しばらく休みます

3月28日(月曜)晴れ、
 今日の吾が輩、朝のうちはリンゴ園の草刈りを1時間半、その後は桃の蕾を摘んだ。桃摘蕾
 桃は大きい果実を収穫しようとするならば、開花前に蕾の数を制限せねばならない。3月の下旬がヤマ場なのだ。
 お昼にFBを覗くと莫先生が「みつまた」の花を投稿されている。吾が輩、「みつまた」は知っていたが花は見たことがなかったのでシェアさせていただいた。
みつまた(結香)の花
バックは桜だと、注釈がある。また「みつまた」は中国では「結香」とも言う、と書かれていた。
 午後の吾が輩、午前に続き桃の摘蕾だ。途中でトマト作りの名人S林さんが来宅したので、きりあげて山畑の小麦の生育状況や、法面の枯れ草の始末について話し合った。
 今日は、孫娘が1ケ月に及ぶアメリカ短期留学から昨日の夕方帰国したと知らせてきたことを留めておく。
 さて、吾が輩パソコンを更新することになったので、新しいパソコンにデーターを移すなどで、明日以降しばらくブログの更新をしませんのでご承知おきください。
スポンサーサイト

ハクモクレンに魅せられて

3月27日(日曜)、晴れ
きょうは朝から青空が広がった。我が家の「ハクモクレン」はこの天気で一挙に花開いた。
今日は我が家だけでなく、友人の家の近くにも見事な「ハクモクレン」が有って、吾が輩すっかり”魅せられ”てしまった。
白モクレン
我が家の「ハクモクレン」は中庭にあって日当たりもよいので大きい花が咲いている。
赤・白・緑
友人の家の近くに植えられている「ハクモクレン」は樹高が5㍍近くもある大木、花数が随分多い。お家は屋根が赤瓦、そして足元の田んぼには大麦の緑が濃くなっていて、素敵な写真が撮れたのであった。
ハーブの種蒔き     遅れて剪定
今日の吾輩は、「ハクモクレン」の花言葉”高潔な心”よろしく、風邪気味の身体にムチ打って、午前はS渡君の研修リンゴ園のハダニ防除を手伝った後、ワイフの実家にトラクターを返却、あまった時間はハーブの種蒔きと、頑張った。
午後は友人で、高校の後輩O住君のリンゴの剪定の出来具合を見に行ったのであった。
夕焼けとモクレン
今日の結びも我が家の「ハクモクレン」だ。夕陽が落ちて残光に溶け込んだ花色は、また格別だ。明日も晴れることであろう。

見舞いのメッセージ

3月26日(土曜)晴れ
 昨夜は風邪のこともあって早く就寝したので、今朝は早く目覚めた。こんなに明るい
3月も残り5日ともなれば5時半でもこんなに明るい、気象情報によれば日の出は5時44分だから明るいはずだ。。
日の出は6時3分
お天道様が立山連峰の嶺に昇られるのをまっていると、6時3分に、剣御前山と前剣の間から顔を出されたのであった。
 吾が輩風邪気味なのでムリはしない。やおらブログをあけると、なんと「ログハウスのドクター夫人」からお見舞いのメッセージが届いていて恐縮したのである。
 お見舞いのお言葉にそって静養するのだがイマイチ回復が遅いので、今日も昼近くになって医院に行き投薬をしてもらった。
大勢の女生徒と・・    達哉卒業
 帰ってFBを覗くと、孫息子が大学を卒業したと、報告をしている。結構な時代の大学卒業に、吾が輩「羨ましい」思い一入であった。
 午後になって少しは体調が良くなったようなので、予定していたキャベツの種を蒔いた。
キャベツ種蒔き    早蒔きのキャベツ
 早く蒔いたキャベツのセルトレイは窓際に出したのだが、もうこんなに育ってきている(写真・右)。
きょう26日、書き留めておくべきは北海道新幹線開業だ。
新函館北斗駅    北海道新幹線
 3月末から4月初めは出会いと別れの季節、新幹線が列島を貫いて、また時代は変わる。

馬鹿ではなかったようで・・・

3月25日(金曜)くもり
 吾が輩、今冬はいつになく風邪をひかず、とうとうバカになったと思っていて、一昨日は喉の調子が悪くて医院に行ったのが”ひきがね”になったようで、ついに風邪を頂戴するに至った。
クリスマスローズ
 朝のうちはまださほどでなかったのでミニ温室の管理と庭の変化を見て廻った。と、クリスマスローズが花を開いている。
富岩水上ライン運航でーす
かんすい公園運航始まる
 それやこれやで、今日は写真不足、ただこの映像だけは載せておく。
 冨山駅近くに位置する「富岩水上ライン観光が今日から開始と今朝のNHKテレビはローカル番組で伝えている。
風邪薬
 この薬、喉の痛みをとめるだけでなく、熱を下げるのにも効くはずだが、吾が輩の風邪は今日がピークのようで、一日静養したが、体調はよくならない。
明日は晴れるか
 それでも夕方は観天望気で外に出る。寒かった一日だったが雲の流れが変わったようだし夕焼けもみれるので明日は天候が回復するであろう。吾が輩の風邪も快方に向ってくれることを祈って、早めに就寝するとしよう。

彼岸明け

3月24日(木曜)、くもり
 春の彼岸があけた。
朝のリンゴ園
 朝のうちは時々冷たい雨が降って寒い彼岸明けである。
メジロから     桜と櫓
 それでも春はもうすぐなので、吾が輩パソコンのデスクトップを梅から桜にきり替えた。
 今日の午前はJA組合長のご母堂の葬儀にお参りだ。
杉林家葬儀
喪主挨拶
 生前地域の赤十字奉仕団の会長などを勤められたこともあって、多くの方がお参りされたのであった。
 午後の吾輩は総合行政センターに出向いて叔父の遺産相続に必要な戸籍謄本などの交付をうけてきた。
坂の街
 帰りはチョット回り道して坂の町の早春を写してきた。
隠し撮り
 叔父貴の家には首都圏に住む従兄弟が来宅していたので旧交を温めたのは言うまでもない。
IMG_0315.jpg
結びは昨日のうちにとり置きした「春の海」の写真(23日夜、NHKテレビの画像)。
  「春の海 終日(ひねもす)のたり のたりかな」(与謝蕪村)。
                         、このような景色だったのだろか、その日が来るのが待ちどおしい。 

寒さぶり返す

3月23日(水曜)、曇り後雨
 今日は朝から曇り空、だけでなく気温が下がって寒くなった。きょうは亡叔父の留守宅に行って当面の問題の相談だ。
新園町家
 叔母の実家のYさん夫婦に、近くに住む我輩の妹が集って、叔母の認知症の進み具合や、留守宅の利用等を話し合った。
柳芽吹く
 お昼を済ませた後成年後見人のNさんを事務所に訪ねた。途中富山城跡公園が見える交差点で信号が赤になった。写真を撮ってみると、路傍の柳の緑色が写っていて、芽が出たことがわかった。
郵便局
成年後見人Nさんからは、家庭裁判所に提出された叔母の収支予定や、生命保険の受取人変更の手続きのことなどの説明を受けた後、「かんぽ生命」のことで近くの郵便局に足を運んできた。
 手続きは煩雑で少々時間がかかり、帰宅したのは4時過ぎであった。吾が輩朝から喉の調子が悪いので、近くのかかりつけの医院に行って診察を受け薬をもらってきた。
今日の予定を終えたところでFBを覗くと、山形ガールズ農場から西瓜の育苗状況が写真で紹介されていた。 
ガールズ農場のスイカ
さすがに「ブランド」だけあって、この時期こんなに育っていたので吾が輩感心したのであった。
 我が家の方は「白モクレン」が花開いたことを紹介しよう。
白モクレンの開花
 春彼岸は今日限り「暑さ寒さも彼岸まで」なのに、今週は寒さは終わるとはかぎらず、天気予報には「雪だるま」が付くところがある、どうやら寒さがぶり返したようである。

日脚延びる

3月22日(火曜)、晴れ
彼岸も中日が済んで、にわかに春めいてきた。、立山連峰の嶺にお天道様が顔をだされるのが6時11分、と、朝はめっきり早くなった。
3・22、日の出 6時11分
 お天道様が昇られる位置も、いつの間にやら真砂岳を通り越して別山(2、880㍍)の辺りまできている。。
トモノール防除
 吾が輩今日は朝から好天と読んで、早めに起床して、リンゴの「ハダニ」対策だ。リンゴはこの間からの暖かさで、芽が動いてきた。この時期は害虫の動くのに先手を打って対策を講ずるのである。
 朝食を摂って、今度は山畑に出かける。
西瓜畑の草刈
 今日は西瓜作り仲間の、藤瀬・野田のご両人も加わって、予定地の草刈り等を行った。
 雑草は以外と延びが弱かったので、予定より早めに終了だ。
毛勝三山は梢の上 ログハウス
 この畑は里山の嶺に近く、標高もあるので、景色が良い。畑の前のログハウスは、春の装いだし、この地点から眺める「毛勝三山」はとても綺麗だ。 
 午後の吾輩は、JAに行って修理が済んだ草刈機を引き取ったり、4月初めに行う桃の病害虫防除の打ち合わせなどを行ってきた。余った午後の時間は、リンゴの「生り粕」摘除を行った。
ホタルイカ海上観光
夕方になって風が立ち、寒気を覚えたので早めに家に入った。NHKテレビのローカル番組では、冨山湾の名物「ホタルイカ」の海上観光が今日から始まった、と伝えている。
日の入り間近 夕方の薬師岳
 朝が早くなっただけでない。日没も遅くなった。気象情報では22日の日の入りは18時5分だ。吾が、今日は予定の作業を早めに終えたこともあって、日脚の延びを実感したのであった。

十三夜

3月21日(月曜・休)、晴れ
今日は振り替え休日。この時期、晴れればファーマーに休日はない。
草刈終わる
吾が輩中途半端にしていたリンゴ園の草刈りを午前イッパイかかって終了した。
桃つぼみ膨らむ
リンゴ園の一画に植えてある桃は蕾が膨らんでピンクが濃くなってきている。この分であれば4月の7~8日頃開花すのるでは・・・
野鼠の穴
午後の吾輩は先ずリンゴ園の野鼠対策だ。草刈りをしてみると野鼠が多く穴を穿っている。放置しておくと、矮台のリンゴの根を喰害するので、退治せねばならないのだ。野鼠対策の後は格納庫の整理整頓と明日の準備をした。
ヒホンカモシカ
夕方になってFBを覗くと「ぶなの森」のTさんが大乗寺の平栗でニホンカモシカに出会った、と写真を載せていらっしゃった。立派な容姿?だったので、写真をお借りした。
月中天の懸かる  2月十三夜
天気がよいので日暮れまで明るい。今日は旧暦の2月13日、十三夜だ(月齢は12だが)。6時過ぎには、まーるい月が昇ったのであった。

春分の候

3月20日(日曜・祝)、曇りときどき雨
春の彼岸も「お中日」となった。残念ながら曇り空、そのうえ寒くて時々雨が降る天候であった。
つぼみはまだ固い
 暖かければ膨らむはずの「白もくれん」、つぼみは膨らみを止めたかに見える。
ランキング
嬉しいのはブログのランキング、三日前の96位がいったん下がったのだが、今朝は再び百位以内、それも92位と躍進している。
 今日の吾輩は菩提寺の彼岸法会にお参りだ。吾が輩、春・秋の彼岸法要は出来る限りお参りをすることにしていて、今日も9時過ぎには家を出た。
読経始まる
 読経は10時に始まった。きょうは何時もと違って「おふじゅ」がある。
うちわ太鼓
 1時間を越す法要で善男善女は法悦に浸ったのである。法要の後は総会があり、27年度の事業報告、会計決算、28年度の事業計画、会計予算案を審議議了したことを、書き留めておこう。
 午後はリンゴ仲間のSさんが来て、月末におこなう管理作業のことを話し合った。
 夕方になってFBを覗くとバッジのM先生が、わが町で行われた28年度消防総合訓練のことを載せていらっしゃる。
ドクターヘリ・宮本
 訓練とは言えドクターヘリが飛来したのだから、と吾が輩写真を借用した。
 今日はお彼岸の中日だから、と、息子が墓参りにきて、夕食をともにした。聞けばアメリカに1ヶ月短期留学した孫娘は27日には帰国するという。どのように成長してきたかを見るのも近い。

迎春花

3月19日(土曜)、雨のち曇り
きょうの雨は音がしない細い雨だ。
春霞む・1
 気温もそれほど下がらず「春霞」で風情がある。吾が輩この雨が降るのを計算?に入れて作業を捗らせらので、今日の午前は休養をした。
午後は詩吟教室だ。雨は落ちないので散歩を兼ねて教場までは歩いて行った。終わったのは3時半過ぎ、帰宅してブログの題材を写す。
 今日は黄色い花3種だ。
黄梅
 先ずは我が家の鉢物、黄梅だ。中国では旧正月頃咲くので「迎春花」と呼ばれるとか、花言葉も「恩恵」と春にもってこいだ。
IMG_0253.jpg
 次は庭先に植えてある「水仙」、きょうは露に濡れて綺麗だ。
山椒の花
 三つ目は隣家の庭に植えてある「さんしゅゆ(山茱茰)」だ。「春黄金花(はるこがねばな)」とも呼ばれて縁起の良い花だ。今年は暖冬だったので、このように3種の黄色花が揃い踏みしたのであった。
 夕方になって、追加の散歩だ。
堰に羽を休める
 井田川の堰は水嵩が増して飛沫をあげている。3月初めまでの白鳥に代わって水鳥が羽根を休めている。
ねぐらに帰る
 時計の針が5時を回る頃になって水鳥たち、今日は早めに塒(ねぐら)に向けて飛び立ったのである。明日は彼岸の中日、二十四節気は「春分」である。


雨が降るまでに

3月18日(曜)晴れのち曇りから雨
今日は午後には雨になる、との予報だ。日の出前の空模様もそんな感じだ。
曙の色
 吾が輩雨になるまでに、済ませたい作業が幾つもあるので朝は早くから行動だ。
君子蘭も外に
 彼岸になって、すっかり暖かくなったので吾が輩が手塩にかけて育てている君子欄を玄関の中から外にだしだ。玄関先は一足早く模様替えだ。
 朝飯前にコイン精米所に行く。
山並み
家を出たところで県境の山が朝陽を浴びて綺麗に見えたので写しておいた。
コイン精米所
 精米したコシヒカリは昨日知人から要請があったので今日中に送らねば。
吾が輩午前中は稲田のトラクター耕起と、昨日耕した野菜畑の砕土耕はやり遂げねばならない、と、ねじり鉢巻だ。
山が近く見える
お昼近くになって立山連峰は近く見える。雨が近づいている証拠だ。 
 午後は応援団の藤瀬・野田のご両人がみえて作業場と格納庫の模様替えだ。作業場の一画においてあったライス保管庫が鼠に穴をあけられて使用できなくなったので解体するのが重点作業であった。
 3時過ぎには片がついて、お茶だ。2人はその後午前砕土した畑の排水溝整備。吾輩はお米をユーパックで送り、JAへいって用足しだ。朝から一所懸命働いたので雨の前に予定していた作業は全部終えた。
 4時を回ったところでポツリポツリと雨だ。吾が輩これ幸いと、接骨院へいってホネの養生をしたのである。
紅梅に春の雨
 きのう今日と暖かかったので我が家の紅梅は一挙に花開いた。そして暖かい雨に濡れるのであった。

彼岸入り

3月17日(木曜)快晴
日の出直前
今日は朝から快晴だ。昨日は薄雲がかかっていた立山連峰、きょうは雲一つない。お天道様が昇られる位置は大日岳を下りる辺りだ。
吾が輩、早朝はミニ温室の稚苗に水遣りだ。
キャベツは双葉
キャベツは双葉が展開した。いい塩梅に日光浴ができるのでその後の育ちが進むであろう。
ランキング
今朝はブログが4日ぶりで百位以内に入った。日記のジャンルでは昨日の4236位から2716位と跳びっきり伸びたのが嬉しい。
吾が輩午前はリンゴの剪定枝を片付け、食用菊の株を掘り取り、野菜畑の耕起準備と大忙し。
食用菊の株
 食用菊はコンテナで土付の株を養って、新芽が伸びてきたら4月下旬をメドに摘んで挿し芽を行い五月中旬に定植するのである。
 午後の吾輩は野菜畑のトラクター耕起だ。今年は根雪がなく、3月の天候もよいので、彼岸入りの日にトラクターで耕せるのだからありがたい。
 夕方になってリンゴの剪定枝を焼却した。
剪定枝焼却
 短時間で焼却できるように切り刻んだのだから巧く燃えた。残り灰は、申し分のない加里肥料だ。
夕陽と飛行雲
 今日は最高気温が吾が輩の地域で19・4度、夕方まで暖かく、吾が輩快い汗をかいた。夕餉のビールは特別美味しかったと記して筆を擱く。

17・3度、4月中旬並みの暖かさ

3月16日(水曜)晴れ
 今朝はよく晴れて放射冷却、霜が降りた。
霜の朝
リンゴ園は下草をかった後なので、霜が敷き詰めたように降りている。
あさの剣
 立山連峰は薄雲がかかっているが、剣岳はすっきり見えて剣の形が綺麗に見えた。吾が輩午前はリンゴ園の拡張部分の下草刈を行った。
毛勝三山
日中は気温があがって、軽い汗をかく暖かさであった。今日は立山連峰が、いろんな表情を見せてくれる。日中の毛勝三山も鎮守の森の上に粋な姿を見せている。
暖簾
吾が輩午後は認知症の叔母の成年後見人を旧市内の事務所に訪ねて、亡叔父の遺族年金のことなど、その後のことを相談してきた。手土産は近くの銘菓店の「よもぎ大福」だ。
街中から剣
 事務所に向う途中、信号が赤になったところで、街中でみる「剣岳」を写した。富山は好天であれば広範囲に、いろんな角度で立山連峰が望めるのが嬉しいのである。
 4時過ぎには帰宅したので、ワイフの実家に行ってトラクターを借用、陸送した.
高所から剣
 今度は里山の中腹辺りで、高所から見る剣岳を写してきた。陽が西に傾いているので、夕映えの色だ。
中心市街地
 同じ位置で富山の中心市街地を写した。午後は気温が17・3度まであがって4月中旬並みの暖かさであったと、夕方のNHKテレビはローカル番組で伝えている。明日は彼岸入り、「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもんだ、と吾が輩つくづく思うのであーる。

3月も半ば

3月15日(火曜)曇りのち晴れ
二十四節気「啓蟄」は10日が過ぎて、明日からは末候になる。雪がないのだし、と、吾が輩じょじょに”気忙しく”なってきた。
早朝の剣
 今朝はFBで谷井先生が「早朝の剣」と題されて素敵な写真を載せていらっしゃる。吾が輩午前は、多くの用事をこなした。
大きなクレーン
 家を出がけに昨日Focusした工業団地を眺めると、今日はよく晴れて大きなクレーンが見える。構造物は何かチョット想像がつかない。明日にでも近くまで行って確かめるとしよう。吾が輩午前のコースはT自動車にいって修理に出した軽四を引き取り、その足で呉羽種苗店に行く。
呉羽の種屋
社長で先輩のKさんが、”まめまめしく”働いていらっしゃるのには何時もながら感心する。今日は友人に頼まれた甘柿の苗とリンゴの「すす班病」の特効薬を購入してきた。帰宅した後はJAにいって野鼠の駆除剤を購入、水利組合に年度賦課金を納入してきた。
 午後は陽射しがでて、少しは暖かくなったので、リンゴの剪定枝を片つける。
藤瀬さん
 4時過ぎに仲間内の藤瀬さんがみえたので、3月後半に応援していただく作業の打ち合わせだ。
青空?
夕方になって青空が広がった。榎の大木には塒に帰る鳥たちが羽根を休めていた。
きときと便り
 夕方のNHKローカル番組では「きときと便り」として、中央植物園で満開になっている「河津桜」が紹介されている。陽が暮れたとはいえ、綺麗な花に心が和んだのであった。

夕方になって、漸く雨あがる

3月14日(月曜)雨、
今日の雨は、”降るともみえず”的な春の雨であった。吾が輩久しぶりの「閑居」だ。
私のパソコン
 でも、パソコンがあるので、なんとか一日はもった。パソコンのデスクトップは我が家の梅の花である。
898万人乗車
今日は北陸新幹線開業1周年、メディアは朝・昼・夜と富山駅の模様を伝えている。
フォーカス
日中、雨の状況をみよう、と、窓外に目をやると、里山に立地している工業団地の、上のほうでクレーンが見えたのでFocusすると、横長に大きな建物らしきものの建設のようだ。
ハリウッド
FBをあけると、サンチェゴに短期留学した孫娘から記事と写真が届いている。先日,ホストファミリーとドライブで、ハリウッドに行ってきたとあって楽しく過ごしているようである。
 午後になって中国語仲間のO森さんが、韓国の友達にジャンボカボチャの種を貰ったから、と届けてくれた。
春雨
 雨は午後になって小降りになった。暖かい雨なので里山が靄ってみえる。吾が輩午後はNHKテレビで参議院予算委員会の模様を視聴した。
夕陽
夕方になって雨はあがり夕陽が写せた。どうやら明日は天候が回復しそうだ。

サンデーでも

3月13日(日曜)くもり
日曜でも晴れていれば、あの作業だ。と、起きて外を見る。
雄山の朝 朝焼け
立山がすっきり見えるから、雨の心配はない。うっすらと霜がおりているが気温はそんなに低くないのでありがたい。
紅梅膨らむ
庭の一画に植えてある紅梅がつぼみを膨らませてきた。開花は間近だ。
久しぶりの92位
朝の内ブログを覗くと、吾が輩「ゆとりの世代」で久しぶりに百位以内にはいった。嬉しいことである。
今日の午前はリンゴ園の下草刈りだ。
リンゴ園草刈
今冬は根雪がなかったのと、暖冬のせいで雑草の伸びが目立つ。野鼠が雑草にかくれて幼木の根を食べにきていることや、冬越しをした害虫の繁殖を抑える意味もあるので、早めに刈り取るのである。きょうは新年に入って更新したおニューの刈払い機の試運転も兼ねている。
午後はトマト作りの名人Sさんが訪ねてくれたので、春先作業のことなど、話し合った。
いわしモニターツアー 春の氷見
話が長引いたので午後は外仕事は諦めた。サンデーでも働く目的があるのは健康に役立つのでありがたいことである。時間が余った?のでFBを覗く。すると森田さんが、氷見のことを写真で紹介されている。一つは「いわしモニターツアー」、もう一つは「春の氷見」だ。中で吾が輩の気に入った写真を借用した。
日暮れ時
日暮れ時になって散歩にでたのだが、風が冷たいので、牛岳を写しただけで引き上げた。今夜は雨になるらしい。

三寒四温と、なるのだろうか

3月12日(土曜)くもり
今日も気温は低く午後には風もあって寒い一日であった。
内山邸の梅
 頭だしは、市内の梅の名所「内山邸」の写真だ。昨夜NHKのローカル番組の気象情報の際に映ったのをお借りしたのだが、見事な梅だ。
 吾が輩午前は請われて柿などの剪定に行く。
なつめの剪定 杉森のリンゴ
 吾が輩の知人で、柿の鉢栽培を手がけたSさんだ。今日は柿のほかにリンゴ、ナツメと、剪定の応援をしてきた。
 まだ幼木なので、そんなに時間がかからなかったので、帰宅した後は吾が輩の柿を剪定した。
柿の剪定
 最後まで残っていた柿、平核無(ひらたねなし)だ。秋になれば美味しい「さわし柿」が出来るので、欠かすことの出来ない作業だ。
 午後の吾輩は”土曜教室”の詩吟だ。教室に向う道で、県境の山をみると、雪が降っているようにみえる。
IMG_0165_20160312203939<br />bd3.jpg 詩吟教室
 帰宅して一休み。4時半からは集落自治会の27年度決算総会に行ってきた。
大長谷の雪
帰宅してFBを覗くと県境の村に仕事で行ってきたYさんが、まだ道路に雪があると、写真を載せている。やはり今日は雪だったんだ。この時期は「三寒四温」とくるのだが、この後”すんなり”と四温になるのだろうか、否なって欲しいもんだ。

震災5年、風化させてはならない

3月11日(金曜)晴れときどき曇り
震災5年の今日は朝からメディアが東日本各地の状況を報じている。大津波は勿論のこと、原発の溶融は忘れることはない。あの日で日本は変わったのだから風化させることなく、この国の行方を見守らねばなるまい。
朝の色
”植物は何が起きても黙って命をつなぎ、ただ生きる。人間はただ生きるということができない”と、今朝の地方紙のコラム氏は書いている。
日赤病院 叔父の家
吾が輩午前はワイフを日赤病院に送る。”おみあし”の皮膚が患っていて通院だ。その足で吾輩は亡叔父の家に行く。きょうは、認知症の叔母が、茶道を一緒にしていたNさんTさんを招いて、茶道具の処分について相談させていただいた。
 帰路T自動車に立ち寄り、一昨日修理に出した車のことを尋ねてきた。
キャベツ発芽
帰宅したのはお昼過ぎ。ミニ温室の中を覗くと、キャベツが芽を出している。一足早く芽をだしたブロッコリーは、双葉が展開した。条件を整えてやれば、外は寒くても「いのち」はすくすくと育つのである。
ブロッコリーは双葉
昼食を済ませたところへ高齢の叔母が従姉妹の車でやってきた。用件は亡叔父の「形見分け」などなどだ。吾が輩の亡母とは特別に仲が良かったので、何時みえても懐旧談に花が咲くのであった。
94歳のおば 出迎え
2時過ぎにはワイフがJRで帰るので出迎えだ。 今日はお抱え運転手でもある吾が輩アッチへいったりコッチへ行ったりだ。
おもて山
今日は午後には雪のところも、との予報だっただけに気温が下がり、寒風だ。でも雪雲がかからなかったので雪は降らなかった。東日本も寒い一日であったはず、震災5年、未だに苦難の日々を過ごされている人々に思いをいたし筆を擱くとしよう。

春きたない、かも

3月10日(木曜)、曇り一時雨
 3月は、早くも中旬入りだ。雪の少ない年は"春きたない”と、昔の人は言った。曇雨天が続いてすっきり晴れない”ことを言うのだが、吾が輩それを予感するのである。
 蕗の搭   2羽の鳥今日も朝から曇り空、ときどき小雨が降って寒い。それでも庭先では蕗の薹が背伸びしてきたし、リンゴの枝に止まった小鳥達も元気だ。
 吾が輩午前は所得税の確定申告をするので、数値を精査して申告書を浄書した。ことしも僅かではあるが所得税を納める。これであの"口の悪い大臣”にチヨットは向き合えるであろう。
 午後の吾が輩は”きょう いく”ところが多い。先ずは郵便局で、県有機農業研究会へ会費の送金。
JAの店    大屋根
 次はJAに行って生姜の種を予約注文、坂の街を廻って、総合行政センターへ。
自動交付機
 総合行政センターでは税の確定申告をした後、昨年11月に亡くなった叔父貴の関係で戸籍謄本と住民雹の交付を受けるのだが、今回市民カードを作成してもらった上で、自動交付機で交付を受けた。この機器は最近導入されたようだが、戸籍窓口事務のかなりの部分が機械化されていて感心したのである。が、ここまで機械化されると、年寄りには人間疎外を感ずるのであった。
 その後小さい叔父貴の家を訪ねて、亡叔父の墓に彼岸参りすることなど、を話し合ってきたのである。
合掌作りの村
夜になってNHKテレビはローカルニュースで、今日の合掌造りの村を映している。山間地は小雪だったようだし、庭先に作られた「カマクラ」が、吾が輩を慰めてくれたのである。合掌造りの村も、今冬の少雪は先々心配だと言われている、と気象予報士が伝えていて、”春きたない”との思いは吾が輩だけでは無さそうだ、と妙に感心したのであった。

きさらぎ朔日

3月9日(水曜)雨
 今日は旧暦の2月1日である。朝から冷た雨が降って天気予報は午後には雪になるかも、と伝えていたので「着更着」も、さもあらんであった。
スノードロップの花
雨の朝は、ゆっくり出来るのでFBから。すると「ぶなの森」のT峰さんが岳温泉の桜坂沿いに咲いていた、と「スノードロップ」の写真を載せていらっしゃった。吾が輩「スノードロップ」のことは不勉強だったのでネットで調べた。"冬の終わりから春先にかけて花をさかせる花として知られる”と知った。それにしても、このように群生して綺麗な花を咲かせているのに驚いたのであった。
鎮守の森
今日は予定を変更して理髪店行きだ。吾が輩、雨の日でも”きょう いく”ところがあるのは助かる。帰り道はチョット回り道をして、雨にけぶる鎮守の森を写してきた。
芽がでたぞ
帰宅して、フレームの中を覗くと、啓蟄の日に蒔いたミニブロッコリーが芽を出している。今年になって我家で初めての"芽生え”を喜んだ吾が輩である。午前の余った時間は、ワイフの舎弟の所にお米を送った。今までと違ってユウパックだ。
午後はゆっくり昼寝?をした後ネット漁り?だ。これまたFBで、毛 丹青先生が投稿されている「在日本」が目に留まった。
在日本 
先生の文章は勿論、イラストのお上手なのには感心するのであった。旧暦2月1日は終日の氷雨であった。夕方になって暫くの間、雨が止んだ。
雲が湧く・採用
 外に出てみると、里山の谷間から雲が湧いている,雪にならないだけありがたい、と思いながらシャッターを押したのである。

一日中曇りっぱなし

3月8日(火曜)、くもり
今日は終日曇りっぱなし。
霧の朝
朝は霧がかかった。リンゴ園の下草は露に濡れている。吾が輩今日の午前は桃と柿に石灰硫黄合剤を散布、その後リンゴ仲間のM君の園へ行って桃の剪定を応援した。石灰硫黄合剤、桃は縮葉病、柿はカイガラムシを対象に、新芽が動く前に散布するのである。。
柿の防除 村山の桃
M君の園は「神通回廊」で売り出し中の集落にある。この集落の旧家には立派な傘松の古木があるのだが、この旧家には若かりし頃よく訪ねたことがあり、懐かしい松だ。
旧家の松
午後は風がある上に気温も下がったので、野良仕事はやめた。で、ネットで勉強だ。
岩手日報
目に留まったのがこの記事だ。47ニュースのコラム溜まりにあった「岩手日報」のコラム、風土計だ。seifusei政府は今日の閣議でTPP承認と関係法案を閣議決定し国会に提出したと、伝えられたのだが、なぜ急ぐのか吾輩は腑におちないのだが、このコラムはアメリカ大統領選の有力候補の言動にも触れていて、吾が輩溜飲をさげたのであった。
長野・川上村の冬
FBでは農水省に勤務される知人Aさんが、レタスの大産地長野の川上村に行ってきた、と写真を載せている。長野でも川上村ともなると、まだこんなにも雪があるのかと、吾が輩認識をあらたにしたのであった。 

♪降るとも見えじ春の雨

3月7日(月曜)小雨から曇り
未明から降ったらしい小雨、それこそ降るとも見えず、いつの間にか止んで曇り空の一日であった。
古木の梅
 暖かな雨だぅたので我が家の庭の梅も開花が進んだ。
水仙と福寿草 長崎さんマンサクの花
梅だけでなく、庭の一画には水仙に福寿草と、いつもならまだ雪の下にある花が咲いてきた。FBでは長崎さんが「まんさく」の花の写真を載せてあった。
 吾が輩午前は青色申告決算書を浄書して確定申告に備えた。午後は月に1度の勉強だ。
最終講義 冨山空港
県日中が開設している中国近代史講座、今日は最終講義であった。12回に及んだN先生の講座は吾が輩たちに多くを教えていただいて終了したのであった。帰路、いつものように冨山空港を写す、今日は♪降るとも見えじ春の雨に煙って見える。
帰宅した後、吾が輩明日行う桃の縮葉病防除の段取りをした。
大長谷の山
 夕方のNHKテレビ、ローカル番組で大長谷で行われたスノーシューの模様を伝えている。上の写真は昨日FBで森田さんが載せていた山の写真だ。
大長谷でスノーシュー
 大長谷は吾が輩がサラリーマンの頃仕事上のことでよく出かけたところ、春夏秋冬を問わず懐かしい思い出がイッパイあるので映像に見入ったのである。

5月中旬から6月上旬並みの暖かさ

3月6日(日曜)晴れ後曇り
今日は朝から南よりの風で、気温はぐんぐん上がり、午後には冨山で23度も記録して、6月上旬並みの陽気であった。
鉢花
 我が家の玄関先も、冬の鉢花が名残を惜しむ風情、そろそろ春の花に移る段取りになる。
椎茸
方や木陰に立てかけてある椎茸のホダ木には「シイタケ」が、この暖かさで立派な笠を広げている。吾が輩午前はリンゴ園に牛糞籾殻堆肥を散布して、芽が動くまでに1ケ月になった園の土壌改良を促したのであった。
午後になって、地域のリンゴ栽培グループの会長M上さんが拙宅を訪ねてくださった。
水上さん
 用件は県の関係部局からの調査書について地域の実態を打ち合わせることであった。ほかに吾が輩が今年度導入を予定している保冷庫についても、意見を承ったのである。お土産に頂いたのはM上さんが導入済みの保冷庫で貯蔵されているリンゴだ。保管が巧くできていてとても美味しく、吾が輩これなら”いける”と、導入を決めることにしたのである。
M上さんが帰った後は隣の町大久保に住む従兄弟を訪ねた。用件は昨日同様、亡叔父の家のことである。これで関係の人たちに一通り話をしたことになるので吾が輩の役目は峠を越えたのである。
神通川
帰路は、少し廻り道をした。写真は神通川に架かる橋のうえから写したのだが、県境の山々と、その県境を源にする川の流れが綺麗に写せたのであった。今日は夜になっても暖かで”春宵一刻値千金”の思いにかられるのであった。

啓蟄の候

3月5日(土曜)、晴れ
今日(今日から)は二十四節気の「啓蟄」、地中の虫が穴から出る頃、と言われるだけあって暖かい一日であった。
笠ケ岳
朝のNHKテレビは、ウイークエンド中部絶景、北アルプス中継だ。笠ケ岳の素敵な映像が映ったのでデジカメで写した。
桑原牧場 堆肥積み込み
吾が輩朝一でK牧場に出かけて、牛糞籾殻堆肥を軽トラで運び、野菜を作る予定地に散布、リンゴ園にも部分的に施した。途中でリンゴ仲間のM君が来宅したので堆肥散布は打ち切り、テイタイムだ。
種蒔き採用 フレーム採用
M君が帰った後はキャベツとミニブロッコリーの種をセルトレイに蒔いた。吾が輩、例年「啓蟄」になると種を蒔くのが楽しみなのである。
蒔いたセルトレイはミニ温室(フレーム)に入れて加温、温度管理をして苗を育てるのである。
詩吟教室
午後は、3時過ぎまで詩吟教室、その後、お袋の妹になる95歳の叔母を訪ねた。昨年11月に亡くなった叔父の姉でもあるので、亡叔父の家のその後のことなどを話してきたのであった。
熊神社
叔母の家は父の孫家であることもあって、遠い祖先を偲ぶのだが、今日はこの集落の神社を写してきた。
帰宅したら、二十四節気の変わる日にメール交換をしている高校のクラスメイトで東京に住むS君からメールが届いている。白鳥はもう北帰行でしょう、とあったので、夕方そのことも確かめるべく井田川の堰にいってきた。
山の端に ぎんぎんぎらぎら
日没が5時半を過ぎるのだが、この時刻になっても1羽も飛来していないのだから、きっとこの地を後にしたのであろう。今日の夕陽は♪ ぎんんぎんぎらぎら・・♪であった。天気予報、明日は曇りから雨になると伝えている。

汗ばむ陽気

3月4日(金曜)晴れ
今日は朝から良く晴れて日中は気温があがり、野良仕事をしていて軽く汗ばむ陽気であった。
6時でこんなに明るい
晴れていると夜明けも早く感じる。きょうは6時で、もうこの明るさであった。
朝井さんのリンゴ
吾輩午前はかつての職場の後輩で気心のしれたAさんのリンゴを剪定に行ってきた。
山の斜面
彼の家は、わが町の中山間地、なので、先日の雪がまだ少し残っていた。彼は狩猟免許の持ち主、お礼に、と「雉肉」を頂戴したので、帰路は近くに住む妹の家に立ち寄り、雉肉を少し"裾分け”してきた。
小鳥採用
妹の家は小鳥を飼っている。小学生の孫が2人いるので可愛がってもらえるのであろう。
午後は気温がさらに上がった。吾が輩”こまめに”身体を動かしていろんな作業をしたので、汗ばんだのであった。
セルトレイに土入れ
いろんな仕事の中で中心になったのは明日キャベツとブロッコリーの種蒔きを予定しているので、セルトレイに土を入れて潅水した。
 今夜は近くのコミニュティセンターで講演会があるのでこれから出かけた。
主催が八尾工場協会、八尾山田商工会が共催、後援が富山市で開かれた講演会で、講師先生は拓殖大教授の富坂聡さん、演題は「日本人が知らない中国の現実」だ。
鈴木さん挨拶 講師先生
工場協会副会長の鈴木さんの挨拶で始まり、講師先生が熱弁をふるわれたのである。
会場の質問の答えて
講演のあと、講師が質問に答えられて、終了したのは10近くであった。親中派の吾が輩も知らないことが多く、為になる講演であったと記して筆を擱く。

きょうは嬉しい・・・

3月3日(木曜)、曇り時々晴れ
きょうは朝食を済ませてすぐに車を走らせた。午前は隣町のK原牧場を訪ねることから始まる。手土産の「大福」を買って目的地へ。
鉄塔
途中で高圧線の鉄塔の下で太陽光発電の設備があったので、、電気王国も変わったもんだ、と思い写してきた。K原牧場の若大将は、居てくださったので、明後日に牛糞籾殻堆肥を引き取らせていただくことを約束させてもらえたのが"今日は嬉しい”第一号だ。
 次は同じく隣町の従兄弟の家だ。昨年11月に亡くなった叔父貴が残していった認知症の叔母さんのことで相談してきた。従兄弟は我輩と同い年だが、拾数年前に怪我をして後腰痛が完治せず悩んでいるようで同情するのであった。
高台のお宿
 帰路はかかりつけの接骨院で、吾が輩も骨の養生だ、ここからは高台のお宿が手に取るようにみえる。合掌作りの大屋根には当然ながら雪は無い。
干しずいき
 従兄弟の細君からは、お土産に「干しずいき」を頂戴してきた。これが”きょうは嬉しい”の2つ目だ。彼女はこの「干しずいき」作りの名人、見事な品を写しておいた。
午後は暖かくなったし、と外に出て暮れに植えたリンゴの、徒長部分を切り返した。
切り返し    接木の穂
切り取った部分は接木用にするのだが、今日はリンゴ仲間に頼まれている、接木用の枝(穂)も採取して、接木をする4月中旬まで冷蔵庫に保管だ。
 夕方のテレビ、これが本物の”今日は嬉しい雛祭り”だ。我が家にも子供、孫とお雛様があるのだが、子は嫁いでしまったことだし、孫娘はこの月イッパイ留学のこともあって・・・・だ。
雛祭り
 日本の風習は世界に誇るもの。わけても”インバウンド”がとやかく言われるのであれば、もつともっと大切にせねば、と吾が輩思うのであった。

天候回復

3月2日(水)、くもり時々晴れ
今年の雪は、ありがたいことに続かないパターンだ。今度も降り積もることなく天候が回復した。
丘の夢の朝 元気な女の子
未明にはチラチラ降ったようだが”うっすら”の雪化粧、夜明けとともに止んで視界は開けている。今朝はFBの通信欄に写真が届いた。国際交流の上で知り合いになったRさんが子宝に恵まれた、と知らせてきたのである。目出度いことである。FBの通信欄はこのほかに吾が輩の孫娘がアメリカの留学先から初めての便りをくれるなど、便利な世の中になったことを痛感したのである。
吾が輩午前はネットで調べものをしながら、テレビで参議院の予算委員会の模様を視聴した。
陽射し広がる
10時過ぎには晴れ間が広がり、陽射しも強くなった。
ほたる烏賊水揚げ
お昼のNHKテレビローカルニュースは、冨山湾の「ほたる烏賊」が水揚げされたと伝えている。量が少なかったので1kg1万1千円だとか・・・
 午後も吾が輩パソコン弄りだ。3時過ぎには姪っ子が来て、春播きキャベツの種を買ってきたと言うので品種の特性などを勉強した。
 夕方になって吾が輩散歩を兼ねて4~5日ぶりに白鳥の観察だ。
鉤になって すずめ
夕方は良く晴れたのでスズメの群れや、V字形で飛来した白鳥が、綺麗に写せた。
白鳥飛来
3月になっただけあって、お天道様が山の端にかかられるのは5時半近くだ。夕焼けの様子からすれば明日は雨の心配はないであろう。

弥生3月、初日は雪だった

3月1日(火曜)、雪
昨夜来の雪は朝になって10㌢前後の積雪だ。
真っ白のリンゴ園 冬に逆戻り
リンゴ園は真っ白、庭木も雪に覆われて、冬に逆戻りであった。
除雪車採用 街中も雪
除雪車が来たのは1月の20日以来、今冬は今回で3度目だから、この寒さがかなり強いものだと言える。テレビは富山市内の朝の状況を伝えている。吾が輩今日は青色申告の決算書を仕上げた。
午後は雪が小止みになったが、吾が輩特別の用もないので、朔日(ついたち)盆を決め込んだ。
日中は止んで 庄司梨園の雪
日中はときどき晴れ間があった。FBでは呉羽のS梨園の今を知ることができたので、吾が輩のリンゴ園と並べてみた。
夕方も降りしきる
今日の雪は夕方になって、一時強くなった。降りしきる雪で夕闇は深まっていったのである。吾が輩も今日は雪一色のブログとしよう。
プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR