如月晦日

2月29日(月曜)、雨
閏年の2月も晦日になった。きょうは終日の雨であった。
終日の雨
吾が輩、午前は歯科医院に行って定期診察を受けてきた。吾が輩の歯は上・下ともに2本になってしまっている。勿論義歯を使っているがこの2本のお陰で、義歯が好くフイットするので、上・下ともに2本残っている自分の歯は死守?せねばならないのだ。
彩乃渡米
帰宅してメールを開けると息子からメールが届いている。きのうアメリカに1ケ月短期留学した孫娘が無事に着いたとの知らせだ。
瀬戸大橋・鈴木健太さん
お昼にFBを開けると農水省中国農政局に勤務される友人のSさんが出張で瀬戸大橋を渡っている、とタイムラインに投稿されていたのでシェアさせていただいた。
午後の吾輩は調べものをしながらテレビで衆議院予算委員会の模様を視聴した。
テレビ ヤフーニュース
江田憲司さんが「アベノミクスの現状と評価」について質問されていて、吾が輩大いに考えさせられたのである。そして夕方、ネットでヤフーニュースをみると、先日のG20での「3本の矢」について、具体策がなく市場は冷ややか、と伝えているのが目に止まったのである。FBでは山形ガールズ農場が久しぶりに更新投稿がある。「女子蕎麦」の膳だが、参考にするに値するので、これまたシェアさせていただいた。
ガールズ農場・女子そば
夕方になって雨は激しくなり、気温も下がってきた。3月初日は雪で迎えることになりそうだ。如月晦日と言ったって、旧暦は明日がまだ1月23日なのだから、さもありなんか、である。
スポンサーサイト

暖かサンデー

2月28日(日曜)、晴れ
夜明け
今日は朝から晴れて暖か、立山連峰は霞んでみえない。
おもて山      キャベツの株
吾が輩午前は近くに住む叔父貴を訪ねて、成年後見人が決まった旧市内の叔母のことを話してきた。往路でスポーツアリーナの前を通るのだが、今日は早くから駐車場がイッパイだ。それに比べて、天気が良くても野良に働く人影はなく、なんとも寂しい農村になったもんだと吾輩は思うのである。
吾輩は違う、日曜でも好天は見逃さない。で、叔父貴には手短に話して帰宅、畑に残っているキャベツの古株を片付けた。
イヌフグリの花       飛行機
午後はりんごの剪定枝を裁断して焼却する段取りだ。リンゴ園は下草の「オオイヌフグリ」が可憐な花をつけた。2月のうちに花が咲くのは珍しく、雪が少なかっただけでなく、気温も高めに推移した冬だったことを物語っている。作業のさなかに飛行機がリンゴ園の上で左旋回して空港にむかったのを写した。午後の4時からは集落の水・土・里活動組織の総会があるので、出席した。
 蕗のとう入りのパスタ
おなかが空いたところでご馳走だ。と云う訳で今日は先日「エルバッチャ」のママさんんがFBに投稿された「蕗の薹」と、エビのスパゲティの写真だ。写真ながら「春の香り」が・・・
谷井さんゆうがた丘の夢
おしまいも人さまの力を借りよう。写真は谷井先生が夕方FBに投稿された「丘の夢牧場の夕暮れ」だ。先生ならではの作品に感動した吾が輩である。

ここまでくれば

2月27日(土曜)、曇りときどき晴れ
ここ2~3日は未明に雪が降って少し積もり、それがお昼頃には消えてしまう、”降っては消え降っては消え”の繰り返しだ。
薄化粧      朝日だけど
今朝も雪化粧をした程度の雪であった。今日はお天道様が“あから顔”でお昇りになった。
朝食を済ませたところでピンポーンだ。
ぶりかま
集落の若い夫婦Fさんの家に、2人目で男のお子さんが生れたので、お祝いをさしあげたら、お返しになんと出世魚の「ぶりかま(蒲鉾)を頂戴したのである。なんとも見事な品に吾が輩感心したのであった。
工事中
吾が輩午前はJAに行って昨年の野菜・果物の月別種類別に出荷実績のデーターを取り、その足で接骨院にいってきた。途中坂の町入り口の橋梁架け替え工事の状況を写してきた。
教室
午後の吾輩は詩吟教室だ。きょうは李白作の「山中幽人と対酌す」だ。2行目には”一杯 一杯 復 一杯”とある楽しい詩であった。
里山も雪はなし
3時半頃帰宅、友人宅に薪用にとリンゴの剪定枝を届けた後、山畑に行って雪の消え具合をみてきた。と、なんと雪はほとんど消えていて地表面が出ているのであった。かのドクター夫人のログハウスの周りにも雪は全くないのである。
 2月もあと2日、ここまでくると、今冬は根雪なし、暖冬だった、と、お決まりだ。
夕方5時
日脚ものびて午後の5時で、まだお天道様は空にある。きょうのお天道様は沈まれるときも”あから顔”だ。

80年前の今日

2月26日(金曜)、小雪止み間もあり
今日も未明の雪が積もっていた。
大榎の花?
でも日の出前から晴れて、朝のうちは雪晴れであった。樹齢が百数十年になる集落のシンボルツリー大榎は花が咲いたように空に映えている。
毛先生の講義から  ある仕事場
 吾が輩きょうは、昨日の 講師先生にFBのお友達リクエストからはじめた。毛 丹青先生は快く、しかも即座に?OKをされたので、早速先生のタイムラインを開いてみると,昨日ご講演された内容の一部が載っていたのにはおどろいたのであった。
  10時には叔母の成年後見人Nさんを事務所に訪ねた。お部屋には観葉植物の鉢が多く並べられていて、感心する。今日は叔母の預貯金通帳や後期高齢者の医療保険証などを預けたので、吾が輩の責任は随分軽くなったのであった。
小雪の中
お昼前には打ち合わせも済んで帰宅だ。この時間帯小雪が舞っていて、何時も写す空港は雪にまみれている。
長谷の犬・ハルちゃん「わんこスペシャルに出演
午後の吾が輩、今度もFBからだ。すると森田さんが大長谷の名物犬ハルちゃんがテレビに映るとタイムラインデ紹介されている。
吾が輩午後はJAに用足しにいった後、2・26事件のことが今日のマスコミやメヂィアにどの程度取り上げられているか調べてみた。
2・26事件(国会周辺を警戒する陸軍の洗車と兵隊      2・26雪の朝
 80年前の今日のできごと、青年将校の決起は歴史の転換点になった、といわれるものだが、正直いって吾が輩「風化」してしまった感を抱いたので、ネット上から画像を探し出して、載せたのである。
 当時吾輩は3歳だったので、少年期の思い出などから歴史認識は、それなりに持っているつもり。その上でマスコミやメディアの扱いをみて日本人の"忘れッポ”さが気になるのであった。

聴き応えのある講演

2月25日(木曜)、曇り時々晴れ
2.25、新雪
朝から晴れ、新雪は3~4㌢。午前は明日叔母の成年後見人になったNさんを訪ねるので書類のチェック
午後は富山市内で講演会があるので出かける。
じばもん
途中で「じばもん屋」を覗く。
リンゴコーナー じばもん店内・1
この時期出店されている野菜や果物の種類、価格などを調べる。リンゴは出店されている方が少ない。吾が輩チョット考えるかなだ
講演会は県日中友好団体連合会主催でANAクラウンプラザホテルが会場だ。
講演会場
連合会の鹿熊副会長挨拶。講師は神戸国際大学教授の「毛 丹青先生」だ。
鹿熊副会長 毛 丹青先生
演題は「隣り合う日本と中国 未来を切り拓く相互理解への道」であった。
等身大の日中関係を
先生は近年執筆活動でも目覚しい活躍をされていて「等身大の日中関係」を築くことが大切と力説された。
見える化 中国留学生
詳細は割愛せざるを得ないが、吾が輩目から鱗が落ちる思いで聴講したのであった。
西田さんと
吾が輩の協会からは宮本会長はじめ5人が参加した。
2・25夕方
帰宅して、リンゴ園をみると、今朝の淡雪はすっかり消えている。このまま春がくる、と考えるのは甘いだろうな。

かすみのような霞でないような

2月24日(水曜)、曇りときどき小雪
今日は「雨水」も次候入り。七十二候は”霞始めてたなびく”だ。が、今日は気温が下がって時々小雪が舞う天気だったので、霞とも霞でないともいえる空模様であった。
堤防とその向こう 合掌のあたり
朝のうちに写した写真、何処を眺めても、遠くは霞んでいる。
福寿草のつぼみ クリスマスローズ
でも、足元では、先日来の暖かさで、露地植えの福寿草もクリスマスローズも蕾が膨らんできた。
吾が輩午前は隣の家の婿殿で職場の後輩でもあったA井さんが訪ねてきて、リンゴ作りのことやら友達の消息を語り合った。
午後は、寒さも募ったので部屋を暖かくして青色申告の決算だ。
朝から一歩も外に出なかった吾が輩、夕方は寒風?をついて散歩だ。
着水採用
井田川は堰のある何時もの場所には夕闇迫る頃になって、今日も白鳥が飛来している。
山麓の工業団地 高圧線鉄塔
今朝、かすんで見えた方角を写すと、里山の麓に位置する工業団地はうっすらと雪化粧、東の方角は”やけに”鉄塔が林立してみえるのであった。

2月は逃げる

2月23日(火曜)、曇り一時晴れ
二十四節気「雨水」になって今日で5日、暖かい日が続いた。2月は逃げるといわれるだけあって残りは1週間足らずとなった。
吾が輩、今日は呉羽種苗に行って3月に予定する作業で使う資材などを買ってきた。社長さんは吾が輩の先輩、なので今日はお土産に「柳澤屋の大福」をプレゼントだ。行き帰り写したのが次なる写真だ。
祖父岳かも ANA機
行きの①は、家を出たところで「おもて山」、そして富山空港の表情。
鵜坂社採用
②は鵜坂社。
 丘の夢牧場
帰路は、 途中で丘の夢牧場、ここも雪が消えて牧草の緑が見える。
春の準備
買ってきたのは桃の病害虫防除資材に、春蒔きキャベツは品種名が「初恋」と、種蒔き培土だ。
午後の吾輩は、仲間3人で作る桃の剪定作業だ。
桃の剪定 錆びた鋏
作業をしながら、昨年の暮れに作業中に落として見つけることが出来なかった「剪定鋏」が見つかった。2月あまりたったので錆びているが、切れ味には関係がない。吾が輩半分は諦めていたので、今日は得をした気分になったのである。
午後の3時過ぎから風が冷たくなってきた。それでも吾が輩日イッパイ身体を動かしたのであった。
日暮れ時
3月も近づいて日没は遅くなった。明日は「雨水」の次候入りだ。逃げ足は早くなることであろう。

元宵節も月が出ないのでは・・・

2月22日(月曜)、くもり
今日は終日の”どんより”の曇り空。
donndenntateyamado.png
FBを覗くと写真家の押切先生がタイムラインに「タテヤマドンテン」と題されて素敵な写真を載せていらっしゃった。吾が輩一瞬ドンテン?と思ったのだが漢字は「曇天」なのであ、そうか、と合点したのであった。
つぼみが膨らんだかも
吾が輩も押切先生にならって「ウシタケドンテン」を写してみた。
幼木の剪定
曇天の日の吾が輩、午前は青色申告の決算、午後は野田さんのチェンソーにお願いして伐り忘れていた柚子と柿の剪定、その後
研修リンゴ園の剪定を佐渡君と一緒に行った。
湯円
今日は旧暦の1月15日、旧暦で正月をする国々では、初めての満月なので祝日として祝うのだそうだ。この日に欠かせない食べ物は”まあーるい”御菓子(中国では湯円)など。で吾が家では手っ取り早く、昨日お寺で頂いてきた「しゃかんだんご」を焼いて食したのであった。
今日の大長谷
今夜ははれていれば月齢14・5の”まんまる”な月がみれたのだが、夜もあいにくの曇天、元宵節が台無しになったのである。
なのでわがはい、またぞろFBの友達頼り、すると今度は山本さんが仕事で県境の村にゆかれて写された写真があった。
写真のお家は今流に言えば「古民家」、大きい屋根から落ちた雪(屋根雪)の山に、吾が輩目を丸くしたのであーる。

本堂はギャラリー

2月21日(日曜)、曇り時々雨、晴れ間もあり
21日のリンゴ園
日曜の今日も時々雨が降る空模様だ。でも晴れ間もあって比較的に暖かだ。今日の吾輩は”お寺参り”だ。
  2月は「涅槃会(ねはんえ)」だ。釈迦が入滅されたのは陰暦の2月15日だが、今の暦になってからも2月15日だったのだが、最近では前後の日曜日に勤修されるのが多い。
 涅槃会では「しゃかん団子(釈迦団子)」が供えられ、この団子が配られるのが慣わしで、参詣の人が多いのだ。吾輩は受付なので10時すぎには出かけた。お昼には恒例の{団子汁」が振舞われる。これがまた吾が輩の大好物、今日も美味しく頂いたのである。
読経始まる       団扇太鼓     
読経は午後の1時に始まった。今日は内陣の読経の後位牌堂に掛けられた「涅槃図」の前で住職・副住職が朗々と読経をされるのであった。
 涅槃会        
お寺は”抹香くさい”と思われがちだが、平素でも仏像や建物の彫刻などが多いので「ぎゃらりー」だとも私は思う。わけても涅槃会の日は「涅槃図」が拝めるので感慨一入になるのである。
涅槃絵
我が家にもかつては涅槃図があって2月15日から2月イッパイは掛けてあったように思うが、古くなってしまって今は無い。
なので、お寺で極彩色の涅槃図を見ることで法悦に浸るのであった。
IMG_0209.jpg      錫杖のかけられた薬袋
今日は住職が絵解きをされたのだが、吾が輩読経が済んだ後涅槃図を目の当たりにして、気づいたことを住職から教えていただいた。詳しくは割愛するが、この一幅の絵が物語る教えは”たいそうなものである”ことを知るのである。
日没時
帰宅した吾が輩は涅槃のことをネットで調べた。「フリー百科事典「ウイキペディア」によると、涅槃とは、ニルバーナの訳語であり、迷妄のなくなった心の境地を指す言葉であったが、この場合には釈迦が亡くなったという意味で用いられている、とあった。難しいことはこの辺で止めよう。
 日暮れの時刻になったので、吾が輩「観天望気」だ。西の空に夕焼けの色がもれている。明日は晴れるのであろうか・・・


続・雨水の候

2月20日(土曜)曇り後雨
 「雨水」になって2日目、きょうは”それらしい”一日であった。
雨水の候・2
朝から本曇り、雨は落ちそうで落ちないので、吾が輩午前はリンゴの粗皮削りの作業をおこなった。
東建ちの家
お昼近くになってポツリポツリと降り出したが、冷たくは感じることなく将に「雨水」の候だ。この空の下、近くの東建ちの家が似合う。
香の野お化・2   香乃のお化粧
濡れるまでもなかろう、と吾が輩外仕事を諦めて、曾孫のママの子育てブログをあけると、なんとお化粧の真似をしている可愛いらしい写真が載っているのであった。午後の吾輩は詩吟教室だ。
詩吟教室
今日は頼 山陽作の「母を送る路上の短歌」だ。五言古詩で、おわり近くに{五十児七十母 此福人間得応難}とあって、吾が輩感動したのである。
 4時近くに帰宅、外は雨だ。吾が輩今度はFBだ。
黒部発・日本一ヤギチーズ・職人はYKK会長のご令嬢-YAHOOニュース
 ここでも感心させられた写真がある。森田さんが「ヤギチーズ」の写真を載せていらっしゃる。それがなんとYKKの会長さんのお嬢さんがお作りになった、「黒部発・日本一」とあったからだ。

雨水の候

2月19日(金曜)曇り時々晴れ
 二十四節気は「雨水」になった。雪が雨に替わる頃とされるのだが、今日は晴れて暖か、吾が輩いろんな事をこなし多く写真を写した。朝から順に
①、雨水の日の出は、雲の峰からだ。
雨水の日の出
②、午前はワイフを日赤病院に送り、その足で旧市内に住む妹を訪ねた
日赤病院       冨山城
③、妹のところでは叔母の成年後見人が決まったので、叔父貴が亡くなった後、今日までの金銭出納についての引継ぎをする準備をしてきた。妹の旦那は盆栽作り名人、玄関には見事な紅梅が咲いていた。
紅梅
④、帰路は何時ものように冨山空港を写す。今日もチャーター便が駐機している。
冨山空港
⑤、午後の吾輩はワイフをJRの駅まで迎えに言った後、金沢に住む老朋友のWさんファミリーに「元宵節」の贈り物をユウパックで送った。その後はエゴマの選別作業をおこなった。
エゴマ選別      扇風機選別
エゴマは粒が小さく軽いので選別は手作業、使う道具は扇風機だ。450株ほど作って、3・2kgの収穫であった。手間がかかる割に収量が少ないのだから高くなる訳だ。
⑥、夕方になって、散歩に出た。出がけに写したのが暖かさを満喫しているスズメ達だ。
スズメ相談
⑦、散歩の終わりは3~4日ぶりに白鳥の観察だ
白鳥の飛来      雨水の夕暮れ
晴れている日は吾が輩身体もよく動く。しめくくりは高校時代の友達に、二十四節気の替わるごとに送るメール定期便を打って一日は終わった。

光の国から来るかしら・・・

2月18日(木曜)、晴れ
今日は終日の晴れ、光の春が満喫できた。
日の出採用
2月も下旬ちかくなると、日の出も7時前になる。眩しい日の出だ。リンゴ園にはまだ少し雪が残っている。
県境の山・1 毛勝三山
吾が輩午前は昨日に続いて亡くなった叔父貴の残務整理。事務用品を買い足さねば、と外に出た。周りの山々が光っている。上左は県境の山、右は立山連峰の毛勝三山だ。
淡雪消えて
お昼過ぎにはリンゴ園の淡雪が消えてしまって下草の緑が映えている。吾が輩午後はリンゴ作りの勉強会でJA行った。今日は県の普及指導員先生にお越しいただいて病害虫対策の勉強をした後、仲間で一献傾けたのである。
八尾冬浪漫
帰宅は暗くなってから。多分このように坂の町は「冬浪漫」でライトアップされていることだろう、と谷井先生のタイムラインにあった写真をお借りして、今日は筆を擱く。

その気があれば・・・

2月17日(水曜)、雨時々雪
今冬はありがたいことに雪の日が続かない。気温も上下を繰り返すので、積雪にならないにが嬉しい。
その代わりと、云うことだろうか晴天も続かない、。今日も雪交じり雨、なので吾が輩昨年11月に亡くなった叔父貴のところの残務整理?をした。
取り置き・1
今日は昨日の取り置き写真から・・・。NHKテレビは昨夜富山を舞台に「歌謡コンサートのLIVEをした。番組の中で歌手のみなさんが、富山の名物>「鱒すし」を宣伝?して下さったので写しておいた。
冬浪漫・・・
午後になって孫娘がJRの電車で来宅すると云うので駅までお迎えだ。途中回り道して写したのが冬浪漫の舞台になっている坂の町だ。
聞名寺・1 何日遅れかな
今日は何時もと違う位置で名刹の伽藍を写してみた。孫娘は遊学先の首都圏から用があって帰省したのだが、”3日遅れの便り・・・”ならぬバレンタインのチョコレートを持ってきた。その気があれば、何日遅れても頂戴するのが吾が輩の流儀だ。ありがとうね。
山田村のエゴマ 仕出原の八朔
雨の日は写真が少ない。こんなときはやはりFBのお友達の力を借りねば。で山田村特産加工組合の「エゴマ油」、と牛島さんのタイムラインにあった「仕出原の八朔」だ。いずれも感心させられる画像、なかでも八朔のほうは、吾が輩と同じく「エコファーマー」が作られた、とあるので、吾が輩のリンゴもあのようにアピールをすることをかんがねばと思ったにであった。




2月も後半入り

2月16日(火曜)、小雪から曇り時々晴れ
屋根のつらら
今朝は気温がマイナスになって庇に「つらら」が下がった。今冬になって初めてみる「つyらら」だ。
朝日射す
未明からの雪は朝方から小止みになって朝日も射すありがたい空模様、鳥君も空を見上げている。
冨山空港    市内
吾が輩、今日の午前は旧市内はH町に在る「N司法書士事務所」を訪ねた。叔母の成年後見人になっていただくことになったので、ご挨拶かたがた若干の打ち合わせをさせていただいたのである。帰路はいつものとおり空港の表情を写した。今日はチャーター便が駐機している。近年は冬でも海外からの観光客のようで、インバウンド効果は他人事であれ、嬉しいことだ。
大宰府の梅
お昼のNHKテレビは「ひるブラ」の番組で大宰府天満宮の梅を放映している。吾が輩かつってかの地に旅したことがあるので思い出に耽ったのである。
 午後の吾輩は近くに住むチイ叔父を訪ねて午前にお会いした司法書士先生との打ち合わせの内容を話ししてきた。。
生
帰路は接骨院に寄ってホネの養生、帰宅したら、福井に住む長女から、彼の地の名物「生どらやき」が届いていた。昨日のブログにコメントがあったので心待ちにしていただけに嬉しい贈り物だ。
煙突の煙
日没時、外に目をやると、田んぼに積もった淡雪はもう消えて土が顔を出している。風もないおだやかな天候、遠くに煙突からまっすぐに煙があがっているのであった。さて、あしたの天気はどうなるのであろうか。


真冬に逆戻り

2月15日(月曜)、雪
 今朝は未明から降った雪でうっすら雪化粧だ。
つもり始
雪は時間の経過とともに本降りになって、"降りしきる”のであった、久しぶりに♪ 雪やこんこ霰やこんこ♪だ。
降りしきる
吾が輩午前はPC弄り、そのうちに旧市内に住む妹夫婦が訪ねてきて、認知症の叔母のことで話し合った。明日は吾が輩が先日決まった成年後見人の方を訪ねるのでその打ち合わせだ。
午後になって、昨日は訪ねることが叶わなかった、からとバレンタインデーのチョコをプレゼントにワイフ殿の姪っ子が訪ねてきた。
チョコレート
吾が輩唯一のバレンタインデーチョコをうれしく頂戴したのであーる。雪の方は日中は小降りだったのだが夕方近くになってまた本降りになってきた。
雪を被った椿
 吾が輩用足しに外に出て帰った時点で、花をつけた椿の雪の被り様を写した。
夕方のNHKテレビは昨日と今日の気象の変化を伝えている。
IMG_0148_20160215200523b<br />e1.jpg
温度が急降下するのだから、季節も季節、真冬に逆戻りしても不思議ではないのである。

春一番

2月14日(日曜)雨、
今日は一日中雨風、でも予報よりも吾が輩の地域は風が弱く、暖かい雨であった。
IMG_0128.jpg
暖かい雨、と、くれば心なしかリンゴ園の下草が伸びたように思えるのである。
荒れ模様?
靄がかかっているので視界もご覧のとおりだ。
こんな日は処置なし。で、FBで友達の動向を探る。
啓の鬼
すると、長崎に住む曾孫が節分に”豆まき”、鬼になったと写真を載せている。この年ぐらいが一番可愛いわい。
午後は少しがんばって青色申告の決算準備、今日は収入を精査した。昨年の実績は、と言うと、まあまあであった。
春一番
夕方になってNHKテレビは気象情報を伝えている。冨山も今日は春一番が、昨年より8日早く吹いたこと。そして気温は、上市東種で21・2度、魚津で20・9度と、5月上旬から中旬並みだったとのこと、吾が輩の地域も変わらない暖かさであった。
八尾冬浪漫
しめくくりは谷井先生が写された坂の町は禅寺坂の石垣のライトアップ「夢あかり」だ。「越中八尾冬浪漫」が今日開幕したのだが、ライトアップは昨夜からおこなわれているのであった。幸い、春一番は夜になって収まっている。靄の中に浮かぶライトアップを想像しながら筆を擱くとしよう。
 

異常な暖かさ

2月13日(土曜)、曇り
今日は終日曇り空、天気予報では南の風が吹き込んで気温が上がる、との予報。
異常な暖かさ
 その暖かさは、この季節異常とも思えるもので、いっとき室内よりも室外が暖かであった。
椎茸ホダ木
庭の片隅に置いてある椎茸のほだ木には椎茸が膨らんできている。
吾が輩、今日は町日中の「春節の集い」だ。小森さんの車で迎えていただいて会場に出かけた。
会長挨拶        懇親会
今日は旧暦正月の6日だ。集った面々で「爆買」など、最近の中国事情を話し合い、春節祝いのひと時を持った。
下草も緑濃く
帰宅したのは2時半過ぎ、まだ雨にはならず風もない。家の前のリンゴ園、雪が消えて1週間近く経つのと、日照が多かったので、下草の緑が濃くなってきた。
野田さん
暫く休んだところに野田さんが訪ねてきたので、招き入れて、今年の西瓜作りについて相談した。
IMG_0125_201602131719413ab.jpg
夕方になって雨になった。暖かだった上で雨、となると牛岳のスキー場は?だ。今朝の気象情報では、夕方以降は北よりの風で、気温が急降下する、とのこと。明日からは二十四節気「立春」も末候になるのだが、さて気候はどうなることやら。



笠雲かかる

2月12日(金)、曇りときどき晴
12日日の出採用
今日は朝からよく晴れて放射冷却、霜が降りているから気温は(-)だったはず、陽が高くなるしたがって気温は”ぐんぐん”上がり、最高気温は富山17度だったのだから、随分変化の大きい気象であった。
坂の街と重機
吾が輩、今日の午前は菩提寺の役員会に出席だ。会場の「ゆうゆう館」までは廻り道をして、坂の町の今日の表情を写した。
ゆうゆう館 役員会
役員会は10時にはじまり、27年度の事業報告、寺会計収支決算案、28年度の事業計画、収支予算案を審議、承認して議了。そのご昼食をとって散会した。
IMG_0109.jpg 林の彼方に
「ゆうゆう館」の位置から立山連峰が望める。この時間になって連峰の嶺の上に笠雲がかかった。笠雲がかかるのは気候の変わることの前兆だ、といわれる。吾が輩その笠雲を綺麗に写したのである。
午後の吾輩は、郵便局に行って認知症の叔母に代わって残高の確認などをしてきた。
保育所
その後は友人が作るりんごの剪定をおこなった。途中でメルヘンな建物の保育所の傍を通る。ここから見る立山連峰、笠の形は少し崩れたが、懸かっていることに変わりがない。
夕方の立山
夕方になって、今度は我が家の前から、立山連峰を写した。笠は崩れたが、山が近く見える。これはもう、天候が変わることを知らせているのだ。暖か過ぎただけに、明日からのことが思いやられる。

寝ても醒めても

2月11日(木・祝)、晴れ
 今日は建国記念日、青空が広がって日の丸がはためいた。
逆光日の丸 日の丸と屋根雪

 今日の吾が輩「寝ても醒めても」白鳥さまだ。それでも日中はリンゴの剪定枝を片付けた、とだけ書いておこう。
寝ても醒めてもの方はヤボな記事はやめるので、とくと写真をみてくだされ。
2・11の井田川
其処は危険よ      餌はいるの?
近頃は彼女達?も大胆になって堰の上で餌漁りです。
落ちたでしょう
写真上、堰から落ちた白鳥。
立山をバックに白鳥飛来
 入り日が山の端にかかる頃、毎日のように、今冬は塒(ねぐら)になったこの地に次から次えと飛来するので、吾が輩とうとう白鳥に魅せられてしまったのです。
羽ばたき最高       くちばしの色
夕陽を浴びてくちばしの色が鮮やかです。
我が家が入って最高
対岸に写っている真ん中の家が我が家です。
日が落ちて
陽が落ちてもまだ飛来するので、吾が輩「鳥目」を考えなおしています。それにしても今日の祝日は暖かく穏やかでした。日本の将来も斯くあって欲しいですね。

降り続かない雪

2月10日(水)晴れときどき曇り
雪の朝 牛岳
夜来の雪は朝には止んで、一時青空が広がった。今冬は雪が降り続くことが少ないので、ありがたい。
柳沢や
きょう午前は地区の総合行政センターに出かけて税の確定申告の用紙をもらい、久しぶりに仲がよかった後輩のM君と近況を話し合った。その後、途中の銘菓店で買ってきた大福を手土産に、近くに住む叔父貴を訪ね、元気付けをしてきた。
坂の街雪景色
 帰りは、少々回り道をして坂の街の表情を写してきた。今日は何時もと違った地点から写したので聞名寺の大屋根が巧く写った。
晴れ間広がる
お昼になって、朝と同じアングルでリンゴ園をうつした。陽射しが出て枝の雪は消え「光の春」を実感するのであった。
午後の吾輩はテレビで衆議院予算委員会の模様を視聴しながら、青色申告決算書の数値を精査した。
4時半過ぎにはS渡君が仕事先の酒蔵の酒粕をもって訪ねてくれた。吾が輩夕食は粕汁が食べれて満足したのである。
ハートのチーズ
夕食後FBを覗くと、エルバッチャのママさんが、ハート型のチ-ズの写真を載せていらっしゃった。見事な出来栄えだったのでお借りして、今日は筆を擱くとしよう。

霙まじり夜は雪か

2月9日(火曜)雨
 今日は昨日とはうって変わった空模様。朝のうちはまだ小雨で止み間があったので、白鳥の様子見に行ってきた。
堰全景と白鳥
昨日の夕方は次から次へと飛来していたので、かなりの羽数だろうと、確かめにいったのだが、吾が輩が思っていた通り、大勢が堰のところ一面に広がっ遊泳している。
幼鳥が3羽   学習のお陰
 今日は空模様がそらもようだけに観客数?も少ないので吾が輩目を凝らして視ると、今日は幼鳥の数が何時もより多い。吾が輩の近くまで来てくれたので大写しができたのである。
雪降り始め
朝食を済ませた頃から雪混じりになってきた。吾が輩撮影してきた白鳥の写真を取り込んでFBのアルバム作り、親しい友達のタイムラインにも投稿させてもらった。
 フォーカス丘の夢牧場
天候が天候だけに、一日の変化を写そうと考えた吾が輩、カメラのズームを効かせてフォーカスだ。午前は我が家から「丘の夢牧場」、里山に位置するだけあって雪が積もっている。
 午後の吾輩は税の確定申告にむけての段取りで、青色申告の決算にとりかかった。
 3時半過ぎには接骨院だ。回り道して写したのが里山のログハウス、ここは積雪があって納得だ。
ログハウス    高台のお宿
接骨院から帰路に就く前に写したのが高台のお宿、小雪まじりで気温が下がってきている。
IMG_0087.jpg
日暮れる前に、写したのがリンゴ園、ここも小雪になって、”うっすら”と雪が積もった。でも日脚が延びたので暗くなるに時間がある。夕方のテレビ、気象情報は今夜から雪になる、と伝えている。あの白鳥たちはどうしているやら・・・



旧暦正月元日は、快晴だった

2月8日(月)快晴
霜と薄氷
今日は旧暦が1月1日、旧暦で正月を祝う国は「春節」だ。朝から晴れ渡ったので放射冷却、吾が輩のリンゴ園は久しぶりに霜が降りて、水溜りには薄氷がはった。。
春節の日の出     日の出前
晴れる日は吾が輩早くから目覚めて日の出を待った。春節の日の出は。薬師岳の略真ん中であった。
白鳥のダンス     立山と白鳥採用
こんな日は白鳥たちはどうしているだろうか、と吾が輩井田川の堰のところに出かけた。ハクチョウ達今日は春節を祝ってくれた。
剣と雄山     毛勝三
午前のわがはいは、神通川の近くでリンゴを作る仲間のところに剪定の応援に行ってきた。ここは「神通回廊」を世に問う計画があるほど、景観が良い。吾が輩今日は立山連峰が際立って綺麗だ。左は剣に雄山、右は毛勝三山だ。
午後はお米を2口ユーパックで送った後、リンゴの粗皮削り作業、夕方になって、こんどは夕焼けの立山を写した。
薬師夕焼け     連峰の夕焼け
左は今朝朝日が昇った薬師岳だ。夕暮れまではいつもの通り白鳥の観察。今日は写真を割愛しよう。
春節の日没
旧暦正月元日は終日青空が広がり、春到来を思わせる暖かさ、日没を写して思い出に止めよう。

旧暦は今日が大晦日

2月7日(日)、朝のうち小雪後晴れる
今日は未明から雪が降った。目覚めて外をみると一面の銀世界だ。
新雪 朝7時淡雪
雪は7時過ぎまで降ってあがった。新雪は3~5㌢程度、庭の木は綿帽子を被った。吾が輩今日は詩吟の会合だ。出かける前に用水組合のS本さんが見えて暫く話し合った。
総会 花の送呈
詩吟はわれらが流派の富山地区本部の総会と初吟会、そして懇親会だ。今日は今年度限りで退会される前会長N野さんに花束の送呈があった。
八尾の町採用 漢詩と吟ず
会場は坂の町の入り口で、吟友Yさんが営む料理・貸席の店だ。この店には吾が輩が贈った漢詩の額があるので、馴染みのお店でもある。
懇親会は吟詠をよそにカラオケも混じって賑やかに、和やかにすすんだ。終わったのは3時近く、外は春の陽射しがイッパイ、吾が輩家まで4㎞を散歩気取りで歩いて帰った。
水鳥 ひだ号
お店の前は井田川、ここにも堰があって水の流れが緩むので、今日は水鳥が遊泳している。その向こうに鉄橋があって特急ひだ号が通過した。吾が輩久しぶりにテクッてみるとスピード?が出ない、歩幅も狭くなっていて足腰の衰えを思い知ったのである。
雲の上に
 イッパイきこし召した上での徒歩だ。家にたどり着いたところで疲れがドットでたので腰を伸ばして休息だ。4時過ぎになってリンゴ園を覗くと今朝の雪はほとんど消えて陽光が”燦燦”と降り注いでいる。東の空は少々雲がかかっているが雲の上には立山連峰の主峰「雄山の嶺」が”くっきり”と聳えているのであった。
7羽飛来 日暮れて着水
今日は旧暦の12月29日、大晦日だ。昔は百姓の”おおとし”だったのだから、と夕方、田んぼ道を散歩した。帰路は晴れている日のお決まりコース井田川の堤防だ。すると夕暮れ間際になって白鳥が飛来した。彼らもそろそろ北帰行をするのだろうから体調を整えていることだろう。明日は中国の「春節」、春はぐんと近くなるのである。




村は変わった

2月6日(土)晴れときどき曇り
今日は晴れてはいるが、少々風が冷たい。
丘の夢牧場
朝FBを覗くと写真家の谷井先生が丘の夢牧場の素敵な写真を載せていらっしゃったのでお借りした。
今日の午前はJAの農事懇談会だ。吾が輩の組織は大きな隣村に含めてもらっての開催だ。
らんきんぐ・88位
 会合まで時間があるのでブログのランキングをみると、なんと今日は88位にランクされていて驚いたのであった。なにはともかく、いつもご贔屓にしてくださる皆さんに感謝感謝であった。
 JAの懇談会は9時半開始、集った人の数は10数名。JAの役員先生と営農経済センターの次席さん事業実績と新しい年の方針などを話された後、質疑応答が行われた。なにより問題なのは聞く側も話す側も熱意が足りないことであった。
黒田で・1
吾が輩が若かりし頃は、今日の会場に集る範囲は5つの会場で5回に分けて行われたものだが、どの会場もイッパイの人で、熱気がムンムンしていたことを思い浮かべて、吾が輩つくづく村は変わったと思うのであった。
冨山中心市街
午後になってときどき雲がかかり、風も少しは強くなったようなので、吾が輩今日は半ドンして調べ物をした。昼の表情をと写したのが富山市の中心街、昨日より少し右よりに遠望すると、このように写るのであった。高層建築物が増えて都市も変わったなーだ。
このままブログを閉じるには少々物足りないので、夕食後またFBを覗くと、今度はエコロの森の森田さんが素敵な写真を載せていらっしゃる。
高岡市付近
 高岡市付近と書かれているが河口に近いので風情がイッパイだ。この時期積雪がないので例年とは違った景色が楽しめる、吾が輩地方の良さを喧伝したい、と思うのであった。



暖冬はこのまま続くのだろうか

2月5日(金)、晴れ後曇り
雪が降らないのは雪雲がかからないこともあるが、暖かいからであることに相違ない。
シルエットのように
今冬は朝だから、と言って、寒さを強く感じる日が少ない。今朝もそうだ。吾が輩観天望気をしていて、富山市の中心市街地ね目をやると、「トリプル1」と云われる建物がシルエットのように見える。ならば、と写したのがこの写真だ。
吾が輩、今日の午前はこのトリプル1近くの日赤病院までワイフ殿を送った。
新幹線ホーム
 帰り道で、いつかは写そうと思っていた新幹線ホームの風防が近い信号で赤になった。市内に行ったついでに、T征自動車に立ち寄り、先日お願いした車検代を支払ってきた。
我が家の佇まい
家に着く前に雪がなくなった我が家のリンゴ園越に家を写してみた。もうすっかり春の装いだ。午前の余った時間は昨日精米したコシヒカリを知人のところにユーパックで送った。
粗皮削り
 今日は風がないので暖かさの感じが違う。吾が輩、午後はワイフ殿をJR駅に迎えにゆき、帰宅後はリンゴの幹と主枝の「粗皮削り」を行った。この作業は病害虫の発生を抑える上で重要な作業、剪定を終えた後におこなうのである。
麦田の緑
この写真はワイフを駅に迎えに行った帰り道で写した「大麦」だ。今冬は今まで根雪がゼロに近い上、日照が多いので緑が濃いだけでなく、生育が進んでいる。このまま暖冬が続くようだと生育ステージは大きく狂うのでないか、と、吾が輩思うのであった。
牛岳
夕方近く、曇り空の下、牛岳を望んだ。雪が少なくスキー場も問題無きにしも。だろうなーと吾が輩疝気を病むのであった。

寒が明けて、今日は立春

2月4日(木)、晴れ
二十四節気は、きょう(今日から)が立春、”暦の上とは云え”が常套句だが、きょうは本当に「春立つ」を思わせる日であった。
立春の朝    連峰の左端
今朝は気温は低めで”うっすら”と、霜が降りていたが空は晴れて陽が高くなるにつれて気温も上がっていった。
白鳥と立山・2     白鳥・2-1
吾が輩午前は又従兄弟のリンゴの剪定に出かけた。出がけに井田川を覗くと、いるいる白鳥が。ならば、と暫く車を停めておニューのカメラで立春を喜ぶ白鳥を写したのである。
雪が消えたリンゴ園     剪定の応援
又従兄弟のK山君は吾が輩のリンゴ栽培応援団長、だけでなく自らも屋敷内にリンゴを4樹栽培しているのだが、要の作業は吾が輩に委ねるのである。今日は暖かで、彼の園も吾が輩の園(写真左)も、積雪は残り僅かである。
 コイン精米    ガーベラの花
吾が輩、午後は暫くテレビで衆議院予算委員会の質疑を視聴した後、米のコイン精米と買い物をしてきた。
お米は知人から送って欲しい、と要望があったもの。買い物は立春に相応しい鉢花がないか、との思いから。そして買ってきたのが、ガーベラである。
 夕方になって、立春日の日没写そう、と外にでた。
立春の日の入り
写す場所は散歩も兼ねて、井田川ベリだ。すると、今朝の白鳥たちの姿は見えない。しばらく堤防上を散歩していると、やってきたやって来た。
堰に着水     堰に降りる
数羽づつ隊列を組んで、次から次へ、と飛来するのであった。ここのところ吾が輩は白鳥に振り回されているのだが、朝夕これだけ楽しませて貰えるのだから愚痴は云うまい。

節分

2月3日(水)晴れ
夜明け前 日の出(7時19分)
今朝は吾が輩早く目が覚めた。まだ6時過ぎだが明るさが違う。襖障子をあげて外を覗くと、これこのとおり朝焼けだ。お天道様が連峰の嶺に顔を出されたのは7時19分であった。
光の春・1<
今日の午前はまさに「光の春」立山連峰を遠望すると、弥陀ヶ原がキラキラと輝いている。吾が輩、今日は好天に誘われてりんごの剪定だ。今日は寒さを感じない作業日和、作業は捗って暮れから進めてきた成木園の剪定が終了した。
節分
お昼のNHKニュースはローカル番組で、保育所の豆まきの模様を伝えている。今日は節分、我が家も夕食は「恵方巻き」であった。
夕焼けは? 小鳥達
二十四節気「大寒」は今日まで、明日は立春だ。夕焼けは朝焼けほど”すっきり”ではなかったが小鳥達が囁いていることを見る限りでは、明日も荒天になることはないだろう。

ドクターもいろいろ

2月2日(火)小雪から雨
今朝は小雪がやんで雨模様、気温がさほど下がらなかったようで靄がかかったように見える。
墨絵・2
吾が輩カメラに収めてFBに外の景色を投稿した。
カレンダー
 我が家の玄関先には米カレンダが架けてある。2月は「藁にょう」と「水仙の花」の素敵な写真なのでブログで留めておこう。
ネットで勉強
吾が輩午前はネットで農業6次化のための組織つくりの勉強を、した後、今年になって初めての接骨院行き。
午後は小森さんに来ていただいてメールの受発信のことでパソコン弄り。
PC操作 山森さん
不具合は老朋友のWさんのメールが受信できないことが判明したので、メールアドレスを別途設けよう、と接続会社相手に操作するのだが、うまくゆかない。やむを得ずドクターに往診?を依頼することになった。往診?にきてくださったのはB社の専門医?Yさんだ。吾が輩のパソコン、どうも複雑骨折?をしているようで、随分時間を要して、診察・治療?が終わったのは日暮れてからであった。
 吾が輩かたわらで見守っていたのだが、この先生の治療?ぶりに、すっかり感心するとともに、パソコンの摩訶不思議さを改めて思い知ったのであった。
夕方 夕方西
日暮れの写真は、先生が帰られる前に撮影したのだが、雨は止んで雲の切れ目があり、明かりが射している。西の空がこの分だと明日は天候が回復するのであろう。

如月朔日

2月1日(月)、小雪
如月の初日は雪模様、昨日に比べて気温が”ぐーん”、と下がったので、将に「着更着」になった。
新雪 2月正月
 りんごの枝には新雪、そして我が家の朝餉は「月遅れ正月」でお雑煮である。
ネットで勉強
吾が輩午前はネットで勉強、きょうの重点は「1-MCP」だ。午後は例によって小森さんの車に便乗させてもらって、月に一度の勉強会。今日は講師先生の学者ぶりに心を打たれたのであった。
中村先生
今日の講義の中で、吾が輩が懐かしく思ったのが南京のこと。吾が輩1984年に南京を訪ね、孫文先生を祀る中山陵にも足を運んだことがあるので、帰宅した後、当時の写真を探してブログに載せることにしたのである。
南京城門
(この写真は1984年11月にうつしたもので、後方にかすんで見えるのが南京城門である)
夕方になっても霙はやまない。
山並み 冨山空港
山間地は雪になっているようで、県境の山々は雪化粧が濃くなっている。
プロフィール

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR