181014175445bfd.jpg s-007_20181014175447cdb.jpg
朝のうちは雲が厚かったのだが日の出の頃から空が開いてきた
s-009_20181014175448775.jpg
今日は日曜で晴れるとくれば地場もん屋は多く売れる、と読んで吾輩朝早くから仕事に精を出した。今日から「早生ふじ」も売りに出す。
s-015_20181014175451bb9.jpg  s-013_201810141754500a7.jpg
地場もん屋の集荷所はK地区に建つ農村交流施設の「喜楽里館」、今日はこの地区の伝統行事?「菜菜こられ市」だ。この市は地元の農産物の即売が中心で月に一度日曜日に立つのだが、今では近郷近在の客が楽しみにされている。吾輩が注目するのは「金時おこわ」”せいろ”で蒸して作られるのでとても美味しく、今では名物商品だ。
 午前の吾輩はリンゴの着色管理作業だ。作業中に息子が友人3人とともにリンゴ狩りにきた。きょうからは”ふじ”も選り採りを薦めたので、喜んでもらえた。
s-023_20181014175906f74.jpg  s-022_20181014175904362.jpg
 午後になって、昨日リンゴ園に遠足された介護施設の案内人?で、吾輩の友人でもあるNさんが、昨日のお礼にと自家生産をされた「富富富」を届けてくださった。一緒されたのがお子さんとお孫さん、可愛い客は吾輩大歓迎、リンゴ摘みをお薦めしたのであった。
 午後は気温も上がって軽く汗ばむ天候、野良で働く人は、と周囲を見回すのだが、遠くにコンバインが1台動いているだけ、吾輩の集落は戸数が少ないこともあって、外で働くのは吾輩が1人であった。世が世ならば日曜日は家族総出で働いたのに、と吾輩。
 煎じ詰めれば農業では食えなくなって、兼業農業さえも無くなり、核家族化も手伝って農村は単なる村になって仕舞った、と吾輩慨嘆するのである。
s-024_20181014175907dc0.jpg  s-025_20181014175908c8b.jpg
 お天道様が山の端にかかられるのは5時、夕焼け小焼けにはチョットもの足りないが、明日は好い天気になるようなのであり難い。

時知らず


10月13日(土曜)、曇り時々晴れ
s-003_201810131948208b8.jpg
6時半になりますよ、と起こされた。吾輩、きょうは地場もん屋をお休みするので、2度寝したのであった。
s-009_20181013194822bb0.jpg  s-008_2018101319482118d.jpg  
ゆっくりできた朝はリンゴ園を巡回して、この後熟してくる品種の摘み取り時期などの判定だ。大写ししたのは「ぐんま名月、」品種の特徴どおりの色づきなので、摘み取りを始めても好い。
s-010_2018101319482418d.jpg  s-012_20181013194826942.jpg  
9時前に息子が来たので。明日射水の寺院へ出して供養の上処分することにした「雛飾り」の人形たちを箱に入れた。この雛飾りはワイフの親が腐心して買っただけに・・・・。なので記録写真を撮った。ワイフ殿はそれを見届けてデイサービスに。
s-014_2018101319482868b.jpg  s-013_20181013194827924.jpg  
日が高くなって青空が広がった近くの田んぼでは隣村のSさんがコンバイン作業、吾輩はリンゴ園の草刈りだ。作業中に来園者、だれかと想ったら介護施設のケエマネをしているゆうじんはN女子、午後施設の人達の遠足え?吾輩のリンゴ園へ来たいとのこと、どうぞどうぞ、と返事をした。
s-016_2018101319530020f.jpg  s-018_20181013195302912.jpg
午後の2時過ぎには、このとおり元気な昔のお嬢ちゃん?達が来園されたのであった。わけても懐かしい思いをしたのは、吾輩がサラリーマン時代の先輩のH刀自の元気なお顔が見れたことであった。
s-015_20181013200512bfd.jpg  s-017_2018101319530217d.jpg
 今日は午前の草刈り中にリンゴは王林の枝に時知らずの花が咲いているのを見つけていたので、来園された皆さんを歓迎して咲いた花だ、と、紹介したのである。
 一行が帰った後は、明日地場もん屋に売りに出す品のバーコードを集荷所へ行って作り、帰路はスーパーに寄ってお惣菜などを買ってきた。
s-021_20181013195305d8f.jpg
 夕方は薄く雲がかかった。二十四節季「寒露」は今日が次候入り、日没も早くなって午後の五時で日暮れるのであった。

柿が赤くなれば・・・

10月12日(金曜)、曇り時々晴れ
s-003_20181012194115e91.jpg  s-005_201810121941183a5.jpg s-007_2018101219411976f.jpg
雨はあがったが朝のうちは雲がかかって高い山は見え無かったが時間の経過と共に雲が薄れてきた。
吾輩朝の日課をこなして地場もん屋の数か所へ。今日は「さわし柿」も売りにだした。
s-011_20181012194120360.jpg  s-014_20181012194122e3a.jpg
 朝食を済ませたところへ「ひらたねなし柿」を干し柿にするので50個欲しいと電話が入った。電話の主は旧市内に住むNさんで、毎年ご用命があるので”毎度ありがとうございます”と、引き受けた。ついでに吾輩の「さわし柿」用も摘むわ、と今日は大玉を狙って鋏を入れた。 摘んだ後、干し柿用は果軸がついた枝を短く切り詰める作業、さわし用は果軸を切り落とす作業だ。
s-016_20181012194123bcb.jpg s-021_20181012194544ffb.jpg
午後は暫く体を横たえた後、旧市内のNさんまで車を走らせた。帰りはパッケージプラザでリンゴのパッケージ資材を買ってきた。帰宅した後はさわし柿を仕込んだ。10月も中旬、柿の色も赤く?なることだし、明日からは”天が高く”なるようなので、干し柿づくりにはもってこいだ(云い慣わしには”柿が赤くなれば医者が青くなる”とあるではないか、だ。
s-019_2018101219454103b.jpg s-020_201810121945425cf.jpg
写真は前後したが、この2枚は旧市内からの帰り道で目に留まった景色、この時間帯は陽が射して好い風景が写せた。
s-023_20181012194546df9.jpg
さわし柿を仕込んだ後は接骨院に行ってホネの養生だ。途中、井田川は高善寺橋の上流で護岸工事に関連する河床整備が行われている電場を見た。工事は進んで見違える河床になりつつあるので、車を停めて写した。
s-025_20181012194548086.jpg s-026_2018101219455090c.jpg
接骨院の帰りはスーパーで買い物だ。5時半過ぎのスーパー葉は、日中とは客層が違い、勤め帰りの若い女性が目立つ。花屋さんには、それこそ、色とりどりの花があって目の保養になるのであった。
s-027_201810121945526f7.jpg s-028_20181012221259943.jpg
 今日の最後の仕事は、農産加工。と云っても食材の秋茄子は先刻スーパーで買ったもの。吾輩、経験を積んで腕前が上がった辛子漬けを作ったのである。
 20時過ぎには地場もん屋の売り上げ情報がネットで入る。因みに今日売りに出したさわし柿は完売であった。

天高く馬肥ゆる日を待つ

10月11日(木曜)、雨
今日は終日の雨、”天高く馬肥ゆる”とはゆかないが食欲の秋に違いは無い。今日のブログは食欲関連が中心だ。
s-003_201810111750566c3.jpg
 朝、静かに降る雨は植えたばかりのレタスには根付かせる好い雨だ。
s-006_20181011175059558.jpg  s-008_2018101117510159e.jpg
 今日の仕事と云えば”さわし柿”の出来具合をみて、脱渋の袋から取り出す作業だ。今日で5日の渋抜きは甘くて美味しい柿に仕上がった。
s-010_20181011175101835.jpg  s-023_201810111958231e3.jpg
 そして今日は漢詩吟詠のOB会だ。月に一度詩吟の先生宅に集まって喉の訓練?をした後ランチを共にするのだが、時節柄今日は食べ物の話に花が咲いた。
s-016_20181011175344e6b.jpg  s-015_2018101118041541d.jpg
今日は市内の寿司店へ。吾輩、回転寿司店は行く機会が少いので”ど素人”、オーダーしたお寿司がミニ新幹線で運ばれてくるのにはビックリしたのであった。今日は雨が降るのに客が多いのも、だ。
 帰宅したのは2時半過ぎ、暫く休んだ後、ワイフの用足しでドラッグストアに行ってきたのが午後の仕事?だった。
s-020_20181011175350ac2.jpg  s-021_20181011195821452.jpg
 終日の雨は手持無沙汰、夕方のテレビをゆっくり視聴するのも久しぶり.NHKテレビ「しぶ5時」では、ミャンマーのアウンサンスーチーさんの来日で”おもてなし”がされる会食のメニューが映っていたし、その後富山人の番組では、県が開発して生産されたお米「富富富」がデビユーして、今日東京でイベントが開かれたことを伝えていた。
 将に食欲の秋、願わくは”天高く・・・”の1日も早からんことである。

秋晴れが続かない

10月10日(水曜)、曇りのち雨
s-007_20181010171246f3d.jpg s-009_20181010171250f69.jpg 
朝はこんなに好いお天気だったのに・・・・
s-015_20181010172031090.jpg  s-016_20181010171250ec4.jpg
我が家の玄関先は夏の花「朝顔」が健気に花を咲かせて菊と競って?くれるし、昨日植えたレタスがシャンとして主を喜ばせてくれる。
s-019_20181010171254977.jpg   s-018_20181010171253e12.jpg
地場もん屋の集荷所へ行く道すがら移りゆく秋を堪能。集荷所では野菜や花作りの達人?達との会話が楽しみでもある。
s-022_20181010171628615.jpg  s-021_2018101017162608f.jpg  s-023_20181010171630607.jpg
吾輩の地域の盛り場?に立地するスーパーとドラックストア、水曜日は両店ともポイントが大きく付くので、朝から大賑わい、吾輩もそれに釣られて・・・
s-024_2018101017163105e.jpg s-017_20181010171253199.jpg
帰宅したところへ、リンゴは「こうたろう」が大フアンのSさんが見えて纏め買いをしてくださった。玄関先の朝顔は「健気でしょう」とFBに投稿した写真。
s-高峰さん、坂の街アート.再度  s-三字経の教え
 午後は予想より早く雨になったので外仕事を諦めてパソコン弄り。今日はFB友達の投稿をつぶさに目を通した。中でもTさんが写された越中八尾の坂の町アートで写された「野の花」の活け花やM先生の図書の紹介は、ブログを見てくださる人達にも、とシェアした次第。日暮れまでは家の中の整理整頓をした。
s-027_20181010175834db7.jpg s-025_20181010175830f8f.jpg
 夕方になると雨は本降り、この秋は晴天が続かないのが農家にとって悩みのタネ、果樹栽培も野菜作りも気が抜けない。

旧暦も九月になった

10月9日(火曜)、晴れ
s-005_201810092021222c4.jpg 
今日は旧暦の9月1日、お天気も良くてやっと秋本番かなだ。
s-008_20181009202124555.jpg s-013_20181009202132d8f.jpg s-012_20181009202129f05.jpg
朝の日課は何時もの通り。今朝の地場もん屋集荷所には見応えのあるススキが出ている。吾輩のリンゴ、今日は6通りのパックで売りだ。
s-015_20181009202126355.jpg s-017_20181009202131aeb.jpg
朝食を済ませて、今年最後の病害虫防除だ。今日は「ふじ」を重点に、葉を褐斑病から守る処方?の液剤散布だ。作業が終わる頃はリンゴ園に青空が広がった。
s-019_201810092021344eb.jpg s-023_20181009202656bb7.jpg
午後はS農園に野菜苗を買いに行った.S農園は菊の切り取りや、蕾の手入れ?で大忙し。今年はまあーるい大輪の菊が作らていて、蕾にネットの袋が掛けられているのに吾輩感心した。
s-024_20181009202658e55.jpg s-026_20181009202700f0e.jpg  s-028_2018100920270037a.jpg
吾輩は前作が終わって空いたプランターに後作のレタスを定植した。終わって山畑の大根の生育ぶりを見に行ってきた。大根は追肥を施して1週間余り、見違えるように大きく育った。
s-031_201810092027039c6.jpg s-032_201810092027045f4.jpg
道を挟んで隣り合う畑にはワイフの姪が「隼人瓜」を作っている。今年は9月の天候が思わしくなかったのだが、台風の直撃を受けることもなかって、ようやく花が咲き、実がとまってきたようだ。
s-033_20181009202706571.jpg
 今日は夕方は薄曇りになって夕焼けは見れず、写真を撮るのが億劫にになったので、畑からの帰りに立ち寄ったコンビニの写真で代用?だ。

寒露の候

10月8日(月曜・祝)、曇り後晴れ
今日は二十四節季が「寒露」入り
s-002_201810082042475ef.jpg

s-004_201810082042498bc.jpg s-005_2018100820425085b.jpg

s-009_2018100820425273d.jpg s-010_20181008204254fb5.jpg

s-011_20181008204255074.jpg s-012_201810082042573cd.jpg

s-013_20181008205643467.jpg s-015_20181008205644f13.jpg

s-016_2018100820564685f.jpg s-017_20181008205647391.jpg

s-020_20181008205650370.jpg
写真の取り込みがうまくゆかず、遅くなった。[編集中)

台風見舞い?

10月7日(日曜)、くもり時々雨
  高齢になると夜は3回もトイレに立つ。昨夕の2回目は2時近く、外は意外と静かで、風は弱まったようだし雨も降っていない。この分ならば台風の影響は小さいだろうと安堵した思いで寝直した。
s-004_20181007153940241.jpg s-005_201810071539411f7.jpg s-008_201810071539433a5.jpg
 起床したのは5時半過ぎ、ネットで台風情報を調べると、25号台風は、日本海の真ん中を進んで東北沖で熱帯低気圧に変わっていた。夜明けを待ってリンゴ園を見ると、嬉しいかな今度もほとんど無傷であった。玄関先の鉢花もまた然りだ。
s-013_201810071539464f8.jpg s-010_20181007153944ef7.jpg
 吾輩、今朝は地場もん屋をお休みして、早めに朝食、小雨も止んだのでリンゴ園の草刈りをした。と、台風の被害は無かったかと、県農業共済の職員さん、そして農林振興センターの普及員kさんも調査にみえた。
s-012_20181007153946cf5.jpg s-014_20181007153949aec.jpg
 時期が時期だっただけに、台風一過、被害のなかった事を喜んで激励?する人はその後も後を絶たず、小雨も降ることだからと、吾輩招き入れて茶話会?となった次第。お昼近くには孫娘までもが息子と一緒にやって来たのであった。
s-016_20181007173937983.jpg s-018_201810071739392cf.jpg
午後になってこの秋2度目の来園になるファミリー、今日は福井市にお住いのじぃちゃん・ばぁちゃんも一緒で、楽しそうにリンゴ狩りの上、多くをお買い上げいただいたのである。
s-019_20181007173941b2e.jpg
 3時過ぎにようやく身軽?になった吾輩、台風で落果しないようにと特別な配慮をした「ぐんま名月」などの袋を外す作業をした。
 s-021_20181007173942bea.jpg s-022_201810071739445e4.jpg
 夕方になってワイフの用足しでドラッグストアへ、途中県境の山が夕陽を浴びて綺麗に見えるので写した。このドラッグストアは食糧品などもあるので夕方も混んでいた。
s-023_20181007173946b44.jpg
 10月になるなり2週続けて襲来した台風、吾輩の地域は2回とも被害が無くて、今日は夕焼けも綺麗、吾輩今夜こそ枕を高くして寝るとしよう。

気になる台風のコース

10月 6日(土曜)、晴れときどき曇り
s-004_201810061825026a0.jpg s-009_2018100618250502a.jpg
台風25号のことが気にかかり5時過ぎには起床した。夜明け前、中天に痩せ細った月があった。お天道様が立山連峰の嶺に顔を出されたのは6時過ぎ、こんなに良いお天気なのに台風はくるのかな、だ。
s-006_2018100618250477a.jpg
デ、ネットで台風のコースを調べる。日本海の真ん中を通るようで、富山は暴風域の端っこ、とすれば・・・・
s-012_20181006183851090.jpg s-011_201810061825074bf.jpg
今朝はリンゴを摘んでパッケージ、地場もん屋に出した。今日は「あいかの香」も初出荷だ。花を作っている人たちも次から次えと種類が増える。
s-014_201810061838535f6.jpg s-015_20181006183853f0b.jpg
 午前の吾輩、ワイフをデイサービスへ送り出した後は、「ひらたねなし(平核無」)の”さわし柿”作りをした。
s-021_20181006183859fd9.jpg s-018_20181006183856ea4.jpg
 11時過ぎには雲の流れが速くなってきたので、台風に備えて、プランターの野菜を木陰に移し、玄関先の鉢物を風の心配のないところに移した。
s-020_20181006183858548.jpg
 今日は気温が上がって、真夏並みの暑さ、こんな時は立山連峰が近く感じられる。この時間はまだ風はない。
s-023_20181006200719199.jpg s-024_20181006200721e11.jpg
 午後は、毎年多くリンゴを買ってくださるMさんのファミリーが前もって承っていた贈答用のリンゴを引き取りに見えた。娘さんが贈答用の箱作り体験?、楽しそうでなによりだ。
 午後の4時近くになってネットでリアルな台風情報を見ると、25号は朝鮮半島をかすめて?日本海に入っているし、富山は直撃を免れ、最大瞬間風速もチョットはちいさくなったようなので、吾輩接骨院に行ってホネの養生をした。
s-028_20181006200724ca4.jpg s-027_201810062007229cb.jpg
日の入の頃になって風が強くなってきた。それでも時折止む風なので少しは気持ちが楽になるのであった。流れが早い雲は夕陽を受けて彩が鮮やかだ。
 この記事は夜の9時半に認めているが、風の音はさほど出ない。ひょっとして・・・・・。運を天に任すとしよう。



時間の使い方

10月 5日(金曜)、曇り時々晴れ
今日は早く起きたのと、明日は台風が接近するので、といろんな仕事をしてかなり疲れたようだ。
s-001_201810052045147f1.jpg 

s-008_201810052045177dc.jpg  s-009_20181005204519f85.jpg 

s-012_20181005204520955.jpg s-014_20181005204719643.jpg  s-016_201810052047219ab.jpg

s-017_201810052047239bd.jpg s-019_201810052047243c3.jpg s-024_20181005205436b55.jpg 

s-023_20181005205433829.jpg s-027_20181005205436264.jpg

s-028_20181005205439f2a.jpg
 朝からの作業や用事を写真で写して(朝飯前が写すのを忘れた)並べてみると、高齢ではあるが、上手く時間をつかったなーだ。
 

収穫の喜びは?

10月 4日(木曜)、くもり
s-001_2018100420263442a.jpg s-002_201810042026369a7.jpg
 5時前に起きた。残月は天空に在った。夜明けは随分遅くなった。
s-006_20181004202639001.jpg
 今日の午前はワイフを病院に送迎だ。一昨日の夕方、右足に軽い火傷をして素人治療をしていて、昨日介護施設の保険担当に注意されたので、診察を受けたのである。
s-008_20181004202640b18.jpg s-010_20181004202921a86.jpg
 病院へ送った帰り道で目に付いた景色は、太陽光発電施設越えの立山連峰と、害虫に食害されて葉が1枚もない柿の哀れ?な姿だ。
s-011_20181004202923bdd.jpg  s-012_20181004202925447.jpg
午後は、常連客のMさんに依頼されたリンゴをユーパックで送り、その足で門前町の古刹の伽藍を写してきた。
s-018_20181004203132942.jpg  s-015_201810042029262a2.jpg
朝から曇りっ放しの空、午後の3時過ぎには少し明るくなったので、山畑に行ってさつま芋を掘ってみた。「パープルスィートロード」はそれなりに芋が大きくなっているが「紅はるか」の芋は太りが充分でない。やはり9月の日照不足が災いしているようだ。ついでに大根の生育状況を見てきたのだが、こっちもお天道様が恋しいようだ。この秋は品目に差はあるが、収穫の喜び方も一様にはゆかないのでは・・・・
s-019_20181004203135cd2.jpg
夕方近くになって地場もん屋から電話が入って、10月の20日21日に行われる創業記念の感謝祭で振る舞うジュースの原料にするリンゴを頼まれたので吾輩引き受けて、早速「こうたろう」を摘み保冷庫に入れた。
s-021_2018100420313616f.jpg  s-022_20181004203138482.jpg
 今日は曇りがちで、秋晴れが続かないだけでなく、台風が週末にやってくる、と云う嫌な気象情報、収穫の秋は悲喜こもごもだ。

待っていた秋晴れ

10月 3日(水曜)、晴れ
今日は”この秋初めて”の、と思うほどの爽やかな秋晴れであった。
 朝から順に
s-004_20181003183214df0.jpg s-005_20181003183216556.jpg
 こんな日は吾輩早起きだ。5時過ぎに目覚めて夜明けを待った。立山連峰の稜線が綺麗に望めるので、何時も写す位置を50㍍ほど左に歩くと、秋を象徴するススキが有った。
s-010_2018100318321884b.jpg s-011_20181003183219f83.jpg
今朝の吾輩、早起きには訳がある。旬になったリンゴは「コウタロウ」と「シナノスィート」摘んでパッケージした上で、主力品種の「ふじ」と「王林」に今年最後の液剤を散布したのであった。今朝は地場もん屋の集荷所でワイフの姪と孫に会えたので、出した品物と一緒に写した。
s-012_201810031832203ee.jpg
地場もん屋の集荷所は市の農村交流施設一画にあるのだが、今朝は施設の前の木犀が花盛りになって朝陽を浴びていた。
s-013_201810031835564ce.jpg s-016_2018100318355945a.jpg
 今日は絶好の稲刈り日和、近くの田んぼでは隣村の精農Sさんがコンバイン作業に懸命であった。吾輩はリンゴの着色管理の作業だ。そこへ新規就農のKさんのブドウ園開設作業を見学に見えた一行が吾輩のリンゴを見たいと、訪ねて下さった。Sさんの知り合いの福井県の人達、吾輩の長女が福井市に嫁いでいることもあって、吾輩リップサービスをしたのである。
s-017_20181003183559aa9.jpg
 午後になって蒼く澄んだ空に”ぽっかり”と雲が浮かんで、将に秋晴れであった。
s-018_201810031836014c7.jpg   s-020_20181003183602919.jpg
今日は水曜、ワイフがデイサービスから帰るのを待って買い物に行ってきた。スーパーのお惣菜コーナーでは「秋の味覚」の惣菜が増えていた。帰り道で、小学校の赤い屋根越しに丘の夢牧場が望めた。
s-023_20181003201159f1a.jpg s-022_20181003183956191.jpg
 日暮れまでは明日出荷するリンゴを摘んだ。日の入りの時刻は早くなって、お天道様が山の端にかかられたのは17時19分であった。

日照不足

10月 2日(火曜)、曇り一時晴れ
s-002_20181002180551646.jpg 
 朝、雨はあがったが雲が厚く、すっきり晴れそうではない。 
s-006_20181002180555099.jpg s-005_2018100218055505e.jpg
 降らないだけ益しなので、リンゴとイチジクを摘んでパッケージし、地場もん屋の集荷所へ。今朝は足並みがそろって賑やかだ。
s-007_20181002180558809.jpg
 朝食には昨日漬け込んだ「茄子の辛子漬け」がある。今度で3回目になった「辛子漬け」、色あがりも味も最高で、食欲が進んだ。
s-010_20181002181048e5c.jpg s-008_201810021810453ec.jpg
朝食の後は大根畑へ。途中で立山連峰の「とんがり山」を写し、井田川の高善寺橋からは、すぐ上流の河床整備の様子を写した。
s-012_201810021810491bb.jpg s-014_20181002181051fef.jpg s-017_20181002181051e9d.jpg
 雨の日が多くて種蒔が遅れ、9月20日にようやく蒔いた大根は、日照不足なのに意外と生育が順調で、今日は「間引き作業」に続き「追肥」と「有機液肥の葉面散布」作業をしてきた。
s-020_201810021814061b8.jpg s-022_201810021814083da.jpg
 多めに作った液肥は、大根の他、帰宅してリンゴは「ぐんま名月」と「あいかの香」にも葉面散布を行った。
s-024_2018100218141119c.jpg s-026_20181002181848a68.jpg
午後も曇りがち、ならばと吾輩東京に住む高校時代の友人にをリンゴを送った。その後、右肩の調子が悪いので接骨院に行って施術を受けてきた。夕方までの余った時間は、予約のあったリンゴ「こうたろう」を摘んだ。
s-027_2018100218185190b.jpg
日の入の時刻、かなり空が明るくなったし、天気予報も明日は降雨確率が低く晴れの予報なので、吾輩、リンゴは「ふじ」の病害防除をする準備をした。
プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR