皐月晦日

5月31日(火曜)、晴れ
 雨は一日だけで、今日は皐月を送るにふさわしい好天であった。
吾輩、晴れの日は目覚めが早い。今朝は5時過ぎに起床、6時前から畑の周囲の草刈りをした。
 わけても畑の東寄りの「かすみ堤」の草は50センチ近く伸びていたので、作業を終えてみると、畑は明るくなったように思えるのである。
 で、気づいたのが生姜の芽だ。
001_20160531195735dea.jpg
5月5日に植え込んだタネ生姜がようやく芽を地表に出したのだ。植え込んだときは芽が動いていたのだが、覆土をはねのけて芽を出すまでに1ヶ月近くかかるので辛抱強く待たされるのであった。
003_2016053120022450f.jpg
朝食後、ブログを開けてランキングをみると、「ゆとり世代」で、今朝は昨日の146位から102位、日記では、4205位から2824位と、吃驚する躍進?だったのである。今日もご贔屓の皆さんに感謝、感謝だ。
 今日の吾輩終日リンゴの仕上げ摘果であった。
004_20160531202835522.jpg
好天の日は、リンゴ園から立山連峰が丸見えだ。今日は薬師岳に雲がかかって、好い写真が撮れた。
 陽が西に傾くころになって訃報が入った。かれこれ4年近く吾輩の畑に来て野菜を一緒に作ってきた藤瀬さんが今朝突然死されたとのこと。糖尿病を克服するために体を動かす、その手段でもあった野菜・果物づくりをされていたのだが、この春以来体調もさることながら、精神的にも悩んでいらっしゃったようだったが、まさか亡くなられるとは思いもしなかっただけに、吾輩のショックは大きく、命の儚さと、世の無常を思い知らされたのであった。
 心よりご冥福を祈り記録にとどめる。
スポンサーサイト

雨の一日

5月30日(月曜)、雨、止み間もあり
夜来の雨は、朝になって小止みになり、曇り空から時々雨が降る天気であった。
吾輩,,朝から雨の日は”みずやり”の作業がないのでおお助かり、朝食前は畑を見回っただけであった。
001_20160530185919775.jpg
野菜は、久しぶりの”じっくり降り”で大喜び、生き生きとして見える。
004_201605301902357e4.jpg
これは、多年草の「ウイキョウ」、細い葉が小雨に包まれて、絵になっている。
午前の吾輩は、近くの旅行社に寄って、週末に旅するチケットを購入したうえで、歯科医院に行ってきた。
007_20160530200039c59.jpg
歯科医院は2ケ月に一度定期的に診察を受けている馴染みの医院で、門前町にある。今日は帰りに鐘楼堂を写してきた。
午後は晴れ間が長かったので、雨で伸びたリンゴ園の下草刈りをした。途中でリンゴ作り仲間のS藤さんが訪ねてきて、梅雨入り前の管理作業について話し合った。
 5時近くになって雨が降り始めたので草刈りは中止して、コメリに行った。
008_20160530201325544.jpg
吾輩の用事は、明後日に予定しているトマトの「雨除け支柱?」作りの部材探しだ。幸い探していた物が見つかったので段取りは済んだ。
 終日の雨がらみの天候は5月中に一度だけだったことになるが、吾輩、久しぶりにゆっくりできたのであった。
 

西瓜もズッキーニも

5月29日(日曜)晴れ
昨夜は翌朝の予定を”しっかり”インプットして寝たので今朝は目覚めが早い。
001_2016052919595025f.jpg
気象情報の日の出時刻は4時35分、なので、もうそろそろお天道様が立山連峰の嶺に顔を出される頃と外にでてみると、連峰は雲の中だ。でも、お天道様は雲の嶺らしき?所に顔を出されたのであった。
朝の予定第一はリンゴの防除だ。
003_201605292006098e1.jpg
梅雨入りが近づくのでその前に害虫や、病菌を叩いておくのだ。予定第二はキャベツのアブラムシ防除だ。
004_20160529200931e43.jpg
キャベツは結球がはじまったのだが、気温が高くてもアオムシ対策上「防虫ネット」が外せないでいたら、アブラムシが増えている。ので昨夜から防虫ネットをはずして、今朝は防除をおこなったのだ。
 予定第三はズッキーニの手入れだ。
005_20160529201524705.jpg
ウリバエを補殺した後水遣りだ。今朝はトップを切って雌花がさいた。もう4~5日経てば大半の株に花が咲くことであろう。
 予定を全部こなしていたら朝食が遅くなった。
陽が高くなったら気温も高くなったので、吾輩午前は休養だ。
 午後は町日中のT事務局次長が訪ねてくださったので、6月に開催の定期総会の案内状の段取りなどを話し合った。
5時近くになって、山畑の西瓜を見に行ってきた。
008_201605292024178b0.jpg
西瓜も今朝は雄花はもちろん雌花が咲いていたことが確認できたので次の日曜前後には”うね”を広げて「わらいらず」を敷くことにせねば、と、吾輩明日以降の段取りをしたのである。
帰宅したら仲間の藤瀬さんが見えていた、こっちは6月1日に予定のトマト・茄子の支柱のことであった。
天気予報は今夜から雨だ。で吾輩、日暮れ時になってキャベツの防虫ネットを外した。キャベツ畦は”じっくり”雨に濡れてもらいたいのである。

子供は子供でも

5月28日(土曜)晴れとこどき曇り
早朝は果樹の勉強をしているS君に手伝わせて桃の防除をした。桃は順調に生育して摘果が終わり、紙袋をかける時期になったので、その前の作業だ。
早く終わったのでミニ果樹園(イチジク園)の草刈りをした。
005_20160528202929b6e.jpg
午前は小森さんに手伝ってもらってリンゴの摘果だ。
お昼休みにFBを覗くと、青年海外協力隊でケニアに赴任されているMさんが久しぶりに投稿されていたので感動ものの写真2枚をシェアさせて頂いた。
ケニアの子供たち・青年海外協力
新学期に入って野外授業だろうか、多くの子供たちが聞き入っている。こんな風景はうらやましい限りだ。
もう一枚はフォールだ。
ケニア・フォーティーンフォールズ(雨季は水量が多くワンフォール)
説明によると、14本にわかれてながれている「フォテイーンフオールズ」、雨季は水量が多いのでワンフォールとのこと。いかにもアフリカらしい景色に感動したのである。
午後は3時過ぎまで詩吟教室
002_201605282028057b8.jpg
その後桃の仕上げ摘果をしているとワイフ殿の姪っ子の長男夫婦が4月初めに生まれた新生児のお披露目?にやってきた。
009_20160528203324745.jpg
立派に育っているので吾輩、心からのお喜びを申し上げたのであった。
昔は「子供が授かる」といったものだが、今日では「生む、産まない」なのだろうか。ケニアの子供たちの写真をみ見ただけに、少子化社会のことに思いを致した吾輩である。

ぐるーり、と、回った

5月27日(金曜)曇りのち晴れ
 今日は、明け方まで雨だったがその後は晴れて天候は次第に良くなった。
雨のお蔭で、今朝は水やりは無く、吾輩朝はゆっくりした。朝食を済ませた吾輩、晴れ続きで溜まっていた用足しで”ぐるーり”と回ってきた。
順番に
①、呉羽種苗店に行って桃にかける「紙袋」を買ってきた。
005_201605272132312c4.jpg
②、富山家庭裁判所に行って、遠方の従兄妹に頼まれた某証明書の交付手続きをした。
007_20160527213546a51.jpg
③、グリーンプラザを回ってトマトの支柱関連の資材有無を調べてきた。帰路「任海」を通るのだが、この集落には昔親戚があったことを思いだした。
④、帰り道にはリンゴ・桃仲間の村山君が住む。今日は依頼されていた桃の紙袋を届けた。
彼の家には吾輩のお気に入りの書額が掛けられているので、今日は写させてもらった。
009_201605272140063b5.jpg
帰宅して車の走行距離をみた。 すると、”ぐるーり”の道のりは、なんと41kmであった。
午後の吾輩はリンゴの摘果と、友人からもらって育てていた「ミニトマト」を定植した。
012_20160527215150881.jpg

 夕方になって生姜作り仲間のHさんが吾輩の生姜の育ち具合を見に来てくださった。”なんやかや”話していたらお天道様が沈まれる時刻になった。
 013_201605272149449ba.jpg
 今日の夕焼けは綺麗、明日は好天のようだ。

蒸し暑く、冷房初日となった

5月26日(木曜)、曇りときどき晴れ
今日は30.6度で真夏日だった。
 吾輩、今朝は研修果樹園の草刈りだ。研修を積んでいるS君と応援のFさんも来て、吾輩と3人で汗を流した。
006_20160526185911c2f.jpg
朝食を済ませてブログのランキングをみると、「ゆとり世代」で久しぶりに百位以内、しかも89位にランクされていて驚いた。
001_20160526195420fca.jpg
最近はランクの”ぶれ”が大きく、百位以内は望めないかも、と思っていたので、正直に言って嬉しく、いつもご贔屓にしてくださっている方々に御礼を申し上げるのである。
今日は蒸し暑くて、疲れ方が大きいので吾輩、朝食後しばらく野菜に灌水しただけでホネ休みとした。
005_20160526200127694.jpg
なにしろ、ここの所の雨量不足は著しく、畑の土はカラカラ、こうなると、水は肥料よりも”よく効く”ので、朝の日課なのだ。今日はトマトの腋芽も摘んだ。
009_2016052620061224e.jpg
今日は今年になって初めて居間を冷房した。クーラーの効いた部屋で午後はヤボ用、そこえ農業体験を重ねているOさんがお子さんと一緒に来宅したので、今日は室内講義?水と肥料の効かせ方を話した。
 夕方近くになって山畑の西瓜を見回りだ。
すると畑の手前で市道を横切るカモシカに出会った。
010_20160526201351c0a.jpg
そんなに驚くようでもないので、近くに住みついているのでは、となると、西瓜の収穫期が近づく前に防獣ネットを張らねば、と考える吾輩だ。
 西瓜は子蔓が順調に伸びている。この分であれば、6月も上旬には開花がみれるであろう。
011_20160526201943e57.jpg

 願わくは、もっと”素直な天候?”になることを、である。

風さんには”参った”

5月25日(水曜)曇り、時々晴れ
昨夜は風が強くなって明け方まで続いた。吾輩、覚悟はしていたのだが、それが現実となって風さんには”参った”のである。
001_201605251943476e6.jpg     014_20160525194455fd5.jpg
朝起きてすぐに行動したのは野菜畑、西瓜畑が風で痛めつけられていないかの確認だ。野菜畑で気になったのは生姜うねのマルチが捲れて飛ばされていないか、で、あったが大丈夫だった。ところが西瓜畑はトンネルがほとんど捲れている。わけても一昨日に天井張りした農ポリは破れて見る影もないのであった。写真右は一昨日の夕方写したもの、左は今朝の状況である。幸い西瓜そのものは影響が少なくて”やれやれ”であった。
吾輩午前は野菜畑の観察&手入れだ。
 008_20160525195453704.jpg
ズッキーニは風は関係がなかったようだが、ウリバエが多く、葉を食害している。補殺をするのだが、取り逃がした?のもあって、明日以降は発生状況を見ながら対応することにした。
 007_201605251959248c6.jpg
これは生姜だ。植えこんで20日が経ったので、そろそろ根が出て芽の伸びも早まるであろう、と掘り出してみた。
すると、根が元気よく出てきていて芽も地上部に顔を出す日が近い、と判断したのであった。
風は止んだものの、雨が降らない、なのでズッキーニをはじめ茄子、生姜と水遣りを行った。
 午後の吾輩は一昨日の「従兄妹&叔父・叔母会議」で整った書類を持参してN司法事務所に出かけてきた。
往路は旧市内のケヤキ並木を通ったので写してきた。
009_20160525200926fbe.jpg
この時期ケヤキは青葉が繁って綺麗なトンネルになっていた。
帰路は水田の中に太陽光発電の設備が目に付いた。
010_20160525201248af7.jpg
米が余って稲作を続けるには問題が多い、それならば・・・だ。世の中が変わった典型的な風景だ。
 司法事務所は、そんなに手間取らなかったのでその後はリンゴ園にまだ残っていた剪定枝を片つけて、草刈り作業をした。
 5月は余すところ1週間足らずとなったが、風が悪さをしたのに比して雨が少なすぎる、どうも今年は気象が農業に味方をしてくれないのでは、と吾輩案ずるのである。

年に一度の「友好の集い」

5月24日(火曜)晴れ
今日、5月24日は吾輩もご縁がある「とやま日中友好の日」だ。午後は集いに参加するので午前は忙しい。
早朝はリンゴ園に灌水
002_20160524203532e02.jpg
その後生姜の栽培を共にする藤瀬・野田さんも見えて、タネ生姜を植えこんでマルチかけをした。
001_2016052420381382e.jpg
朝食後は、K山さんがリンゴの摘果の応援だ。
004_201605242039358b8.jpg
 午後は小森さんの車に便乗させてもらって会場のAホテルへ出かけた。
010_20160524204127294.jpg
記念講演会
021_20160524204202970.jpg
定期総会
025_201605242042395f1.jpg
懇親会
033.jpg
恒例?の留学生たちの合唱と続いて、お開きになったのは午後の6時半であった。
036.jpg
吾輩ほろ酔い機嫌で街中を歩いて駅に急いだのであった。
 チョットばかし疲れたようなので詳しくは明日にして、今夜は筆を擱く。

一日三便

5月23日(月曜)、晴れ
今朝は、晴れてはいるが立山連峰は雲がかかって日の出は見ること叶わずであった。
で、西の空を撮った。
001_201605232029356fc.jpg
牛岳は雲がたなびいて、いつもとは違った顔だ。わがはい起きてすぐ研修リンゴ園の灌水をとめて、止めてあった排水口を開けに行った。
005_20160523203406c5b.jpg
昨夜は8時から水を入れていたのだが、朝5時の時点でちょうど”いい塩梅”に水が入ったのであった。
今朝は野田さんと、5時半に山畑で落ち合う約束だ。これが山畑行き第一便だ。
008_20160523204027402.jpg
ここのところ日照り続きなので、さつま芋と西瓜に水遣りをしたのである。
水やりを終えていったん帰宅、朝食を済ませて、第二便だ。
009_20160523204451ad9.jpg   011_201605232045240d7.jpg
 今度は仲間を動員して、西瓜の”うね”作り直し作業だ。子蔓が伸びてきたので、近々“わらいらず”を敷くのだが、その前作業だ。
午後は小森さんが応援くださってリンゴの摘果だ。吾輩はコメリに行ってハウスパッカーを買うことも忘れない。
 リンゴの摘果作業中にジエット音だ。
013_201605232055185d3.jpg    012_20160523205549c37.jpg
 山畑行き第三便は夕方になってからだ。
014_20160523205735dc4.jpg
今度は、午前に天井張りしてきたトンネルの農ポリを風に飛ばされないよう、パッカーで止に行ったのである。
帰宅するのは日の入りがせまってからだ。
015_20160523210142423.jpg   018_20160523210227647.jpg
 第三便?復路で帰宅した時は、ちょうど山の端にお天道様が沈まれるときであった。
021_20160523210637a29.jpg

従兄妹(いとこ)会

5月22日(日曜)、晴れ
 今日も好天で気温が上がった。予想されたことなので、朝は野菜に水遣りをした。
003_20160522205841a18.jpg
今日は、生姜の「発根」が見れないか、植え込んだタネ生姜を掘り上げてみた
004_201605222058422e0.jpg
序に畑に隣り合わせる田んぼを見ると、先日Sさんが直蒔きしてくださったコシヒカリが芽を出していて、安堵したのである。
006_201605222058437f1.jpg
午前の吾輩は隣町の「ゆーとりあ・越中」で”いとこ&叔父・叔母会”だ。亡叔父の遺産相続協議を行い、結論のでたところで、久しぶりに懇親会ひらいたのである。
007_20160522205845b1f.jpg
 午後は半ばにおない年の従兄妹の車に便乗して帰宅した。招き入れてお茶にしていると、すると、待っていたとばかりに来客だ。
009_2016052220584667f.jpg
中国語関係のFさんに続いてリンゴ仲間のMさんと続いた。
夕方は明日の準備をして一日を終えた。

旧暦は4月15日

5月21日(土曜)晴れ
004_20160521204543a95.jpg
早朝はリンゴ園の草刈り
008_2016052120461142e.jpg    005_20160521204631423.jpg
今日は野田さんと鈴木さんが朝からリンゴの摘果応援
007_20160521204714d93.jpg
飛行機がリンゴ園の上で左旋回
010_20160521204756462.jpg
午後は3時まで詩吟教室、4時前から西瓜畑に油粕の追肥
011_2016052120483982d.jpg   012_201605212049076de.jpg
6時からはエルバッチャで町日中の役員会
016_20160521204943733.jpg
きょうは十五夜でまぁーるい月が昇った。

小満の候

5月20日(金曜)上天気
 二十四節季は今日が(今日から)小満だ。「万物の成長する気が次第に長じて天地が満ち始める」とされ、吾輩の地方ではこの日が来れば田植えを始めても好い、と言い伝えられていた。
 今日は、そのような日に相応しい好天で、吾輩朝から、いろんなことをこなした。
朝から順に
 ①、雨天が少なく、乾燥注意報が出るほど、果樹園は乾いているので用水から水を引いてリンゴ園に灌水だ。
004_20160520205412859.jpg
しっかり灌水するには2時間近くかかるので、その間
 ②、山畑に行って、野田さんと2人で「大根」、「サツマ芋」、「西瓜」と水遣りをした。
002_201605202049526b5.jpg
③、9時前に家を出て、ワイフを通院先の日赤に送った。
006_201605202057599a7.jpg
④、10時からは旧市内の叔母の家で、叔母の甥夫妻2組の方たちと叔父の遺産相続のことや、叔母の成年後見人のことで話し合った。
007_201605202101118a8.jpg
叔母の家には4月から吾輩の次女とその子が住んでいて、行き届いた管理をしていてくれて助かる。
⑤、午後は帰宅してリンゴの摘果だ。今日も午後から小森さんが手伝ってくださる。
 3時過ぎにはリンゴ仲間の村山君が来て、リンゴのほかに桃の摘果のことも話し合った。
⑥、夕方は小森さんが吾輩の畑で作るトマト苗をS農園で買い求め、定植した。
今日も締めくくりはお月様だ。
009_2016052021115852c.jpg
今宵は月齢13・3の月が、明るいうちに中天にかかるのであった。
 

園芸作ファーマーは“忙しない”

5月19日(木曜)、晴れ
今朝も目覚めは早かった。お天道様が昇られるのを待って行動だ。

002_201605192023414a6.jpg
朝飯まではリンゴと桃の病虫害防除、、5月は風の日が多く新梢や若葉の痛みが目立つ。
010_20160519195336c8b.jpg
風が収まって新葉が盛んに伸び始めると、今度はアブラムシに狙われる。ので、この時期油断は禁物だ。吾輩今朝は朝食を遅らせて、キャベツの灌水作業もおこなった。
 しばらく休憩した後は、S農園に行って茄子とトマトの苗をかってきた。その後は6月になれば亡叔父の納骨に宗派の本山に出かけるのでJRの切符の手配をするため最寄りの旅行社へ行ってきた。
 帰り道は坂の街の今日を写してきた。
008_201605192002194b4.jpg
お昼までの残った時間は接骨院行であった。午後は小森さんが続いてリンゴの予備摘果に来てくださった。吾輩は桃の摘果作業だ。
009_20160519200509be3.jpg
 5時過ぎには野田さんが茄子の定植に見えたので、手伝いをするとともに吾輩も今日買ってきた茄子とトマトを定植した。
012_201605192007497e5.jpg
日暮れまでの時間は山畑の見回りだ。西瓜は別状ないが、さつま芋の萎れが激しい。明日は水遣りが必要との診断?だ。
015_20160519201354014.jpg
 西瓜は生育が順調で、先日親蔓を摘んで子蔓の伸びを誘ったのだが、今日は、もう予定の数5本になっているのであった。
山畑で、昨日に続き月は東に、陽は西にだ。
013_201605192011365bf.jpg
014_20160519201207f4d.jpg
今日は旧暦が4月の13日、十三夜の月だ。明日は二十四節季は「小満」になる。

少量多品目

5月18日(水曜)晴れ
 朝から文句のつけようがない天候、こんな日は吾輩のモーニングコールは早い。
朝から時間を追って、手がけた作物と作業を記しておく。
①、6時、さつま芋畑、先日風で飛ばされたマルチを張り替え
003_20160518193605728.jpg    002_20160518194154a14.jpg
②、8時30分より、西瓜畑、キャップを外して敷き藁、後農ポリで天井掛け。一緒に作業をしたのはワイフ殿の姪っ子とK山さんだ。
008_20160518193836533.jpg    010_20160518194109141.jpg
③、吾輩は西瓜作業の後、大根に水肥を施してきた。
004_201605181943479b3.jpg
この大根、一昨日の雨の後急速に肥大してきた。山王さん祭り前には収穫できそうだ。
④、11時、帰宅して先日呉羽種苗店でいただいた試作用の生姜を植えこんだ。
012_201605182006333ba.jpg
⑤、午後2時半、午後は小森さんが昨日に続いてリンゴの予備摘果作業にきてくださった。途中で県共済のOさんとYさんが果樹共済の引き受け業務で来園されたので、リンゴの接ぎ木が成功した事例を見ていただいた。
013_20160518194919cbf.jpg
⑥、午後4時過ぎ、セルトレイに挿し芽していた食用菊が発根したので、鉢上げした。
015_20160518195622f16.jpg
⑦、夕方近く、ズッキーニに水やりを兼ねて水肥を施した。
018_20160518195750020.jpg
⑧、月は東に、陽は西に、であった。
019_20160518200000c6c.jpg   021_20160518200032e8a.jpg
月齢は11・3、お天道様が山の端にかかられたのは18時40分であった。

溝に水が溜まった

5月17日(火曜)曇りのち晴れ
003_20160517213025067.jpg
昨夜の雨はそれなりの雨量だったようで、野菜畑の溝に水が溜まった。喜ばしいことだ。
009_20160517213104f51.jpg
吾輩山畑に行って、昨日の風の影響を調べた。幸いに今度は被害がなかった。この時間ここはまだ霧雨が残っていた。
010_20160517213125825.jpg
吾輩午前は富山家庭裁判所に行ってきた。亡叔父の遺産相続の件で相続放棄をしたFさんの受領証明書の件であった。
012_20160517213147160.jpg
手間取ることがなかったので帰宅してリンゴの予備摘果をした。
014_20160517213213269.jpg
午後は小森さんが応援に来てくださった。吾輩はコンヒュザーRを枝に結わえる作業だ。エコファーマーはこの作業が必須条件だ。
018_20160517213244f98.jpg
夕方前は明日の作業の段取りで西瓜畑にいってきた。途中で立山連峰の夕焼けをうつした。
019_2016051721330830c.jpg
夕食を済ませたところへS農園で研修を積んでいたK君が期間を終えて帰国するので挨拶にきた。3年は長いようで短い、辛苦了だ。

青嵐は嫌い

5月16日(月曜)、曇り夕方から雨、南寄りの風強し
今日も朝から強い風、当てにしていた雨は夕方まで降らず、.吾輩”風ノイローゼだ。
001_201605161908397cf.jpg
昨夜は夜中から風が立ったので空が白んだ時点で一度外の状況を確かめた。4時半過ぎはもうこんなに明るい。
002_2016051619091976b.jpg
起きてネットで天気予報を調べると、今日は風が強くなり夜になって雨、とでた。それでは昨日植えた「さつま芋」は痛めつけられてしまう、と判断、吾輩動噴を車に積んで山畑に直行した。行ってみると、ワイフ殿の姪っ子も、野田さんも到着していたので、手を借りて灌水作業をおこなった(西瓜にも)。
004_20160516190948c00.jpg
帰宅して、今度は玄関先の鉢物やミニ温室の作物にも水遣りをする。今日は昨日に続いて、もう一つの「ひまわり」も芽が出かけていた。陽が高くなるにつれ風は強まった。こうも吹かれると吾輩ノイローゼ気味、なので、午前は”臨時休業仕り候”だ。
午後は入れ代わり立ち代わり客人だ。
007_20160516191016e6e.jpg     008_20160516191132fa2.jpg
先ずは野田さん、続いて藤瀬さん、そして久しぶりにE女史、押さえはJAの組合長さん。お土産はお作りになった「芍薬の花」であった。
009_20160516191044d18.jpg
夕方の天気予報で気象キャスターさんが、この時期の嵐を「青嵐」と言うと説明されている。吾輩何嵐だろうと、関係なしに嵐はきらいだ。夕方まで青嵐が止む気配なし、なので軒下は、またもや野菜苗の避難場所であった。

初夏も初夏・・・

5月15日(日曜)晴れ
 今朝は起きたのと、立山連峰の嶺にお天道様が顔を出されるのと一致?だ。
002_20160515194627753.jpg
起きてすぐに写した写真、時は5時ちょうど。
6時前にはトラクターを運転してワイフ殿の実家まで陸送のため出発。
ついでに西瓜の状況を観察。
003_20160515195146dea.jpg
別状なしだ。
吾輩午前は農業体験希望のOさんの到着をまって、ズッキーニの定植だ。
007_20160515195417a94.jpg
ズッキーニの後は、小森さんにも応援してもらって、山畑で「さつま芋」苗の植込みをした。
011_20160515195606a1e.jpg
今日は隣り合わせて野田さんもさつま芋の植込み準備、お互いの協力し合っての作業であった。
今日の暑さは初夏を通り越していて、たっぷり汗をかいたので、お昼はシャワーだ。
 午後は,暑さしのぎもかねてホネ休み、近くの叔父を訪ねて、亡叔父の遺産相続のことなどを伝えてきた。
午後になってミニ温室を覗くと、今朝一つだけ頭を持ち上げていた「ひまわり」が数を増やしていた。
012_20160515200559695.jpg
明日には双葉が開くことであろう。
 夕方になってズッキーニを観察したのだが、灌水がタップリだったこともあって萎れることなく元気?そのものであった。
夕陽が山の端にかかったのは6時半近くだ。
013_20160515201124f48.jpg
明日も暑くなりそうだ。

初夏も

終日の曇り空

5月14日(土曜)、朝は霧雨、その後は曇り
 朝目覚めて外をみると霧雨だ。天気予報は昨夜のうちに大変わりだ。
001_201605141829416b9.jpg
今朝は晴れていればリンゴ園に灌水する予定だっTが、その必要は,ひとまず無くなった。ので朝飯前は何もせずだ。
ネットで雨雲の動きをみると、雨雲がない。のにお天道様は顔を出してくださらない。
で、午前は予定どうり、西瓜の管理作業だ。
004_201605141835569a1.jpg
今日は2組のメンバーが集まって、トンネルをはずして、親蔓の摘芯、水肥の施用、敷き藁と作業を進めた。
002_20160514183904cb2.jpg
これは我らが組の西瓜だ。吾輩の娘と応援団長のK山さんは昨年の経験があるので仕事は捗る。
今日は詩吟の教室は11時半の集合だ。
007_2016051418582907b.jpg   006_2016051419003580b.jpg
今日の教室を最後に健康上の理由で退会するK瀬さんとともに昼食会だ。
午後はいつもの通り、吾輩少し早めに教室を後にした。
帰宅したら呉羽種苗店から電話が入っていて注文した「さつま芋」の苗が入荷した、とのこと、吾輩早速、と車を走らせた。
009_20160514201148a7d.jpg
 今日は山畑で一緒に「さつま芋」作りをする5人の分をまとめて4つの品種で“萬”を超す買い物をしてきた。
この時期種苗店は大忙し、でも高校の先輩であるK社長が手を空けてくださったので、久しぶりに2人で写真に収まったのであった。
010_20160514201844dab.jpg
帰宅する頃になってようやく空から明かりが射した。途中で熟期が近くなった大麦畑が目に留まった。今年の大麦は刈取りが早まりそうである。

今日もいろいろ・・・

5月13日(金曜)、晴れ後ときどき曇り
天気が良いと吾輩しぜんと早く目覚める。
 今朝は吾輩の畑で共同耕作?する藤瀬・野田のご両人が6時に見えて、茄子の畦にマルチングを行い、その後トマトを定植した。
003_20160513204324b7b.jpg
今朝は放射霧が降りましたが、風は無く、マルチング日和でしたね。
 朝食を済ませた吾輩、キャベツに水遣り、ズッキーニの畦づくりをしながら、コシヒカリを田んぼに直播してくれるSさんを待ちました。9時半近くになって直播機を運転してSさん到着です。
005_2016051320323467e.jpg   006_20160513204940769.jpg
子の田んぼは稲が17a、畔で仕切った野菜畑が6aの広さ、腕の良いSさんにかかると、アット言う間に作業終了でした。
吾輩がお米を作るのはこの田んぼだけ。しかも直播は初めてなので、この後の生育ぶりを観察するのが楽しみになりそうです。
午後の吾輩は昨年11月に亡くなった叔父の菩提寺の住職さんからお呼びがかかったので旧市内のD寺まで行ってきた。
010_20160513205903373.jpg
 吾輩が先日お願いした、宗派の本山へ亡叔父の分骨を納骨することについて打ち合わせをさせていただいたのであった。
帰路、家が近くなったところで、早くも田んぼを踏み荒らしている「鷺」をみつけたので追っ払ったのである
013_201605132117593ee.jpg

 思ったよりも時間がかからなかったので、早々に帰宅して、明日の仕事の段取りをした。
 ここの所雨はふったものの雨量が少なく、リンゴも西瓜も、と、水を欲しがっているので、明日は思い切って水遣りをしよう、と水中ポンプを準備するやら、動力噴霧器をスプリンクラー仕立てするなど、大わらわだ。
夕方には近頃日課みたいになった西瓜畑の見回りだ。
 今日は気温が高かったので、トンネルの中で萎れていないかが心配だったが、それはとりこし苦労であった、
015_201605132113299fb.jpg
今日は高台から写した富山市内の中心部の遠景を載せて筆を擱くとしよう。

いろんな事を”こなした”一日

5月12日(木曜)晴れ
天候は穏やかだったが、吾輩は慌ただしい思いをした一日であった。順を追って写真で一日を振り返るとしよう。
①、研修リンゴ園の防除作業を指図した(研修生?はS君だ)。
001_20160512200230491.jpg
②、午前は叔母の成年後見人のNさんを事務所に訪ねて、遺産相続協議書のことで打ち合わせをした(事務所近くのケヤキ並木を写してきた)
002_20160512200806563.jpg
③、昨年11月に亡くなった叔父が、先日叙位を受けたので、お墓に詣でて報告してきた。
003_20160512201156d28.jpg
④、午後はトマト畦を仕上げ、藤瀬さんが見えたのでマルチングをした。
006_201605122014410bf.jpg    005_2016051220235539e.jpg
今日の立山連峰は”すっきり”見える。わけても剣岳は急速に雪が少なくなってゆくようだ。
⑤、夕方、植え残していた大玉西瓜6株をK山さんと2人で定植し、昨日補植したさつま芋に水遣りをしてきた。
008_2016051220294032f.jpg
高台から写した夕方の立山連峰は見応えがある。
011_20160512203044cd3.jpg
忙しい思いをした一日も綺麗な夕陽が拝めれば気持ちが安らぐのであった。
012_2016051220230844b.jpg



雨らしい雨

5月11日(水曜)、曇り時々雨
 昨夜から今朝にかけての雨は、ようやくにそれなりの雨量であった。
001_20160511195343243.jpg
リンゴ園も潤ったことだし、吾輩も水遣りから解放されて起床を遅らせた。
朝のうちは強く降ったので、隣村のS農園に出かけて野菜苗の様子見だ。
003_20160511195730e0d.jpg
雨の所為で客はなく、吾輩が園主を独り占めして、苗置場見学、そのうえで西瓜苗とさつま芋苗を買ってきた。
午前の吾輩は、JAの生姜栽培研修会出席だ。
004_201605112000549e7.jpg
JA組合長の挨拶ではじまり、定植を目前にしての栽培研修であった。吾輩も指名されて、貯蔵成果について発表してきた。
午後は知人2人から要望のあったコシヒカリ玄米をユーパックで送った後、町日中友好協会の役員会の案内はがきを認めてポストに入れてきた。
 4時過ぎに仲間の野田さんがトマト苗を買ってきて、吾輩が一時預かりだ。
009_201605112007596d0.jpg
小雨が降りそうな空模様なので、苗は玄関の軒下で雨宿り。今日は今朝吾輩が買ってきた苗も同居?するので軒下はチョットした”苗場”の様相だ。
 5時を回ったところで、しばらくは雨の心配なし、とみて野田さんと2人で山畑にいってさつま芋の補植をしてきた。
010_20160511201407a26.jpg
さつま芋は生命力が強くて葉が1枚でも着いておれば、腋から根が出て活着するのだが、先日の風と乾燥続きで”残らず”痛めつけられたので、雨を待って補植したのであった。
 食糧自給力を高める?のも大変なのである。

蚯蚓出

5月10日(火曜)、曇り後雨
二十四節季「立夏」は、今日で6日目、七十二候は次候入りで、”みみず(蚯蚓)いずる”だ。
みみずにとっては幸いに雨だ。でも夜来の雨は朝になっていったん上がった。吾輩雨に洗われた草木の朝を写した。
 003_20160510184349dee.jpg      005_20160510184415866.jpg
写真左は、「ラムズイヤー」仔羊の耳とも呼ばれている多年草のハーブ。右はジャスミンの類で日本名は「黄素馨(きそけい)」だ。
 午前の吾輩、先ずは生姜の芽だし準備だ。
001_2016051019565565e.jpg
種生姜は芽が出たのを植えこむのだが、芽を出させるためには日光浴?と一定の温度で処理せねばならない。吾輩、ミニ温室で直射日光を避けた上で“予措”をおこなうのである。
 午前は雨露が残っていて刈り易いリンゴ園の草刈りをした。
午後は応援団長のK山さんが来てくれてリンゴの予備摘果だ。
011_2016051020044826e.jpg
5時近くになって、ようやく雨が降り出した。ので吾輩、「ひまわり」を2品種、たね播きした。最近、高価な種はコーテングして、分かり易い色がついているので、ありがたい。
012_20160510200643bd6.jpg
 この「ひまわり」は大輪のうえに、花弁が上向きになる優れもの、できれば切り花で売りにだそう、との魂胆なのだ。
日暮れまでに少し時間があったので山畑の「さつま芋」と「西瓜」の状況を見回ってきた。
013_201605102013491e5.jpg
畑の前に建つログハウス、昨年も確か5月10日に、タニウツギの花をいれて写した筈、と、今日は雨に濡れるログハウスを写させてもらった。

ようやくに”春の雨”かも

5月9日(月曜)、曇り夕方から雨
 起きてすぐネットで天気予報を見る。
今日は遅くには雨になるようだが日中は雨が期待できない。となると、予定どうり野菜に灌水だ。
001_20160509203316190.jpg
まずは山畑に行って、マルチが先日の風で”吹っ飛んで”息も絶え絶えになっている「さつま芋」に動噴で灌水、続いて西瓜、野菜畑はキャベツにも水遣りをおこなった。
 002_20160509203829aff.jpg
帰宅して鉢花や軒下に入れていたズッキーニに水遣りだ。今日は鉢の石楠花が花開いてきた。この石楠花、品種名は「雪化粧」だが、花開いてみれば、その名に恥じないのであった。
 今日午前の吾輩は、ワイフ殿の実家からトラクターをJAの車で運んでもらって、この後植える野菜の畦作りを行った。
004_20160509204629b4b.jpg   003_20160509204711b74.jpg
 午後になって、吾輩の畑で並んで野菜を作る野田さんも鍬使いで、共同作業を行った。
夕方近くになってポツリポツリと雨が降ってきたところで、思いがけないところから電話だ。去年の11月に亡くなった叔父が
死亡叙位になったので位記」を届けるとのこと。確かに吾輩が叔母さんに代わって申請はしたのだが、以後6ヶ月がたっても連絡がなかったので叙位はないものと思っていたので”本当ですか”だったのである。
006_20160509205925a79.jpg
小1時間後に所轄の部署のKさんが来宅されて「位記」を受領したので、仏壇に飾り、姉にあたる、亡きお袋に報告したのである。
日暮れて雨は本降りになってきた。ここしばらくは雨になる前は風が強まって悩ましい思いをさせられたもんだが、今日は風が立つことなく雨になったので、今夜は安んじて眠れることであろう。

久しぶりに穏やかな天候だった

5月8日(日曜)、晴れ
大型連休最終日、そして母の日は風も収まり、朝から晴れて穏やかな一日であった。
吾輩今朝はお天道様が立山連峰の嶺に顔を出されるのと同時に起床した。
001_20160508194117900.jpg
5時をまわるなり目覚めたので、すぐ窓の外に目をやると、ちょうどお天道様が靄の上に顔を出されたのと一緒だった。
今朝は昨日から準備した、リンゴの病害予防だ。先日来の強風で傷ついた、新梢と若葉に付着しようとする病菌を、寄せ付けないように、よしんば付着してしまった場合は殺菌をする液剤を、研修生のS君と2人で散布したのである。
朝食前はもう一つ作業が待っている。雨が少なくて乾ききっているキャベツ畑に灌水だ。
004_20160508195028715.jpg
今日は穏やかだ、と言ったって「立夏」入りして4日にもなるので気温は上がる。庭の一画では「テッセン」が木登りをしている。
 そんな我が家へ、農業体験希望の女性Oさんがやってきた。今日は2回目だ。
002_20160508195659d9d.jpg
今日はキャベツに防虫ネットを掛ける作業と、生姜の定植を行った。うねに掛けてあるマルチの穴をあけ、植穴と種生姜の間に「間土」をして埋戻す作業だ。
 果樹園の方は、リンゴの接木の結果と、桃の予備摘果のその後も見てもらった。
008_20160508200502224.jpg
桃は風を受けると穿孔細菌病におかされるので、なるべく強い風を受けない位位置に植えてあるので先日の風の影響もほとんど
無くて、幼果の肥大は順調だ。
 午後の吾輩は山畑で、さつま芋作付予定地の砕土耕した上で溝を作ってきた。ここえも0さんが来て、さっそく畦作りの実習だ。
012_2016050820124096b.jpg
 西瓜畑はすぐ傍にあるので、西瓜の活着やいかに、、と覗いてきた。
 日照がイッパイだったので日中は少々萎れていたようだが陽が西に傾くころは”シャン”となっていて、そんなに植傷みせずに活着するみたいだ。
 帰宅してから夕方まではキャベツの防虫ネットの補強と、植えこんだ生姜に水やりを行った。今日の吾輩は長時間労働であった。
 今日は母の日で旧市内に住む次女が贈り物に「ご馳走」を持ってきたので、吾輩久しぶりに晩酌でご馳走を食した。大型連休も今日で終わり。吾輩の春耕期の作業も山場を越えた。

五風十雨

5月7日(土曜)
 今日も未明から風だ。中国の諺では望ましい天候を「五風十雨」と言うのだそうだ。つまり5日に一度風が吹き、10に一度雨が降る、と、言うのだが、今年のGWのど真ん中は5日間ぶっづけに強い風が吹いた。この時期5日連続の風は農作物に、農業施設に大きな被害を及ぼしたのだから、ファーマーは滅入ってしまう。
  五風十雨の雨が、また困る。今日だって、10日に一度の雨だが、”お湿り”程度、田畑を潤すには程遠いのだから、嫌になるのだ。
 吾輩も、すっかり元気がなくなって娑婆に嫌気がさしたので、今日の午前は何もせず理髪店に行って男前を上げることにした。
 002_20160507201543c5d.jpg
 吾輩の地方では、”おもて山”に雪がある間は春の風が吹く、と、言うのだが”おもて山”と呼んでいる県境の山の残雪は、今日見る限りでは、今度の風でほとんど消えたようなので、そろそろ5日に1度くらいになるのでは・・・
午後の吾輩は、JAに行って肥料を買い、その足で近くに住む叔父貴を訪ねてきた。
 どうせ今日は肩休め、と今度は回り道をして、坂の街の「立夏」の表情を写してきた。
005_20160507202726612.jpg
 午後になっても風は止まない。となると昨日一昨日と続けて植えた西瓜が気になったので、遠回りして山畑も覗いてきた。
 畑沿いの市道際には「タニウツギ」が花盛りになっている。
007_20160507203201faf.jpg
 「田植花」とも「早乙女花」ともよばれるだけに、田植えがはじまると、それが分かるかのように咲くのであった。
 帰宅した吾輩、明日早朝に行うリンゴ園の防除作業の準備をした。リンゴの新梢・新葉は、今度の風で”もみくちゃ”傷口”に病菌が付着すだろから、手当が必要なのだ。
 夕方になつてようやく西寄りの風は弱くなった。
009_201605072038385f1.jpg
 ネットでは今日も黄砂が舞っている、とのこと、いつも綺麗な夕焼けに映える牛岳も今日は黄砂で霞んで見えるのであった。

弥生晦日

5月6日(金曜)、曇り、夕方から小雨
旧暦は今日が3月30日,”みそか”である。天気予報は午後から降雨確率が高くなるので、午前はやることがイッパイある。
で、今朝も早起きだ。
006_201605061824526a8.jpg
5月に入ってからは風は毎日のように吹くが、雨はほとんど降らず、リンゴ園はカラカラだ。なので今朝は用水から水をいれて灌漑だ。
そこえ隣町の元気小母さんWさんが、種生姜を引き取りにみえた。
005_201605061945155a4.jpg003_20160506194727e46.jpg
昨秋の収穫時期からいらいされていたのだが、今冬は暖冬だったこともあり,上手く冬越しができたのである。芽が出てからの管理もよかったと見えて、芽の先が”ほんのり”とピンク色になったのは、思いがけないことであった。
今日は生姜だけでなく、吾輩からはズッキーニの苗を、Wさんからはミニトマトの苗を交換した。朝食までの時間は、3月の20日に蒔いたキャベツ苗を定植した。
 午前は、野田・藤瀬組の西瓜定植だ。総勢5人で、50株を植え終えたのは12時半であった。残念ながらカメラを忘れて行ったので写真は無しである。
帰宅したら、もうそろそろ、と思っていた「シャクナゲ」が綻んできたのでブログに記録しておく。
007_201605061957497d4.jpg
 きょうの午前は風の心配もあって、休憩なしで、作業をしたので疲れが溜まった。
午後になって、また風がたったこともあり、吾輩ホネ休み。接骨院に行って養生してきた。
 外に出たついでに、午前に植えた西瓜のトンネルが風で捲れていないか、確認してきた。
014_20160506200437655.jpg
 小雨がポツリポツリと落ちてきたので風も弱まりそう、この時点まで、トンネルもキャップも影響がなかったので”やれやれ”だ。
帰路は高台から富山平野を写してきた。
016.jpg
田植えシーズン入りで田んぼに水が入り、景色はかわっった。旧暦は明日から4月で、夏になる。これで立夏も裏打ちができたので、緑が濃さを増すことであろう。

立夏の候

5月5日(木曜・祝)晴れ、風止まず
今日は(今日から)立夏、暦どうり夏の陽気であった。子供の日とも言わず農作業、疲れ気味なので、朝からを順番に・・・
①、お天道様が雲の嶺に昇られたのは5時11分、吾輩早起きだ。
003_20160505201232318.jpg
②、午前は西瓜の定植をした
011_20160505201553371.jpg
③、この時期”風かおる”と、ならねばならないのに、そうはゆかず作業がし辛い風であった。
014_20160505201834ae8.jpg
④、午後は生姜の定植と、明日の朝リンゴ園の水不足を解消する作業の準備をした。
017_201605052020558cd.jpg
⑤、お天道様が山の端にかかられたのは午後6時25分であった。
019_20160505202228f04.jpg
立夏の今日、お天道様が長い時間照ってくださったのはありがたいが、風が3日も続いたのが、悩ましい一日であった。

みどりの日

5月4日(水曜・祝)、晴れ時々曇り、風強し
 昨日は吾輩の町で瞬間最大風速は32・5メートルであったと新聞は報じている。昨夜は風の音で,眠気が寸断されたのだから、さもありなんだ。
 今日も、終日に及んで風は止まず、思うように作業はできなかった。考えてみれば今日は「緑の日」、ヤボなことは言わずに記事は緑に限定だ。
①、今日は鉢植えの君子蘭が咲いたのをはじめ、庭の皐月、テツセンとみどりの日を彩ってくれた。
004_20160504202320d06.jpg
 005_201605042026129ca.jpg        006_20160504202644588.jpg
②、吾輩午前はズッキーニをセルトレイからポリ鉢に植え替えだ。
001_2016050420285559e.jpg
③、午後は園芸店に出かけて記念植樹用に、と伊予柑の苗を買ってきた。
008_20160504203108866.jpg
何を植えようかと、チョットは思案したのだが、いろいろあった柑橘類の中で伊予柑が花を着けて、あの独特の香りを放っていたので、吾輩魅せられてしまったのである。
④、園芸店に行って人出の多いのに吃驚、さすがは「緑の日」だわい、と吾輩合点したのであった。007_20160504203603641.jpg
⑤、がしかし、今度の風は2日続き、夕方になってもまだ収まらない。
009_20160504203838773.jpg
陽が沈んでようやく収まったようだが、芽が出たばかりの草木は風で揉まれて、少なからず影響があったのは否めない。

春の嵐

5月3日(火曜・祝)、曇り、終日風強し
大型連休後半のスタートは嵐に見舞われた。朝から風だ。
吾輩風の備えは<といろいろ対応に追われる。
003_20160503175127935.jpg
山畑では、大根、さつま芋に水遣り。西瓜のマルチは少々バタついているがまぁ大丈夫だ。
一昨日籾殻の中から取り出した種生姜は直射日光を避けながら芽の緑化だ。
011_20160503175625dd3.jpg
今日は祝日ではあるが、好天ならばKさんがリンゴの予備摘果の応援に来てくださるよていだが、風が強くなるようなので、吾輩ともども休業?にした。
午後になって昼寝をしていると、JA組合長のSさんから電話が入った。
西瓜の畦のマルチが風で捲れて煽っている、と。山畑に行ってみると、朝大丈夫と見たマルチの農ポリが”風ではためいて”いる。吾輩、遮二無二外して,破れるだけはまぬがれた。
023_20160503175938bfe.jpg
 近くの0ブルーベリー園は、とみると天井の防鳥ネットが破損しているのには驚いた。
風は午後になって一層強くなった。
021_20160503181214ed4.jpg
 集落のシンボリツリーの大榎も枝葉が千切れんばかりだ。
 こんな日は将に”お手上げ”止む無くホネ休めとした。
 今日は、坂の街八尾の”曳山祭り”だ。風が強いのに山車を曳くのは大変だろうなー、と思っていたら、それでも午前は行われていて、テレビはその模様を伝えている。
012_20160503182112d20.jpg
 このお祭り、以前は4月18日で、農家はこの日を稲の苗代づくりの目安にしていたものだ、と、懐かしく思い出したのであった。
 当時、農家は日が暮れてから”提灯山車”になった曳山見物に行ったものだが、きょう、この風ならば”提灯山車”はムリだろうな。
プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR