睦月みそか

1月31日(日)晴れのち曇り
1月晦日は、2月の「光の春」を先取りしたかのような好天であった。
31日リンゴ園
リンゴ園の雪も残り少なくなってところどころ下草の緑が顔をだしている。今朝は晴れているが放射冷却はない。
カメラのプレゼント
 今日は孫娘が、吾が輩の誕生日祝に買ってくれたカメラの贈呈式?からだ。
 早速使うべく、白鳥の撮影に行ってきた。
堰の白鳥
性能の良いカメラなので、先日来飛来している井田川の堰を入れて写したのがこの写真だ。
餌捜し    又来るね
アップで写してみると、このように大写しができて、すっかり嬉しくなったのである。
吾が輩午前はクラスメイトでリンゴイ仲間の村山君を訪ねた。途中で神通川の西派川では、水鳥が遊泳している。今日は水温も上がったのであろう。
西派川の水鳥
1時間あまり、リンゴの剪定のことを話し合って、今度はMさんの自家用リンゴ園の剪定をしてきた。
尖り山
ここの集落は周囲を堤防で囲まれているのだが、その堤防に桜が植えてある。吾が輩その桜並木を入れて立山連峰を写してきた。
 午後も明るい陽射し、日曜なにも好天をムダにすることはない。なので吾が輩リンゴの剪定作業を行った。
しばらくぶりで百位以内height="222" />
 睦月晦日に相応しいのが、ブログのランキングだ。今日は「ゆとり世代」で、今年になって初めての百位以内にランクされている。
前回は12月21日の94位だったのだから、ありがたいことだ。いつも吾が輩のブログを見て応援して下さる多くの皆さんに、心より御礼申し上げ、1月を閉じるとしよう。
スポンサーサイト

誕生日を祝うケーキ

1月30日(土)、くもり時々晴れ
1月もあと一日、雪の日が少なかったことで、吾が輩のブログもネタ切れせずに済みそうだ。
きょうも天気予報が良い方にかわって、曇り空ながら時々陽が射して暖かであった。
剪定枝に農薬塗布 リンゴ園の道
吾が輩午前は,一昨日行ったリンゴの剪定の後始末だ。と云うのは剪定の切り口に薬剤を塗布する作業だ。切口を放任しておくと枝や幹が「腐らん病」に犯されたり、切口の癒合が巧くゆかないので、欠かすことの出来ない作業なのだ。
午後の吾が輩は詩吟教室、今日は大半の生徒が出席して、独吟,合吟と声帯を鍛えたのである、
詩吟教室
 一休みして、今度は散歩がてら白鳥のお迎えだ。午後の5時近くになるのに1羽も飛来していない。やむなく堤防を散歩、と
剣の嶺
 立山連峰にかかっていた雲が少し流れて、剣と薬師が頭を出している。
薬師の嶺
夕暮れが迫って嶺は夕焼け色だ。薬師は我が家の上に聳えて写ったのであった。
17時丁度
白鳥の第1陣は5羽編隊?でちょうど5時にやってきた。
着水 羽根を広げる
そのご続々と隊を組んで飛来したので、吾が輩デジカメを構えたままだ。その方法が良かったと見えて、着水の瞬間をキャッチできたのである。
夕闇せまる
今日は午後の5時を過ぎてもそんなに寒くはない。飛来した羽数もかれこれ50羽をこえたのだが水面は暗くなってデジカメは少々ムリ、帰り支度をしたところに飛んできた編隊?を写して帰宅した。そして・・・
ムッシュー・ジーノケーキ
今夜は吾が輩の2度目の誕生日祝いだ。1月25日が誕生日だったが、平日で吾が輩の孫娘は来宅できなかったので今日お祝いの品を持参したのである。おニューのカメラとケーキだ。カメラのことは明日にして今日はケーキだ。
マコロン・リンゴ    イチゴ
このケーキは、富山県初のフランス人パティシエによるケーキだ。パティシエの名はジョスラン ランボさんだ。本格派フランス菓子だけあって、美味しいことこの上なし、マカロンの旨さも格別、吾が輩正月一番の口福であった。。

マイナス金利,?

1月29日(金)、雨
今日は終日の雨
川霧?
井田川ベリは靄が立って霞んでみえる。気象情報は濃霧注意報がでているようだ。
小鳥止まり木
隣家の大榎の枝には小鳥が止まっている。空が見えないでも絵にはなる。
日立市・うのしまヴィラの砂浜
今日の午前K農機のM田さんが中古で処分する田植え機を引き取りに見えた。ワイフ殿の実家から借り受けて3年余り使った田植え機だったが、仲間が今年から稲作を止めるので、中古処分の運命になったのだが、なんとも寂しいことである。
 M田さんと田植え機を見送って後、FBを覗くと「ぶなの森」のTさんが日立市に行かれて、「うのしまヴィラ」の砂浜を載せていらっしゃったので、雨降りの気晴らしにと借用した。
雨のリンゴ園
午後になって雨音が大きくなったように思う。
包装は・・
1時過ぎにワイフ殿の実家の甥っ子がやってきて、28年度の農地利用計画の書類を認めた。手土産に持ってきてくれたのが大福だ。吾が輩大福のたぐいは大好物、早速と食したのであった。
IMG_0274.jpg
今日は天皇陛下のフイリピン訪問のことをはじめいくつか記憶しておきたいニュースがあるのだが、なんと言っても、日銀総裁の記者会見で発表になった「マイナス金利」のことだ。デフレ脱却、物価安定、物価上昇率2%と、分からないこともないが、マイナス金利までせねばならぬ世の中が吾が輩にはわからないのである。考えようによればこれも霧の中、霧が晴れるのは何時の日だろうか。

最高気温は3月中旬並み

今朝は日の出近くになって起床した。時間が時間なので日の出を写そうと外にでたが、寒さを感じない。
日の出前 雲間から
気象情報の日の出は6時57分だ。お天道様が薬師岳の中腹に顔を出されたのは7時19分であった。
吾が輩、朝の出に白鳥を観察し、しかる後JAへ、果樹の剪定した切り口に塗る薬剤を買いに行ってきた。
白鳥は今朝も多く井田川に飛来していて、泣き声が大きい。
白鳥・1  我が家と白鳥
今日は左岸堤防から写したので、我が家も写っている。
欄干のある風景
JAへの経路は回り道をして何時もと違うアングルで坂の町を写して来た。題して「欄干のある風景」。午前の吾輩はリンゴの剪定だ。
午後は軽トラの車庫前を除雪して軽トラを出し、1ヶ月走行しなかったことで、バッテリーが上がらないように路上走行をした。
その後しばらくNHKテレビで参議院本会議の代表質問を視聴した。夕方近くになったので、再度白鳥の観察だ。出掛けに東の空をみると、毛勝三山が夕陽に照って浮いているように見えたので写した。
毛勝三山
白鳥は日中同じ場所にはいないで夕方になって、また飛来するのが分かってきたので吾が輩も、その日によっては2回も観察に行くようになったのである。。
夕陽を浴びて飛来
今日の夕方は、すこし遅めに飛来した。ここの場所はラバー風船で堰が作られていてチョットしたダム。でも中州が出来るほど浅い所もあるので白鳥たちの格好のダムなのだろう。
日の入り近く
日の入りは気象情報では5時11分。立春が近くなっただけに日脚はかなり伸びてきたのである。

外仕事も苦にならず

1月27日(水)、くもり時々晴れ
今朝は晴れてはいるが、東の空に雲がたなびいていて日の出は写真にすることが叶わない。
IMG_0212.jpg
雲の陰・1
が、雲が薄いところにお天道様が昇られて、”ぼんやり”みえるのが絵になったのであった。
雲の陰・2
吾が輩、午前は10日ぶりにリンゴの剪定だ。先日魚津の剪定講習で身につけた知識を思い出しながら入念に作業を進めた。
午後も3時近くまで剪定を行っていたところへ、T尾さんが訪ねてくださっったので、招きいれて果物作りのことを話し合った。
床尾さん スープ
T尾さんからは奥さんが手作りされた、さつま芋はパープルスィートロードのスープをお土産にいただいたのだがとても美味しかったので記事にしておく。
九度山の柿 柿の九度山
果物作りの話は、先日のNHKテレビが放送した「和歌山県九度山」の柿に及んだ。たまたま吾が輩テレビ画像を写しておいたので、リアルな話になったのであった。
夕暮れ
日暮れになったので、吾が輩「観天望気」だ。西の空には雲がかかっているが、雲の切れ目から夕焼けがみれる。多分明日も天候が急に変わることはないだろう。

冬晴れ

1月26日(火)晴れ
今日は朝から晴れて、放射冷却、路面が凍った。
兼六園の雪 冨山城址
テレビの朝のニュースは各地の状況を伝えている。左は金沢・兼六園、右は冨山・城址公園の今朝の表情だ。
吾が輩午前は総合行政センターへ出向いた。途中で、県境の山を写したのが右の写真だ。用件は、従兄弟の相続放棄申述に必要な戸籍謄本の交付を受けることであった。帰路は近くに住む叔父貴をたずねて、そのことの経緯を話してきた。
県境の山々 行政センター
総合行政センターは、富山市に合併前は町役場だ。吾が輩が30年余通った建物なので愛着がある。
冬晴れのリン園
帰宅したのは昼近く。この時間、風もなく青空がひろがって"冬ばれ”だ。リンゴ園から立山連峰を望んで"冬ばれ”を写した。
午後は、旧市内の入り口にある家庭裁判所へ出向いた。
冬晴れの空港 家庭裁判所
用件は昨年の11月に亡くなった叔父貴の遺産相続人の一人で、叔父貴の実家の甥S君が相続放棄を申述する書類の提出である。吾が輩、先日亡くなった従姉妹のN山さんも申述することになっていたので、かれこれ1ヶ月近くこの手続きに関わったのだが、N山さんが亡くなったので、ようやく手続きを済ませたのである。帰宅して町日中の年中行事、「春節の集い」の案内状をプリントしてポストに投函してきた。
 夕方近くになって、散歩がてらに白鳥の観察にいったのだが、今日は1羽も飛来していない。それもそのはず、夕方のNHKテレビで、田尻池に白鳥をはじめ多くの鳥が来ているのを映している。あまりにも見事なのでテレビの画面を写したので亜ある。
田尻池 日没
散歩の帰りは日の入りの時刻であった。山の端にお天道様がかかられたのが5時近くだから、日脚が伸びたのを実感したのであった。今日は2~3日続いた荒れ模様とは打ってかわって"冬ばれ”の一日だった。吾が輩も、いくつか気にかけていた案件が済んで、心が晴れたのである。

馬齢を重ねて83歳の誕生日となった

1月25日(月)、くもり時々小雪
 83歳の誕生日は話題豊富、朝から順に、写真を多く使い文は簡潔に認める。
①、昨夜は15㌢程度降り積もったので朝早くに、今冬2度目の除雪車が来た。
除雪車   庭の雪
 ②、今朝の冷え込みは全国的、朝のテレビは各地の気温を伝えている。午前の吾輩は今朝の状況をFBに投稿するなど、パソコン弄りだ。
冷え込んだ   アメリカも
 ③、午後になって誕生日のお祝いにネズミ君と佐渡君がやってきた。ネズミ君は一人?でなく2人?らしい。佐渡君は農地の利用権設定のサインも行っていった。
佐渡君 ネズミ君a>
④、一段楽したところでティタイム、今日は息子が誕生祝に贈ってくれた「紅ほっぺ」に娘が買ってきたケーキだ。
紅ほっぺ ハピーバースデイ
⑤、贈り物のついでなら、と長崎に住む曾孫たちの状況をママさんのブログでたしかめると、長崎も雪でパパもママも幼稚園も休みでカマクラを作って遊んでいる写真が載っていた。
雪で大喜び   長崎のかまくら
⑥、夕方になって空が晴れた。どうやら雪はあがるらしい。夕餉は吾が輩の誕生日を祝ってワイフと娘で作った、ささやかな祝い膳、でも酒の方は佐渡君がもってきた取って置きの銘酒だ。ごちそうさまでした。
夕方 祝い膳
⑦、しめくくりはなんと、お月様が満ちて、吾が輩の誕生日を祝って下さったのであった。
満月


西日本で記録的大雪

1月24日(日)雪
今日は今冬一番の寒さ、だけでない。雪のところが多く、西日本では記録的な大雪であった。
7時NHKニュース 長崎も雪
順序はともかく、夜7時のNHKニュースが伝えるところでは奄美大島では115年ぶりの雪、長崎では1906年に観測を開始以来の積雪だったとのこと。
アメリカも
また、アメリカでも東海岸で大雪、ワシントン、ニュヨーク州など11州で非常事態宣言、と云うのだから、日本ともどもビックニュースだ。
雪積もる image1 (1)
勿論、雪国富山も例外ではない。それでも、風雪は時折強かったものの、積雪深はさほどでなく、吾が輩の地域で20㌢強程度であったので、ヤレヤレだ。きょうは菩提寺で新年になって初めてのお参りごと「お日待ち」だ。善男善女、そして「厄年」の人たちが1年の安泰を祈ったのであつた。
image1 (2)    雪の中で
吾が輩、雪のことが気がかりだったので、愛用のデジカメを忘れてしまった。やむなく菩提寺の若様からメールで写真を送ってもらって掲載したのがこの写真だ。今日は恒例の「古いお札」の”さぎちょう”が小雪の降る中でおこなわれた。お昼の振る舞いは、小豆雑煮だ。吾が輩これが大好物、お代わりをして頂いたのである。
光さす
帰宅したのが2時前、一休みしてリンゴ園をみると、雪は止んで明かりが射している。雪国でありながら、今日のところは大雪とまではいかないようだ。
夜になって、雪の降りようは、と、外をみると、なんと月明かりだ。
月夜
月齢は14・1、旧暦は12月15日だから十五夜だ。満月なのに大雪、北陸は今夜から明日にかけて雪が降り積もる、との予報だから油断は禁物だ。

従姉妹と知人の葬儀

1月23日(土)曇り一時晴れ
今朝は些か冷え込んで路面が凍結した。日が高くなって陽射しがのぞいて寒さは緩んだ。吾が輩午前は従姉妹で最年長だったN山さんの葬儀に参列した
太陽光発電
 斎場の近くには太陽光発電がある。地表には雪が残っているが架台の上には雪はない。
読経と・・     故敏子さん遺影
N山家の葬儀は10時にはじまった。遺影の従姉妹は吾が輩の亡母によく似ている。享年が90歳、安らかな顔で息を引き取ったとのこと、天寿を全うされたのであろう。吾が輩棺の前で香をくべ、、冥福を祈ったのであった。
帰宅の頃は青空が広がって、南の方角の県境の山山は山容がはっきりわかる
県境の山     牛岳
 昼食をとって暫く休んで、すぐ午後の葬儀に出かけた。今度は「フレッシュK」のお店の奥さんの葬儀だ。吾が輩、桃やリンゴが熟すと、フルーツパックやフルーツキャップを準備していただくほか、出かけついでに食料品を買っていて懇意にさせていただいただけでなく、実家の弟さんとも昵懇の仲、急病で亡くなられただけに、信じられない思いで葬儀に参列したのであった。
在りし日の小森さn      故小森栄子さん、遺影
 昨年の秋は私が作ったリンゴや柿、そして洋梨とさしあげて、喜んでもらった顔が忘れられないのであった。享年69歳だから、吾が輩よりも15歳も年下、遺族の皆さんに心より哀悼の意を表したのである。
ひよどり?     東の空
葬儀が終わってから、今年になって初めての詩吟教室に足を運んで、久しぶりに大きい声を出してきたので、気分転換になった。
帰宅すると、柿の枝に小鳥達が止まっている。雪が早くあがったので、餌にありついたのかまるまると太ってみえる。
東の空は、と見渡すと、そんなに早くは模様が変わらないようで、ありがたい一日であった。

冬型ゆるむ

1月22日(金)、小雪から曇、ゆうがた晴れる
大寒になって2日目、朝の冷え込みもそれほどではなく、午前中に小雪も止んで、午後には冬型がゆるんだ。
吾が輩午前中はワイフ殿が日赤に通院したので留守居だ。ネットで世相を読む?のもまた楽しからずや、である。
禅寺坂(1・21) IMG_0067.jpg
FBでは写真家の谷井先生が、地元八尾は坂の町の特徴的な写真を載せていらっしゃる、右の写真は吾が輩が昨日写したもので、アングルは違うが石垣のある風景だ。
 午後の吾が輩は車検が済んだ車を引き取り、旧市内の妹宅によった後、呉羽の種屋に、遅まきの年頭挨拶?に行ってきた。
リンゴ腐らん病 大先輩
 前もって電話をしておいたので、社長が待っていてくださって、新情報を仕入れる?とともにリンゴの病害などの勉強をさせていただいた。
 帰宅したのが4時半すぎ、空が晴れてきたので散歩がてら、先日来目を楽しませてくれている、白鳥や如何に、と井田川に堰の場所に出かけた。
12羽キャッチ
 日の入りの時刻になっているのだが、次から次ぎえと、白鳥が飛来して、堰の上流で遊泳している。
よく出来ました 飛来大写し対岸にも観察に来ている方もあって、この場所は白鳥フアンの散歩コースになったのである。
月昇る
 踵をかえして東の空をみると、月が昇っている。帰宅して気象情報をみると、月齢は12・1だ。昔の人は満月の頃は雪は積もらない、と言ったのだが、3日後の旧暦12月・十五夜は、そうはゆかぬようだ。

大寒入り

1月21日(木)曇りときどき晴れ
大寒入りの今日は、寒さもほどほどで、日中は晴れ間がでた。
IMG_0064.jpg
雪も意外と早くおさまって、井田川の方角にカメラを向けると、靄がかって見える。
吾が輩午前は、役所にいって、亡叔父の遺産相続手続きに必要な亡母の父親の戸籍謄本(除籍)を、とってきた。
坂の街 聞名寺の鐘楼
役所の近くから坂の街雪景色を写した。ついでにと街の中にまで車を走らせて、名刹の鐘楼も写してきた。帰路は小叔父貴を訪ねて御機嫌伺いだ。高齢なので炬燵の守だが、難聴はたいへんだなー、と、いつも思うのである。
明かりさす 大寒の候・寒梅
お昼にはお天道様が顔を出されて、リンゴ園は明るくなったのである。寒梅の花も満開に近く、「寒」が似合っている。
午後の吾輩は、リンゴ仲間に剪定の資料を届けてきた。先日の選定講習で「果台枝」のことを学んだので、その「果台枝」をより深く知るに役立つ、と、考えてのことだ。
種届く
帰宅すると、先日注文した野菜の種が届いている。今年に入って初めて発注した種で、ズッキーニが中心だ。
午後の余った時間?はテレビの視聴だ。
柴議員の質問 又市先生の質問
今日は参議院決算委員会の模様が放映されている。写した写真は比例区の先生方、お2人はともに富山県人なので、関心をもって質疑のヤリトリを見守ったのであった。
 「大寒」、暦便覧には、”冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也、と書かれているが、”至る”には未だ間がありそうな「大寒入り」であった。

暖冬一転大雪は,どうかな

1月20日(水)小雪、晴れ間もあり
除雪車初出動
今朝は5時に除雪車が市道の除雪に来てくれた。寒いのに本当にご苦労様だ。2度寝した吾が輩、起床は7時過ぎであった。
吾が輩の地域の積雪は15㌢程度、夜が明けてからは小止みになって、時々止み間がある。
世界を見る目
 こんな日はネットで調べ物や、読みもの漁りだ。
サウジアラビア訪問
 目に止まったのは、ダイヤモンドWEBの「世界を見る眼」、テレビは中国の習主席がサウジアラビアを訪問したニュースだ。
冨山湾
昼の時間には、県内の雪のことが伝えられている。海岸よりは強い波浪、珍しいのは富山市猪谷が6㌢の積雪に止まっている事だ。
金閣寺雪化粧
京都でさえ数センチの雪で金閣寺が雪化粧しているのに・・・・だ。
午後も吾が輩、テレビを視聴したり、本を捲ったり、と、”ゆるり”と過ごした。
IMG_0062_20160120174658937.jpg
夕方になって外に目をやると、もう”あまけて(雨けて)”リンゴ園は枝の上に雪がない。新聞は「暖冬一転大雪」と書いているが、吾が輩の見立て?は「そうでもない」だ。

冬将軍の襲来

1月19日(火)雪
昨夜は、久しぶりの雷鳴、冬将軍がやってきた。未明には雨が雪にかわって今朝は横殴りの雪だ。吾が輩今日は乗用車の車検で、冨山に行く。出かける頃は雪の降り方が弱くなって、運転には支障がない。
鎮守の森
出掛けに写したのが鎮守の森だ。境内の老木が雪の彼方にある。
街路樹
主要道路は融消雪装置が作動していて路面に雪はない。空の暗さは何を語るのか・・
我が家も真っ白
 帰りは代車だ。家が近づいたところで我が家を写した。午前の余った時間は書棚の整理だ。
雪の華
お昼を済ませた時点でリンゴ園をうつした。リンゴも庭の木も着雪で”花が咲いた”のである。午後の吾輩は珍しく?読書だ。今日は雪オンリーの写真で、筆を擱く。

関東甲信大雪

1月18日(月)雨
今日は未明からの雪で関東甲信が雪世界に変わった。
東京都心雪 午前中大雪
早朝からメディアは、その状況を伝えている。東京は都心で3cmとのことだが、雪国に住む者にとって”たかが”3cmで大騒ぎする大都市の弱さを知らされるのである。
富山は雨
それに比べて冨山、わけても吾が輩の地域は朝はおろか夕方になっても雪は降らず雨だ。我輩午前は税務署へ提出する書類をポストに入れた後JAに行ってリンゴを貯蔵する上での新情報「1-MCP」のことで話し合ってきた。
 午後はネットを使って今年重点を置く作物の勉強だ。
ウイキョウの花 サーモンのスモークとウイキョウ
中でも、薬草の類で多年草の「ウイキョウ(茴香)」は、香辛料としても興味があるので、とことん調べたのである。写真左はウイキョウの花、右はウイキョウのレシピで見つけたパスタで、いろんなことが判ったのであった。
 栃木の雪
夜になって、那須塩原のお友達をFBで訪ねてみると、ここもハウスの上に雪がある、と写真を載せていらっしゃる。今度の寒さは全国的、吾が輩の地方も明日は雪だ。

楽農のすすめ

1月17日(日)晴れのち曇り
1月はここまで雪がなく、その間に主要な用件がかたついた。今朝も晴れて放射冷却、地表に一面の霜が降りている。
日の出 雑草もパリパリ
夜明けもかなり早くなって気象情報の日の出は7時2分だ。陽が上って光を浴びた草の緑が綺麗だ。我が家は午前珍しい方が訪ねてきた。昨年11月に亡くなった叔父貴の奥さんの実家のY田さんだ。あれ以来幾度も旦那さんともども話し合ってきたので、双方の事情がわかったのだが、わけてもお子さんが地方公務員だったこと、田畑の使い方について悩んでおいでたので、吾が輩のリンンゴ園を見に来るように、申し上げていたのが実現したのだ。息子さんも一緒だったので、吾が輩「楽農」のすすめをしたのであった。
雄山つ剣 山田さん
お昼近くになってお帰りになったのだが、この頃からすこし曇りぎみ、でも立山はまだ雲にかくれることはなかった。吾が輩午後は、いつも敏速に対応していただける農機具店の「農機フエア」に行ってきた。
乾燥器 覗き込む
狙いは、先日カタログをいただき説明を受けた乾燥器の実物を、この目で見極めることであった。コンパクトで値頃でもあったので、今年はお借りして試用する予定になったのである。
トラクター0 乾燥機
会場にはピカピカのトラクターや穀物乾燥器が展示されいる。農機具と云うより愛車の一つ、値段も外車以上とあって吾が輩、目を丸くしたのであった。
 帰路は電気量販店に立ち寄ったほか園芸店にもよって鉢花などを買い求めてきた。
丘の夢牧場
経路から、夢の丘牧場がいろんなアングルで写せるので、少し回り道をして写したのがこの写真、里山の麓でもあって雪は残っていた。この天候も今日限りのようで、明日からは荒天になるとの天気予報だ。

2時間半の立ちんぼう(立ちっぱなし)

1月16日(土)曇り一時晴れから雨
今日は魚津市に在る県果樹研究センターで「りんご剪定講習会及び講演会」が開催されるので出席だ。
8時前に仲間のM上さんお車に便乗して出発した。
丘の夢牧場から
上の写真は、写真家の谷井先生が今朝、丘の夢牧場から写されたもの、吾が輩の地域の方向にカメラが向いていたので、お借りした次第。雨にならなかったので遠出に幸いした。
魚津の果樹研究センターに到着したのは9時過ぎ、既に剪定講習会は始まっていた。
到着    青空広がる
剪定講習の講師は、秋田県果樹試験場のりんご部部長上田仁悦さんだ。始まって小1時間たったころは青空が広がって、将に剪定講習日和、講師先生は入念に鋸・鋏を入れる枝を指示されてゆくのであった。
見上げる    樹齢は
この果樹研究センターのりんご園は樹齢が80年近くのものもあって幹周りは太く、樹冠も大きい。吾が輩の園は今年25年目になるのだが、教えられることが多くあって、収穫大であった。
 1樹の剪定に要した時間は2時間半、講師先生も受講者も、その間休みなしで”立ちんぼう”をしたのである。お疲れー
研修会
午後は、「秋田県における果樹剪定枝の処分の現状と利活用に関する意識調査」をもとに講演があり、質疑応答の時間をとって、閉会になったのである。
 吾が輩、暫くぶりに、魚津での剪定講習に参加して旧知の方にもお会いすることができたし、剪定以外のことについても教えてもらえて、今日は有意義な一日であった。
押切さん、漕艇場
ブログを書くにあたって、FBを覗くと、これまた写真家の押切先生が細入の「県漕艇場」の写真を載せていらっしゃった。今日うつされたものだが、神通峡に光が射した素敵な写真、またもやシェアをさせていただいたのであった。

肩の荷が下りて

1月15日(金)、曇りときどき晴れ
朝・牛岳
今日は午後1時に家庭裁判所の予約がとってある。昨年の10月から準備してきた叔母の成年後見人の選任申し立てだ。心配していた雪はおろか雨さえ降らないので先ずは安心だ。午前中は揃った書類を、もう一度チェック、すると未だ足りないものがあって調える。
仲良し
昼近くには晴れ間も広がって、今日もスズメたちがリンゴ園にきて餌漁りだ。この写真で見る限りは枝に害虫の卵でも有るのかなー、とさえ思われるのである。
家裁・2 家裁・1
早めに昼食をとって旧市内の家庭裁判所まで出かけた。
空港
空港には今日もチャーター便が駐機している。冬とは思えぬ活況だ。裁判所では、今日のところは事務方さんのチェックと弁護士さんの予備審査を受けた。お二方とも親切に事情を聞いてくださって、気楽にお答えできたのであった。昔から”案ずるより産むが易し”と言われるのだが、今日はその通りになって受理されたので、吾が輩「肩の荷がおりた」のであった。
帰路は郵便局によって、ナチュラル・ハーベスト(有)にズッキーニの種代金、追加分の送金をした。
小鳥
帰宅すると、果樹の幼木園に小鳥が餌漁りにきている。積雪がないので土中の昆虫達が狙われているのであろう。
日の入りが迫って空が明るくなってきたので牛岳を写そうと、外に出ると、白鳥の鳴き声が大きい。ならば、と吾が輩3~4日ぶりに白鳥を観察に行った。
白鳥が舞う 着水
今日は田んぼでなく、井田川の堰がある箇所で遊泳している。と、隊列を組んで飛来するのに出くわした。チャンスとばかり構えて写したのがこの写真だ。陽が沈んで夕焼け空に飛んできたので綺麗な絵になったのであった。
夕方牛岳
雪の予報はどうなったのか、牛岳も晴れている。やはり今週いっぱいは雪の心配は不要のようだ。雪は”案ずるまでもない”のだろうか。

積雪とは言えないなー

1月14日(木)、雨
今朝も吾が輩の地域は”ちらちら雪”なので積もったとはいえない。
積雪と言えるかな
富山市内は積雪があった、と気象情報。積雪の遅い記録を塗り替えたらしい。
残り僅か
リンゴ園は枝に雪がないので小鳥達が残り僅かになったリンゴに”ありついて”囀っている。
吾が輩今日の午前は、明日家庭裁判所に叔母の成年後見人の申し立てにゆくので、提出書類のチェック作業、やはり念には念をだ。
提出書類チェック
 この書類着手してから随分時間がかかった。すんなり通るかどうかは明日になれば判る。
 午後になって県農業共済の方が、農機具共済加入のことで見えた。吾が輩招き入れて昨今の農業問題について話し合った。
ズッキーニ・2 ズッキーニ・1
午後の大半はネットでリンゴの病害虫関係の資料を調べた。夕方近くになってナチュラル・ハーベスト社からメールが入ったので、ズッキーニの種を注文した。
湯島聖堂の孔子廟
日暮れてFBを覗くと、農水省勤務の友人Aさんが、先日、湯島天神に行った、と孔子像の写真を載せていらっしゃった。吾が輩こんなに大きな孔子像は初めてだったのでシェアさせていただいたのである。

きょう ha  よう ga

1月13日(水)、くもり時々晴れ、夕方から雨
この時期、晴れている朝は霜が降りる。
朝の霜
今朝は田んぼの藁の上はもとより、草の上にも霜が下りている。
山肌
吾が輩、明後日は叔母の成年後見人の申し立てに家庭裁判所に出向くのだが、その際提出する書類に貼付する「収入印紙」を買ったり、金融機関での残高の写しが必要になるので、郵便局にいったり、などなどのため外出だ。家を出たところで、県境の山並みを写した。この時間よく晴れていて、つづら折れの山肌が綺麗に写るのであった。
隊列2 2羽・足の色に注目
帰宅したところで隊列を整えた小鳥達の出迎え?をうけた。
弥陀ヶ原
お昼には雲間から顔を出した立山連峰が写せた。今日は中腹辺りまで晴れて雪の状況が分かるのである。
午後になって今朝連絡をいただいたK農機具店のMさんがメーカーの方とともに訪ねてくださった。
ドライフルーツ
きょうは先日吾が輩がお願いした果物・野菜の乾燥機(器)のことでカタログを持って説明に来てくださったのである。
吾が輩、仲間の人たちともそうだんして、ドライフルーツ&ドライベジタルを手がけたいと思っているので、今日は突っ込んではなしあったのである。4時過ぎに、今度は昨年から吾が輩のリンゴ園で研修をしているS君が訪ねてきて、今年の計画などを話し合った。
mosuku.jpg
 夕方のNHKテレビ、ニュースでトルコのイスタンブールで起きた爆破事件のことを伝えている。イスタンブールには吾が輩の姪っ子が主人・子供とともに住んでいるので関心を払わざるをえないし、吾が輩もワイフともどもこの地に旅したことでもあり、早く平常に戻るのを祈るのであった。

うっすら雪化粧

1月12日(火)雨一時小雪
松がとれて2日目、ようやく雪。でも夜来の雪はうっすらと雪化粧しただけで朝には雨にかわった。
雪化粧 うっすら雪化粧
我が家の庭もリンゴ園も"積もる”までにはならなかった。
美しい国日本 IMG_0244.jpg
吾が輩午前は、訪ねるはずのMさんを待ちまち、テレビ視聴。今日は衆議院予算委員会で補正予算案に関する質疑が中心だ。吾が輩、政権与党がどこまで農村事情を知っているのか、むなしい思いをするのであった。
東京初雪
お昼のテレビ気象情報によると、今日は東京でも初雪が観測された、と伝えている。午後は小森さんが訪ねてくださって、町日中の行事について打ち合わせ、パソコンも手入れをしていただいた。
夕方になってもMさんは見えず少々予定は狂ったが、ま、よいかと割り切った。
曾孫たちの正月 博物館・2
 となれば、ブログは物足りない。ので、こんなときにと”とっておき”の曾孫に助てもらうことにした。この写真、長崎に住む孫ファミリーが正月実家の福井にやってきて福井のファミリーと一緒に遊んでいる微笑ましい画像だ。吾が輩もこれが何よりの慰めになるのであった。

鏡開きに講書始?

1月11日(月・祝)、雨
 吾が輩、昨日は強行軍?をして疲れたので、今朝の起床は8時近くであった。
雨模様
 外に目をやると、静かに雨が降っている。今日は鏡開き。我が家は恒例によって”ぜんざい”だ。この”ぜんざい”に用いられた小豆は、昨年、藤瀬さんが山畑で作った「大納言」だ。
ぜんざい
 小豆「大納言」は晩生種で大粒、餡は勿論、”しるこ”にしても他に追随を許さない小豆。もちろん今日”ぜんざい”は美味しくて、わがはいお代わりをして食したのであった。美味いものついでに食べたのが”やきいも”だ。
プレミアムやきいも
この"やきいも”はきのう大阪駅のコンコースの「らぽっぽ」で買ったものだ。「プレミアムやきいも」と言うだけあって、高価。値打ちは食べてみて分かった。完璧な自然食品、そのうえ美味しいことこの上なし、吾が輩感心すること頻りであった。午前の吾が輩はパソコン弄り。午後は月に1度の勉強会だ。
講書採用     IMG_0236_201601111740120b3.jpg
あえて言えば、吾が輩の講書始め?であった。講師先生は、吾が輩これが学者先生と焦がれるN先生、きょうは格別見識の高い内容だったので”腹ふくるる"思いに浸ったのであった。
空港
今日も行き帰りとも、小森さんの車に便乗だ。いつものとおり空港近くで写真を撮った。
 帰宅してネットで見つけたのが利賀村の「初午」。伝統を守る関係者の人達に頭が下がる思い。子供さんたちの熱演?に感じ入って写真を借用した次第。
利賀の初午

年始、初めての遠出

1月10日(日曜)、曇りかな?
 今日は早起きして、大阪は岸和田へ行く。我等が流派の「初吟会」に出席する。心配していた雪もなく安心だ。
寒梅 県境の山
 出発の前に北京の老朋友に先日届いた「龍蔵経文」の拓本の礼をメールした。ついでにパソコンの前に掛けてある和漢名詩撰暦1月の「梅花」を載せて置くとしよう。
井田川鉄橋 かがやき号
地元のJR駅で7時40分過ぎの電車に乗る。途中井田川の鉄橋を渡る頃は陽射しが降り注いで綺麗な写真になった。冨山から金沢までは新幹線だ。
琵琶湖 大津が写っている
金沢を9時3分に発射したサンダーバード、途中湖西線で車窓から琵琶湖を写した。ここまでくれば陽が高くなって晴天だ。
宗家会長挨拶 君が代
会場の岸和田市産業会館に到着したのが午後1時近く。1時かっきりに初吟会が始まった。君が代斉唱からセレモニー、宗家会長の初吟の題は「宝船」であった。2時には懇親会。吾が輩たちは終了を待たずに帰路についた。
大阪駅の雑踏
帰りの「阪和線」は関空からの客が多い。大阪駅は3連休の中日で混雑している、混雑の様子をみるのも、この旅の楽しみ?だ。
富山駅に降り立つ我
金沢からの新幹線、アッという間に富山に到着だ。富山駅のコンコースには山田の敬翁桜が飾られていて、吾が輩、今日は最後の感心をしたのであった。

雲が流れて

1月9日(土)、曇りのち晴れ
降らないときは降らない雪。昨夜の気象情報では、冬らしくなって雪の降るところも・・・、だったが朝になってみると、雪どころか、雨も止んで、雲が動いている。
雲が湧く
 雲流れる、と言うよりは雲が湧くだ。吾が輩午前は北京の老朋友宛のメール下書きだ。
rinngo_20160109185330e3d.jpg リンンゴ入り大根
”おやつ”でもなかろうが、ティータイムに昨日買ったリンゴ入りのパンを食べた。なかなか美味い。この美味さだとすると、我が家でもパンを焼くことを考えるかな・・・
雲間に立山
お昼近くになって陽射しが広がった。雲の合間に立山の裾が顔を出している。立山は雪だったのであろう。
午後は、春らしい空になった。吾が輩、ならばとリンゴの選定作業だ。4時近くになって、仲間の藤瀬さんが見えたので作業を止めて新年の計画を話し合った。
緞帳のように 夕映えの薬師岳
日暮れ間際になって立山連峰の嶺峰が雲の上に顔をだした。分けても薬師岳は夕陽を浴びて綺麗に浮かんでみえる。
この分であれば、明日も雪は降ることがないだろう。

小鳥が送り迎え

1月8日(金)、雨
今日は終日の雨、吾が輩午前はネットで調べ物、そこえ従兄弟の細君が訪ねてきて亡叔父のことや、病んでいる叔母のことなど話し合う。午後はワイフの"お抱え運転手だ。
大榎の鳥
 玄関を出ると、隣家の大榎に多くの小鳥が羽を休めていて、吾が輩たちを見送ってくれた。
警察前の小鳥
 ワイフの用は管轄の警察署にいって更新した免許証を受領することだ。警察署の前の木には多くのスズメが羽を休めて迎えてくれた。
日産化学の煙突
 警察署近くには,市内でも著名な化学の工場がある。今まで、うっかりしていたが、煙突に似た建造物に取り付けられた会社のマークの大きいのに吾が輩感心したのである。
豊富な種類
帰り道は、大型商業施設「ファボーレ」に寄って買い物だ。吾が輩ときたま行って、いつも感心するのは「食鮮館」だ。客の多いのと、売り方の上手なことだ。わけても米の消費の減退に繋がるパン、とりわけ菓子パンの種類の多いのに驚かされ、これでは米が余るのは当たり前だ、と思うのであった。
2通の郵便物
帰宅すると中国から2通の郵便物が届いていた。北京の老朋友からは、雲居寺の龍蔵経文の写し、そして張家口の朋友からは年賀状であった。
雲居寺の経文
重いよ
昨日は「白鳥の虜」になった吾が輩だが、今日は小鳥達に送られ小鳥達に迎えられての帰宅だ。家の前の電線にはスズメと椋鳥かな、多くの鳥たちが帰りを待っていてくれたのであった。

白鳥の虜になった

1月7日(木)、雨時々止み間もあり
曇天
今日は雨模様、でも気温はそんなに下がらない。リンゴ園は剪定が進んだので小枝が少なく見える。吾が輩午前は車で気晴らしに出かけた。
八尾の街並み 大屋根
 坂の町は、この時期雪に覆われているのが普通なのに、年末年始は雪がなく、名刹の大屋根が雨に濡れている。
メール便 パソコンでメール
一回りした後は、先日北京から届いたメールに返信だ。暖かさに誘われて田んぼに餌を求めて飛来した白鳥の画像も添付したのである。
 午後もネットで調べ物をしていたのだが、4自前に雨が一旦止んだので、散歩にでた。今日も白鳥は飛来したかな、との思いもあってだ。
はぐれ鳥 いつもの田んぼのところまで行くと、きょうは4羽のみだ。逸れ鳥だけかな、と思いながら、ゆっくり帰り道を歩いて堰まで行くが水鳥だけ。諦めかけた頃に、主力?の飛来だ。
残念ピンボケ 着水
隊列を組んでの飛来、チャンスとカメラをむけたのだが、如何せん彼らは飛んでいるので、ピントを合わせ損じてボケテしまった。
水鳥と仲良く
もともと雨模様、そのうえ日没の時間が済んだところに、もう一陣が飛来して堰に着水した。
吾が輩暗くなった水面を眼を凝らしてみると、先に遊泳していた水鳥達と一緒になって白鳥も遊泳するのであった。思えばこれで4日連続でブログを書いているのだから、吾が輩白鳥の虜になってしまったようだ。

「小寒」とは云うけれど

1月6日(水)くもり
 ”寒の入り”だと言うのに今日の暖かさは、季節はずれといえばそれまでだが、こうまで暖かいと、気にせざるを得なくなる。
寒の入り
 「小寒」に相応しいものといえば「寒梅」の花数が増えたことbぐらいだ。
仕事始め・1 仕事始め・2
 今日は曇り空、それでも午前中は時折陽射しがある天候、こんな日は仕事始めとばかり、リンゴの仕上げ剪定に着手した。
午後も作業を続ける。4時過ぎになると、鳥の鳴き声がリンゴ園にまで聞こえる。白鳥の飛来に違いないが、今日は数が多いと見た吾が輩、作業をやめて白鳥の観察だ。
3羽飛来 中州の近くで
今日は昨日までと違って井田川の堰がある場所でも遊泳だ。田んぼにもいるが、堰のところは羽数がはるかに多い。しかも水量が多いので、いろんな仕種を見せてくれるのであった。
なにをしているの?・2 飛行機が旋回
 しかも日の入りまで時間があることも幸いしたので、上空に飛行機まで飛んできて、冨山空港に着陸するため左旋回した。これならば白鳥と飛行機を1枚の写真に収められる、とシャッターをきったのがこの写真だ。
IMG_0130.jpg 啓翁桜
 「小寒」の日は、もう一つ話題ができた。夜のNHKテレビローカル番組で隣村は山田で啓翁桜の出荷が始まった、と伝えている。
 ”冬来たりなば 春遠からじ” 新春にふさわしいニュースであった。

白鳥に礼を云うかな

1月5日(火)、曇りのち雨
季節はずれの暖かさも漸く変わり目に近づいたようだ。吾が輩午前は近くに住む叔父貴を訪ねるべく9時過ぎに家を出た。待てよ、ヒョットして今日も白鳥が飛来しているのでは、と周り道をした。すると居る居る、だけではない。今日は水が張ってない田んぼにも羽を休めているではないか。
 田んぼに上陸
 昨日までは水が張ってある水田で遊泳していた白鳥たち、水が張ってない田んぼにも餌があることを、知ったのであろうか。
ダンス・2
ダンス・1
 いわば2通りの餌にありついたようで、遊ぶ範囲を広げている。水のある田んぼでは、羽を広げて、それこそ「白鳥の湖」よろしくダンスを踊っているのであった。
白と黒
面白いのはカラスと戯れているやに見れる写真が撮れたことである。
 吾が輩叔父貴を訪ねて白鳥の話もしてきた。帰りは10日に岸和田に行くキップを引き取り、その足で理髪店に行ってきた。
午後は晴れておれば仕事始めにリンゴの仕上げ剪定でも、考えたが小雨が降ってきたので諦めて、ネットで旅行プランを練った。
男体山を遠景に白鳥が舞う
 夕方近くになって、市議会のバッチ先生Mさんが見えたので招き入れて新年のご挨拶を申し上げた。ブログを認める段取りになって、何か一工夫と考え、またぞろネットで探してみると、「男体山を遠景に白鳥が舞う」写真が見つかったので借用した。結局きょうは白鳥オンリーとなったのであった。

めでたさの続きに居りて・・・

1月4日(月)、くもり時々晴れ
 今朝は東の空は雲がかかっていて昨日ほど良い天気ではない。
熊さんから 米カレンダー
今日からは世の中まともに動き出す。が吾輩は、まだ”めでたさの続き”にいる。で、今朝は先ずメールを開けた。心待ちにしているメールを着信したか否かが気になっているからだ。と、嬉しいかな昨夜のうちに受信していたのである。発信人は吾が輩の老朋友Xさんだ。暮れに「米カレンダー」の国際版と吾が輩の記事がある「富山市by AERA」を送った礼状だ。右がその「米カレンダー」、富山和子先生」の監修になるカレンダー、吾が輩、彼にはかれこれ5年も続けてプレゼントしているものだ。
 7時を廻ったので、昨日に続いて白鳥の観察&撮影に出かけた。
朝の白鳥飛来   大写し最高
きている来ている。今朝は昨日の夕方よりも多いように思える。
傑作   女3人
 幸い西の空は晴れているし、観客?数も、吾が輩の他に2人だ。白鳥は人懐っこいし、いろんなポーズ?”をとってくれるので、吾が輩思う存分に写したのであった。めでたさの続きの四日は客人もある。午前はワイフ殿の姪っ子に、吾が輩のリンゴ応援団長のK山さんが、新年の挨拶にやってきた。午後は郵便局へ行って亡叔父の仏前にお香を頂戴したM尾さんにお礼の粗品をお送りしてきた。
 午後は空が悪くなってきて、風が立ち、ときどき小雨になったので、吾が輩北京在住の老朋友宛の返信下書きをした。
日本の正月・座敷で    フレームの中
なにしろピンインで打って簡体字に変換してゆくのだからホネが折れる。元気なところも見せたいので、ワイフと一緒に床の間を背に写した写真も添付しよう、と、欲張りだ。
 息抜きは玄関先の鉢花の手入れだ。日照があって暖かい日が続くので花の色か濃い。でも、そろそろ模様は変わる様だ。
 「めでたさの続きに居りて四日かな」は、今日のネットで見つけたもの。大橋麻紗子さんの作である。はて、仕事始めの人たち、今頃どうしていることやら・・・・

三が日は季節はずれの暖かさ

1月3日(日)、晴れ
雲の嶺に顔    日の出前
今日もよく晴れて青空が広がった。日の出前の立山も素敵な朝焼けであった。
囀り<
小鳥達も枝に残ったリンゴを見つけて御機嫌の”さえずり(囀り)”だ。
祥月命日 17回忌命日
今日は菩提寺の住職が恒例の檀家まわり、我が家は亡父の祥月命日だ。今年は17回忌になるのだが、回忌法要は昨年秋に亡母の3回忌と一緒にして、済んでいる。吾が輩墓にもお参りをしてきた。
 昼ひなかは暖か、吾が輩きょうは自転車で、鈍りかかった足腰を鍛えた。牛岳は春霞がかかったようにさえ見える。
昼・牛岳 IMG_0052.jpg
 箱根駅伝は早朝復路がスタート、2時前には青山学院大学が完全優勝のゴールであった。
吾が輩、午後は亡叔父の仏前に御香を送ってくださった、M尾さん宛ての礼状を叔母に代わってしたためた。
夕方日の入りの写真を撮ろう、と井田川ベリまでゆくと、鳥の鳴き声が大きく聞こえる。多分白鳥の声だろう、と対岸に行くと、なんと、今日は50羽を越す白鳥が飛来していたのであった。
夕陽を浴びて 我が家と白鳥
 暖かだった三が日、水を張られた田んぼには餌が有るのであろう。日没前に訪れた白鳥を見よう、と、近所の人たちも大勢見物だ。嬉しいかな我が家の屋根も一緒に写った写真も撮れて、吾が輩も御機嫌だ。
3日日没
 今日はネットの気象に関する記事によれば、正月三が日は季節はずれの暖かさ、その3日は穏やかに暮れたのであった。

安穏(あんのん)と云うのだろう

1月2日(土)くもり
昨夜は初夢を見るでなく、みないでもなく正月2日の夜があけた。
大津島の日の出
今朝も朝のうちは晴れていてお天道様が恵みの光を届けて下さった。この写真は山口県周南市は大津島に住むO友君のFBに投稿されたもの、瀬戸内海の日の出だ。
吾が輩今日はお雑煮を食べた後、鎮守の森の神社に初詣、その足で菩提寺に年始に行ってきた。
白山社 山門
吾が輩高齢になってからは、初詣は元日の雑踏を避けて2日に行うようにしているのだが、今日は人影はなく静寂な中で一年の安穏を祈ったのであった。
厄払い       位牌堂
菩提寺には厄払いの青年も見えていて、一緒になった人たちともども本堂で読経し、祭壇で焼香をして、ご加護を念じてきたのである。
帰宅するとテレビは高齢の箱根駅伝の実況放送だ。
ゴール 芦ノ湖
結果は、と云うと往路は青山学院大学が1区から一位を渡すことのない強さを見せて優勝であった。今日の箱根路は曇り、風は少しあったようだが、安穏な天候であった。
 吾が輩午後の後半は”寝正月”、夕食後はテレビをゆっくり視聴して”のんび-り”の一日であった・
プロフィール

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR