10月晦日

10月31日(月曜)、くもり時々晴れ
001_20161031174213c12.jpg
 今日は綺麗な朝焼けだった。吾輩今朝は早くに地場もん屋の集荷所に運んだ。
002_20161031174215604.jpg     004_20161031174216834.jpg
 と、云うのは嬉しい客人が8時半には見えるからだ。この人は国家公務員のAさん。以前富山県に勤務されていて、我が家にチョクチョク農業体験に見えた好青年だった。今日は県内に出張されたついでに我が家を訪ねてくださったのである。四方山話に花が咲いたのは勿論、久しぶりに旧交を温めたのであった。Aさんが帰った後はM宮さんを訪ねて新しょうがをプレゼントしてきた。
006_20161031174218604.jpg
 帰り道、家が近づいたところで雲が広がり、綺麗な模様を描いているので写した。
007_20161031174219665.jpg      011_20161031174416694.jpg
午後は菩提寺に行く。明日は「お会式」なので、幔幕を張ったり境内の掃き掃除をするのである。午後は風が無く暖か、落ち葉は焚き火にしたのであった。
010_20161031174540d15.jpg
 準備はすっかり整ったので、吾輩一足先に帰らせてもらい、その後はJAに行ってワイフの入院共済金の申請手続きをしてきた。
 意外と早く用が済んだので、帰宅して野菜畑のアオムシ退治をした。明日からは11月、気温も下がりそうなので、そろそろ防虫ネットをはずすので、その前の作業だ。
012_201610311745418c4.jpg
 夕方近く、立山連峰はクロっぽく、しかも近く見える。こんな時は雨が近い。
 10月も、天候は好かった、とは言えない。この秋は日照不足が続いたので、いろんな現象がみれた。吾輩の場合はリンゴの「褐斑病」が止まらず、落葉が多くて。悩ましい思いをさせられた、と記録しておく。
スポンサーサイト

目標達成

10月30日(日曜)、晴れ
001_20161030181002ecb.jpg   010_20161030181005c64.jpg
今日は晴れるぞ。日の出は薬師岳にかかった。
004_201610301810047a4.jpg    011_2016103018100634f.jpg
吾輩、起きてすぐ食用菊を摘みに出た。今日の売りは10月の目標を達成しようと考えての点数だ。
012_20161030181008390.jpg
地場もん屋の集荷所からの帰途は昨日写した場所の朝を撮った。今日は晴れているので県境の山並みが綺麗だ。
015_20161030181238b7d.jpg
午前は「小姐」と呼ぶと喜ぶ2人の女性だ。リンゴ狩りに来たのだが、ついでに柿も、と、どっさり摘み取っていった。青空に柿の赤が映えた。
017_20161030181240eb9.jpg   
午後の吾輩、友人のN岡さんが明年の種にと生姜を引き取りに見えるのでセッセと収穫した。10kgの要望だったので、当たらずとも遠からず、と5株掘り採ってて、調製し計量したら、なんと200㌘多かっただけだった。
019_20161030181241d7b.jpg      021_20161030181242b33.jpg   
3時過ぎには、この秋3度目のファミリーがリンゴ狩りに来園した。この子は3人兄弟の末っ子、だが、小さいくせに、一番の元気者、吾輩もたくさん元気を貰った。
 022_2016103018124422c.jpg     026_20161030181926bb8.jpg
 皆が帰ってから、吾輩は明日出荷する生姜の調整・水洗いをした。「新しょうが」は10月の10日から売りに出すこと20日、今日で予定していた数を達成した。生姜のほかにイチジクも予想してみた数が出せたので達成感は大きい。
 夕方になってプレゼントをしようと、M宮さんを訪ねたが不在だったので、落日を写しながら帰宅した。夕焼けが綺麗なので明日も好天間違いなしだ。

JAの農業祭

10月29日土曜)、雨、午後になって止み間広がる
001_20161029181909607.jpg    011_20161029181915f43.jpg
 今日は朝から雨だ。吾輩今日は産直店への出荷はお休み。もっぱらJAの農業祭に協力?だ。
 その農業祭、雨の中で開幕だ。
004_20161029181910eec.jpg 
 吾輩はリンゴ販売コーナーで仲間のY本さん夫妻とともに”売り子”?だ。雨が降るから客はすくないだろう、と思っていたら、意外と人出は多く、吾輩が売りに出した品は午前11時前に売り切れた。 
 005_20161029181810804.jpg
 こっちは新生姜の「計り売り」だ。このコーナーは生姜ご飯のサービスもあって大賑わい、昨日のうちに栽培農家から集められた生姜はかなり売れた様子だ。
007_20161029181912cbc.jpg     008_20161029181913efc.jpg
 農業祭は収穫の秋を祝うとともに、多くの品目の出来具合を競う「品評会」でもある。かつては品評会に重点が置かれていたものだが、今では栽培農家が減って品評会は「申し訳」程度、お祭り騒ぎだ。がこれも「やらないよりもましだ」と、労農は思うのである。
 品評会には吾輩毎年出品している云わば常連?だ。JAの組合長も顔を出されて挨拶をした。右の写真は吾輩が出品したリンゴを見てくださる知り合いの女性たち、嬉しいことだ。
 品評会場を後にした吾輩、気ままを許してもらって帰宅した。11時前だったのでお昼までの間に、と理髪店に行ってきた。
012_20161029182251ef9.jpg
 ブログのランキングを覗いたのはお昼近く、今日もみなさんの励ましでランクが大きく上がっている。今日は嬉しいことが続く。
015_20161029182254034.jpg     014_201610291822524c7.jpg
午後は明日地場もん屋に売りに出す品のバーコードを作るために集荷所に行ってきた。この時間帯雨が止んでいて里山の谷あいには雲が湧いている。きょうは土曜の日の雨で、車が空いていたのでゆっくり走ることができた。すると、いつかは写したいと思っていた地点で素敵な景色が目に留まった。晴れておればさぞかしきれいだろう、こんな素敵な所に住んでいる人が羨ましくなったのである。
 3時前には小森さんが見えて11月2日の町日中の行事のことで打ち合わせ、その後は明日出荷する生姜を収穫して選別・水洗いをした。
017_201610291822553b3.jpg
 日の入りの時刻になって西の空を見る。雲がきれて雨はあがり、夕焼け色が雲間から見える。明日は天候が回復することであろう。

霎時施(しょうじし)

10月28日(金曜)、曇りから雨
二十四節季「霜降」は今日から次候で、七十二候は「霎時施(こさめときどきふる)」だ。霎の文字を漢字源で調べると、ソウともショウとも読んで、”こさめときどきふる”とある。今日は将に”こさめときどきふる”であった。
002_201610281819314bd.jpg     001_201610281819297d2.jpg
 朝のうちは雨が落ちなかったので畑を見回り、出荷する品のパッケージだ。
004_20161028181932830.jpg
 畑では葉物が順調に育っていて、そろそろ売りに出す段取りをせねば、だ。
006_20161028181934320.jpg
 今日売りに出す品は生姜にイチジク、そして昨日に続いて食用菊、新たに選りどりした「ふじ」が加わった。
007_2016102818193590a.jpg
 集荷所から帰って家に近くなったところで立山連峰を写す。明るみも射すのだが雲は厚い。
008_20161028182104309.jpg
午前の吾輩は昨日収穫した生姜の洗い・選別、そしてリンゴは「ふじ」の選りどりだ。明日はJAの農業祭が開催されるので、その会場で即売する分だ。
 午後は生姜をJAまで運んだ後、ワイフが入院していた病院に入院費の支払いにいってきた。帰ってからは、午前摘んだリンゴを袋詰めした。
009_20161028182106d88.jpg
 夕方になって雨はときどきではなく、降りっぱなしになった。天気予報、明日は雨になるとのご託宣だ。
残照押切さん、27日・黒部の
今日の1枚、吾輩海が恋しくなったので、押切先生の昨日の投稿、「黒部の残照」をお借りした。

生姜収穫やま場

10月27日(木曜)、晴れ
001_20161027202550fb9.jpg
朝、目覚めてみると、雨は上がっている。今朝は地場もん屋に「食用菊」も売りに出した。
002_20161027202551d7f.jpg
 集荷所まで行く途中で県境の山が稜線を綺麗に見せているので写した。雲はあるが明るいので天候は好い方に変わるようだ。
003_20161027202553e0b.jpg
 家が近くなったところで高圧線の工事をしている人たちが鉄塔のテッペンで作業をされている。吾輩、この人たちの”肝っ玉”はどうなっているのだろうか、と思うのであった。
007_20161027202554ed3.jpg
 10月10日から収穫を始めた生姜、今日はS原さんが10キログラムも買ってくださる。この写真4株でほぼ10kgある。今日はこのはかにも10kg余を収穫したので、収穫の「やま場」であった。明日JAに運ぶ予定だ。
009_201610272025560f6.jpg
 午後は20日に入院したワイフ殿が退院するので迎えに行ってきた。病室では入院中お世話になった担当看護師のH上さんから退院後のことについて説明を受けている。
 帰宅した吾輩は明日JAにもってゆく生姜の水洗い・選別作業をした。
013_20161027202711399.jpg
 夕方のNHKテレビは称名滝の秋景色・紅葉を写している。秋は急速に深まっているようだ。
012_20161027202709712.jpg
 秋の日は「つるべ落とし」だ。しかも、お天道様が山の端に沈まれたのは17時前であった。
 今夜はパソコンの”とあること”で、T原さんにご足労をお願いした。難問題をこともなげに解決してくださって、改めてT原さんの精通ぶりに感心したのであった。
 これでワイフ殿とパソコンの問題が解決したので、今夜はぐっすり眠れることであろう。

今日の暑さは異常だった

10月26日(水曜)、晴れときどき曇り
001_201610261823423bf.jpg
今朝の日の出、雲が気になるなー
004_201610261823438c5.jpg
地場もん屋に出す品を運んで帰る頃は雲が晴れて青空が広がった。
吾輩、今日は好天とみて葉物に液肥の葉面散布をしてから朝食だ。 
006_2016102618234679e.jpg    005_20161026182345975.jpg
朝食を済ませて今度は郵便局とJAに行く。ワイフが明日退院することになったので、入院保険金関係の手続きを確認してきた。ついでに百円ショップで、食用菊を出荷するパックを買ってきた。家に近くなって我が家とリンゴ園を写した。隣家の大榎が天を突いている。昼までの余った時間はトマトの棚?を片つけた。
007_20161026182348db7.jpg
 午後も午前に続いてトマトの棚を片つける。午後は小森さんも野田さんも応援だ。終わったところでリンゴはぐんま名月の着色を確かめた。好い色になってきている。
008_20161026182509413.jpg
小森さんとは町日中の事務的な打ち合わせも行った。彼が帰ったところで、吾輩は食用菊を摘んできた。明日地場もん屋に出す予定だ。ゆうがたまでは生姜の掘り採り、水洗い・選別と、こおのところ相場が?きまっている。
蔵王のフッテ
 今日の1枚は山形のH川さんの投稿だ。蔵王の麓かな、綺麗な紅葉だ。

春に三日の晴れ無しを訂正しよう

10月24日(火曜)、曇り,夕方から雨
002_20161025160714a6c.jpg    
きょうは秋晴れが続くかと思わせる日の出であったが・・・
006_2016102516071709e.jpg
今朝は生姜は出せず、リンゴは王林と、気温がさがって後がないイチジクを出した。集荷所は早く行ったので未だ品が少ない。
007_20161025160718471.jpg
帰宅してブログのランキングを確かめる。この1週間は上がり下がりの振れが大きい。きょうは、一昨日よりも上がり方が大きく、嬉しい限りだ。
008_20161025160909252.jpg
朝、気にかけた空模様、10時前には風が立った。雲の流れも速いので、これはヤバイと洋梨はル・レクチュエと残り少ない王林を摘んだ。ル・レクチュエは月初めの台風の余波で殆ど落下したのだが20個近くは落下せずに残ったもので、摘んですぐ追熟にかけた。
012_201610251609109c9.jpg
王林を摘んでいると、花が開いている。王林は、天候と樹勢の関係で秋口から蕾が着くことがあるのだが、この秋の場合は日照不足が続いた上で気温が下がったので、春と勘違いしたのであろう。
015_20161025194428326.jpg
午後の吾輩、出荷を1日休んだ生姜を、明日からまた売りに出すので、掘り採って、水洗い、選別の作業だ。夕方近くには接骨院に行ってホネの養生をした。夕方のテレビはローカル番組で「マイビデオ」の映像を写している。立山の「ナナカマド」の朱色が鮮やかだ。
014_20161025194858abb.jpg
 そして天気予報、夕方からは雨が降り出したのだが、明日は午前はあめのようだ。ことわざに「春は三日の晴れ無し」だが、この秋は「三日の晴れ」が無い。春を秋に訂正してもらう要ありだ。
中谷さんの友達、高田さんの写真、「ひとときの虹」利賀で写す。
 最後は「きょうの1枚」、きぃうは利賀の中谷さんの友達のかたの投稿「ひと時の虹」にさせてもらった。今朝利賀で写されたようで、もようがわりを予期させたことのようだ。

この秋一番の天気なのに

10月24日(月曜)、快晴
今日は写真が多いので記事は簡潔に・・・
005_20161024182238a70.jpg    002_2016102418310304f.jpg
今朝は久しぶりに、晴れ渡っている。
010_20161024182240f1f.jpg   011_201610241822417d4.jpg
 地場もん屋の集荷所から帰って結球が始まったキャベツはグリーンボールに有機液肥の葉面散布。食用菊が乱れ咲きだ。
013_2016102418224228d.jpg    
 お昼前には富山にでる。富山市内、ビルの谷間に?真っ青な秋空が広がる。
023_20161024182424169.jpg    034.jpg
午後1時からは「ローヤルゼリー学術セミナー」に参加した。講師は、左が山口喜久二博士、右が佐藤良也博士だ。
039.jpg      022_20161024182422931.jpg   016_201610241831040d7.jpg
 ローヤルゼリーのことをイッパイ勉強したのだが、この3枚の写真に関する説明は印象に強く残っている。
038.jpg    043_20161024182848a9a.jpg
休憩のときに会場で写した。終わったのは4時過ぎ。帰りの電車までの時間に高いビルの14階までエレベーターでゆき、エレベーターの中から、外の景色を展望した。
044_20161024182850d84.jpg     047.jpg
帰りの電車、井田川の鉄橋で、ちょうど日没時刻だった。きょうの夕焼けは素晴らしい家に帰る前に入院中のワイフを見舞った。
 今日はこの秋一番のお天気だったのに、日常の生活?から離れて脳の活性化に努めた?のであった。

霜降の候

10月23日(日曜)、曇り後小雨
001_20161023174422b8d.jpg
今日(今日から)は二十四節季は「霜降」だ。が、今朝は意外と暖かく、霜が降る頃には.ほど遠い感じだ。でも西から変わる空は雲がかかってパットしない。
005_201610231744270d6.jpg 
吾輩、今朝は早めに畑のみまわり。キャベツは結球が始まった。  
 004_201610231744250e1.jpg    006_201610231751376f9.jpg
 サボイキャベツも紫白菜も、みるみるうちに外葉が畦を埋めてしまった。この分ならば天候が回復すれば遅れもとりもどせるかも、だ。
007_2016102317442833b.jpg
今朝の出荷は2週間ぶっ続けの新生姜に、イチジク、そして今日からはリンゴ王林が加わった。
008_201610231746061dd.jpg
 朝食の前にブログのランキングを見る。と、今日は大躍進だ。これで今日は気持ちよく仕事ができる。みなさんありがとうございます。
009_20161023174608ee7.jpg
朝食には昨日漬け込んだ隼人瓜の味噌漬けがある。これは吾輩の大好物の「香の物」、瓜は「香」が少ないがブランド物の赤みそが好い。一休みしているところにTELだ。気心の合う元気な「おばちゃん」が、さつま芋が欲しい、と云うので山畑に行って掘ってきた。
012_201610231746118a5.jpg
 行ったついでに、先日蒔いた「そらまめ」を覗いたら、ちょうど芽が出てきたところ、これで上手くゆくぞだ。
013_201610231746126a6.jpg
帰り道は高台から、富山平野を写した。10月も余すところ1週間余、平野に稲はなく、雲の所為もあって動きが止まったみたいだ。
 午後の吾輩は、依頼のあった「さわし柿」を送った後、日課みたいになった生姜の収穫、水洗い・選別だ。午後には「木枯らし」とも思える寒い風が立ったので、厚着?しての作業であった。
板倉の郷の秋
 今日の1枚は写真家の谷井先生のFBから。昨日、古川の「板倉の郷」で写されたとのこと、蔦の葉の赤が見事だ。

跳び回ったわりに・・・

10月22日(土曜)、晴れのち曇り
 目覚めは早かった。朝焼けが綺麗なのに誘われて、いつもと違った場所で日の出を写した。
002_201610222029196a0.jpg   008_201610222029215a5.jpg
 二十四節季「寒露」は今日まで。お天道様が昇られた位置は薬師岳にうんと近づいている。
 今朝もイチィクが多く熟したので摘み取ってパック、生姜と一緒に売りに出す。今日はJAが「生姜祭り」売り出しをするので、JAにも持って行った。
009_2016102220292213f.jpg
 朝焼けが好かったのに陽が高くなっても青空は広がらず、逆に雲が広がった。吾輩午前は依頼された贈答のリンゴをユウパックで送った。庭先には親戚筋のN山さんがワイフの入院のことなどでお見えになった。なぜワイフのことを知っておいでだろう、とお尋ねすると、吾輩のブログを見てくださっているとのこと、吾輩改めてブログの怖ろしさ?を知るのであった。
010_201610222029243a4.jpg
午後の吾輩は旧市内の寺院に行くことから始めた。今日はあさからずーっと立山連峰を写すことになるのだが、旧市内に近づいたところからみる立山も今日は上空に雲がかかって冴えない
013_20161022203107966.jpg   016_20161022203109a49.jpg
 行ったお寺は昨年11月に亡くなった叔父の菩提寺、亡叔父の1周忌法要のことで打ち合わせさせていただいた。帰り道で富山空港を写すのは吾輩のクセかもだ。
018_20161022203110180.jpg    019_20161022203112635.jpg
帰宅したのは3時過ぎ、待てよ明日は県知事選挙の投票日、明日は日曜でも仕事がある、ならばと吾輩期日前投票にいってきた。帰路は百円ショップに立ち寄って品きれしたフルーツパックを買ってきた。
 帰宅するやいなや、電話だ。今から行く、と元気なオバサンの声だ。
020_20161022203307e96.jpg
 この女史は毎年、贈り物にされるリンゴや離れて住む御子さん・お孫さんに送るリンゴを買ってくださる。だけでなく素敵なお土産も頂戴する嬉しいお客さんだ。今日も岡山県産の大きな梨を頂戴して恐縮したのであった。
 吾輩の方も今日は玄関先で、イチジクに洋梨、そして「さわし柿」と多くの品をプレゼントしたり、お買い上げ頂いたりだ。
 日暮れ間際になってポツリポツリと雨が来た。明日は空模様が愚図つくようだ。

おたがいに歳とったなー

10月21日(金曜)、曇り時々晴れ
004_201610212016520a7.jpg     003_20161021201651242.jpg
今日も東の空に雲が流れている。陽が昇った後は雲の上に立山連峰が浮かんでみえて綺麗だ。
005_20161021201654d45.jpg
今朝の日課は、いちじくが多くあって嬉しい悲鳴?だ。
013_201610212028362c3.jpg    012_20161021202834f66.jpg
 今日はいつもより生姜を多く収穫するので午前から作業着手だ。10時半過ぎには約束どおり高校のクラスメイトが奥さん達とともにリンゴを摘みに来た。80路も半ばにさしかかると訪ねる友は少なくなり、懐かしさでイッパイ。”お互いに歳をとったもんだ”
と慰めあったのであった。
008_20161021201655c6a.jpg    009_20161021201656148.jpg
午後は午前中に収穫した生姜の水洗い選別だ。明日はJAが「生姜祭り」で大売り出しをするので何時もより多く出荷するのだ。隣の田んぼでは規模の大きい稲作をするS本さんが最晩生の(たぶん「飼料米」)ノコンバイン作業だ。コンバインが通った後に鳥たちが「しいな」を物色に来て珍しい写真がとれた。
010_20161021202832ff8.jpg
夕方になって入院先にワイフを見舞った。病名は「虚血性腸炎」、10日ほどの入院と分かって安心した。行く先で西の空にかかった雲が綺麗だったので、車を止めて写した。
ノコスモスエルバッチャ
今日の1枚はエルバッチャのママさんの写真、「秋桜」と書かれているのが印象に残った。




ワイフの入院

10月20日(木曜)、晴れときどき曇り
005_20161020175248b69.jpg    002_20161020175247443.jpg
 今日こそは好天になるだろう、と思われる夜明けだった。残月だってすっきりみえるのだから・・・
011_20161020175250aa0.jpg
 朝の日課、今朝は生姜のほかにイチジクはバナーネも出した。露地のイチジクは気温がさがると熟すのがムリなのだが、ここのところ日照は少なめだが気温があるので、まだ熟してくれる。今日は集荷所まで毎日通る坂の町大橋交差点を写した。
013_20161020175251262.jpg   014_20161020175419518.jpg
朝食を済ませて吾輩、さつま芋を掘った後、西瓜作りメンバーが来るのを待って、西瓜栽培資材の整理整頓?を行った。
山畑に行ったついでに先日蒔いた「そらまめ」が発芽したかどうか調べた。まだ土の上までは芽が出ていないが、そっと掘ってみると種子根がでている、この分ならば近日中に顔を出すだろう。
 今日はここまでは好かったのだが、この後が大変であった。山畑から帰って生姜を収穫したところへ電話だ・・・
019_20161020175422cd8.jpg
 一昨日、便秘が高じて苦しんだワイフ殿、吾輩すぐにも病院行きを勧告?したのに、強情が玉にキズの彼女は一日状況を見たのが祟って、きょうになって病院に行ったら、診察即入院となったのであった。
お昼間際に病院に来るように、と、電話を受けて昼飯抜きに?動いた吾輩、病院で待たされている間に、パンを食べただけ。それでも診断結果が「悪性」でないと判り安堵したのであった。
 帰宅したのは3時近く、食事をとりなおした後は生姜の水洗い・選別と、日常に戻った。夕方になって旧市内に住む次女がワイフの面倒を見に来てくれて、今晩は我が家で宿直?をしてくれるのはありがたい。
今日のミクリガ池(10・20) 蔵王の紅葉(10・20)
 先日から続ける、「今日の1枚」。今日はU嶋さんが今日写されたミクリガ池、と山形のH川さんが今日写された「蔵王の紅葉」の2点を載せるとしよう。

空が晴れない

10月19日(水曜)、曇り時々晴れ
今日もこの分ではすっきりしない天気かも・・・
002_20161019191206897.jpg    004_20161019191207563.jpg
日照不足が解決したと思ったのも束の間で、またも曇天が続く。ここのところリンゴの落葉が目立って、嘆かわしい限りだ。
005_20161019191209f4b.jpg
 朝の日課もリンゴは「そっちのけ」で、今朝は生姜だけ。地場もん屋の集荷所があるのは小学校の前、早咲きの山茶花が咲いている。
006_2016101919121075e.jpg      015_20161019191458e21.jpg
空が晴れない方が暑くなくて助かる、のはこの人達、高圧線の点検だろうが「軽業師」そのものだ。
吾輩、今日は葉物野菜に液肥の葉面散布で生育を促した後は接骨院行き。
013_20161019191212542.jpg
この場所からは赤い屋根と青い屋根が見える。赤い屋根は和食処、青い屋根はステーキとイタリアンのお店がある。晴れていれば眺望が良いのに・・・
016_20161019191459a1e.jpg
午後の吾輩は、明日出荷する生姜を収穫・水洗いした後、リンゴは「王林」を摘んで保冷庫に入れた。
牛嶋さんの郷土料理教室
 「FB・今日の1枚」はU嶋さんの投稿から。昨日の「郷土料理教室」のお膳だ。記事によれば、吹き寄せごはん、れんこんの団子汁、茄子の田楽、ぶりの照り焼き、かぶらごき、黄桃ムースとある。”けなるいなー”

生姜に夢中

10月18日(火曜)、雲り、一時雨
 005_20161018183401f93.jpg
 朝のうちは雨が残る、との予報どおりの空模様。それでも明るみがこの通りだったので、その後は降られずにすんだ。吾輩朝の日課を済ませて畑の見回り。
008_201610181834033a4.jpg
今朝はサボイキャベツが夜来の雨でぬれていた。でも雨量が少なかったので溝に水が溜まることは無かった。吾輩午前は頼まれていた平核無(ひらたねなし)柿を、旧市内のN尾さん宅に届けた。帰路はパッケージプラザに寄って包装の緩衝資材を買ってきた。
003_20161018183400685.jpg
午後は生姜の収穫だ。新しょうがは地場もん屋を重点に売りに出して1週間が済んだのだが、「サン近江」の売れ行きは好調で、ここのところ連日掘り採って、水洗い・選別作業だ。この写真は今日収穫した「サン近江」の株で、茎葉を刈り取ったもの。
011_20161018183404eac.jpg    019_20161018183406101.jpg
水洗いして計量をすると、1株で3・1㎏もあって、吾輩”にんまり”もんだ。
015_2016101818362091f.jpg
この写真は「お多福」で、1株のうちで、塊茎のくっついている部分だ。「サン近江」が黄いばんでいるし、「お多福」はピンクっぽい。水洗い作業をしているところへ、生姜作り仲間のwさんにJAのAさんが、収穫状況を見学?にみえて、生姜談義をひとくさりしたのであった。
021_201610182059465e8.jpg
地場もん屋に出した品の売上情報は、17時と20時の2回パソコンに入る。今日も完売であった。
徳本なぎささんの山ガールぶり
 生姜に熱中したからとて、このままブログを閉じるのもどうか、とFBで良い写真はないかとさがすと、T本さんが「山ガール」ぶり、と、吾輩の地域からは見れない立山連峰を写していらっしゃったのでお借りして目の保養にしたのであった。

10月17日(月曜)、曇り時々雨
雨の日でも朝の日課は日課だ。今朝も地場もん屋にリンゴと生姜を出した。
002_20161017182524833.jpg
集荷所からの帰り道、県境の山は稜線がはっきり見える。そろそろ雨があがるかな~、と思ったのだが・・・
003_20161017182525c68.jpg   005_20161017182527dd9.jpg
どっちみち今日はホネ休みの心算だったので、午前は野菜やリンゴなどを手土産に、坂の町の入り口?に住む叔父を訪ねた。写したのが坂の町・今日の表情だ。
007_20161017182528535.jpg
午後は雨の止み間が長くなった。吾輩明日出荷する生姜を掘って水洗いしたり、干し柿にする柿が欲しいと云うお得意さんの要望があった平核梨を摘み取った。そこへ、リンゴ仲間のS藤さんが熟色などを観察に見えたので、「ぐんま名月」のことなどを見て回った。
009_201610171825307fc.jpg
夕方近く、今度は養蜂などを手掛けるT尾さんが来て、蜜源れんげの話になった。吾輩、今、収穫中の生姜を見てもらった。
011_20161017182708a02.jpg    014_2016101718330267f.jpg
 夕方は、西の空を見る。天気は西から変わるものだが、夕焼けはさしたることがない。と、すれば明日は未だ秋晴れが戻らないのでは・・・
 今日の我が家の夕食はグルメとは”ほど遠い”が、レトロな「ずいきの酢の物」など、ワイフ殿の手料理だ。吾輩体を動かしたので美味しく、食が進んだのであった。

元気が貰えたサンデー

10月16日(日曜)、晴れ遅くなって曇り
005_20161016175835994.jpg    006_201610161758369bf.jpg
今朝は綺麗な日の出が拝めた。吾輩今日も生姜を拭って袋詰め地場もん屋にだした。1週間続けて売りにだしたのだが、毎日完売なので身が入る。
009_20161016175837810.jpg
朝食前には生姜とサボイキャベツに灌水した。明日は雨の予報、場合によれば夕方から雨になるかも、だが、今日は気温もあがりそうなので水やりをすれば、作物は応えてくれる、と、読んでの作業だ。
014_201610161758406b8.jpg    012_20161016175839024.jpg
朝食を済ませて吾輩柿を摘み取った。この柿は「平核無(ひらたねなし)」、渋柿だが、さわし柿にして食べるのだが、収穫までにしっかり柿渋が入らないと甘味が強くならない。今度の好天は渋を入れてくれたことであろう。
016_20161016180112127.jpg
10時過ぎには予約?があった親子連れがリンゴ狩りに見えた。先着の2組はi林さん、と、Hさん,i林さんは生まれて3ケ月の赤ちゃんも抱っこされての来園、老いぼれの吾輩にとっては一番の元気が貰えるのだ。
017_20161016180114580.jpg
小学生の男の子は園内を跳び回って昆虫を採るのも楽しみ、今日は昆虫どころかモグラの赤ん坊をみつけて大喜びであった。
018_20161016180115768.jpg
2番手になった2組は、ともにS木さんで常連、この2組も男の子ばかりで「こうたろう」を丸かじり、左記の組同様園内を跳ねまわって元気なところを見せてくれた。. 
 吾輩のリンゴ園は、土・日曜には子供たちが来てくれるので高齢の身には”元気が貰えるサンデー”で、とてもありがたいのである。
021_2016101618011718e.jpg
午後には元気な”おばちゃん”が2人も訪ねてくれて、きょうは楽しいサンデーでもあった。♪ 子供が帰ったあとからはー ♪、吾輩明日売りに出す生姜を掘って水洗いだ。ワイフ殿は吾輩が午前に摘んだ柿を「脱渋」、つまり、さわす作業をしてくれた。5~6日経てば美味しい「さわし柿」が出来上がる。
.高峰さんの絵手紙
 夕方になってFBを開くと、今日のように多く元気を貰えたサンデーを纏めるに恰好の投稿が見つかった。T峰先生の絵手紙だ。
 天気予報、明日は雨、だとすれば明日は肩休め、ほね休みだ。

晴天続く

10月15日(土曜)、晴れ
今日はよく撮れた写真が多くあるので吾輩はチャベチャベ言わないことにしよう。
朝から順に
003_201610151933052b5.jpg
①、地場、もん屋に出した品
015_2016101519331009f.jpg
②、サボイキャベツの畦中央部に牛糞籾殻堆肥を施した
013_20161015193309c66.jpg
③、生姜を掘った。1株おきに掘って、残った株に光を充分に当てて塊茎の肥大を促す算段
010_201610151935453f1.jpg
④、昼までの余った時間に山畑に行ってきた。途中井田川の流れをいうつした。空の藍水の青・・・
016_20161015193547710.jpg
⑤、午後は詩吟教室にチョット顔をだした。
023_2016101519374205c.jpg
⑥、4時過ぎに山畑に行って、「そらまめ(蚕豆)」の種を蒔いてきた。畦はS林さんが作ってくれて助かった。
026_20161015193550091.jpg
⑦、暮れなずむ立山連峰は、高台から写すと見応えがある。
032_201610151937449cd.jpg
⑧、お天道様が山の端に沈まれたのは17時だった。
035_201610151939455a2.jpg
⑨、日没後しばらくして十五夜お月さんが昇られた。
 晴天が続くとファーマーはご機嫌だ。

待ち望んでいた秋晴れ

10月14日(金曜)、晴れ
009_20161014200751a4d.jpg   014_20161014200752cab.jpg
ようやく朝からすっきりと晴れた。しばらくぶりにお天道様が連峰の嶺に顔を出されるのが写せた。顔を出された位置は鷲岳辺りのようだ。
フウロソウの青葉と紅葉・ヨメナの花・アカマンマ、ゲンノショウコ、シダ、山形
 吾輩、今朝はFBを開けることから始めた。と、最近お友達になった山形のH川さんが素敵な活け花の写真を投稿されていて感心したのであった。今朝は地場もん屋の創業6周年記念祭に景品として出す生姜を綺麗に拭いて袋詰めをし集荷所に持って行く仕事がすべてであった。
016_20161014200754ad6.jpg
帰宅して間なく富山市内で生粋の日本料理店を営んでおいでるMさんが訪ねてくださった。吾輩の畑の作物を見ていただいて料理と野菜のことで意見交換をした。
026_201610142007558ca.jpg    028_2016101420075727a.jpg
今日は雲一つない晴天、気温もあがって畑の葉物はご機嫌だ。吾輩ここを先途と管理作業に余念がない。畦肩のマルチを捲って土の物理性を高めるようにしたので、サボイキャベツも赤蕪も見違えるようになってきた。
021_201610142010424b7.jpg
お昼過ぎには町日中の行事案内の封書をポストに入れてきたのだが、この時間、立山連峰は色合いが変わって見える。わけtも毛勝三山は煙が昇ったような雲がかかって見応えがある。
008_201610142010400c0.jpg   001_2016101420103923c.jpg
午後になって明日出荷する生姜を掘り採って水洗いしているところへ、秋晴れに誘われた豆フアンの子たちが、3人のママさんとともにやってきた。今日は山畑に行ってさつま芋を掘った後にリンゴ狩りであった。
031_2016101420104360e.jpg    036_20161014201248a28.jpg
今日の天気は夕方になって殊更に好くなったようにさえ思える。しばらくぶりに見る綺麗な夕焼けは心が安らぐのであった。

十三夜

10月13日(木曜)、曇りいっとき晴れ
001_201610131802244c1.jpg
 今日もパットしないなあー、お天道様は今日も照ってくださらんのかな。
003_201610131802253ba.jpg    004_20161013180227303.jpg
 今朝は、この秋一番の大口出荷、リンゴは袋詰めが20、バラ売りが6個、生姜が8袋、いちじくが2パックだ。いずれも地場もん屋さんへ出した。袋詰めは地場もん屋さんが15・16の両日創業6周年記念祭に景品としてお使いになるものだ。
005_2016101318022896a.jpg     
 集荷所で地場もん屋の車が到着するのを待っていたお蔭?で帰宅したのは9時半、今朝は遅い朝食であった。朝食を済ませた後は、息子が依頼していった化粧箱に詰めたリンゴをユウパックで送った。昼までの時間は接骨院に行ってホネの養生だ。
006_20161013180907179.jpg
午後になって、ようやく雲間からお天道様が恵みを届けてくださった。チョットかわった飛行機が飛んでいるのでカメラを構えた。
 お昼のテレビの気象情報は、明日・明後日は日差しが広がる、と伝えている。ならばと吾輩、野菜畑の作業だ。
先ずはキャベツも白菜も畦を覆っているマルチの畦肩部分を捲る。これは畦の通気性をよくして生育を促すためだ。次はその部分に即効性の肥料を施した。日照が充分であれば地温もあがって肥料が効いてくるので、早めに手を打つのだ。
010_201610131806578ba.jpg
もう一つは「もぐら」対策、先日来「もぐら」が畦の中にトンネルを開けるので、根の真下にあけられた株は葉が萎れているので、忌避剤を用いて、トンネル工事?を中止?させるのである。 
007_20161013180655bb8.jpg    012_201610131806584da.jpg
 夕方前には生姜を掘った。明日は地場もん屋の創業6周年記念祭に協力して吾輩は新生姜を景品用に出すことにしているので、今日は2株を掘って水洗いした。
016_20161013180908638.jpg
 夕方の立山連峰、きょうも雲がかかっているが、空の様子はかわってきた。明日こそは上天気になることであろう。
017_2016101318091041f.jpg
陽が暮れて東の空に旧暦9月の十三夜の月が昇った。この月は仲秋名月に次いで名が通っている月だ。
018_20161013201722cc2.jpg
 が、中天にかかっても雲はすっきり晴れず、今宵は名月鑑賞とまではゆかなかった。

天が高くなるのはいつの日か

10月12日(水曜)曇りのち雨
 もうそろそろと思うのだが、今日もすっきりは晴れないようだ。
002_201610121643004bf.jpg   004_20161012164301023.jpg
 朝のうちは晴れているのだがこの後はどうなることやらだ。
007_20161012164302b00.jpg
 今朝も売りに出す品は生姜が主、でも今朝はシナノシートの大玉をバラで数個入っている。
010_201610121643042ff.jpg
朝食を済ませて、まとめ買いが入った大根を引いた。買ってくださったのはデイサービスのT事業所。この時期大根が品薄なのは、蒔く時期の高温と育ちざかりの時季の日照不足が大きく影響している。吾輩は上手くくぐり抜けたと思ったのだが、かなりの数が軟腐病で商品にはならなかった。
015_20161012164441660.jpg   015_20161012164441660.jpg
10時過ぎには雲が厚くなってきた。これは大変と吾輩、山畑にでかけて、畑地のトラクター耕耘をしてきた。帰り道でもうポツリポツリと雨がきた。
016_20161012164442bee.jpg
午後はリンゴの袋詰めをするので念のためシナノゴールドの糖度を計った。結果は16・2度も有って吾輩”にんまり”だ。
017_20161012164444a97.jpg
午後は明日出荷するリンゴの特注品を袋詰めした。シナノゴールドとシナノスイートをそれぞれ2個づつ詰めたのだが、色合いも好いので、きっと喜ばれることであろう。写真右は息子が依頼した贈答品、こちらは化粧箱に2品種入れるもので、大玉をいれると立派な贈りものになる。
006_2016101216464560d.jpg
夕食は刺身だ。「しょうが醤油」の生姜は吾輩が作った”サン近江”、この生姜はピリ辛で、烏賊の刺身にピッタリで晩酌は特別効くのである。
 それにしても天候が好くない。農村に馬が飼われなくなったのだから「天高く」にならないのだろうか、とダジャレも言ってみたくなる吾輩だ。

生しい天気

10月11日(火曜)、晴れのち曇り
 朝は晴れていたので、あれ嬉しやだったのだがそのうちに薄雲が広がって曇り空、昔の人は”なましい天気”と言った。つまり物が乾くような天気ではない、ということ。
 001_20161011183533194.jpg   002_201610111835358f0.jpg
吾輩昨日から売りに出すものは間きれになっているリンゴに代わって新生姜だ。
008_201610111835388fe.jpg
 朝食後は野菜畑の見回り。
004_201610111835361e0.jpg    006_20161011183537cee.jpg
 葉物は昨日施した肥料も効いたようで、色つやが好くなって見える。ただ、モグラがトンネルを掘るので手を打たねば。リンゴの方は先日来の日照不足で熟色が進まず、落葉が始まったようなので、「ふじ」を重点にカンフル剤?を葉面散布した。
009_20161011183740aba.jpg   011_201610111837411a0.jpg
 その後、明後日必要な透明のP袋とフルーツキャップを買いに、パッケージプラザに行ってきた。途中で、これはと思った写真は、雲が棚引いた「剣岳」、とコメリの花苗だ。
014_20161011183743035.jpg    018_20161011183744372.jpg
 帰宅したら、家の近くにある「かすみ堤防」の草刈りが行われている。午後になってその近くの田んぼで餌を啄む小鳥の群れがあった。多分、堤防の草むらに潜んでいた虫をみつけたのであろう。
 午後になって旧市内に住む妹が訪ねてくれた。収穫の秋なので、いろいろプレゼントしたのは云ううまでもない。彼女が帰ってからは明日売りに出す生姜を掘り採って、洗浄した。
021_20161011183746a1a.jpg
 夕方近くテレビを見ていたワイフ殿が、イタリアンの店が写っているというので、家に入りカメラを構えた。写したのは吾輩のリンゴがつかわれているはずのアップルパイだ。
023_20161011183956ded.jpg
 日暮れまでの間は、遅くまで残す生姜に最後の土寄せをした。生しかった天気も夕方には少しは好くなった。立山連峰は雲がまたなびいて一幅の絵になっていたので写しておいた。
  

吾輩の種目は「鍬使い」

10月10日(月曜・祝日)、曇り
今日は終日曇り空、雨が落ちる心配がないので助かる。吾輩、今朝は昨日掘り採った生姜をパッケージして、JAの産直店と地場もん屋に出した。
004_20161010183508e02.jpg
 今日は体育の日、市井の皆さんは、いろんなスポーツで体力作りに励まれたことだろうが、吾輩はいつもどおり、鍬を使ったり三脚を上り下りしたり、で体力つくりだ。
 わけても日照不足で生育が遅れている葉物野菜は、明日からは天候が続くようなので、肥効を促すべく、追肥を施すのを一番にした。
005_20161010183510f9a.jpg
 葉物の中で、白菜の生育適温は20°Cなので、秋本番になった今頃から急速に育つので、吾輩、葉色を見ながら肥料をほどこすのである。写真の白菜は、今年初めて作る「オレンジクイーン」、もうなんとなくオレンジを感ずる葉色だ。
006_20161010183511af3.jpg
お昼近くになって、リンゴは「こうたろう」フアンのS原さんがみえて、まとめ買いをいただいた。S原さんはケーキを造っておいでるようで、素敵な「ガトーショコラ」を頂戴した。
007_20161010183513fd9.jpg    011_20161010183514476.jpg
 今日から新生姜を売りに出したので、当分は毎日売ってみよう、と、午後は生姜の掘り取りだ。今日掘り採った生姜も、1株の重量が2・58㎏と、育ちはよかった。水洗いした後は、先日の台風で落下したリンゴを片づけた。
坂と石垣
 陽が暮れるのは早くなった。今日は祝日だしと、吾輩、早めに家に入り,FBを覗いた。今日はK野さんが、坂の町アートの舞台だった町の名所を投稿されている。この写真、坂の町を如実に写されているので、シェアさせていただいた。
013_20161010183748d70.jpg
  曇っている日は午後の5時をまわれば、もう日暮れだ。西の空は雲がきれて夕焼け色だ。明日はよく晴れることであろう。
 

傘マークが消えた

10月9日(日曜)、雨から曇り
001_20161009173657aec.jpg
今日は朝から雨、日曜でもあり吾輩も晴れるまでは農作業免除?、で、出荷もお休み。リンゴ達もお休みかなー
011_20161009174625b07.jpg 002_20161009173658c3a.jpg
で、朝食を済ませて、高齢の叔母を見舞いがてら訪ねた。が、体調を崩して入院中で、明日退院とのことで、改めて見舞うことにして退出した。帰路、園芸店で秋の鉢花を買ってきた。雨が降っていることと、開店早々だったので客はまばらであった。
 午前の余った時間はJAに行って用足しをしてきた。
003_20161009173700ad5.jpg  005_20161009173701181.jpg
 午後になって雨が止んだので、畑を見回った。アマランサスが思ったより生育が良いので写真を撮ってFBに投稿した。
006_20161009173703809.jpg  007_2016100917384746f.jpg
 3時過ぎには雨があがった。吾輩明日から産直店に売りに出す「生姜」を掘り採り、水洗いした。出来具合はと掘り採った1株を軽量すると、2・78 ㎏もあって、まずまずの出来だ。この後天候が回復して日照があれば、もっと重量が増える、と思われるので、収穫は急がないことにしよう。
012_20161009175956855.jpg    014_20161009175820ba1.jpg
 問題はこの間から続いている日照不足が早く解消することだ。で、夕方になって気象情報をみると、向こう1週間、傘マークが消えている。だけでなくお日様マークが多くある。ありがたいや、ありがたや、である。

寒露の候

10月8日(土曜)曇りから雨
秋空は昨日一日だけ、今日はもう雨だ。
001_20161008172545710.jpg
朝のうちはまだ雨が落ちなかったので、大根をひいて水洗い、きのう掘ってきたさつま芋もパッケージして地場もん屋にだした。
帰宅して野菜畑を見回った。きのう防虫ネットを掛けた、グリ-ンボールもサボイキャベツも顔色?が良い。
007_201610081725483a5.jpg   005_2016100817254610c.jpg
朝食を急いで済ませてリンゴを摘み、今度は「越中八尾ベースおやつ」に向かった。きょう、この町は「さかのまちアート」の初日、なりひらの市でもあり「おやつ」の店の前で仲間の果物を売る。今日はT田さんのブルーベリージャムも仲間入りだ。
011_2016100817254980d.jpg    012_20161008172551a9b.jpg
「おやつ」で喋って、アートの活け花をバックに写真を撮るなどしていたら雨がきた。退散?したのは10時過ぎであった。午前はそれまで、吾輩雨を幸いにホネ休め。
013_20161008172723e93.jpg
午後はコシヒカリを知人に送る段取りをして、休日にユウパックを取り次ぐJAに運んだ。ついでに明後日から産直店で売る新生姜のバーコードを作ってきた。
015_20161008172726c6d.jpg
午後の余った?時間は整理整頓だ。先日の台風で落下した洋梨「ル・レクチュェ」は収穫は11月の頭に予定していたので、20日も未だも早く落ちた果実は食べ物になるのか、どうか疑わしいのだが、一応は保冷庫で追熟してみることにした。右にあるのは、落下前に摘み取ったシナノゴールド、こっちは貯蔵だ。
 今日(今日から)は、二十四節季の「寒露」、吾輩、節季の変わるごとに定期便を送る友人にメールを送った。
017_20161008172727c75.jpg    018_20161008172729d3f.jpg
 夕方になって雨は小止みだ。雲の流れを見る限りでは、明日も雨であろう。「寒露」は暦便覧によると、”陰寒の気に合って露結び凝らんとすれば也”、と、あるが今日は「寒の気」は覚えず、半袖でも構わなかった。こんな気温ではリンゴの熟色が進まないのが悩みのタネ、早く「天高く 馬こゆる・・」天候になってもらいたいもんだ。

久しぶりの秋晴れ

10月7日(金曜)、晴れ
001_20161007205241f0f.jpg     004_20161007205242e4d.jpg
朝からすっきり晴れたのはひさしぶりだ。
007_20161007205244665.jpg     011_20161007205724450.jpg
今日の出荷はリンゴのほか大根がある。大根は種を蒔いてから.54日目だから、うまく生育したものだ。
偶の晴天は忙しい出荷の前にキャベツと白菜に水肥で追肥をした。サボイキャベツは外葉を大きくするのを急がねばならないので、吾輩気合が入っている。
009_20161007205245def.jpg
朝食を済ませてから、今度はリンゴの特別防除だ。一昨日の台風で枝葉そして果実に傷がつき、そこに病菌が付着し病害になるのを防ぐのである。
014_20161007205454178.jpg    017_20161007205725e33.jpg
昼食まで、時間が空いたので、さつま芋は「紅はるか」を掘り採ってきた。帰路高台から富山平野を写したのだが稲の刈取りはほぼ終わったようだ。
019_20161007205457176.jpg    023_20161007205458a94.jpg
午後はJAの生姜の出荷調製研修会に行ってきた。終わってから吾輩の生姜を見に来てくださった方が数名いらっしゃって吾輩、お役に立てたことを、嬉しく思ったのである。
 明日からはまた天候が崩れるようなので、夕方までの間に、キャベツの軟腐病防除を行い捲ってあった防虫ネットを元に戻した。
もものすけ
夕食を済ませてから、明日「越中八尾ベースおやつ」の軒先で売るリンゴなどのシールと価格表をつくった。ついでに作ったのがワイフの姪っ子が明日売りに出す蕪は「もものすけ」のシールだ。
 二十四節季「秋分」は今日で終わり、明日は「寒露」入りだ。

野分が去って

10月6日(木曜)、朝のうちは雨、後くもり
台風18号は真夜中に富山を襲って?足早に去っていった。富山に来たころは温帯低気圧に変わっていたのだろうか、思っていたより吾輩の地域は風速がちいさかったようで、正直安堵したのである。
004_20161006181203209.jpg
吾輩の園は落下は落ち易い「こうたろう」は、ひどく落ちたものの、「ふじ」は心配したほどではなかった。
005_2016100618120496e.jpg
なので、いつものようにリンゴをパッケージして、今朝は集荷所えの運搬をワイフの姪殿に依頼した。
朝食を済ませて、畑の見回りだ。畑は、意外なほど影響は小さく、被害とまではゆかなかって、これは大助かりだ。
008_201610061812074e1.jpg
 午前はまだ小雨が残ったので、吾輩ホネ休め。休んだついでに接骨院に行って養生だ。ここから西の空をみても、まだ黒雲が残っている。
009_20161006181349ca1.jpg
帰宅して昼までの間に、ワイフの弟に頼まれた新米を送った。
セイダカアワダチトキクイモ、簡単投げ入れ
昼休みにFBを覗くとH川さんが、今日も野の花、セイタカアワダチ草とキクイモを簡単投げ入れされた写真を投稿されている。自然の草花を活けられる心根に吾輩感動するのである。
011_2016100618135165c.jpg
早朝も、そうであったのだが、午後には改めて県農業共済の皆さんが、リンゴの台風被害を調査に来てくださった。
012_20161006181352e32.jpg
時をおなじゅうして訪ねてくれたのが、吾輩の忘年交の最たる人達,NさんとMさん。この二人台風被害の見舞いと、落下したリンゴの片づける作業を手伝ってくれたのである。
018_201610061834134a1.jpg
富山平野は稲の刈取りが大方になっているので、野分の影響は果物に大きかったようで、夕方のNHKテレビはローカル番組でその様子を伝えている。最悪の事態を免れたのだから、気持ちをきりかえて、明日からはまた生産に励むとしよう。

台風が近づく

10月5日(水曜)、曇り後風雨
001_201610051957346cb.jpg
 普段なら、この空だったら荒れることはないのだが、今日は18号台風が近づいていて心配が募る。
002_201610051957355ff.jpg   004_20161005195737562.jpg
 でも、富山は夕方までは大丈夫のようなので、いつもどうりリンゴを摘んで地場もん屋にだした。今日からは「すぐり採り」した「シナノスィート」が加わった。集荷所に行くとS林さんが原木舞茸を売りに出されている。見事な舞茸に感心した。
 午前は午後の西瓜づくり決算会に出す資料つくりをした。
005_20161005195738a67.jpg
午後になってJAの組合長が見えて米作り技術のことでご意向をうかがった。その後は畑に出る。台風に備えて捲っていた防虫ネットを結わえた。その後は4時過ぎまでリンゴの支柱の結わえ方の点検をした。
006_20161005195920fb0.jpg
4時近くになって虹が立ち、小雨がぱらついた。気温も上がり南西の風が吹いてきた。
009_201610051959228ee.jpg   012_20161005195925e3b.jpg
5時からはこの夏、一緒に西瓜づくりをしたメンバーがイタリアンの「エルバッチャ」に集まって決算報告、その後は慰労会だ。美味しい料理は、たちまち食べつくして懇談、吾輩のリンゴで作ったデザートのケーキもある。
011_20161005195923b5b.jpg
外の風は次第に強まるようなので、記念写真?を撮ってお開きだ。18号台風は真夜中に富山に最接近するようだ。多かれ少なかれ、リンゴの落下は免れない。この上は運を天に任せてねむるとしよう。

こんな日もある

10月4日(火曜)、くもり
今日は写真が少ない。シンプル・ザ・ベスト、と、云うわけでもない。
今朝は曇り空、リンゴを摘んで、パッケージ、集荷所に運んでから朝食、そこまでは何時もと変わりがない。
  その後がいつもと違う。何が異なるのか、というと午前午後とも来客?が多かったのだ。
004_201610041958227d0.jpg
 午前はワイフ殿の姪っ子が孫を連れてリンゴを摘みに来たのだ。むろん孫のママさんも一緒だ。こんなに可愛いいのが来ると、吾輩イッペンに元気がもらえるのである。時刻は前後するが、それより先に、この春から農業体験しがてら園芸作物のことを勉強をしているOさんが来て、自然落下したリンゴを片つけたり、野菜の生育状況について説明をしたり、と、吾輩、時を費やしたのであった。今日は終日、合間をみながら台風接近に備えて、収穫中の「シナノゴールド」や「こうたろう」を摘んで保冷庫にいれた。
005_20161004195823556.jpg
 午後は、場合によれば明年からでも、リンゴの栽培管理を全面的に委託しようと考えてS君が作業を手伝ってもらえる女性と一緒に見えたので、招き入れて吾輩のリンゴや野菜作りについて説明をした後リンゴ園と野菜畑を見てもらったのである。
 夕方近くになって、中国語教室時代から忘年交のある,N女士がリンゴを取りにきた。口八丁・手八丁の姐姐なので旧交を温めた。
007_20161004195824add.jpg
 そんなこんなで、カメラのことは「ほったらかし」になったのである。あんまり枚数が少ないので、夕方のNHKテレビのローカル番組で、写った蕎麦の花を使わせてもらう。
 台風18が本土に近づいている。どうやら今度は風が強いようで、ノンビリ構えているわけにはゆかぬのだが、今日は多少なりとも備えをしたし、明日は朝から台風の進路を見極めながら、精いっぱいの対応をする、と、しよう。

暑さ寒さも彼岸まで、なのになー

10月3日(月曜)曇りときどき小雨
001_2016100319300102d.jpg
日の出の時刻、立山連峰は嶺々が見えるだけでもありがたい。吾輩一日休んだリンゴ摘みを再開?した。昨日の天気で「こうたろう」の赤色が濃くなったので摘むことにした。
002_20161003193002502.jpg
今朝は、その「こうたろう」の他に、「千秋」、「涼香の季節、そしてニューフエースの「静香」を売りに出した。
006_201610031930042c2.jpg
午前の吾輩、キャベツの畦の防虫ネットを捲る作業から始めた。ここのところの日照不足は深刻?で、野菜の生育は足踏みしているし、リンゴの熟色は進まず、糖度アップも覚束ない状況。ただでさえ日照が不足しているのに防虫ネットを掛けっぱなしでは野菜は大きくならないので、ネットを捲って、弱い陽でも直接当てるのだ。その後はキャベツ、白菜に即効性の水肥を施した。
午前は曇った空から時々ポツリポツリと雨が降った。しかも蒸し暑いので、吾輩しっかり?汗をかいた。彼岸が済んで1週間もたつのに暑さを覚える。暑さも彼岸まではどうなったのであろうか。
・三田地内彼岸花
お昼休みにFBを覗くと谷井先生が、三田地内で昨日写した、と名残の曼珠沙華を載せていらっしゃったので目の保養とばかり借用した。
008_201610031930058bd.jpg     009_2016100319300<br />7a31.jpg
午後は月に1度の勉強会・中国文化講座の受講だ。今日は途中でN司法書士事務所に立ち寄るので、吾輩の車で小森さんと一緒に行ってきた。今日の講座の主題は「お茶の文化とアジアの歴史」で、含蓄のある内容であった。終わって会場の外に出ると立山連峰の「毛勝三山」が遠望できる。街中から見る連峰はまた味がある。
帰宅してから日暮れまでは、台風18号に備えて収穫を始めているリンゴを摘んだ。気象情報では5日から6日にかけて本土を襲うようで、今度はできる限りの備えをせねばなるまい。
保育所新田
夕食を済ませてのFBではM本さんが夕映えの写真を載せている。この分ならば明日は嵐の前の晴天のようだ。

天気は西から変わる

10月2日(日曜)、曇りから晴
007_201610021755594c5.jpg
ひょっとしたら雨かも、と思っていたのに今日は晴天、雨が降らない日が続いたので、ようやくリンゴも樹勢を回復してきた。吾輩今朝は熟色がイマイチだったリンゴを摘まず、売りにも出さずだった。
011_201610021756023b2.jpg
今日は久しぶりにお天道様が恵みをくださったので、リンゴはもとより、野菜たちも、それぞれの色を濃くして大喜びであった。吾輩朝の出はリンゴの「すす斑点病、すす病」を防ぐ手立てをした。これで貯蔵中に果皮が黒ずんでくるのを防ぐことができるであろう 012_2016100217560336b.jpg
空が晴れると、気も晴れる。畑仕事をしているとジェット音、今日は大榎スレスレ?の飛行機をゲットした。
013_20161002175605cbc.jpg
我が家の近くでは高圧線鉄塔付近でサーカス?が始まっている。送電線の点検のようだが、高所作業する人の作業ぶりに感心するのであった。
015_20161002175944313.jpg
畑作物は晴天の日はいろんな管理作業がある。これは生姜だが、塊茎が肥大してきて顔をだすと、薄いピンク色が陽に当たって緑化するので土寄せをせねばならない。
017_2016100217594587e.jpg
午後は隣村に住む友がファミリーでリンゴ狩りに来たのでファンインファンインだ。この時間帯になって日照も強くなったので庭の片隅に植えてあるピラカンサが空に映えた。
 友のファミリーが帰った後は自然落下したリンゴや蜂に食害を受けたリンゴなどを片づけたり、キャベツと白菜のアオムシ退治をしたりだ。
020_201610021759484a4.jpg
夕方になって西の空が焼けた。天気は西から変わると言われるのだから明日も好天であろう。いな、そうあってほしい。
プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR