霜月暮れる

11月30日(月)、晴れときどき曇り
霜月みそかは秋との別れを惜しむかのような好いお天気であった。
日の出のときからよく晴れて、遅くなった日の出を拝んだ。
IMG_0366.jpg
お天道様が顔を出された位置は薬師のはるか右寄りだ。
薬師岳
 陽が高くなると気温も上がって”ババ日照り”、薬師は銀嶺に輝いている。
 今日は吾が輩の妹婿殿が庭木の整理に来てくださった。整理と云うよりは枝葉が伸びすぎて手に負えなくなった松の伐採だ。
窓の外
 吾が輩暫く手元をした後、お礼に差し上げる大根を山畑へ抜きに行ってきた。帰ってみると松が伐られて中庭が綺麗になっている。
この松が無くなったことでリビングからの眺めは一変して、牛岳が綺麗に見えるようになったので、写したのである。
元肥 お役目ご苦労さん
 午後の吾輩はリンゴ園の土壌改良だ。土が酸性をつよくすると、いろんな障害が出るので苦土石灰を施して矯正するのである。
 作業をしているところへ、ミセス農業共済のWさんが収穫の進み具合を見に来てくださった。吾が輩ギリギリまで枝に残しておいた”とっておき”のリンゴを摘んでご労苦に応えたのであった。ご労苦と云えば「案山子」さんだ。鳥の害を防ぐ見張りを務めて暮れた2人?の案山子さんたち、お役目ご苦労と吾が輩、撤去して格納したのである。
雨雲広がる
11月晦日、日暮れは早い。模様代わりも早くて夕方の立山連峰はもう雨雲がかかっている。あすからは師走、一雨ごとに寒くなることであろう。
スポンサーサイト

交差点の風景

11月29日(日)曇りのち晴れ
ようやく雨があがった。でも気温はさほど上がらず寒さを忘れることはできなかった。
きょうは朝から車を走らせた。行き先は旧市内の亡叔父の家だ。日曜で朝9時前後は車が空いていて、今までにない短時間で目的地についた。交差点で赤になったのは少ないが前後の車がないので、シャッターを押す余裕?があった。
丸の内交差点
 先ずは中心部の名前も「丸の内」交差点だ。冨山城址公園の紅葉がまだ見れる。
荒川交差点
 次は国道41号線は、荒川の交差点だ。真正面に立山連峰は毛勝三山が雪を被って見える。
留守宅
 今日は留守宅に、身内中の身内が集って、叔母の成年後見人と、身の回りの世話のことで”鳩首協議”をしたのであった。帰路は富山市内の”外周”を通って、お袋の妹さんを訪ねたのだが不在であった。ので経路に住む甥と姪を訪ねて七七日法要の日取りなどを伝えてきた。
悪王寺交差点
 この交差点、地名が「悪王寺」、珍しい知名なので写してきた。
黒田交差点
 家に近づいたところの交差点、寺院境内の銀杏はまだ葉をつけている。
 朝から順番に載せて分かるように、天候は次第に好くなってきている。明日は霜月に最後、今まで霜らしい霜が降りていないので、ヒョットして明日朝は霜が見れるかもだ。あした天気しておくれ。

天気上勝地気下降

11月28日(土)、終日冷たい雨
 二十四節気「小雪」は七十二候が今日から次候になって"天地の寒暖が逆になる(中国)”とも”逆風払葉(日本)”とも云われる。
だけあって、今日は全国的にこの時期一番の寒い日となった。
 自転車の客
そんな寒空を自転車に乗って、朝早くリンゴを買いにきてくださった方がある。吾が輩本当はもう売るに値するリンゴは無いのだが、このシーズン4度も買いに来てくださった大切なお客さんなので、小雨の中を園に出て摘んで差し上げたのであった。
牛岳も雪
 暫くして、空がはれた。西南の方角にある牛岳が顔を見せた。もうゲレンデが雪で真っ白になっている。少しは晴れ間が続くと思ってリンゴ園の草刈をしたのだが、30分も持たずに雨になった。吾が輩外仕事を諦めて休養日としたのであーる。
午後になって、玄関先に置いていた鉢花などをフレームに入れた。冬の花と云え寒風から守り、霜を避けてやらねばならない。
ふれーむへ
 その後は風邪気味もあって布団に入って身体を休めた。
 全国的に寒い日
 夕方になってテレビをみると、各地の寒さが伝えられている。特に北海道の積雪の多いのが印象的であった。

初雪

11月27日(金)雨一時みぞれ
今日は終日の雨、いっとき霙が混じって富山で初雪と気象台が伝えた。
県内初雪
昼のNHKニュースは各地雪便り、なんと九州でも高い山は雪が降った。
九州も高い山は雪
 吾が輩、きょうも午前は雨に閉じ込められて?パソコンで情報収集だ。
 午後になると、いっとき雨が小降りになった。
雨もものかわ
 周囲を見渡すと、雨をものともせずにS本さんが田んぼの代掻きをされているのにはビックリだ。
生姜の貯蔵
 そこで吾が輩も作業着に着替えて作業場で生姜の種を越冬させる作業を行った。吾が輩の分に加えて先日元気なオバちゃんW林さんお分も行ったのである。
クリスマスローズ
 今日はFBにも変化があった。谷井先生の友達に、吾が輩のサラリーマン時代のTさんが在ったので友達リクエストをすると、直ぐに承認がきたので、クリスマスローズの鉢花の写真を贈ったら、なんとTさんは今日誕生日だったので偶然を嬉しく思ったのであーる。
 夕方になってFBを覗く。
大長谷も雪 長谷の野菜
すると、岐阜県境の大長谷に郵便物を届けていらっしゃるYさんが、彼の地も雪が降っている、と写真を載せていらっしゃった。
 一昨日は大長谷の「山里だより」で、白菜の収穫写真があったのだが、残った白菜はきっと雪の下になっただろうなー、と、吾が輩、不意打ちのように荒れた空を眺めたのであった。

きちがい空

11月26日(木)、曇りときどき雨風
今日は変わりようが早い荒れ模様。昔の人はこのような天候を”きちがい天気(きちがい空)”と言った。
吾が輩今日午前は用足し。先ずは坂の町の入り口にある詩吟仲間の料理店に行って発泡スチロールの箱を無心してきた。この箱は越冬野菜の貯蔵に用いるのであーる。
十三石橋ともお別れ
 近くに架かる「十三石橋」が架け替えになるので明日からは永年見慣れた景色が変わる、ので記念写真?を撮ってきた。
雲の色
帰り道はJAに寄ってリンゴ園の土壌改良に施す「苦土石灰肥料」を調達してきた。家が近くなったところから、雨の止み間に顔をだした牛岳を写した。雲の動きが早く、風もたって寒さを覚える。
啓の参観日
 昼は子育てママのブログだ。長崎に住む曾孫、保育園の参観に二親とも行ったとのこと、久しぶりの更新であった。
午後はワイフが買い物に出かけたので留守居を兼ねて亡叔父の”喪中はがき”の段取り、などを行った。
陽射し
ピンポーンで出てみると、毎年1度はリンゴを買いに来てくださるS戸さんだ。恐らく今年最後のお客さん、幸い空は晴れていたので、残り僅かになったリンゴを摘んでさしあげたのであった。
キャベツの残り株
出たついでに畑も覗いた。キャベツも収穫が殆ど終わって切り株が残るだけ。11月も残り僅かとなって収穫の秋は幕を下ろす日が近いのであーる。

おもて山に初雪

11月25日(水)、雨
  今日は朝から冷たい雨だ。吾が輩朝の日課は免除して、久しぶりに2度寝、起床したのは7時過ぎであった。
おもて山に初雪
午前はリンゴ仲間Mさん宅に出かけた。雨雲が流れて県境の山が顔をだした。明け方は峰が雪だったようで、”うっすら”と雪を被って見える。
水車小屋    i銀杏落葉
Mさんの作業場は神社の直ぐ近くにあって境内の銀杏の落葉が敷き詰めている。先生は器用な方で、水車小屋が作られているのだ。吾が輩がMさんを訪ねたのには訳がある。毎年纏め買いをして下さるお得意にさんの予約を承っていたのに、お送りするのに不足をきたしたので、リンゴを買いに行ったのである。”つらいわいのー”
南天の垣根
 Mさんの好意で必要量が確保できた。帰り道はスイスイだ。そこで目に留まったのがS林さん宅の南天生垣だ。いつもながら赤い実がイッパイ着いて初冬を飾っているではないか。
リンゴ貯蔵
今日買い求めたリンゴは、吾が輩の園の貯蔵用とともに暫く保冷庫入り。12月に入ればお送りすることになるのである。
午後の吾輩は近くに住むチイ叔父貴を訪ねて、亡くなった叔父の家のことを話し合ってきた。
12夜の月
 きょうの吾が輩は畑とは無縁だった。ゆうがたFBを覗くと押切先生が昨日の日付で月の出の写真を載せていらっしゃった。今日は旧暦の10月14日、晴れていれば綺麗な月が見れたろうに・・・・

キョウヨウとキョウイク

11月24日(火)、雨
一日天気が好かっただけで今日は朝から雨だ。
それでも吾が輩、キョウイクとキョウヨウがある。
今日の用は、詩吟の仲間から依頼された品物を送ることだ。送り先は防府市、送る品はさつま芋の「パープルスィートロード」とリンゴだ。朝食を済ませて段取りしているところへワイフ殿の姪っ子が「黒豆」と「小豆」を持ってきてくれた。
大豆と小豆
 彼女は、勤めをしていたのだが義母が認知症になったので介護退職、義母が施設にショートステイをするようになったので、できた時間で農作物を栽培している。吾が輩が感心するのは何を作っても上手で、生産をする喜びを知っていることなのだ。
 吾が輩今日の用はユーパックで送って済ませ、午後はキョウイクだ。
 行く先は家庭裁判所だ。
3機が駐機
 途中、空港が見えるのだが,なんと今日は3機も駐機している。車を停めて写したのだが、1機はチャーター便のようだ。先日もチャータ便らしき飛行機が駐機していたのを見ているので、最近チャーター便が増えているとの情報を、吾が輩きょう確かめたのであった。
裁判所
 家庭裁判所の用件は先日亡くなった叔父の遺産相続と叔母の成年後見人選任のことでアドバオスをしてもらっているAさんと、二人で手続き上のことを聞きに行ってきたのである。結論は子供のいない人の相続は、本当に難儀させられる、と云うことだ。
雨に煙る
帰宅したのは4時前、小雨は止むことなく、里山も霞んで見えるのであった。
キョウヨウとキョウイク、二つとも済ませて、吾が輩だいぶん肩の荷が軽くなった。最後は綺麗な写真で〆よう。
若宮の銀杏落葉
 FBを覗くと写真家の谷井先生が神社境内の銀杏の落葉を写されてタイムラインに載せていらっしゃった。素晴らしい芸術写真に吾が輩、魅せられたのであった。

小雪の候

11月23日(月・祝)、晴れ
今日は(今日から)二十四節気は「小雪」。
日の出 夜明け前

 季節は変わるのだが、「雪」は当分降りそうもなく、けさは晴れて立山連峰が暫くぶりに全容を現している。
 吾が輩、キャベツとミニ白菜を朝採り、リンゴも加えて地場もん屋に出した。
麦田の緑
 地場もん屋の集荷所からの帰り道、道端の麦畑が目に入った。麦は順調に育っていて、緑が濃くなっている。段丘にある里の家は背後の里山とともに豊かな自然を象徴しているのであった。
 吾が輩午前は、先日亡くなった叔父の遺産相続と、叔母の成年後見人の選任の件で手伝っていただいているAさん、妹と話し合いをするため、旧市内の留守宅に行ってきた。帰路はお骨を預けているお寺に立ち寄り三七日のお参りをしてきた。
黄砂とともに   光と影
 午後の2時過ぎには帰宅、しばらく休んだ後、残り少なくなったリンゴを摘み、これまた先日、中山間地に住む元気なオバちゃん?から頂いた花を鉢にあげた。この植物は中国から黄砂とともに種が飛んできて芽をだし育って花を咲かせた、とオバちゃんが言うので、興味津々なのであーる。庭の八重咲き山茶花も満開で今日の勤労感謝の日を祝っているのであった。
日の入り
 初冬の陽は短い。4時過ぎにはもうお天道様が山の端にかかろう、とされている。吾が輩、先日来の雨で水嵩が増した、井田川べりに足を運んで、日の入りを写したのである。
 吾が輩が幼かりし頃は、11月23日は「新嘗祭」、 お米を作っていても、この日から新米のご飯を食べれるようになったことを、懐かしく思い出すのであった。
 勤労感謝日、今日一日感謝するだけでなく、勤労が続けられるよう"努力”することをわが身に誓うのであった。

二十四節気も変わり目

11月22日(日)曇り
二十四節気「立冬」も今日限りだ。今年の「立冬」は暖かい日が続いた。念のため暦をみると、旧暦は今日がまだ10月の11日、なーるほど、暖かい筈だ。
 それでもリンゴ方は、完熟して木に残っている実を小鳥達が啄ばみにくるので、親しい友達をよんで、片っ端から摘み取ることにした。
残り 収穫の助け
 この人達は吾が輩の「忘年交」の小姐たち、三脚に上って、残らず摘んでいったのであーる。
 吾が輩も負けじと商品になりそうな実摘んだのである。
午後の吾輩は小森さんに応援してもらって里芋掘りだ
里芋採用
 今年の里芋は、丸々と太って、豊作だ。有機質肥料重点で作ったので、味も好いであろう。
 今日は嬉しいプレゼントがあった。あのリンゴ摘みきた小姐たちが買ってきたケーキと、ボージョレヌーボーだ。
休憩
 ケーキはみんなで休憩時間に頂戴。
IMG_0287.jpg
ボージョレヌーボーは夕食の前に頂いた。これで吾が輩も人並みになった、と、云うもんだ。
二十四節気、あしたは「小雪」だ。大陸育ちの高気圧が張り出してくるので気温は下がるようだ。季節は変わり目になる。

落葉帰根

11月21日(土)、曇り
今日は終日の曇り空、気温もあがらず”うすら寒い”一日であった。
 曇っているだけで雨の心配はない。吾が輩、朝はキャベツを摘んでリンゴとともに地場もん屋とJAの産直店に出した。
連日ランクアップ
ブログをあけると、「ゆとり世代」で、きのうの91から89位とランクアップしている。ランキングはこれで3日続いてランクアップしていて、今までにないことだ。吾が輩のブログを見てくださっているみなさんに、心より御礼申し上げる次第。
 11月も下旬になって、そろそろ”木枯らし”が吹くのだろうが、木枯らしを待たずに木々の落葉が目立ってきた。
落葉帰根
 吾が輩の集落のシンボルツリー、隣家の大榎はもう大半が葉を落とした。なにしろ樹齢百数拾年の大木なので、落ちるカサも大きい。「落葉根に帰る」と云う言葉が”そっくり”当てはまるのであった。
 吾が輩、午前は食用菊の残り茎などを整理して、来年の苗作りに備えた。
IMG_0275.jpg
古株の元には、新芽、冬至芽とも呼ぶのだが、顔を出していて生命力の強さを知るのであった。
今日の我が家のランチ?は娘の作ったチャーハンだ。
我が家のチャーハン
 最近FBには素敵なランチの写真が載るのだが、我が家のランチは素朴なランチ、でも労働の後の食事は、なにを食べても美味しいのである。
午後の吾輩は詩吟教室だ。
里山も紅葉
教場の窓から、辺りを見渡すと、近くの里山が紅葉しているのが分かる。晴れていれば、♪ 濃いも薄いも 数あるなかに・・♪、となるのだが、”どんより曇った”空の下では、望むべくもないのであった。

あした天気になーれ

11月20日(金)、曇りのち晴れ
朝のうちはまだ小雨が残っている。吾が輩、朝飯前はゆっくりした。
rinngo.jpg
時間の経過とともに雨の心配がなくなったので、すっかり熟したリンゴは「ふじ」を手当たり次第に摘み取る作業だ。今年の反省は「斜形果」が多いことだ。来年は受粉作業を徹底せねば、と、鬼が笑うだろうが、吾が輩もう来年のことを思っている。
五箇山の秋深し
お昼近く、NHKテレビは合掌造り村の晩秋の景色を映している。柿の実がまだ多く残っていて、目を奪われたのでデジカメに収めた。
 午後は先日亡くなった伯父の遺産のことなどで、金融機関にいってきた。
三井住友
 子供がなかった伯父夫妻、残された伯母が認知症、なので誰かが”しっかり”面倒をみねばならない。頼られる吾が輩は大変なのだ。
ビルの谷間
今日は車を使わず電車で県都に行ったので、街中の景色だ。一度「ビルの谷間」を写そうと思っていたので”あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ”だ。
車窓から写す
帰路の電車が鉄橋にさしかかった。障害物はない。シャッターチャンスとばかり、美しい夕焼け雲を写した。この夕焼け、あした天気になーれだ。」

雨続き

11月19日(木)、雨
今日は一日中曇り空から時々の雨であった。11月も下旬になるのだから天候が不順になるのは覚悟の上?だが、やはりお天道様が照らないとファーマーは元気がでない。
地場もん
 そうも云ってはおれないと、今朝は小雨をついてキャベツと白菜を摘み、採り置きしてあったリンゴとともに地場もん屋に出荷した。
クリスマスローズ
 昨日はコメリで「クリスマスローズ」を買ってきたので、玄関先に飾った。この時期に咲かせるクリスマスローズの品種はなんだろうな・・・・
 花のついでに、今日FBのお友達A野さんのタイムラインで見つけた写真を借用だ。
農水省に展示の花・いい夫婦の日 murasakii濃
Aさんは農水省勤務の方。説明によると、11月22日の「いい夫婦の日」には花を贈りましょう、と農水省は”消費者の部屋”に花を展示中、とある。左の写真はアレンジメント、雨の日は花が心を晴れさせてくれる。
 午前の吾輩はホネの養生。
成年後見
 午後は先日亡くなった伯父の遺産を相続をする叔母の成年後見人選任申し立ての書類の下書きをした。難しくて面倒な手続きが必要なので、骨が折れるのであった。
曇り空
夕方近くになっても雲は晴れず、”しょむない”一日であった。

雨の日は雨の日で

11月18日(水)、雨
 今日は11月になって初めての雨らしい雨の日となった。
雨の朝
 朝から雨で、リンゴ園も”しっとり”している。一日中降りっぱなし、とわかると、ファーマーは失業?だ。
80.jpg
 で、朝からブログをあけると、なんと今朝は「ゆとり部門」で80位にランクされている。これは今年になって3番目の高いランク、吾が輩朝から機嫌が好くなるのであった。
オレンジ色の
 そこえ、リンゴでも野菜でも気心の通じ合うY本さんが、オレンジ色の白菜と「味いちばん」と云う見事な大根を持ってきてくださった。嬉しいプレゼントに感謝感謝だ。暫くして先日来、亡伯父の看病や葬儀ことで献身的に尽くしてくれた妹が来宅したので、早速このオレンジ白菜とリンゴをプレゼントした。
地方発送
吾が輩、雨の日は内仕事、以来されていた地方発送のリンゴと野菜の荷造りを4件もこなして、肩の荷が降りたのである。
 昼過ぎに息子が友人に贈るリンゴを1箱取りに来た。かれはエルバッチャでランチを食してきたのだが、なんと、そのランチは吾が輩がエルバッチャーのオーナーシエフにプレゼントした紫白菜とエビのパスタだった。写真に収めてきたと、吾が輩のパソコンに入れていったので、ブログにも載せておくとしよう。
IMG_0483_201511182030539fe.jpg
 午後は先日亡くなった伯父の病院の入院費用の支払いと、お世話になった御礼にY病院に出かけた。
 帰路はこの病院の近くに住む、もう一人の妹宅を訪ねて先日来の事情を話して今後の協力を頼んできた。
今夜もFBの”さる著名の方”のタイムラインから得た「曲径通幽」のことを写真とともに記録しておく。
曲径通幽・インバウンド
「曲径通幽」とは、庭や山野の景色を描写する表現で、曲がった小道ではあるから、実は奥深い静かな場所に通じる、とのこと。近年、来日外国人旅行者が増加して、インバウンドがとやかく言われる中で、地方に呼び込む上での示唆に富む記事に吾が輩、感心したのであった。雨がふれば雨の一日は、かくして暮れたのである。

暖かい日が続いたが・・・

11月17日(火)、曇り、午後は後半が雨になった
きのう今日と暖かい日が続いた。わけても今日の暖かさは霜月半ばとは思えぬ暖かさであった。
侘助咲く
 そんな暖かさをよそに詫助が咲いた。吾が輩、この椿が好きなので毎年デジカメに収めるのだが、今年は何時もの年よりも早く咲いた。
八重咲きの山茶花
 おなじ時期に咲くのが八重咲きの椿、この椿は鉢物を地に下ろして育ててきたので愛着が強いのである。
 吾が輩、この暖かさも今日限りでは、と考えて、午前は寒さに弱い?生姜を残らず掘り取った。
しょうが収穫
 残っていたのは「サン近江」だけ、思っていたよりも多い収穫量だ。
午後は先日掘り取って、綺麗に洗ってあった生姜は「お多福」を加工用として、JAに出荷した。目方は8・6kgあった。
帰宅した後は、雨になる前にと考えてリンゴの摘み取りだ。
黒千壽
 吾が輩のリンゴ園で一番晩い品種「黒千寿」、リンゴ仲間のM山君から枝を貰って接木して4年目が今年から収穫できるようになった。食べてみると、酸味が少なくて独特の食感、蜜入りは少ないようで、貯蔵が効くようだ。
 夕方まえに、コメリに行って、リンゴを送るダンボール箱を買ってきた。店には、もう「クリスマスローズ」の鉢が売られていたので買い求めてきた。
生姜の貯蔵
帰宅して、今日最後の作業は生姜の貯蔵だ。ポリの桶に、籾殻でサンドして保温しての貯蔵である。
夜が長くなってきたので、パソコン弄りも余裕が出来た。FBを覗くと押切先生が素敵な写真を載せていらっしゃる。
ヒスイ海岸の夕暮れ
 今日の夕方写されたようで、「ヒスイ海岸の夕暮れ」と、題されてある。吾が輩の地方は雨だったがヒスイ海岸がはれていたのであろう。綺麗な写真に吾が輩、心の安らぎを覚えるのであった。

ふた七日

11月16日(月)晴れ時々曇り
 朝食前に孫娘宛にリンゴを送って一日がスタート。朝食を済ませて旧市内の伯母の家に向った。
今日は亡くなった伯父の「ふた七日」、身内の者が集ってお参りをした。
お骨にお参り採用 お墓
 都合あってお骨は菩提寺に預けてあるので、菩提寺に出かけてのお参りだ。お墓は菩提寺の墓地にあるので、墓参りもしたのだ。
食事は楽しい・1 叔母と姪
 前後するが市内のレストランで会食だ。伯母も寂しさを紛らわせて、美味しそうに食べてくださったのが、救いになった。
大榎落葉
 ふた七日にもなったので、吾が輩が中心になって伯母の身の上のことや、成年後見人の選任について話あった。子供がいなかった老夫婦、高齢社会は多くの問題がある、と、云うことを”しみじみ”思う吾が輩だ。
 本日の参加者?は故人側が4人、伯母側は5人、立ち会っていただいたのはA山さん、であった、と記録しておく。
 吾が輩の車で一緒したちい伯父夫妻を送って、帰宅したのは午後の4時近く、隣家の屋敷林?の大榎に鳥が群れていたのだが、吾が輩の姿をみて飛び立ってしまった。吾が輩、疲れが”どっと”でた?ので、身体を横たえたのであった。 

段取り8分(はちぶ)と云うけれど

11月15日(日)、雨、止み間もあり
朝が雨の日曜とあれば、吾が輩もゆっくりペース、今朝は6時を廻って起床だ。
a href="http://blog-imgs-88.fc2.com/c/h/i/chiyokomasaji/ruribosiyannma.jpg" target="_blank">ruribosiyannma.jpg IMG_0229.jpg
朝のNHKテレビは剣岳の自然を放映している。珍しい昆虫や鳥が写されていたのでデジカメで写した。
左は「ルリボシヤンマ」、右は「メボソムシクイ」、なんと素敵なことだろう。
IMG_0232.jpg
雄山とともに冨山を象徴する剣岳は、晩秋の装いだ。
IMG_0233_20151115192751b9e.jpg
吾が輩のブログはまたもランクが
IMG_0234.jpg IMG_0235_20151115193041ab2.jpg

IMG_0236_20151115193042dd4.jpg
今夜も少し晩酌を”きこしめした”ので、睡魔におそわれている。2日続くが勘弁してもらって、記事は明日早朝にしよう。
(編集中)

生姜ケーキの達人

11月14日(土)、曇りのち雨
15日朝になったので簡潔に記事を書く。
①、今朝はキャベツを多く出荷した。売りに出した先はファボーレデ行われるJAの大収穫祭だ。
②、陽がたかくなる頃から南寄りの風が強まったので落果前にと、リンゴ摘みを急いだ。
しょうがゼリー
③、私のリンゴを多く買って下さるS原さんが4度目の来園、お土産に手作りのケーキを頂いた。これは生姜ゼリーだ。
パウンドケーキ ケーキは美味しかった
④、S原さんはケーキ作りの達人、私が作った生姜でゼリーに、パウンドケーキにとお作りになるのだが、パウンケーキには生姜コンポートが入っていて、とても美味しく頂戴したのであった。
⑤、午後は久しぶりの詩吟教室、教場の近くのお宅は”あづま建ち”庭には白花の山茶花が咲いていて詩情がイッパイだ。
吾妻建ち 詩吟教室
⑥、詩吟教室を終えたのちは、近くに済む叔父貴をたずねた。
マンゴーの花 (2)
今日は掲載写真が少ないので、ケニア滞在のFB友達Mさんのタイムラインに載ったマンゴーの花を飾って締めくくり、筆を擱く。

通い慣れた?道

11月13日(金)、晴れ後曇り
今朝は今日出かける先にプレゼントする野菜を収穫、ラッピングなどをした。朝食を摂りながらNHKのテレビを視ていると合掌造りの郷の観光客のことを伝えている。
合掌造り集落の秋
 この映像は秋真っ只中の合掌村、なのでデジカメに収めた。今日は11月になって7度目の旧市内行きだ。三日にあげず通ったので”通い慣れて”しまった。赤信号になったり渋滞したり、するたびにデジカメ撮りをした。順番に写真を載せてみよう。
①、有沢橋でラッシュの渋滞、反対車線も自動車が数珠繋ぎ
ラッシュ
②、丸の内の交差点を右にまわって信号が赤だ。欅の向こうに冨山城の櫓がある。
車の中から
③、国道41号線、荒川の信号でまた赤、正面に立山連峰は毛勝三山が聳いている。
IMG_0215.jpg
行き着いたところは、今は亡き伯父の家だ。今日は留守居を兼ねて、成年後見人問題に詳しいA山さんにお越しいただいて伯母の成年後見人のことで話し合った。
雪吊り
 主が亡くなった家は、”ひっそり”、雪吊りが済んでいるだけが救いものだ。
④、午後2時過ぎには妹に留守居を代わってもらって帰宅した。
⑤、帰路も同じコース、丸の内を過ぎたところでコースを変える。途中欅通りを経由した。
欅通り
護国神社前の通りは、欅並木、紅葉が見事だ。家に入る前にJAに行き、明日ファボーレで行うJA秋の大収穫祭のことを訊ねる。
夕暮れまでは小森さんとともに、さつま芋掘りも行った。
IMG_0219_20151113193427688.jpg
⑥、日暮れてからは、大収穫祭に協力して、売りに出すグリーンボールのラベルを作った。

高校のクラスメイト

11月12日(木)、晴れ
今日は立冬になって初めてかな、好く晴れて暖か、つまり”小春日和”であった。
陽のでは薬師の右 朝の空
 立冬も初候が今日で終わるのだが、この時期お天道様が立山連峰の嶺に顔を出される位置は薬師のテッペンを通り越して右寄りになっている。
 吾が輩今日は好天とみて、結球が進んだ”ミニ白菜”が息切れ?しないように、と水肥の葉面散布を行った。
 10時過ぎには高校のクラスメイトで少なくなった元気者の一人H君が奥さんとその友人とともにリンゴ狩りにやってきた。
長谷川グループ 高校のクラスメイト
 この秋2回目のリンゴ狩り、きょうは越冬用も、と”どっさり”摘んで、来年も頼むよ、と帰ったのである。
ランキング
昼になってブログを開けると、「ゆとり世代」で昨日の96位から2つ下がっただけの98位にランキングされている、2日も続けて100位以内は初めてなので、すっかり嬉しくなったのであった。吾が輩の”つまらない”ブログを、いつも見てくださっている各位に改めて御礼を申し上げます。
小春日和 贈答用のリンゴ
日中は気温もあがって、将に小春日和、吾が輩午後は地方発送を引き受けた贈答用のリンゴのほか、詩吟友達で蜜柑農家のYさん宛てに郵便でリンゴを送ったのである。
 好天も手伝って、遅れていた作業が捗ったので、午後の余った時間はJAで用足しをし、その足で接骨院に行って、ホネの手入れ?をしてきた。
サラダとお浸し
 晩飯になって食卓をみると、色鮮やかなお菜が2皿もある。一つは先日から収穫を始めた”紫白菜”と”リンゴ”、のサラダ、もう一皿はワイフ殿の姪っ子に貰った”オータムポエーム”のお浸しだ。この2品目の野菜はいろんなレシピがあるのだが、我が家のレシピも満更でない、と思って写真を載せたのであった。

朝の虹

11月11日(水)、小雨から曇り、後晴れ
雲たなびく
夜来の雨は夜明けとともにあがって、立山連峰はたなびいた雲の上に嶺嶺が頭を出している。
虹が架かったリンゴ園
吾が輩、2~3日産直店にりんごなどを出すのを休んでいたので、今日は早く起きて朝どりをした。リンゴを摘んでいると、西の空に綺麗な虹がかかったので、チャンスとばかりシャッターを押した。
気張って売り
今朝の売り物は、リンゴにグリーンボ^ル、そして紫色の白菜だ。
吾が輩、午前は王林の摘み取りをした。リンゴ王林は、リンゴの王様にしようと名付けられた、と知るのだが最近は「ふじ」に押されっ放し、でも採り置いて黄色みが増すと、おしいこと美味しいこと。デザートフルーツには最適だ。
 王林は熟すと自然落果もするので、今日は大方摘みとったのである。
 午後になって、先日来園した「地球の子」に通所されている方がリンゴを買いたいと、再度足を運んでくださった。嬉しいことである。その後冨山紅茶の会を主宰されている、S田さんが王林を求めて来てくださった。
下田さん
吾が輩の王林をチップの加工されて冨山の紅茶とともに「アップルティー」として販売されているのだ。S田女史は人懐っこい方で、暫く話し合ったのであった。夕方までは、今度は贈答用のリンゴ摘みをした。
頭を雲の上に出し
夕方になって空は晴れた。が、立山連峰は雲が切れず、剣岳も頭を雲の上にだけであった。
西へ東へ
東の空は雲が残っているのだが、西の空は夕焼けで、雲の切れ間に飛行雲が直線を描いている、明日はキット好い天気になるのであろう。

《編集中)

残務整理

11月10日(火)、雨
 今日は朝から雨、吾が輩農作業を一切諦めて、亡くなった叔父貴の”もろもろ”の残務を整理するため住んでいた家に出かけた。
丸の内・1
 途中旧市内のど真ん中、町名が「丸の内」で赤信号、城址公園を背景にセントラムが走行する写真が写せた。
 子供に恵まれなかった伯父、伯母が認知症で介護施設に入所しているので、葬儀は済ませたもののいろんな問題を処理せねばならず、弔問に人もあって訪ねてくる人も多い。
 留守宅は暫く、甥や姪で交代で留守番?をしている。
郵便保健打ち合わせ
 今日は吾が輩が当番、弔問の方と用件をもった方が入れ替わり、立ち代り訪ねてくださったのであった。
仏間
 お骨は寺に預けてあるのが心苦しいのだが、止むを得ない、弔問のかたは仏間にお通しして遺影にお参りねがうのであった。
午後は近くに住む妹も応援にきてくれたので、戸締りを託して吾が輩帰宅した。
 今日はそれやこれやで写真が少ないブログだ。で、きのう受賞した賞状を載せるとともに、長崎に住むひ孫の七五三参りの写真を借りるとしよう。
賞状
親子4人
 子宝に恵まれなかった伯父、亡くなってみると、子供がいないことが、後々どれだけ辛いことかを、痛切に感じた吾が輩、とすれば、吾が輩の孫達は子宝に恵まれて、本当に好かったと思うのであった。

生姜の品評会

11月9日(月)、雨やみ間もあり
きのう今日と、曇ってはいるが暖かい日が続いた。高齢の身にはありがたい陽気だ。
 今日は朝から生姜と相撲をとった。
サン近江、2・7㎏
今日はJAの生姜品評会、昨日のうちに出品する株を掘ったのだが、今年の主力品種「サン近江」は未だだ。やはり出品しようと、起きがけで畑にいって掘りあげたのがこの生姜、1株で3kg近くある。
 一時客人の相手をした後品評会場にはこんだ。午前の余った時間は大阪の詩吟仲間に送るリンゴを荷造り発送した。
品評会会場には、大きさこそ異なるものの、洗われて綺麗になった生姜が並んで大きさとともに美を競うのであった。
小が品評会・2   生姜品評会・1
 午後1時30分から我らがJAの本店3Fホールで表彰式だ。
組合長挨拶    浅地会長挨拶
組合長の熱の入った挨拶に続いて、生産者会「ジンジャーガールズ&ボーイズ」会長の挨拶があり表彰状授与だ。
トップ賞
 吾が輩の出品した生姜は「お多福」と「サン近江」の2点は重量部門で、1位2位を独占、最高賞の組合長賞を受賞した。栄誉このうえ無しだ。一位は「お多福」目方は1株で3・2kg、「サン近江」は2・7kgの記録であった。
受賞者記念写真・1
受賞者一同が記念撮影、来年も頑張りましょう、で閉会したのであった。
不連続線
 帰路は近くに住む叔父貴に、この栄誉を伝えて帰宅した。家が近くなったところで雨が強くなった。西の空には雨雲が垂れている。明日も雨になるのであろうか。

雨の立冬入り

11月8日(日)、曇り時々雨
 今日は(今日から)二十四節気の「立冬」、雨がときどき降るのだが晴れ間も長くて、比較的暖かな「立冬」であった。
立冬の朝 白い山茶花
”しっぽり”と濡れたリンゴ園、庭では白花の山茶花も花開いた。
今朝は食卓につく頭数?が多いので準備が遅れている、ならばと、吾が輩、今日お会式がある舘の寺にお初穂を届けた。
舘のお寺
 境内の銀杏はまだ青い葉が残っている。幔幕が張られた玄関はお参り人を待つだけだ。吾が輩その足で昨夜留守だったF井先生宅にむかった。今日はうまく思いが叶って、野菜などのプレゼントが出来た。
桐谷さん揃って
午前は吾が輩のリンゴ園で、唯一のオーナーK谷さんのファミリーがリンゴを摘みにみえた。年毎に育ってゆくお子さんを見て、吾が輩元気を貰うのである。
愛ちゃん・きゅうちゃん
負けじと吾が輩の曾孫たちも雨具を着けてリンゴ摘み、何を喋っているのやら・・・
午後は、この一行、帰り支度だ。吾が輩が持たせたのは一冊の雑誌だ。
エルバッチャで アエラムック
アエラムック自治体研究(朝日新聞出版)から11月10日に発行される、「富山市byAERA」に吾が輩とエルバッチャのオーナ-シエフ」の対談記事が掲載されているので、記念?に贈ったのである。
 そのエルバッチャのオーナーシエフとママさんがリンゴを求めにきてくださった。お土産は「ル・レクチュエ」のコンポートであった。
抱っこ
 オット忘れるところだった。目に入れても”ぜーんぜん”痛くない可愛いいひ孫を抱くことを・・・
 きのう”ちょうはい”にきたファミリリー、今日は孫の旦那が車で迎えに来て、リンゴに野菜に、と”どっさり”土産の品を車に積んで帰っていった。
もらい物    玄関の靴
これで玄関に並んでいた履物の数もイッペンに少なくなろう、というもんだ。(むろん賑やかさもだ)

気候も空模様も変わり目

11月7日、(土)晴れ後曇り
二十四節気「霜降」は今日が最後、明日は「立冬」だ。気候の変わるのに合わせて変わるのか東の空に雲がかかった。
夜明け
吾が輩、今朝はキャベツに紫白菜、そしてリンゴと朝採りをして、荷作り地場もん屋JAの産直店に出した。
紫白菜
朝食をとった後はサボイキャベツを摘んでイタリアンの「エルバッチャ」にプレゼントだ。
eエルバッチャ    サボイと紫白菜
 プレゼントしたには訳がある。実は一昨日発売になった、アエラムック自治体研究(朝日新聞出版)誌が富山市を特集した「富山市byAERA」に吾が輩とエルバッチャのオーナーシエフが記事になったので、お祝いに?行ったのだ。
 午前の余り時間は、残しておいたさつま芋掘りをしてきた。
 午後は、新鮮野菜をF先生宅に届けようとでかけた。
藤井先生のお庭・紅葉
F先生宅には手入れの行き届いた「お庭」があって、紅葉が見事、その紅葉も木枯らしが吹くと、木の葉が散って終うので、写真を取らせてもらおう、と出かけたのであった(留守だったので、プレゼントは後日だ)。
午後は、従兄弟の一人芳雄君とともに、亡くなった叔父貴の菩提寺に「御仏礼」を持参し、葬送の御礼を申し上げてきた。
出かけるのと同じ時刻に、長女と、その子2人に、曾孫3人が、”チョウハイ”にやってきた。
姉妹 ななちゃん
 リンゴが美味しくなったので、摘んで”どっさり”持ち帰るのが例年の慣わし?だ。上の写真は長女の長女の長女とその妹だ。
3人の曾孫
この姉妹、真ん中に男の子がいて、都合3人の曾孫、賑やかなこと、賑やかなこと。吾が輩、きのう迄とは”打って変わって”陽気になったのであった。

葬送の日

11月5・6日、合併記事,両日とも快晴
5日、今日はお通夜の日だ。忙しいぞ、と早起きした。
IMG_0084_201511062020031ce.jpg 浜の子の寺から
朝飯前にキャベツとリンゴを摘んで、キャベツはJAへ、リンゴは昨日摘んでおいた甘柿とともに地場もん屋にだした。
秋山さん
9時過ぎに家を出て葬儀会場へ、途中で晴れ渡った空に映える立山連峰を写す。10時からは妹夫婦とともに、葬儀社と最終打ち合わせ。11時には故人がお世話になったA山さんが弔問して下さった。吾輩は一旦帰宅、途中で故人が勤務したオフイスに立ち寄り、必要な手続きをした。
 通夜は午後の6時から始まった。読経が終わって通夜振る舞い。夜は棺の前で3人の従兄弟とともに通夜をした。
6日、葬儀は9時30分からはじまった。故人の遺志もあり家族葬に準じての葬儀だ。
葬儀始まる 大導師
大導師は菩提寺のご住職、副導師は若様だ。
喪主挨拶
読経が済んで、喪主として吾が輩からご挨拶を申し上げた。出棺は10時30分であった。
初七日法要 食事会・1
12時前には、繰上げの初七日法要、食事をした後にお骨上げだった。死は必然といえ、”お骨”になった叔父貴に涙を禁じることができない吾が輩であった。
大法寺
 ”お骨”は満中院”まで菩提寺に預かってもらうので、菩提寺に行って読経してもらって、昨日今日と葬送の儀式は終わった。
 葬儀を取り仕切ってきた吾が輩、自身に”お疲れ様でした”と言い聞かせたのであった。

チョウ多忙の一日

11月4日(水)快晴
伯父が亡くなって2日目、吾が輩喪主の役を勤めることになったので、葬送の日までは多忙だ。
朝から順に記しておこう。
①、朝飯前からやりたいことがイッパイあると思っているので早起きした。
立山の朝
②、地場もん屋に出荷する、リンゴトキャベツの朝採り
③お得さんから米を送って欲しいと云われているのでコイン精米所に行ってコシヒカリの精白。その後地場もん屋の集荷所に車を走らせた。集荷所のある場所はK小学校の直ぐ前、環境のよい場所に建つ校舎と後の山の秋景色が綺麗だ。
精米所 里の学校
④、朝食を済ませて一休み。ブログを開けて見ると、なんと今朝は”ゆとり世代”で、80位にランクされていて吃驚。
ランキング
⑤、頭髪が長くなって”むさぐるしい”ので、理髪店に行く。その足でJAに立ち寄り所用を済ませる。
⑥、日中は暖かくポカポカ、立山連峰は積雪が増えたようで、嶺はもう銀嶺だ。
⑦、午後になって、ディサービス地球の子の方がリンゴ園を訪れてくださった。
立山と柿 地球の子の皆さん
 この施設の、一日の基本スケジュールの一つ、午後の活動(レクリエーション)のようだ。
⑧、その後旧市内に住む妹夫婦に、昨日亡くなった伯父の姉になる伯母が訪ねてきて、伯父の葬送のことで、話し合った。
⑨、吾が輩寸暇を惜しんで、米をユーパックで送ってきた。
⑩、夕方になってリンゴとキャベツを買いたい、との客があって、対応をした。畑に行ってみると、今日の夕陽は殊のほか綺麗、日没後の残照も綺麗だったのでうつした。
日没 残照
 夕方から、夕食後にかけて葬送のことで、問い合わせの電話が多くあったことも書き添えておくとしよう。

雨に煙る、そして悲しい別れ

11月2・3日合併記事
 2日は朝から雨、遅くになって止んだ。3日は朝まで雨が残ったが陽が高くなるにつれて晴れ上がり日差しが戻った。
 2日は専ら雨に煙る景色が目にとまった。
雨に煙る坂の街
先ずは坂の町と井田川の流れだ。事情あって、3日に地場もん屋に出荷するためのバーコードを作成するのに集荷所に足を運んだ際に写した。
麦畑
その、集荷所の近くには大麦が育ってきていた。
大根
 時間はチョット前後したが、生育ぶりを調べに行った山畑の大根、予想以上の出来具合に満足した。
雨に煙るログ
大根畑の向かいにあるログハウスも雨に煙っていた。
ケヤキ並木採用
月の第一月曜は中国現代史講座だ。会場がある富山旧市内、欅並木は雨がやんで煙がはれている。
 5時近くに帰宅して、キャベツを収穫してきたところへ、妹から電話が入った。入院中の伯父貴の容態が変わったので至急病院に来い、とのこと。吾が輩取るものとりあえず車を走らせた。
 2日の晩は吾が輩が付き添いで看病をした。夜中には、いったん安定、3日早朝は言葉もしっかりしているし、顔色もよくなったので、看護士さんにOKをもらい、妹と交代して帰宅。
 3日は、朝に地場もん屋にキャベツ、リンゴ、柿を出荷して朝食をとっているところに、またもや妹から至急電だ。吾が輩疲れてもいたので娘の車で走った。
 辛うじて間に合ったものの、願いも叶わず、伯父の死を看取ることになった。その後は伯父貴の菩提寺と相談し葬送の日取りなどを決め、葬儀社と打ち合わせするなど、吾が輩に与えられた日程をこなしたのであった。

 












月のはじめから

11月朔日(日)晴れ時々曇り
霜月の初日は、霜が降りるところがある、との天気予報だったが吾が輩の地域は”らしき”までいったが霜はみれなかった。
日の出の頃は空が”すっきり"晴れて、月の初日から優れた気分になった吾が輩である。
日の出
吾が輩今朝は、昨日休んだ分も売らせてもらおう、と気張って出荷品をパッケージした。
今日の売り物
これが今日売りたい品だ。リンゴはもとより甘柿、グリーンボール、しかも数は地場もん屋45個,JAが13個と、何時もの倍を上回る。
 地場もん屋の集荷所にでかける道筋からは、坂の町の秋景色がとても綺麗、吾が輩車を停めてうつしたのであった。
坂の町と表山
集荷所へ運んで帰宅すると、S原さんが加工用に使いたいからと、生姜を買いにきてくださった。今度で2度目、しかも3㎏も買ってくださるのだからありがたい。生姜のほかに、今日はグリーンボ-ルを3玉も買って下さったので吾が輩嬉しくなるのであった。
 遅い朝食を摂って一休み。今日は菩提寺の「お会式」だ。受付役の吾が輩、11時前には出かけた。
 我らが宗派の"お参りごと”の中で、もっとも厳かに盛大に行われる「お会式」、参詣の人も多いので、天候の良し悪しが気になるのだが、今日は秋晴れで爽やかな天候、気持ちを和ませてお参りができたのである。
開式採用   雅楽演奏?
読経は午後1時”きっかり”ではじまった。何時もながら、雅楽の調べは遠い昔を偲ばせてくれる。
本法寺住職
近隣の住職が集られての「お会式」、内陣を廻りながらの読経は法悦に浸るに充分だ。
後より写す採用    私のリンゴが
お参りごとが、終わりに近づく頃は、参詣の人たちは一様に、満たされた思いになるのであった。
あと片付けをして、帰宅したのは3時前、吾が輩一休みをして、今度は入院中の叔父貴の様子を看にいってきた。
いま泉病院
 ベット横臥してはいるが、叔父貴は顔色が良くなって話しぶりにも乱れがない。吾が輩安堵したのである。
日暮れ時
帰路、家が近くなったところで、牛岳を望んだ。日暮れ時になって上空に雲がかかった。明日はどうやら雨のようだ。
 夜8時には地場もん屋の売り上げ情報が入る。きょうは好く売れて、今朝出したリンゴもグリーンボールも柿も完売に近い。月の初日だけに、吾が輩”すっかり”嬉しくなるとともに、お買い上げいただいたお得意さんに感謝するのであった。
プロフィール

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR