続いた梅雨晴れ

6月24日(土曜)、晴れ
梅雨に入った翌日から3日も梅雨晴れが続き、この時期ファーマーには願ってもない天候だ。
003_201706242028380dd.jpg  008_20170624202839f65.jpg
と、なると吾輩やりたいことがイッパイあるので早起きだ。が梅雨に入っただけあって早朝は雲がかかるようになった。
009_201706242028416b5.jpg      
プランターの野菜と花に水遣りをした後は山畑に直行だ。家を出たところで渡る井田川、今朝は流れが細って、堰の前の中州が大きくなっていて鳥たちが羽を休めていた。
010_20170624202842039.jpg      013_20170624202844e5d.jpg
畑には西瓜作り仲間が早出して、蔓をなおして西瓜枕を敷いたり、着果の標識を立てたり、植え替えた株に水肥を施したり、などなどの作業を行った。
022_20170624203223a5c.jpg      007_20170624203217ef2.jpg
帰宅すると、早朝に綻び始めていたピンク色の百合が花開いている、これでこのプランターの百合はすべて開花した。トマトの方は中玉の走りが熟したので収穫した。
017_20170624203218cf8.jpg
午前の吾輩は、集落の「水・土・里活動」に出役して農道・水路溝畔の草刈り作業であった。水路溝畔のうち防草シートを張ったうえで植栽した「ひめいわだれ草」が白い花を着けていた。
024_20170624203441a5a.jpg  019_2017062420322120c.jpg
午前は暑くて疲れたので昼休みは長くとった。その後はリンゴ「千秋」に紙袋をかけた。これで雨が続いても病気から守れる。
027_2017062420344483d.jpg  025_201706242034426ee.jpg
 今日は大阪の詩吟仲間のTさんから「泉州みず茄子」の糠漬けが届いた。吾輩大好物なので、今夕はこの茄子を”さかな”にしてビールで喉を潤した。ご馳走様でした!
 昨日も記したが、旧暦は今日から閏5月に入る。閏月のことを知っている人が少なくなってしまった。農暦と言われる暦だけに、自然とのかかわりが少なくなった民族の将来に吾輩思いを馳せるのであった。
スポンサーサイト

皐月みそか

6月23日(金曜)、晴れ
今日は旧暦の5月29日で晦日、だが・・・
002_2017062320223892d.jpg  004_2017062320223978b.jpg
今朝は日の出より早く起床、リンゴと桃の防除の準備作業。お天道様が嶺の上に昇り切られたのは4時59分であった。
006_20170623202241a35.jpg  007_2017062320224207e.jpg
防除作業開始は5時半前、途中でリンゴ作り仲間で仲良しのOさんが散布液を引き取りに来た。6時には桃の防除,S君が応援に来た。
005_201706232025242ab.jpg  008_20170623202244175.jpg
プランターの野菜たちは好天で生育順調、なかでも白い皮の苦瓜はしっかり巻ひげを延ばしてきた。
011_201706232025270f2.jpg  009_20170623202526407.jpg
吾輩朝飯前にもう一仕事、西瓜の受粉に行ってきた。すると、4日前にも写してきた黄色の小玉西瓜が驚くほどの大きさになっていて吾輩改めてこの段階での肥大の早さを知ったのである。
012_201706232025297d3.jpg
帰宅すると、我が家のすぐ傍らの転作田でM田さんが大豆の土寄せ作業をされている。その段取りの好さに感心だ。
015_20170623202722082.jpg  014_20170623202530926.jpg
午前の吾輩、先ずはお得意さんへの米を送った。今日はワイふの姪とその孫も来宅して一時賑やか。その後はリンゴの仕上げ摘果だ。
019_20170623202725b35.jpg  016_201706232027248fd.jpg
午後はリンゴの新梢管理をしながら仕上げ摘果、今日は飛行機もゲットした。夕方になって生姜作りに精を出すHさんが訪ねてきてひとしきり生姜の発芽状況を話し合った。
020_201706232027272a5.jpg
日の入りの時刻になったので観天望気だ。すると家の宅地に隣接する田んぼで”はぐれ鴨”が1羽田んぼを”かきまぜ”ていた。お腹を空かせたのかなだ。
022_201706232038168d5.jpg 026_20170623202728e28.jpg
今日の日の入り、お天道様が山の端に沈まれたのは19時2分であった。
 今日は旧暦5月の末日だが、明日は旧暦で閏5月入りだ。もう1度5月になるのだから今年の気候は例年とは異なるかも、だ。旧暦は中国で「農暦」として今も重視されている。吾輩のような「農暦」フアンは今年の気候の推移い大きな関心を持つのである。

梅雨の晴れ間

6月22日(木曜)、晴れ
001_20170622203243325.jpg  006_20170622203245faa.jpg
起きて直ぐ観天望気、雲が動いているしlネットの気象情報もこの後晴れてくる。ならば予定どおりリンゴの防除だ。
007_20170622203246069.jpg
6時には応援のS君も来てくれて作業開始、終わったのは7時半前であった。
008_20170622203248dd3.jpg  009_2017062220324936f.jpg
朝食を済ませて今度は「千秋」に紙袋をかける。昔は袋かけ作業は大変だったが、今は「無袋」栽培が主流、だが千秋は掛けないと肩の部分に亀裂が入るので良品を得ようとするならば必須の作業だ。
016_20170622203449e50.jpg
昨日梅雨入りしたばかりなのに、今日は早くも「梅雨の晴れ間」、ありがたい、ありがたい。でも日中は暑かったので、少し長めに昼休みだ。吾輩は昼休みでも、窓辺の植物たちは光を浴びて・・・
018_201706222034517f3.jpg  020_201706222034530ce.jpg
午後は日の入り近くまでリンゴの新梢管理をしながら仕上げ摘果を行った。夕方になって井田川の水の流れを見てきた。流れが細くなって中州が広がり、鷺が獲物をねらっていた。右岸堤防は天端の舗装作業が終わって通行できるようになった。
022_201706222034548aa.jpg
山の端にお天道様がかかられるのは19時、今日は雲がかかって霞んでいた。

梅雨入り

6月21日(水曜)、午前・雨で晴れ間もある、午後曇りときどき小雨
目覚めたのは4時過ぎ、外は雨の音、吾輩2度寝した。起床は6時半過ぎであった。
005_20170621211027e89.jpg 001_20170621205712e97.jpg
リンゴ園は乾ききっていたので将に慈雨、こんな日は窓辺の鉢物が似合う。
008_201706212057131cd.jpg 009_20170621205715453.jpg
雨が降ったので吾輩朝の日課は免除、百合の方は小雨の中で花開いたようだ。
022_201706212127529f4.jpg 023_20170621212754dfe.jpg 010_20170621205717303.jpg
午前の吾輩は雨の休日、で接骨医院へ行ってホネの養生、帰りにJAに寄り道して生産資材の購入、家に近くなったところで小雨をついて畦畔の草刈り作業をしているのを見受けた。近頃あまり見受けないので・・・
016_20170621210053946.jpg  014_20170621210052377.jpg
午後は呉羽のタネ屋にいって洋梨トリンゴに掛ける紙袋を買ってきた。今日はタネ屋の社長で高校の先輩であるKさんからワインを頂戴した。ワイナリーの社長もこのワインも吾輩よく知っているので、嬉しい品だ。帰り道は先日ものぞいてきた西瓜畑を見てきた。やはり畑どころで先進農家の西瓜は見応えがある。
017_20170621210055dae.jpg
帰宅して天気予報を見る。気象台は北陸地方の梅雨入りを報じている。昨年よりも8日遅いとのこと。吾輩明日は梅雨の晴れ間になると読んでリンゴの防除の段取りをした。
020_20170621210058320.jpg  019_20170621210056a4e.jpg
梅雨入りした今日は二十四節季の「夏至」であった。夕方東の空に虹が立ったが、一番昼が長い日の日の入りは見れなかった。

雨が近づいたようで・・・

6月20日(火曜)、晴れ
今日の吾輩、雨が近くなったからと頑張ったら聊か疲れ気味、今夜のところはは画像に語ってもらって、明日は雨の予報なので記事は明日の朝にするとしよう。
001_20170620210203bf6.jpg 002_20170620210205cd0.jpg

008_20170620210208c48.jpg    003_20170620210206ac2.jpg

017_20170620210449516.jpg  010_20170620210209556.jpg 011_2017062021044468d.jpg


012_2017062021044557b.jpg  015_2017062021044803c.jpg

.ミクリガ池と雄山(6・19)

020_201706202109590f9.jpg  021_20170620210958aca.jpg
    晩安

朝シャン

6月19日(月曜)、晴れ
001_2017061920341332a.jpg
昨日の”遊び疲れ?”が残っていたのか今朝は起床が5時半過ぎ、とチョット遅かったかな
005_20170619203416fdb.jpg   003_201706192034152f1.jpg
もうお日様は昇っているし、百合の花も開いているし、プランターの茄子も花盛りだ。
007_2017061920341965e.jpg  006_201706192034189cd.jpg
天気が続くので野菜の水遣りも、一歩進めて”朝シャン”だ。葉に着いた埃(誇り)を洗い流してやると「光合成」にプラスになる、ぞ。
009_20170619204108f5c.jpg  011_20170619204110ed3.jpg
その後は山畑の作業だ。さつま芋の生育は順調なので問題はない。が西瓜は実が止まりかかったのに晴れ続きでマルチの下は乾ききっている。今度の天気は明日までのようなので、カンフル注射をせねば、と吾輩株元のマルチを破って有機の液肥を薄めて施してきた。
012_201706192043415aa.jpg  013_20170619204342e53.jpg
午前はリンゴ栽培の応援団長K山さんに応援してもらってリンゴの仕上げ摘果、昼近くになって、S本さんに委託している田んぼを踏み荒らしているワルを見つけたので追っ払った。方やプランターの茄子、葉に多く穴をあけているコガネムシを見つけたので補殺した。
017_201706192043454bc.jpg  016_2017061920434420f.jpg  
午後はK森さんが町日中の会計のことで見えたので、ついでにとパソコンの悩みを解決してもらった。その後は米を送るに必要な品を買ってきて荷造りをした。夕方になって種蒔から始めた夏秋トマトがようやく本葉を広げてきたので写し置いた。
023_20170619204347b03.jpg
今日の日の入り、お天道様が山の端にかかられる時間が19時となって、夏至が迫ったことを知るのであった。

父の日は詩吟ホリデー

6月18日(日曜)、晴れときどき曇り
001_20170618182526677.jpg 039_20170618201234e48.jpg
昨日はタイトルを「梅雨はどこえ」と書いたからでもないだろうが、今朝は梅雨の朝みたいな空模様だ。でも百合が咲いたので雨の心配は無いのかもだ。
006_20170618182529940.jpg 007_201706181838219d8.jpg
今日の吾輩は詩吟の大会があるので、朝西瓜畑を見回った後はホリデーだ。西瓜畑の赤い標は昨日実が止まった日の標識だ。ワイフの姪が早くに「西瓜まくら」を、と今年は”早手回し”だ。
009_20170618182531f40.jpg  011_20170618182532140.jpg
漢詩吟詠会、吾輩の流派の本部は大阪の岸和田にある。今日は宗家をはじめ会の重鎮が来県されて、富山地区本部の大会だ。
019_201706181828054b3.jpg  031_20170618182808943.jpg  036_201706181828106b1.jpg
特筆をしておかねばならないのが宗家先生が昨年9月に逝去されて、お嬢さんが跡目を継がれ、吟詠会本部も会長をはじめとして新しい布陣が敷かれたことである。
030_20170618182807030.jpg
例年この時期に開催される地区本部大会、今までもご出席いただいたのだが、今回は総本部の新しい立場でのご出席であり、懇親会の前に記念撮影となった。
038_201706181828115c1.jpg  014_20170618183230e70.jpg
吟詠会、懇親会とすべてが終わって帰宅したのが午後4時前、帰宅をしてみると父の日の贈り物が届いている。こんなに馬齢を重ねていても贈り物は嬉しくありがたい。今日の吾輩丘に上がったカッパみたいで「遊び疲れた」ようだ。
041_20170618201236b9d.jpg 042_20170618201236e66.jpg
かくして詩吟ホリデーはくれた。今夕は雲の形も色も絵になる。夕陽が見れねば見れないで心の安らぎを覚えた一日であった。


梅雨はどこえ

6月17日(土曜)、晴れ
003_20170617202309eda.jpg  004_201706172023102fc.jpg
今朝は望ましい時間?に目覚めて起床した。東の空は雲があるが意外と明るい、好天は続きそうだ。
005_2017061720231220f.jpg  006_20170617202313b74.jpg
風が無いのがありがたい。ならばと吾輩、乾ききったリンゴの剪定枝を焼却して、灰作りだ。その後がプランターの水やり、今朝はグリーンカーテンにするプランターの朝顔が咲いた。
001_20170617203235253.jpg 002_2017061720230724f.jpg
午前の吾輩は、息子に手伝わせて屋敷周りで徒長している庭木や雑木の剪定、、そして生垣樹の鋏入れだ。済ませてみると中庭が明るくなった。
010_201706172025500de.jpg 009_20170617203236388.jpg
午後の吾輩、西瓜作り仲間を招集して、畦を広げ敷き藁をした。先に敷いてある「わら要らず」の下を見ると雑草が多く伸びてきているので鍬を使って退治してきた。大玉の株には一番果に次いで育てる節位にも実が着いている。一番かは変形果や、やがて中落ちする西瓜になるので、早めに摘み取らねば・・・
017_20170617202555213.jpg  015_20170617202553269.jpg
今日は日中になって気温が上がった。その上幾種類もの作業をしたので、汗をたっぷりかいた。ので早めに仕事を切り上げて風呂をつかった。日の入りの時刻に間に合ったので、久しぶりに井田川の堰に行って川の流れを見てきた。梅雨に入っても不思議ではないのに、今年はいつになるのだろうか。川の水は細って堰はオーバーする水がないようだ。右岸堤防は上部の舗装作業が行われて、工事竣工が近いようだ。
019_2017061720255622b.jpg
 夏至まで余すところ4日、気象情報の日の入り時刻は19時を過ぎている。

桃の袋かけ

6月16日(金曜)、曇りから晴れ
003_20170616210825190.jpg  005_201706162108272b7.jpg
今朝は4時過ぎに目覚めたのだが雲が厚く西の空は今にも降り出しそうなので2度寝を決め込んだ。
008_20170616210830f0c.jpg  006_2017061621082851d.jpg
7時頃には晴れてきて天気予報も雨は降らないようなので、朝の日課プランターの作物に水遣りだ。午前の吾輩は中生の桃に袋をかける作業だ。この桃は川中島白桃」、白桃は色あがりを考えて、紫外線を透さない袋をかけるのである。もう一つ大事なのは「双胚果」と呼ばれるタネが2つ入った”まるーい”実は、この時点で摘果することだ(左の写真は理想的な形をしている)。
015_20170616210831f9f.jpg
我が家の桃はリンゴ園で風当たりの少ない場所に4本植えてあるのだが、今年は好天が続いて仕事が捗り、今日で袋かけが終わった。
017_20170616211031096.jpg
テレビは今日は河川のアユ漁が解禁だと伝えている。好天続きはアユの発育にも好かったようだ。
014_2017061621102908a.jpg
吾輩午後は、庭園樹に鋏を入れたり、雑草を刈ったり、と、梅雨入りまでに行わねば・・・・
018_2017061621103246f.jpg
今日も夕方は山の端に雲がかかる。が北陸地方はまだ梅雨入りにはならないようなのでありがたい。

偶には県都へ・・・

6月15日(木曜)、晴れ
004_20170615212104cb2.jpg  003_20170615212102199.jpg
今朝も日の出より少し前に起床した。東の空には雲一つない。西の空も”すっきり”晴れていて残月が写せた。
005_201706152121050cf.jpg  006_20170615212106c26.jpg
吾輩プランターのっ野菜や花に水遣りをした後、畑に行く。野鴨が朝から井田川で遊泳だ。高台からの眺めは格別だ。
008_2017061521210887a.jpg 009_20170615212842968.jpg
畑の西瓜、大玉は申し分が無いし、植え替えた小玉西瓜も元気だ。隣の畦はワイフの姪が作る甘瓜、こっちもスクスク育っている。
吾輩11時まではリンゴの仕上げ摘果。
013_20170615212843d6e.jpg 015_20170615212845750.jpg
11時になってから接骨院に行って”肩凝り”の整復施術を受けてきた。帰りは少し回り道をして、夏雲?がかかって綺麗に見える薬師岳をうつした。
016_201706152123056cd.jpg 018_20170615212846c7d.jpg
午後の吾輩は県都富山に向けて車を走らせた。途中で太陽光発電の施設、梅雨の時期なのに晴天が続いて・・・
県都の用は県日中友好協会に行って、4月の中部六県日中友好の集いで話し合われた写真展の打ち合わせだ。
019_2017061521284804b.jpg 022_20170615213310bdd.jpg
帰路、家の近くの田んぼで野鴨が“田の草取り?”をしているのを見つけた。今日は野鴨と縁があるようだ。4時過ぎには帰宅したのだが、その後日暮れまでは県日中で打ち合わせてきた写真展に出展する写真を選んでメールに添付して送った。
025_2017061521331390f.jpg 023_201706152133116db.jpg
日の入りの時刻は、朝と違って雲が流れる。ヒョットして明日は模様が崩れるのかも・・・




春以来雨の日が少ない

6月14日(水曜)、晴れ
002_2017061420414127e.jpg  005_20170614204143bd9.jpg
今朝は4時過ぎには目が覚めた。日の出の頃は雲が切れて好い天気になる事を教えている。
013_20170614204308adc.jpg  015_20170614204309b22.jpg
吾輩今朝は一昨日の残り半分のリンゴに梅雨前の病害虫防除だ。段取りが好かったので6時前には作業開始だ。終わったのは7時過ぎ、ミニ果樹園の入り口?に植えてある「ウイキョウ」の蕾が膨らんできた。
008_20170614204147775.jpg  006_20170614204144f29.jpg
今日は気温も上がるようなので、昨日植えた西瓜に如雨露灌水をしてきた。畑の片隅に「ねぎ坊主」があったのでログハウスを入れて写してきた。
012_201706142041504d5.jpg
午前の吾輩は桃の袋かけ、これで早生の品種の袋かけは終わった。今年は開花以来、晴れの日が多く、作業は何時もの年より捗っている。
016_20170614204311fb5.jpg  017_201706142043122ef.jpg
午後はリンゴの仕上げ摘果、夕方は暫く放置していたリンゴの剪定枝を片づけた。陽がすっかり西に傾いた頃、ジエット音、着陸態勢になった飛行機をゲット?した。
018_20170614204314070.jpg
夏至まで1週間足らず、お天道様が山の端に沈まれるのは19時、と随分遅くなった。今日は夕陽が綺麗だ。

西瓜の植え替え

6月13日(火曜)、曇り
001_20170613202622d52.jpg
今日は朝から本曇り、”スカッと”晴れそうにないので朝の水遣りは免除、ネットで気象情報を見て後、畑の野菜を観察?に行く。
003_201706132026233c8.jpg  004_20170613202625f0b.jpg
先ずは西瓜、先日それでもと思って手当をしたのだが、効果なく根腐れを起こしているので吾輩植え替えを決断だ。片や大根、こちら乾燥が続いたので根形が著しく悪いものがあり、気象と土壌条件で諦めざるを得ない障害が起きることを思い知らされる。
 005_2017061320262644b.jpg
 畑から帰る頃になって、少しは雲が薄くなったようなので、高台から見た富山平野を写してきた。
006_20170613202628cdf.jpg  007_201706132031239f6.jpg
西瓜苗が時期外れとはいえ手に入ったので、朝食をとった後、栽培仲間のKさんに電話して植え替えを手伝ってもらった。この間の事情は畑の向かいにあるログハウスが見ていてくれた。
008_20170613203125986.jpg
今朝は西瓜苗を階に行った折に、S農園で黄色のミニトマトの苗を1株もらったので、コメリにいってプランターとトマトの培養土を買ってきて定植した。
宮崎の灰付ワカメ販売中
昼休みにIFBを覗くと、朝日町のKさんが「宮崎の灰付きわかめ売り出し中」と、写真を載せておいでたのでお借りした。午後になっても青空が広がることは無く、気温も吾輩の地域は16度台だったようだ。吾輩リンゴの新梢管理をしながら仕上げ摘果の作業をおこなった。途中でJAのS営農相談員氏が昨日訪ねてきた新規就農希望のKさんのことで見えたので、同道して候補地を見てきた。
010_2017061320312643f.jpg
日の入りの時刻になって、ようやくと云うべきか、空が明るくなったようだ。明日は気温もあがると、気象情報は伝えている。

四月下旬並み

6月12日(月曜)、曇り時々晴れ
004_20170612203732b77.jpg
立山連峰の雲の嶺に陽が昇ったのは5時過ぎ、吾輩が起床したのも5時過ぎであった。
006_20170612203733904.jpg
光が射せばプランターの野菜たちも嬉しそうだ。
003_20170612203730132.jpg  001_2017061220521474a.jpg
今朝は果物作りを勉強しているS君が応援に来てくれたので桃の袋かけを手ほどきし、手伝ってもらった。吾輩は別にリンゴの梅雨入り前の総合防除作業だ。
007_20170612203734c7a.jpg
朝食を済ませて鉢花やプランター野菜の管理、なかでも母の日に送られた「カラー」はグリーンカーテンのプランターに移した。
013_201706122117031a7.jpg 014_201706122040511ea.jpg
吾輩今日は我が家の桃に袋かけ作業だ。今日は”愛の風”でとY間空港に着陸する飛行機は我が家のリンゴ園の上で左旋回、なので作業の手を休めてカメラを構えた。
017_20170612204054eee.jpg
夕方近くになって昨日約束した新規就農希望のKさんが見えたので、葡萄を作るならば、と吾輩が勧めたく思う場所に案内した。
018_20170612204055b52.jpg
今日も日の入りの時刻は西の空の雲が厚い。夕方のテレビ、気象予報では今日の最高気温は4月下旬並みだった、取った得ている。
ミクリガ池と雷鳥(6・12)
久しぶりに、今日の1枚。今日はFBに森田さんんが立山は「ミクリガ池と雷鳥」の写真を投稿されていたのでお借りした。

寺参り

6月11日(日曜)、晴れ
004_201706112046487fe.jpg  007_20170611204650dbf.jpg
今朝は4時過ぎに目覚めた。もう夜は明けているし、と外に出てみると月齢15・3の残月が西の空にある。
009_20170611211211f71.jpg 016_20170611211212948.jpg
日の出まで時間があるので、プランターの野菜に水肥を施した。お天道様が山の端の上に昇られたのは4時43分であった。陽が昇ったので残月の色が変わって見える。
031_20170611211413149.jpg 034_20170611211415faf.jpg
吾輩、雨上がりの早朝はリンゴ園の草刈りだ。陽射しが強くなったので刈り払った草の上に木陰が映っている。
018_20170611211214f3c.jpg
今日は午後から菩提寺の「菩提講」だ。お昼の食事が出るので参詣の人達が11時過ぎから見えられるので、受付役の吾輩は11時前に寺に入る。道すがら、何時もとは違ったアングルで立山を写した。
020_20170611211215519.jpg 021_20170611211217ec1.jpg
菩提講の読経は午後の1時に始まった。最近は日曜でも参詣の人が思ったほどでない。わけても若い人はおろか中年の方達でさえ少ないのは聊か気にかかる。吾輩が子供の頃は祖父に手をひかれて寺に行き、お供えのお菓子が貰えるのが嬉しかったことを今日はしみじみ思い出したのである。
023_20170611211805242.jpg
住職に和して経を読み、祭壇で焼香をすると吾輩のように仏教徒の端くれでも心が軽くなるのだが・・・。
025_2017061121140978e.jpg 026_201706112114101a0.jpg
読経が済んで住職の「お説教」、今日は菩提寺の開山上人の偉大さを知って、ことさら仏縁に頭を垂れたのであった。
帰宅して一休みした後は、未だ少し残っていたリンゴの剪定枝を片づけているところに新規就農希望のKさんが見えたので招きいれて希望の葡萄栽培についてお考えを聞いた。
029_20170611211912339.jpg
今日の日曜は気温がそんなに高くは無く、爽やかな一日であった。が入り日の頃は西の空に雲がかかった。大崩れはしないようだが明日は曇りがちの天気のようだ。






肩が凝って”懲りた”

6月10日(土曜)、曇りから雨
004_20170610174610ed4.jpg 006_201706101746131ff.jpg  
目覚めたのは4時半過ぎ、空模様が気になるので起床だ。天気用法、雨の確率は午前が50%だが暫くはふらないとみて、庭木の剪定枝を焼却した。その後は山畑の西瓜の様子見だ。家を出たところで”おもて山”を写す。この様子なら暫くは雨の心配なしだ。
010_20170610174616e80.jpg
畑の西瓜、きのうアブラムシの防除をしたので結果は如何にと調べると、効果満点だ。これでしばらくはアブラムシの責め苦から免れるることができる。ついでに昨日補植した株に水遣りだ。
014_20170610193743f64.jpg  018_2017061017501826d.jpg
傍らに植えてあるさつま芋は「紅はるか」、暑い日が続いたので、かなりの植え痛みだが苗が好かったのと水やりのお蔭で活着し田、もう心配は無い。畑から富山平野を見ると、この方角は雨が降り出したのだろうか・・・
024_20170610175020841.jpg  025_201706101750218cb.jpg
朝食を済ませた吾輩,JAの廃プラ、有効期限切れの農薬の回収日なので指定された場所に運んだ。帰路は回り道,F集落営農の組織ではまだ麦刈りが行われていた。母校小学校は久しぶり、なので正面から写してきた。
020_20170610181005b35.jpg 026_20170610175023029.jpg
朝から気付いていたのだが、5月25日に種蒔した新種の.トマトが、ようやく発芽した。プラムタイプのミニトマトなので大事に育てねば。
 午後になって雨が降り始めた。吾輩午後は詩吟教室なのでホネ休め気分で・・・と云いたいのだが、何を隠そう今朝から肩が痛くて、ヒヨットして「50肩」かも、教室はそこそこにして接骨院に行かねばだ。
028_201706101752576e7.jpg  029_20170610175258421.jpg
4時過ぎには接骨院に入った。土曜日なので混んでいる。順番がきて先生のしんだんだ。”これは貴方肩凝りですよ”、と云う訳。さっそく施術をしてもらって、やっと安心したのである。院の前からは高台のお宿の赤い屋根がみえる、雨は降り続いているが明るさも感じるので・・・
030_20170610191247d4f.jpg
日の入りの時刻、思っていた通り雨が止んで日の入りが写せた。今夜は月が昇れば十六夜の月、月齢は15・3なのだから望月なのだが、さて月は見れるのだろうか・・・
035_20170610210931651.jpg 036_20170610210932ce9.jpg
そろそろ就寝、まてよと外を見ると雲の切れ間に月が。やれ嬉しやと吾輩、逸る心を抑えてシャッターをきった。昨夜よりまあーるく、少し赤く見えるような気がする。

十五夜、一番小さく見えるとか・・・

6月 9日(金曜)、晴れ
今日は旧暦の5月15日、十五夜だ。
025_20170609211136a8c.jpg  027_20170609211138048.jpg
日の入りは、気象情報で19時9分、月の出は18時44分だが雲がかかって月の出が写せない。
037_20170609210848b02.jpg  030_201706092111397c5.jpg
吾輩、窓辺でブログを認めていると窓外に十五夜の月が煌々と照っている。今夜の月は月齢はと、気象情報で調べると14・3、だから望月ではない。NHKの夕方の気象情報では今夜の月は一年で最も小さく見える日、だ、と聞いていたので外に出て月見と洒落込んだ吾輩である。
 朝に戻ろう。
003_20170609212725d82.jpg
今朝の日の出、気象情報では4時32分、これまた一年でもっとも早い日の出と夕方テレビを見ていて聞いたのである。吾輩朝飯前は桃の防除だ。桃は間もなく袋かけを行うのでその前の作業だ。
008_20170609212726549.jpg  012_20170609212729ab4.jpg
午前は西瓜の補植とアブラムシ防除だ。小玉西瓜の「ひとりじめ」がどうも思わしくないので、昨日呉羽ノタネ屋で貰ってきた苗を植えたのに続き生育の旺盛な株にアブラムシが”びっしり“寄生?しているので我慢がならず農薬を散布したのである。
018_20170609212731a9a.jpg  011_201706092127286e4.jpg
今日の日中は好いお天気、畑への行き帰りは好天に相応しい写真が撮れた。
022_20170609213019b71.jpg  023_20170609213020651.jpg
午後はリンゴ園の病害虫調査と仕上げ摘果、調査の結果、1本の樹の枝にに「紅粒がんしゅ病」が見つかったので緊急手術?を行った。夕方は明日JAが回収してくれる”農業用廃プラすチック、廃棄農薬”の荷造り?をした。

荒れ模様の後は

6月 8日(木曜)雨ときどき止み間あり
001_20170608205150f72.jpg  003_20170608205151e13.jpg
目覚めたら夜来の風は止んでいて小雨、吾輩2度寝した。
004_20170608205153f70.jpg  006_201706082051546bf.jpg
昨夜は南寄りの風がときどき強く吹いたので畑を見回った。案の定西瓜のトンネルが吹っ飛んでワヤになっている。吾輩捲れた農ポリを片つけた。
008_20170608205156978.jpg  019_201706082055315ca.jpg  009_20170608205351def.jpg
今日は降りっ放しではないのだが一時強く降る空模様、外仕事は諦めて呉羽のタネ屋に行く。途中で栗の花越えで牛岳を写した。呉羽のタネ屋では社長と西瓜の根の障害対策を話し合い、有機液肥と桃の紙袋を買ってきた。
013_20170608205352de1.jpg   014_20170608205354bab.jpg
帰路は富山市の畑どころを回り道して、西瓜とハウス葡萄の生育状況を”覗き見”してきた。
015_20170608205528e71.jpg  018_20170608205531dac.jpg 
家が近くなったところで田んぼで遊泳する野鴨を見つけた。雨で田んぼの水が増えているので飛来したのだろうが、まるで合鴨が草取りをしているようにみえるのであった。
020_20170608210125e61.jpg  021_20170608210126650.jpg
午後はJAに行ってリンゴの園地周りのことなど、など打ち合わせ。帰路はコメリで朝顔苗と鉢土を買ってきた。朝顔苗はグリーンカーテンに追加、鉢土はキリン草の鉢替えに使った。
024_201706082101298bb.jpg  
夕暮れまでは作業場の下屋の整理などをして一汗かいたので夕飯の前に風呂を浴び、プランターで栽培したソラマメを塩ゆでしたのをうまみにして晩酌をした。やはりソラマメはこれが一番だ。3

終日の曇り空、ときどき小雨

6月 7日
001_201706071718209d4.jpg
朝、光が射さないと吾輩の目覚めは遅い。6時前は薄曇り雨は降っていない。
003_20170607171822ae4.jpg
でも、そのうちに雨とみて朝の水遣りはしない。プランターの野菜、今日は茄子の初収穫だ。
006_20170607172706445.jpg 005_20170607172704280.jpg
こちらはソラマメを作ったプランター、ソラマメの株間に植えておいた「生姜」が芽を出してきた、ソラマメの収穫が間もなくおわるので後作が生姜になる。
010_20170607171824acb.jpg
 朝食はいつものように純和食、今日は朝採った茄子が味噌汁の具だ。
011_2017060717182570c.jpg
立山連邦の左端
午前は、ほんの暫く小雨がふっただけで立山の山並みが意外と綺麗に見える。ので嶺の名を調べようと・・・・
014_2017060717203124c.jpg
降りそうで降らないので吾輩、リンゴの予備摘果状況を調べる。すると見落としている枝があるので鋏を入れた。
015_201706071727073d3.jpg   019_20170607182914f1d.jpg
午後になって時々霧雨だ。濡れるのは嫌なので肩休め、そこえワイふ殿の姪がお孫を連れて訪ねてくれた。手土産は彼女が作った見事な出来栄えの玉ネギだ。ありがたいことである。
017_20170607182912789.jpg
夕方まで空模様は変わらなかった。今日は広い地域が「梅雨入り」になった。吾輩たちの地域も梅雨が近づいている。

今年は五月が2回あるので・・・

6月 6日(火曜)、晴れ
002_201706062038131e9.jpg 立山連邦の左端
今朝は東の空に雲が無い。で日の出を待った。お天道様が嶺の上に顔を出されたのは4時46分だ。その位置は、と云うと立山連峰と云えるのかどうか吾輩自信がない。で、ネットで調べた。どうも初雪山に近いようだ。
007_201706062038160e2.jpg   006_2017060620381446c.jpg
吾輩早朝は山畑行き。きょうはさつま芋の溝に繁茂してきた雑草退治だ。畑では西瓜もさつま芋も先日の雨以来調子が良い。
014_201706062038171e9.jpg    015_201706062038199e3.jpg
玄関先のプランター野菜と花、茄子はもう直ぐ収穫ができるし、トルコ桔梗は蕾が膨らんできた。吾輩朝食後はグリーンカーテンのネットを張って朝顔とゴーヤの鉢をセットした。
017_2017060620382040b.jpg   023_20170606204339fa6.jpg
今日は午前午後ともリンゴの仕上げ摘果作業だ。今日は”あいの風”がるので富山空港着の飛行機は午前も午後もリンゴ園の上空を飛んだ。午後はいっときK山さんが来てオーナー樹のリンゴの摘果をした。
026_20170606204341ae5.jpg   020_20170606204337eec.jpg   
夕方になって西の空、きょうは雲が流れて天候の変わり目を教えているようだ。
025_201706062043407c2.jpg
中天にかかった月、気象情報によれば月齢は11・3だ。旧暦は今日が5月の12日だが、吾輩が注目しているのは閏五月のことだ。中国では今も「農暦」と呼ばれている旧暦には閏月がある。つまり同じ月が二回あるのだが何月に閏となるかでその年の気象が占われるのだ。閏5月になるのは6月の24日だ。一口で言えば今年の夏は長い、と云うことになる。


芒種の候

6月5日(月曜)、晴れ
002_20170605200122815.jpg   001_20170605200120e84.jpg
今朝は西の空そして牛岳の写真から。大陸育ちの高気圧が張り出しての晴れなのでチョット”ひんやり”だ。
004_20170605200123392.jpg   007_20170605200125e1d.jpg
早朝からリンゴの摘果応援にS君が来てくれたので、手ほどきをして、吾輩は西瓜畑に行く。出がけに”おもて山”を、畑に着いた所では立山連峰”毛勝三山”を写した。
005_20170605201741c6a.jpg
西瓜畑は、苗質の問題から生育が遅れている小玉スイカの株に水肥を施した。写真の株は大玉西瓜、わらいらずのところまで延びてきた蔓は先端が揃っている。来たついでに大根をひいて、帰り道で近くの医院先生宅に届けた。
008_201706052001266fe.jpg
8時前には帰宅したのだが、家の近くにあるMさんの大豆畑では先日の雨で一斉に芽が伸びている。待てよ、と吾輩、大豆には「芒(のぎ)」はないが、きょうは二十四節季の「芒種」、暦便覧には「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり」と書かれている。
010_20170605200406674.jpg
今日の吾輩は歯科医院に定期検診にAM10時の予約がとってあるので出かけてきた。義歯ノフイットも良く異常はないので安心して帰宅だ。途中はいつものように門前町の象徴名刹の鐘楼堂を写してきた。
014_201706052004099c1.jpg
午後はK森さんの車に便乗して月に1度の勉強会、県日中の講座「中国文化セミナー」受講だ。今日は孔子の研究(1){揺らぐ孔子像」、何時もながら講師先生の学者ぶりに感心したのであった。
019_20170605200410021.jpg 021_20170605200412ecc.jpg
帰宅後、日暮れまでの間は”腹べらし”の作業、今日はイチジクの新梢整理をした。お天道様が山の端にかかられたのは18時50分、カメラを構えているところへ富山空港に着陸する東京便が飛来した。
坊平ノタニウツギ
今日の〆はFBの友達で山形のHさんが投稿されていた「タニウツギの花」だ。吾輩の地域でみられる「タニウツギ」とは花弁の形も、花色も異なっていてとても綺麗、これはブログに留めおこう、と・・・・

観天望気に気象情報

6月4日、朝のうちは小雨、後曇りから晴れ
010_201706042031392ba.jpg
朝5時ちょうど、東の空は怪しい雲行き、吾輩天候を占わねば・・・
002_201706042031343f1.jpg
空を見るだけでは結論が出ない、ならばネットで気象情報だ。この天気図、やはり朝のうちは雨が降る。
013_201706042034316ec.jpg  011_20170604203429974.jpg
気象情報どおり6時半過ぎから雨が落ちてきた。が、回復は早いようなので朝食を済ませて雨があがるのを待つ。
003_20170604203136ff1.jpg  004_20170604203137015.jpg
8時過ぎには小雨が上がって青空が広がってきた。準備は万端、予定どうりリンゴの防除作業開始だ。遅く開始したのだが風は弱く、10時前に作業は終わった。
016_20170604203433c2b.jpg  018_20170604203434e23.jpg
午後はリンゴの予備摘果。4時半過ぎからは畑に行く。今日は仲間のK山さんと純ちゃんに招集をかけて,蔓が延びてきた小玉西瓜の畦を広げ蔓引きと、天井部に農ポリを張ってきた。大玉の方は一番果がピンポン玉ほどになった。
023_20170604203435fc0.jpg  026_201706042038479f9.jpg
今日は西日を浴びた富山平野が高台から綺麗に写った。吾輩帰路は回り道をして、エルバッチャへ大根を届けた。するとママさんがお礼にとコーヒーを出してくれたので喉を潤してきた。
031_201706042038500f8.jpg
帰宅して間なく日の入りだ。朝に比べて夕方は綺麗な夕焼けだ。
033_2017060420385123c.jpg  034_201706042038520e7.jpg
陽が沈んでからの立山連峰、今日は夕映えが見事。わけても剣岳は剣先が尖って見える。と、ジエット音、前輪が出て着陸態勢に入った飛行機が頭の上で左旋回した。

繁多なスケジュール

6月 3日(土曜)、曇りいっとき雨
010_20170603160734bfa.jpg  008_20170603160733199.jpg
AM5:00、曇り空、庭には「やまぼうしの花」が咲いている。
011_20170603160735fad.jpg  015_201706031607380a1.jpg
朝飯前に畑に行って雨の後を見て回る。こんどこそ、しっかり天からの水が貰えた。道端の栗が花盛りだ。吾輩使い物にする大根をひいてきた。その後は雨の心配が小さいとみてリンゴの総合防除を行った。
002_201706031609473fb.jpg  003_2017060316094950a.jpg  
遅い朝食の後、今日のスケジュールに合わせて、菩提寺→JA→接骨院と用を済ませた。
004_201706031609501d2.jpg
午前の〆は井田川の中州で羽を休める水鳥の群れだ。
021_20170603161122cb6.jpg
午後は一時雨がきた。でもしばらくで済んだのでやれやれだ。今日は詩吟教室の日だ。地区本部大会が迫ってきたので・・・・
022_20170603211932e37.jpg 025_20170603211934513.jpg 027_20170603211935e34.jpg
PM6:00からは吾輩が事務局長を勤める組織の定期総会だ。会議の後は懇親会,気の合った人ばかりなので・・・
森健二さんの笹百合 ササユリの花・(5・29)森さん
バタバタしたので吾輩疲れ気味、こんな時は素敵な”お花”を、と,FBで探したら吾輩が尊敬する賢者M先生が山百合の写真を投稿されていたのでシェアさせていただいた。

雨らしい雨

6月 2日(金曜)、雨いっとき止み間あり
001_20170602201225f3b.jpg
5時前に目覚める。未明には雨が降ったようだが雨は止んでいて、東の空は雲の切れ間がある。
004_201706022012281b7.jpg   002_201706022012274a8.jpg
ネットで気象情報を見ているうちに暗雲が広がった。でもお天道様は雲の嶺に昇られたのだが・・・
011_20170602201230263.jpg   014_201706022012245d5.jpg
8時近くからは稲妻と雷鳴、雨は強く降ってきて、5月の雨とは違って雨量が期待できる。吾輩午前は様子見だ。
022_201706022015568bc.jpg
そのうちにワイフの姪殿がお孫と一緒に訪ねてきて、賑やかになった。やはり雨の日は“楽ちん”だ。
献穀田の田植え(6・1)朝日町 3メートルのサラサドウダン・坊平
こんな日はゆっくりFBを明けてみる。今日は朝日町のKさんが献穀田の”お田植え”の写真を投稿されているし、山形のHさんは蔵王の「サラサドウダン」と云う珍しい植物の写真を投稿されていたのでお借りした。
024_20170602201558e1b.jpg
午後になっても降りっ放しではないが雨模様だ。今日は吾輩が事務局長を仰せつかっている組織の会計監査が我が家で行われた。
015_201706022015546c3.jpg
 夕方近くになって雨の止み間が広がった。吾輩”腹べらし”に、とリンゴ園の草刈りをおこなった。雨で活き活きとしている草には悪いが、このような状態の時は刈り払い機の刃が良く切れて、刈り取った跡が綺麗だ。
016_20170602201555fa3.jpg
日暮れて雨は上がったようだ。ここのところ雨は2日と続かないので田んぼの早苗は順調に生育が進んでいる。昔は山王さんのお祭りが済むと一斉に田植えが始まったことを吾輩懐かしく思いだしたのである。

月の初日は好天

6月 1日(木曜)、夜明けは小雨だったが日中は晴れ
001_201706012058234b3.jpg  002_2017060120582534d.jpg
目覚めて外を見ると小雨、リンゴもプランターの野菜も、吾輩も”あれ嬉しや”だ。
003_20170601205826d03.jpg  004_20170601205828f0f.jpg
午前の吾輩、雨が降ったとあれば草が刈り易いので、午前はリンゴ園の草刈りだ。陽が高くなって暑い陽射し、草を刈った後のリンゴ園に日影ができている。
007_20170601205829aec.jpg
乾田に直蒔きされた田んぼ、芽が出てからは雨が欲しかっただけに、慈雨で背丈が伸びたように見える。
008_2017060121022309c.jpg   009_20170601210224774.jpg   010_20170601210226b64.jpg
午後の吾輩、しばらくリンゴの摘果をした後は畑の作物を見回りだ。さつま芋は、左から「ベニアズマ」、「鳴門金時」、「紅はるか」と植えた順に並べてみると、「ベニアズマ」は文句なし、「鳴門金時」も新葉が伸びてきている。さすがに「紅はるか」は植え痛みはあるが、今度の雨でなんとか活着したようだ。
011_20170601210227530.jpg   012_20170601210228313.jpg
西瓜畑、晴れればウリバエが飛ぶので、もうハエ取り紙に”付着?”している。吾輩昨夜に続いて今夜も芽があるようなので土づくりの目的で蒔いているエンバクに追肥を施してきた。
013_2017060121065024d.jpg
帰り道は久しぶりにサラリーマン時代の後輩Nさん宅に寄り大根をプレゼントしてきた。
019_20170601210653f08.jpg   018_201706012106524c3.jpg
帰宅後は、わざわざ夕方を選んで茄子を移植した。プランターに2株植えていたので、育ち具合を見て、一株は別のプランターに移植するのだ。ついでに遅く植えたトマトの新種の鉢に間土した。
022_201706012106553a9.jpg
今日から6月、梅雨入りは何時になるのか、そろそろ気がかりだが初日が好天だったので作業は捗ったし、気持ちも明るい。
プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR