6月晦日

6月30日(火)、曇りときどき晴れ
 山並み
 吾が輩今日は日の出と同じ時刻に起床した。
有機液肥の散布
立山連峰の山並みがはっきり見えるし、雲の動きも雨になることではない。ならばと昨日取りやめた西瓜の有機液肥散布に出かけた。吾が輩とSさんと交代で500㍑を散布して、玉の肥大と糖度アップをはかった。
朝食をとってからFBを覗くと谷井さんが丘の夢牧場の牛の写真を載せていらっしゃる。
丘の夢牧場の牛
 昨日写されたとのことだが、長閑で気持ちが休まるのであった。吾が輩午前はリンゴの紙袋かけだ。
じゃが芋掘り取り
 午後はじゃが芋の掘り取りから始めた。明日は雨になるとの天気予報なので、雨の前には収穫を済ませるのだ。
エゴマの定植
4時過ぎからはエゴマの定植だ。先日は西瓜の隣に植えたのだが、今日さつま芋畑の隣だ。予定の仕事を終えて帰宅したのは6時過ぎだ。
おもて山
家の近くになって、いつものように”おもて山”を眺めて観天望気だ。山が近く見えるときは雨が近づく、と昔から言われている。明日は天気予報どおり雨であろう。
 今日で今年も半分が済んだ。月日の経つのは本当に早い。いろいろ有った前半、さて後半はどうなることやらだ。
スポンサーサイト

梅雨の晴れ間

6月29日(月)曇りから晴れ
今日は早朝、西瓜に有機液肥を葉面散布する予定だ。目覚めて外をみると雨は降っていないが今にも降りだしそうなので、ネットで気象情報を見た。すると吾が輩の地方、これから雲がはれてくる。それにしても西瓜は夜露が落ちるまでには時間がかかりそうなので、相方のS林さんに電話して中止と決めた。
 で、ミニ果樹園の草刈りをした。
朝食後は洋梨と、リンゴは千秋に紙袋をかける作業だ。
 ルレクチュエの袋かけ   梨の花?
洋梨はルレクチュエ、一部は既に袋かけをしてあるのだが、今回はルレクチュエ専用の黄色で、二重の袋だ。
リンゴ袋採用
 千秋は「ふじ」の親、デリケートな果実で、袋をかけないと収穫間際になって肩に亀裂が入るので、どうしても袋かけをせねばならないのだ。
 午後は西瓜作り仲間を動員して管理作業だ。
西瓜作業
 追肥をして”うね”を寄せる作業、ソフトボール大になった西瓜にマットを当てる作業、そして吾が輩が実止まりを調整するための”すぐり取り”だ。
 すぐり取った西瓜、きょうは”かのドクター夫人”の、ログハウスで陶芸教室が開かれていたので、お集まりの皆さんに、”西瓜の奈良漬”用にと、プレゼントさせていただいた。
 その皆さんが帰り支度をなさっていたので、ソーット写させていただいた。
帰り仕度
 陽が西に傾いている頃のログハウス、屋根と木立が調和して、綺麗に映るのであった。
 梅雨の晴れ間が広がった一日が暮れる。きょうは「入り日」が雲に遮られている。
雲の峰   雲の
 でも、その雲の峰が美しい光芒をみせている、♪ あした天気になーれ ♪、ファーマーは、やはりお天道様が恋しいのである。

雨のサンデー

6月28日(日)雨
今日は朝から雨だ。吾が輩久しぶりにゆっくりと朝を過ごした。
お茶うけ
吾が輩が朝、お茶を淹れるのも珍しい。お茶受けは、先日岸和田の詩吟仲間T中さんから頂戴した「泉州水なす」に、これまた野菜作り仲間のN田さんから頂戴した新ジャガの素上げ、トマトは我が家のトマトだ。茄子も新ジャガもとても美味しく、朝から”口福”感を味わったのである。
 今日の午前は雨の場合でも強く降らない限りは西瓜畑を見たい、と前もって申し入れのあった”グループde西瓜オーナー”を山畑に案内した。
大井グループ
この皆さん、O医院にお勤めの方たち、従来から吾が輩のリンゴを買ってくださっている、ありがたいお客さんだ。きょう晴れておればマットを当てる作業を体験して頂く予定h取りやめて初物を収穫のうえ、試食をして貰っただけでお帰りだ。
揚羽採用  だんだん菖蒲
 帰宅したのは10時過ぎ、萎れた朝顔の花に{アゲハチョウ」が止まっている。咲き始めたグラジオラスが雨に濡れていて風情があったので写した。
 午後も雨は降り止まない。
アメニティホール
 ならばと、吾が輩遅れ遅れになっていた友人の病気見舞いだ。リンゴ仲間であるだけでなく、親戚同様の付きあいをしてきた仲のS水さん4月に軽い脳梗塞を患って入院されているのだが、見舞ってみれば、思っていたより回復が早いようで吾が輩安心したのである。その足で近くに住む叔父貴夫妻も訪ねて、無沙汰を詫びてきたのであった。
雨に煙る
今日は終日の雨、 雨のサンデーは吾が輩に休養をくれただけでなく、気がかりだったことも済ませることが出来て、”気楽に”なったのであった。

小雨決行

6月27日(土)曇り後雨、止み間あり
今日は集落の水・土・里活動で草刈りが予定されている。雨ならば順延だが、小雨は決行だ。
空模様
 未明の雨は止んでいる。ネットの気象情報で雨雲の動きを見る限りでは午前中はなんとか空が持ちそうだ。
試し採り西瓜
 今日は朝飯前仕事はせずに早めに朝食をとった。食後のデザートは試し採りした西瓜だ。完熟まで、まだ4~5日必要なのだが糖度は、食感は、と試食した。完熟していないので、種はまだ白いが糖度は10度もあって予定の12度以上は大丈夫、食感も「ひとりじめ」ならではで、今後の天候にもよるが美味しい西瓜になるのは間違いない。
草刈り作業は8時きっかりで開始だ。
草刈・2
集落10世帯の男性たち10人が参加して、農道、用排水路溝畔の雑草を刈り取ったのである。今年は気温の関係もあって、稲作の大敵「カメムシ」が異常発生している。こんな年は草刈りを徹底して行う必要があるのだ。
 10時半には予定の作業が終わった。午前のあまった時間は西瓜畑に行く。収穫日標識に、と昨日呉羽のタネ屋で買ってきた細いカラーポールを立てる作業だ。
 午後も雨の止み間が有るようなので、午前の作業の続きだ。今日は午前午後を合わせて百余本立てたのだが、この1週間余りで300個近く実が止まった。そのままにしておくと玉の肥大に影響がでるので、今度は摘果作業だ。
西瓜の着果調整
ソフトボール大になった西瓜、塩漬けした後粕に漬ければ美味しい漬物になるので、家に持ちかえって、希望する方にプレゼントだ。
 帰り道は、またひと様の畑の観察だ。
連作障害?
 この畑、株元の葉脈が黄変している、ヒョットして連作障害かも、だ。病気に罹っているかも、いずれにしても収穫期が近づいているので、人様のこととは云え気になる吾が輩であった。
ノーゼンカツラ
 4時過ぎには雨足が強くなってきた。吾が輩帰りを急いだ。途中で、これまた人様の垣根越しに咲くノーゼンカヅラほ花が目に止まり、無断?で写させてもらった。
一日が終わってみたら、きょうは西瓜に、吾が輩性根を捕られたみたいだ。

他人のふり見て・・

6月26日(金)くもりから雨
起きて観天望気、朝のうちはまだ雨の心配がない。
クrオ-バー
しからば、と吾が輩リンゴ園の草刈りだ。雨が続くようだとクロ-バーが伸びて手間取るので雨の前に刈るのである。
IMG_0356.jpg
家の前の市道、歩道の上に架線が多いことから鴉が止まって糞を落とすので、将に「糞害」に"憤慨”だ。
9時半過ぎから雨になった。吾が輩、今日の午前は歯科医院に行って先日仕上がって入れた義歯の微調整だ。その後は接骨院で柔道整復の術を受けてきた。帰宅してから茄子の摘み取り、雨があったためか茄子は手ごろな大きさのものが増えた。
 午後からは雨が本降りになった。なので呉羽の種屋に行く。
今日はリンゴにかける紙袋のほか、西瓜に立てるカラー標識、そして大根の種を買ったほか、何時ものように勉強会だ。
 帰りは経路の道路沿いににあるリンゴや西瓜産地を覗いてきた。
IMG_0358.jpg
 これは西瓜畑、やはり広い”うね幅”、そして傾斜の大きい農地であるのが羨ましい。
IMG_0359.jpg
次はリンゴ園、袋かけは済んでいる。樹齢は吾が輩の園より大きいようだし、樹勢のよいのが参考になる。
IMG_0362.jpg
”他人のふりみて、吾がふり治せ”だ。
IMG_0363.jpg
吾が輩帰りは、山畑経由だ。一昨日西瓜のうねに隣り合わせて植えたエゴマは水を貰っ活き活きとしている。
IMG_0364.jpg
西瓜もマルチの下は過乾燥気味だったところに降った雨で、元気が出たようにみえる。
 これで暫くは梅雨空になるようだ。作物も吾が輩も、ようやく”ゆっくり”できる、と云うものだ。

68㍉、59%

6月25日(木)、晴れ、
 タイトルの数字は、夕方のNHKテレビの気象情報が伝えた、6月は昨日までの富山の雨量だ。少ないことは分かっているのだが、数字を示されると、6月だけにその少なさが気にかかるのである。
 月かな?   IMG_0346.jpg
朝起きたのは日の出前、やがてお天道様が顔を出された、今朝は靄がかかっていて連峰の山並みは見えず、月かとみまがう日の出であった。
萎れません
吾が輩朝飯前に山畑に行ってさつま芋の溝草も始末だ。その足で昨日植えたエゴマの状況を見たのだが、写真ように全然”萎れ”てはいなくて、エゴマの逞しさを見せ付けられたのである。
 今日の午前はJAと農業共済から見えた客人の応対だ。JAはY澤さん、西瓜の収穫時期が近づくので、ブランド問題とラベルの打ち合わせ。共済は先日機関誌に吾が輩たちの西瓜作り記事を書いてくださったOさん、新聞の影響力について話合った。
百合の花
 お昼に写したのが百合の花だ。夏はやはり百合だなー、と吾輩は思うのである。
エゴマ鉢あげ
 今日は夏日だ。午後は日陰になる軒したでの作業。明日からは天候が崩れるようなので、エゴマを鉢に植え替えて。定植までの日数を稼ごう、というわけだ。
 夕方のNHKテレビの気象情報は6月に入って今日までの雨量を伝えている。雨量は68㍉で、平年の59%だと云うのだから、いかに少なかったか、そしてファーマーが水で苦労させられたことを物語るのであった。
丘の夢牧場の夕陽
 日暮れてFBを覗くと写真家のT井さんが丘の夢牧場から日の入りを写されている。明日からはどうやら梅雨空になるようなので、この写真をお借りして筆を擱くとしよう。

梅雨本番はいつごろ

今日も好く晴れたので早朝は新規就農をめざすS渡くんのリンゴ園の防除指導からはじめる。そのS渡君とワイフ殿の姪っ子に手伝ってもらって午前は西瓜畑の管理作業とエゴマの定植を行った。
梅雨に入ったのに梅雨空にはならない。ここまで降らないのであればもう少し違った方法があったのに、と思うことが幾つかある。
今日の西瓜畑
その一つが西瓜の実の付けかただ。結論から言えば実が着き過ぎたのだ。なので少し遅れたがコントロールするための摘み取りを行ったのである。。
エゴマ定植 エゴマを植える我
 エゴマは吾が輩初めての栽培だ。きょうの分は西瓜畑の片隅に作った”うね”に植えて防獣の効果を狙うもので苗の大きさからすれば少し早めの定植だ。今日は珍しく畑へJAの営農経済センターの所長が見えたので、生育ぶりを説明し収穫の最盛期見通しを申し上げたのであった。
 帰宅したらブルーベリーのプレゼントが届いていた。
友情の贈り物
 吾が輩の楽農展開に全面的に協力をいただいている藤瀬さんが作られたブルーベリーだ。吾が輩の応援団は皆さんが名人芸を持っていらっしゃるのでチョクチョク珍しいものを頂戴する。今日は先日床尾さんから頂いた「百花蜂蜜」と一緒にデジカメに収めた。
 午後の吾輩は、その藤瀬さんとともに小豆畑の”うね”つくりだ。
トラクター作業
 吾が輩はトラクターで溝たてだ。
うね作り
藤瀬さんはレーキと鍬を用いて”うね”を仕上げた。この畑は「さつま芋」畑に隣り合っていて、小豆のほかに、今日植えた残りのエゴマも植える予定だ。
奥井さんの西瓜畑
帰り道は、車を停めて西瓜作り名人O井さんの畑を覗いてきた。O井さんは大玉西瓜を永年作ってこられた方だ。”なるほどなー”と感心させられることもあって、吾が輩大いに参考になったのである。
今日の天気は梅雨の晴れ間などというものではない。明日も好天のようだから、梅雨本番は何時頃になるのだろうか、気を揉ませるねである。

人間模様

6月23日(火)、晴れときどき曇り,一時小雨
 昨夜は一時小雨がパラついたようだが朝は晴れている。天候はどう変わるのか、吾が輩起きてすぐネットで気象情報を検索した。
 雨の心配が無いことが分かったので、リンゴの防除の段取りをした。
 今日の午前は晴れれば西瓜畑に防獣ネットを張ることになっている。予定どおりだ。
ネット張り・1   ネット完成
 今日は仲間うちのほかに、西瓜の5株オーナーの方3人が応援してくださったので作業は捗った。
オーナー   バレーボール大
オーナーの方たちはネット張りを終えた後、ソフトボール大になった西瓜に座布団を当てる作業だ。既に座布団を当てて有る西瓜は大きくなって7月の初めには収穫が可能になる、と大喜びだ。
予定の作業が終わったところに畑の前に建つログハウスの主である”かのドクター夫人”から声がかかった。嬉しいかな”中へ入って一休みしられませ”だ。
憩い
喉が乾いていた面々、アイスコーヒーのもてなしに”すっかり”感激したのであった。オーナーの方たちは初対面、陶芸教室のことやら露天風呂のことで会話が弾んだのは云うまでもない(ありがとうございました)。
 午後になって雲行きが怪しくなり、パラパラと雨がきた。ならば、と吾が輩気にかけていた叔父貴を訪ねることにした。
交差点  叔父貴夫妻
旧市内に済む叔父は90歳、一時伯母上の健康上の問題でご苦労があったのだが、今はすっかり心配がとれたようで吾が輩安堵したのであった。
読書の薦め
この叔父貴は吾が輩と相性が好いので世間話、わけても世相を愁う話になると熱が入るのであった。挙句は読書の勧めで、吾が輩話題作の本をお借りすることのなったのである。
帰路、コメリに寄って買い物をしたのだが、なんとエゴマの苗があったのだ。
エゴマの苗
吾が輩あすは自分で作ったエゴマを定植する予定なので2鉢6株を購入したのである。レジで2人の方から声がかかった。
はて、誰であったか、吾が輩思い浮かばない。止むを得ないお名前を聞いて、やっと甦った.吾が輩がサラリーマン時代の後輩と仕事上お世話になった学校の先生であった。覚えていてくださったのが嬉しくて、吾が輩今日は人間関係のぬくもりを覚えたのである。
ごご7時
 帰宅したところで日の入りだ。夏至入りの日に見ることが叶わなかったので、しっかりデジカメに収めたのであった。

夏至の日は好天だった

1年で最も昼が長い日、夏至と表現する二十四節気の"理(ことわり)”に改めて思いをいたしたい吾が輩だ。
夏至の日の出
 せっかくならば朝からすっきり晴れていれば、綺麗な立山連峰がみれたのに、それは叶わなかった。
今日のおもて山
 でもしばらく経って車を走らせた頃はすっきり晴れて、県境の山並みが浮き上がったのである。
西瓜糖度アップ作戦
 出かけたのは西瓜畑、今朝はS林さんと2人で玉の肥大と糖度アップを図るため、有機液肥+αの葉面散布をおこなった。
百花蜂蜜
帰宅したら吾が輩のリンゴ園に巣箱を置いたT尾さんから蜂蜜のプレゼントがあった。
午前の吾輩はS渡君に手伝ってもらって桃病害虫防除。午後はエゴマを植える”うね”つくりをした。
エゴマのうね
 植える場所は西瓜畑に隣接だ。ヒョットして獣の侵入防止に役立つかもだ。
 夕方はコイン精米所にいって米の精白だ。帰るところで日没の時間になった。
日没の時刻
 これまた”すっきり”はれておれば、大榎と空を突いているノッポ杉の中間に陽が沈むはずだったのに・・・
 かくして夏至の初日は暮れたのであーる。

父の日とも、雨の日とも、云わず

6月21日(日)、雨
 今日は終日梅雨空だった。吾が輩、朝から雨のときは皮膚感覚で分かるので目覚めは6時台になる。
 今日は晴れていれば西瓜オーナーがお子さんを連れてきて、畑で農業体験をする予定だったので、ネットで気象情報を確かめる。雲の動きから予定を変更だ。
梅雨空・朝
 朝食を済ませて西瓜畑の状況を見に行く。家を出たところで”おもて山(飛越国境)”の山並みが何時もとは違って雲の間に見える。西瓜畑にはワイフの姪っ子もみえたので明日以降の作業予定を打ち合わせする。
水面・水鳥 獲物は・・
 帰り道は井田川の流れを見る。”おもて山”は雨が少なかったようで水量は増えてはいない。堰の手前も川床がみえるので鷺が獲物を狙っている。雨はいっとき止んだので吾が輩、桃園の草刈りだ。
IMG_0289_20150621182640dff.jpg
この桃園は新規就農をめざしたH井君が植えて4年目、「桃栗3年・・」で今年は間違いなく実がつく。なのにH井君がリタイヤしたので、吾が輩が藤瀬・野田さんと3人一緒に管理するのである。
大友さん・キス
昼食を済ませてFBを覗くと、ワイフの姪の子供で社会人になったO君が赴任先の大津島の模様を伝えている。今日は釣った「キス」の写真を載せてたので、イキよさにつられて写真を転用させてもらった。
梅雨空・昼
 午後は小雨が止み間なく降った。吾が輩あすの段取りでトマト作り名人と打ち合わせるため山里に行ってきた。道すがら雨の中を厭わず田んぼの溝たてをされているY田さんを見かけた。彼も60台後半なのに、頑張るわい、だ。
 4時半過ぎには前もって来意があったとおり小森さんが訪ねてくださった。
帰国土産
中国は遼寧に旅行されていて昨日お帰りになったもので、お土産に彼の地の「餅菓子」を頂戴した。小森さんは町日中の会計を担当していただいているので昨日の金銭出納などの引き継ぎをした後、最近の中国事情をお聞かせいただいた。
 梅雨の一日が日暮れて、きょうは「父の日」であることに思いを致した。吾が輩も3人の子の父だが、今日は何の沙汰?もなかった。他人に言わせれば”あんたは元気が過ぎる”から、となるのだが、ま、いいか・・・・

早くも梅雨の晴れ間

6月20日(土)曇りときどき晴れ
朝は曇っているが雨の心配はない。吾が輩畑に出てキャベツと茎ブロッコリーの朝採りだ。
グリーンボール
 品揃えとラッピングをしてJAの産直店へ、今日は吾が輩が一番乗りであったので事がスムースに運んだ。
 帰宅してブログを明けると、しばらくぶりにランキングが100位以内に入っている。
ひさしぶり93位
 ゆとり世代のランクは兎も角、日記で大きく飛躍したのが今日の歓びだ。 いつもながら私のブログを除いて下さっている各位に厚く御礼を申し上げる次第。
 朝食後は西瓜畑に行く。
西瓜畑・2
 今日は、この5日間に実止りしたものに立てたのだが、用意していった80本余の標識では足りなかったのだから,梅雨入りが遅かったことを喜ばねばならない。
 近くには観光bルーベリー園があって、今日はオープン初日。
観光ブルーベリー園
 朝早くからかなりの客で賑わっていた。
梅雨の晴れ間
 梅雨に入ったばかりなのに今日はもう晴れ間が広がって富山平野は陽が射したのであった。
今日の午後は町日中友好協会の定期総会だ。吾が輩、事務局長を仰せつかっているので早めに会場にいった。
 総会前の役員会、総会に続いて記念講演だ。
講師を囲んで
 今日は町在住でH会社の中国T工場長に「最近の中国情勢」についてご講演を頂いた。後援会の後半は講師を囲んで座談会、その後は懇親会と続いて有意義なひと時を過ごしたのである。
日没
 全てが終わって吾が輩肩の荷が下りた。帰宅して一休みしていたら日没の時間になった。まてよ、夏至まではもう一日だけだ。
 ならば日の入りを写そうと外にでたのである。梅雨の晴れ間に相応しい日没であった。

梅雨入り

6月19日(金)曇り時々小雨
 未明に降った雨は、朝のうちは降りそうで降らずじまい。なので吾が輩朝食前にリンゴ園の下草刈りをした。
水紋 
 午前はときどき小雨が降った。吾が輩明日の会合の資料をプリントをして過ごした。 
 雨音が聞こえるので外にでると、水田の水面に水紋がイッパイ広がっていた。
 午後は歯科医院に行く。
 サフイニア
 この医院の玄関先には綺麗な鉢花が置かれている。サフイニアだろうか、手入れの良さに感心するのであった。
門前町
 きょうで新しい”義歯”が仕上がり食事の苦痛がなくなった。帰路は門前町を象徴するスポットがある。吾が輩車を停めてパチリした。
雨の降り方が弱いので山畑の様子見に行ってきた。
さつま芋の生育ぶり
 きのうはA野さんが写してきた徳島の「なると金時」と比べてみよう、と吾が輩が作っている「紅あずま」を写したのだが、徳島には比ぶべくもない。
梅雨入り帰り道、高台から富山平野を写すのだが、雨雲が低く垂れ込めている。
 夕方のNHKの気象情報は、”北陸地方が梅雨入りしたとみられる”と、富山気象台が発表した、と伝えていて、”やはりそうだったか”と吾が輩合点したのである。
ウェイザー木地さん
 梅雨入りは昨年より14日、平年より7日遅いとのこと、雨不足で随分悩んだ吾が輩、これで水の心配は無くなる。

野菜作りの楽しみ

6月18日(木)、晴れときどき曇り
 吾が輩今日の午前は野菜畑でもろもろの作業だ。
 朝は茎ブロッコリーとキャベツの収穫だ。
茎ブロッコリー
 この茎ブロッコリー、今日で3回目の出荷だが、お客さんたちに馴染み?になったのと味の好さが分かって貰ったようで売れ行きが良い。
 グリーンボール
 キャベツはグリーンボール、今日から出荷だ。定植後の高温と雨不足で少々ボールが小さいのだが締りが良いのが吾が輩の自慢だ。
生姜採用
朝食を済ませて、今度は生姜の手入れだ。マルチを取り除いて牛糞籾殻堆肥を薄く敷き、軽く土寄せをした。
ヤーコン
隣の”うね”には藤瀬さんから頂戴した「ヤーコン」を作っている。種芋が良かったので、こんなに大きくなった。今日は雑草を引いた。
 お昼にFBを覗くとA野さんが徳島に行ったのだが、「なると金時」の生育ぶりに感心した、と写真が載っていた。
徳島・なると金時(6・13)
吾が輩、この写真おみて流石はブランド、この時期ここまで生育が進んでいるのに驚いたのであった。
午後の吾輩は今度の日曜日に行う、西瓜畑の防獣ネット張りの準備、つまりネットの購入をしてきた。余った時間は、遅くはなったが、グリーンカーテンにする朝顔をプランターに定植したり、夕方は茄子に潅水だ。茄子は花が次から次へと咲いてくるので、こんなに乾くときは水遣りが欠かせない。
牛岳
 日暮れ時になった頃は、雲の流れが早くなった。吾が輩が夕焼けを写す定点から牛岳を望むと、頂上付近に雲がかかっている。
本当は雨になってもらいたいのだが、今すぐにとはゆきそうにない。

朝夕と2回も西瓜畑に行ってきた


6月17日(水)朝のうちは小雨、のち晴れときどき曇り
今朝は5時半過ぎに目が覚めた。身体の湿度計が雨と分かったようだ。外に出て「観天望気」、雨は上がるとみて西瓜畑に草刈に行くことにした。
桐の実
 畑の近くの木立には桐があって、先月は紫色の花が咲いていたのだが、今度は実が着いている。
燕麦の実
 こちらは西瓜畑の空地に蒔いたエンバクの実だ。エンバクはこの段階で刈りとって鋤込めば立派な緑肥になるのである。
 吾が輩1時間余りかけて西瓜畑のり面の草を刈ったのちT尾さんの蜜蜂の様子を見に行った。
養蜂夫婦    箱の中
ちょうどご夫妻で箱の中を改めていらっしゃったので蜜集めの成果を尋ねた。すると今年の4・5月は気温が高かって開花期間が例年より短かったためかかんばしくはないとのことで、蜂君たちも大変なんだなー、と思ったのであった。
今日の吾が輩終日リンゴの仕上げ摘果だ。
摘果の応援
 午前は藤瀬・野田の両人も応援にきてくださったので随分捗った。
ヘリ飛来   査察
 リンゴ園の近くに関西電力の鉄塔と送電線が架線されているのだが、今日はその鉄塔の査察にヘリが飛来した。大写しができたのでデジカメに収めた。
 午後の4時過ぎには今日2回目の西瓜畑行きだ。昨日までの3日間で多く着果したのと、雨が少なくて畑が過乾燥状態になって蔓の勢いが悪いので、有機液肥を”うね肩”に散布してカンフル効果を狙ったのである。

五月(さつき)朔日

6月16日(火)晴れから曇り、午後はときどき雨
 旧暦は今日から五月だ。新暦との差は1ヶ月半もあるのでファーマーは悩ましいのだが、北陸の、と云うか富山はと云うべきかは兎も角、今年の暖後期の気象は気になることが多い。
 今日も気象情報は曇りのち雨、なのだが日暮れてみれば雨は”おしめり”程度、しかも予報で見る限り梅雨入りは未だ先のようだ。
と、読んで吾が輩今朝の行動だ。
スイカ畑とログハウス   蜂君
 今朝も西瓜畑に行って受粉作業をした後、実どまりが多くて蔓先の勢いが弱い株に水遣りをしてきた。今日も雌花の数が多く、この3日間で相当数が実どまりすることになろう。
 吾が輩午前はリンゴの仕上げ摘果だ。午後になって雲行きが早くなりポツリポツリと雨が来た。吾が輩午後はは歯科医院に予約があるので出かけた。
坂の街は雨
途中で小雨に濡れる坂の町門前街をうつしてきた。
 帰宅した頃は、雨が止んでいる。
百合の花
近くにある隣家の畑に百合の花が綺麗に咲いているので目の保養に写させてもらった。外の雨は小雨が降ったり止んだり、なので吾が輩外仕事は諦めてワ-プロの仕事だ。
事務局長
今度の土曜日は町日中友好協会の定期総会、吾が輩事務局長を仰せつかっているので、総会の資料作りだ。
 夕方になって配達された農業共済の機関誌に目を通すと吾が輩の西瓜作りのことが記事になっている。しかも吾が輩のブログのことも書かれていて吃驚だ。
 吾が輩が「多くの人に農業の楽しさを伝えたい」、と、取材にみえたO田さんに話していたことも書かれていて嬉しい思いをしたのであった。

卯月晦日

6月15日(8月)晴れときどき曇り
旧暦は今日で4月が終わる。ようやくと云えばようやくだがファマーは気になる暦ではある。
晴天が続くので吾が輩自然と早起きになる。今朝は起きて直ぐコイン精米所に行き米の精白、そして糠を引き取ってきた。この糠は食用菊の肥料にするのだ。
 その後は昨日に続いて西瓜畑へ。今日も集中的に西瓜の受粉作業だ。
雄蕊と
今日は条件が好いので花粉が付いたのが好く分かる。
トカゲの訪問
 きょうも多く雌花があったので、やってきた甲斐があった。好天の朝はトカゲも顔を見せてくれる。
光る屋根
 帰宅の時間帯は朝日を受けた大小いろいろな屋根が光り輝いていて絵になっている。
午前は2回に分けたリンゴ園の梅雨前防除とJAに用足しだ。
いんさんからのメール
 お昼になってメールをあけると先日我が家を訪ねてくれた老朋友からメールが届いていたので、吾が輩写真を添付しては返信をした。
 午後の吾輩は、今日2度目の山畑行きだ。 
堰も?
 往路は近くを流れる井田川の水の流れをみる。水は細って、堰の近くまで河床が見えるようになっている。明日から旧暦は”さつき”になるのだが”さみだれ”あるいは梅雨はどうなることやらだ。
耕す
 今日の山畑は後日定植予定の「エゴマ」畑に石灰を散布した後、トラクターで耕起したのである。

白木のニッコウキスゲ

 夕食後FBを覗くと森田さんがきのう一人で白木峰に登った、と「ニッコウキスゲ」をはじとして綺麗な写真を載せていらっしゃったのでお借りして、卯月晦日を飾らせてもらった。
 

蜂さんと一緒に

謫6月14日(日)、晴れ
今日は朝飯前仕事の重要度が高い。吾が輩先ずはプランターや鉢物に水遣り、きょうは「サボテン」が花開いた。
サボテンの花
 次いで茎ブロッコリーの摘み取りとパッケージだ。
茎ブロッコリー摘み取り   茎ブロッコリー出荷
 4月初めに定植した茎ブロッコリーは4月前半の日照不足、5月以降は晴天が続いて雨量がすくなかったために生育が遅れ、漸く写真のように茎が立ち蕾がついて収穫できるようになったので、今日の日曜を皮切りに産直店に売りに出すのである。
肝心要の仕事は西瓜の受粉だ。受粉作業は朝の日照と気温で時間帯が変わる。今朝のように朝日が輝いて早くから気温が上がる場合は6時半過ぎから約1時間が勝負どころだ。
 蜂に任せておいてもよさそうなんだが、今日は前後の天候や生育状況から花数が多いと読んで、実どまりを確実にするために人の手で確実に交配を行ったのである。
 蜂の応援   西瓜受粉
 蜂君たちも吾が輩の気持ちを読んでくれて”せっせ”と働いてくれた。吾が輩が受粉した数は百を数えた、今日交配した雌花は7月20日頃に収穫が可能になる。 夏休み入りした子供達が喜んでくれるであろう。
 帰宅した吾が輩茎ブロッコリーをJAに運んで漸く朝食であった。
 今日はその後はわれ等が詩吟流派の大会だ。10時から舞台を作り、リハーサルをして開会を待った。
正午過ぎに宗家会長をはじめ総本部のお偉方が到着されて富山地区本部大会が始まった。
 開会セレモニーに続いて,会員の合吟、独吟だ。
 富山合吟
 吾が輩が吟じたのは菅原道真公が大宰府へ流されて以来38首の詩の中の絶筆「かっきょの春雪」だ。今日は好く声が出て自分でも満足できる吟詠であった。
 会員の後は招待者の吟詠、そして宗家会長が挨拶、範吟をされて大会は終了した。
会長挨拶
大会の後は懇親会だ。
カンパーイ     バンザーイ
和気藹々で進んだ懇親会、最後は万歳で幕を閉じたのである。

日常に戻る

6月13日(土)、晴れ
 2日間ホストを勤めた吾が輩、やはりファーマーがお似合い、と今日は朝から気合が入ったのか目覚めtは4時チョット過ぎた時刻、今将に陽が昇るところであった。
日の出
早朝はリンゴの病害虫防除、例年ならば梅雨に入って難渋する作業だが今年は梅雨入りが遅いのでたすかる。
 午前は西瓜作り仲間を動員して麦藁敷きと蔓の誘引、そしてソフトボール大になった西瓜を西瓜ベットの載せる作業を行った。
西瓜のベット
 10時過ぎには終了した。今日はJAの廃プラ収集日なので、この春使った農ポリや肥料の袋などを預託すべく定められた場所に運んだ。 
 午後は詩吟教室だ。
詩吟教室
明日は地区本部の発表会、仕上げ練習であった。
アブラムシ
 夕方近くになって再度西瓜畑に行ってきた。午前の作業でアブラムシに犯されている株を見つけたので葉を摘むなど手を打ってきた。
 帰りに井田川の流れをみて吾が輩首を傾げた。
水細る
 水が随分細っているのだ。5月になって以来雨の日が少なく、水源地帯の雨量も少ないのであろう。この分ではヒョットして、水田に水不足がおきるのでは、年寄りの取り越し苦労にならねばよいが・・・
 

続・草の根交流

6月12日(金)、曇りときどき雨から午後は晴れる
 今朝は静かに雨が降っている。客人は好く眠れたようで、今朝は早起きだ。
朝食準備
p夫人はキッチンのワイフに応援だ。
皆よい顔です    インさんファミリー
お子たちも時差ボケが治ったようで今朝は上機嫌、吾が輩愛らしい笑顔が嬉しいのだ。
外は雨でした
 我が家を出発するのは9時、外は別れを惜しむかのように雨だ。
富山駅新幹線ホーム   列車到着
ホストの吾が輩、今日も富山駅に見送りだ。
a href="http://blog-imgs-73.fc2.com/c/h/i/chiyokomasaji/2015061221023575d.jpg" target="_blank">車窓から
きのう富山駅に到着したのは午前11時30分過ぎ、きょう富山駅を発車するのは午前10時31分、ほぼ一日と短い時間であったが旧交を温め、再会を訳して、バイバイしたのである。
 (お昼過ぎに帰宅した吾が輩、雨が上がったことでもあり一休みした後、明日の作業準備にかかったのであーる)

草の根交流

6月11日(木)、晴れ
 ”友遠方より来る、また楽しからずや”、今日はシカゴからIさんファミリリーがやってきた。IMG_0159.jpg
 吾が輩富山駅まで出迎えに行った。Iさん夫妻と吾輩は、かれこれ20年余に及んで草の根交流を続けてきた仲だ。
IMG_0160_201506112103490fc.jpg
 きのう成田に着いて昨夜は東京泊まり、八尾駅に降り立って、やーれやーれだ。
IMG_0161.jpg
時間を効果的に使おう、と昼食は富山駅で買ってきた「富山湾弁当」これがまた大好評であった
IMG_0164.jpg
我が家のリンゴ園は、アメリカのリンゴとは随分作り方が違うようで、吾が輩自信を深めたのである。
IMG_0165.jpg
Iさんはミシガンの大学で「神学」を学ぶクリスチャン、なので吾が輩仏教の古刹へ案内だ、
IMG_0169.jpg
この通りは坂の街の象徴的な街並みなので吾が輩是非ともとガイドしたのである。
 夕方になった頃は時差ボケも手伝って眠気がさした様子、にもかかわらず草の根交流は熱を帯びた。
カンパーイ
夕餉は”刺身”に”天麩羅”にと日本料理をムリヤリ勧めて旧交を温めたのであった。このファミリー今夜は我が家でどんな夢を見ることやら・・・

梅雨までは好天が続く

6月10日(水)、晴れ
今日も朝から好い天候だ。吾が輩今朝は西瓜の受粉と標識を立てる作業だ。西瓜はトンネルを捲ったので蜂が交配を手伝ってくれているのだが、今日は花数が多いと読んで吾が輩も受粉作業だ。
西瓜の受粉
畑がある場所は標高が150㍍を越すので今朝は気温が低かったので蜂君たちの出動は遅い。
蜂は今から
 8時をまわったので巣箱を覗きにゆくと、漸く動きが盛んになったよう、なので吾が輩帰宅した。
栗の花
 畑の近くにある芝栗は、今を盛りと花を着けていた。
午前の吾輩は桃と洋梨に紙袋を掛けた。
洋梨に袋
この洋梨は「ル・レクチュエ」、洋梨でも最高級の果実なので、袋も上等のものを掛けるのである。
社の上に飛行機
午後の吾輩はリンゴの仕上げ摘果、今日の午後は北よりの風、なので富山空港に着陸する飛行機は吾が輩のリンゴ園の南で左旋回して着陸態に入る。今日は鎮守の森の上でゲットできた。
夕暮れの立山
夕暮れが近づくと立山連峰の彩が刻々変化する。きょうは”すっきり”と夕陽に映えるのであった。
里山の稜線
お天道様が里山にかかられたのは7時近く、入り日が綺麗なので明日も好天が期待できる。梅雨になるまでこのように好天が続くのはとてもありがたい。

元気な先輩

6月9日(火)、曇り、いっとき小雨
雨は未明から降ったようで、朝は小雨だった。
視界不良・1
 吾が輩雨の朝は起床は遅い。「観天望気」に外に出る。四方八方が靄に包まれている。
ナツメの花
 畑の水の溜まり具合を確認、農道に植えてあるナツメの花が雨に打たれていた。
 朝食を済ませた頃から雨が止んだので、吾が輩リンゴ園の草刈だ。草刈りは雨の直後が好く刈れるので吾が輩タイミングを失せずに行う作業だ。
 午後は歯科医院に行き、帰りは接骨院に寄って柔道整復を受けてきた。
 歯科医院の待合室で”ばったり”サラリーマン時代の先輩S崎さんに会った。本当に久しぶりだったし、それでもとお歳を聞くと93歳とのこと。吾が輩より11歳も年上なのに、”すこぶる”付きのお元気、本当に懐かしく往時を思い出して話あったのであった。先輩は町の広報紙の編集を担当されていて、吾が輩が毎月「今月の農作業」の原稿を書いていたことを覚えていらっしゃって、話が弾んだのであった。
 接骨院は空模様がわるかったこともあって混みあっていたが我輩運よく先頭だったので早めに帰れた。この院からは高台のお宿が手に取るように見える。
高台の宿
  この時間になってまた時々小雨の様だ。帰り道、交差点の信号が赤になったので停車すると、道沿いの庭木に白い花が咲いているのが目に止まった。
夏椿の花
どうやら「夏椿」のようなので急いでパチリしたのがこの写真だ。帰宅したのは午後の4時過ぎ、吾が輩の地域は雨が止んでいる、ならばと吾が輩、リンゴの仕上げ摘果を行って"腹べらし”に務めたのであった。
 

梅雨入りOK

6月8日(月)、晴れときどき曇り
 今日は関東・甲信も梅雨入りとなって、太平洋側は東北を除き皆梅雨になった。北陸地方はは未だ暫く先のようで、ありがたい。
 、梅雨入りまでに作物がどのように育ったか、作業はどこまで捗ったかはファーマーの腕の見せ所だ。
吾が輩、きょうまで天候に恵まれて予定していた作業は、ほぼ終わり、これで何時梅雨入りしてもオタオタすることはない。
 昨日は一日"後生願い”をして休んだので、今日は頑張るぞ、と朝から気合が入ったようで、目覚めは4時過ぎだった。
夜明け前
 朝のうちは好く晴れていて立て山連峰が綺麗な山並みを見せていたので早起きの証明写真を撮った。
朝食まではプランタ-や鉢物に水遣り、田んぼの水もみてからガソリンスタンドに行って軽トラに給油だ。
 午前の作業は、仲間うちにも声をかけて、西瓜畑の作業だ。
男ばかり
 今日は先日施した有機の追肥が土に馴染んだので、うね寄せをした後敷き藁をして、溝に防草シートを張り治すまでの作業だ。
 今日はガールズが不在で、男ばかり、仕事は予定どおり進んで10時過ぎには引き上げた。
コーヒーブレークの後写したのが、ハーブは「ラムズイヤー」の花だ。
ラムズイヤー
 昨年播種したときは多年草だと云うことに気づかなかったのだが、育ててみてわかったので春先にプランターに植え替えたら、このように育って花をつけたのであった。
 午後も花のことから始めよう。
夏そば?
 昨秋、脱穀した”蕎麦がら”を畑に返そう、と積んでいたら、このように花が咲いたのだ。品種は「信濃1号」、なので”夏そば”とでもしようか、だ。
 午後の吾輩は畑作の中で残っていた作業、茄子の支柱立てを行った。
茄子の支柱
 茄子は”1うね”を藤瀬・野田組と一緒に作っているので、作業も一緒に行った。この2人は器用な人たちなので、吾が輩大いに助かるのである。
 陽がだいぶ西に傾いた頃、念のため西瓜畑に行ってきた。模様が変わるので雨・風になっても大丈夫かを確認してきたのだ。
トマト作り名人
 近くのハウスでは午前中一緒に作業をしていたトマト作りの達人がトマトの手入れ中であった。今年は順調に育っているようで、喜ばしい限りだ。
立山連峰の夕暮れ
 帰り道で写したのが立山連峰の夕暮れだ。「観天望気」よろしく、雨が近づいているのが判るのであった。夕方のテレビ、気象情報は,夜半から雨になると、伝えている。梅雨入りは未だのようだが、我輩は入梅OKとなったのである。

お参りサンデー

6月7日(日)、晴れ
きょうは我らが宗派は北陸教区の”お参りごと”だ。吾が輩きょうは、念仏一筋、ブログも特集だ。
a href="http://blog-imgs-73.fc2.com/c/h/i/chiyokomasaji/20150607175348a56.jpg" target="_blank">大屋根
 会場は高岡市のT寺の古刹だ。入り口には「日蓮大上人」の銅像がある。今日は朝から好く晴れて、大屋根が映えている。
講師紹介・本陽寺 IMG_0098.jpg
お参りごとに先立って講演があった。講師は静岡県の鷲津から見えたK原聖人、「六根清浄を願って」と題されて長寿社会の心がけを話されたのであった。
 昼食の後は「大法要」だ。県内の各寺院に加え金沢、高山の寺院からも、住職が集られ読経が始まった。
回向 大法要始まる
今日の”お参りごと”は県内各地に加え、金沢、高山市からも多くの檀信徒が参詣されて法悦にひたったのであった。
雅楽   跪く
大法要の後は宗派・寺院の発展に功績のあった方の表彰があり、賞状と”輪袈裟”が授与された。
表彰式
 締めくくりは会場寺院の住職K藤聖人から「仏の教え」と題された説教があって、午後の3時近くになって、全てが終了したのである。
IMG_0110.jpg
吾が輩、高岡市は20数年ぶりであったのだが、きょうは菩提寺の住職の車に便乗させてもらったので、楽をさせてもらった。”お参り”をしながら、そして講演を聞いて、いろいろ考えさせられたのだが、今日のところは、お経に有る「見聞触知皆菩提に近づく」とだけ書いて筆を擱くとしよう。

芒種の候

6月6日(土)、曇りときどき小雨から、午後は晴れ
 昨日からの雨、こんどは雨量がかなりあって大地は潤ったようだ。今朝は小雨があったので吾が輩、久しぶりに2度寝をした。
今日は(今日から)二十四節気は「芒種」だ。で、写真のトップは”のぎ(芒)”の長い大麦を載せるとしよう。
のぎ
 この大麦は昨日の記事に書いたF山さんが刈り取った麦田に残っていたものだ。
 朝からに戻って、久しぶりの”じっくり”ぶりで潤ったリンゴ園だ。
園地潤う
 先日は下草のクローバーだったのだが、雨が近いとみて刈り取った後なので、今度は大地が潤ったのである。
 吾が輩午前は,さつま芋畑に並んで植える予定の「エゴマ」作付け地の草刈に行ってきた。
草刈り  さつま芋
雨上がりの草刈は、自分でもお気に入りの綺麗に刈ることができるのである。右の写真は今度の雨で一段と生育が進んだ「さつま
芋」だ。
 午後の吾が輩は相棒の藤瀬さんと2人で、桃の紙袋かけだ。
IMG_0084.jpg
 今日はオーナー希望の0さん親子が体験にやってきて応援してくださった。お嬢さんは小学校高学年、嬉しそうな顔が印象的だ。
 今日は、このほか食用菊を定植予定地を藤瀬さんが豆トラで耕してくださるなど、次なる仕事の準備が進んだ。
 桃の園地の横を流れる小用水の溝畔には「ヒメイワダレ草」が今を盛りに花を着けているので写しておいた。
ヒメイワダレ
今日の夕暮れは雲の色だ。
雲・夕映え
 日没の直後、東の空は雲が夕陽の残照に映えているのであった。あすは上天気になることであろう。

ぼやきが天に届いたか

6月5日(金)曇り時々晴れから午後は雨になった。
空模様が変わり目にきていることは朝の雲の動きから予想はできた。
IMG_0058.jpg
なので、吾が輩ネットで気象情報、わけても雲の動きをみて仕事の段取りをした。
 朝飯前は桃の病害虫防除だ。この春から吾が輩、新規就農希望のS渡君に果物作りを伝授?することになったので、今日はS渡君が手伝いだ。
 朝食をとった後は西瓜畑に行った。雨になるとすれば前もってしておかねばならない作業がある。
双子西瓜採用
 きょうはトンネル被覆資材の結わえ具合の確認やら、一番果の摘み採りやら、蔓の具合をみて追肥を施すなどの作業を行った。途中で仲間うちの野田さんが見えたので手伝ってもらった。写真の西瓜は1本の蔓に2個続いて実を着け同じ大きさになっていたのでデジカメに収めてきた。
山が近い
 この畑は里山沿いにある。高所から見る立山連峰、きょうは雨が近づいていて濃い藍色になっている。
 雲行きも怪しくなってきたので、ゆっくり昼休みをしているところへFBの友達で"頼り甲斐”がある専業農家のF山さんが見えた。
吾が輩がお願いした「麦藁」を近くの麦田で取るから、と嬉しい便りをもってきてくださったのである。
芒種の前
 吾が輩午後は歯科医院通いだ。通りすがりには、雨が近いとあって麦刈りに精をだす、別の組も目についた。
 麦刈りと云えば,二十四節気は明日から「芒種」だ。「芒」とくれば麦の「芒(のぎ)」が代表格だ。
坂の街
歯科医院を後にして、坂の街の写真を撮り、今度は接骨院へ、と吾が輩雨になったことを好いことに「院」の”はしご”をした。
雨宿り
 帰宅したころは、きのうの吾が輩の”ぼやき”が天に届いたのか雨脚が強くなった。吾が輩エゴマのペーパーポットなどを軒下に取り込んだのであった。
 

降らないときは降らない

6月4日(木)、晴れ
 昨日の雨は結局”おしめり”程度、朝はすっきり晴れて、西の空には月齢15・9の残月があった。
残月
 吾が輩朝のうちはリンゴ園の草刈りをした後、西瓜畑のアブラムシ退治に行ってきた。晴天が続くので、いろんな作物にアブラムシがついて、放っておくと猛烈な勢いで増えるので油断できない。
IMG_0050.jpg IMG_0047_20150604210047f0c.jpg
行ったついでにさつま芋畑も覗いてきた。こちらは水遣りをしたこともあって活着して、新葉がでてきた。さつま芋はこの天気で生育が進む。
さつま芋
 吾が輩午前はリンゴの仕上げ摘果だ。
 エゴマ採用
 午後になってエゴマの発芽が揃った。きのうからボツボツと芽が出てきていたもので、この出方は高い発芽率だ。
 吾が輩午後はJAに行って用足しをした後、コメリで培養土を買い求め、食用菊をポットに植え替えた。
IMG_0054_201506042049569e4.jpg
 定植をすることも可能だが畑の準備が出来ないので”一時しのぎ”だ。その後は生姜畑などの雑草対策、夕方は潅水もするなど雨量が少なかったので骨が折れる。
 きょうの夕暮れは西の空も東の空も綺麗だ。
立山夕映え 日没
お天道様が山の端に沈まれたのは午後の7時近くであった。この夕焼けであれば明日も雨は期待できないだろう。

雨の休日

6月3日(水)曇りときどき雨
 今日の雨は、降るには降ったがどちらかと云えば「曇りときどき雨]であった。
 昨夜の気象情報は未明から雨になる、とのことだったが、目覚めても雨音は聞こえずだ。
小雨 飛び石
 6時台になってやっとポツリポツリ、雨らしい雨がふってきたのは7時以降であった。
 それでも外仕事は無理、吾が輩今日は久しぶりに「雨の休日」だ。
クローバーの奥行き
 リンゴ園も久しぶりの雨で、下草のクローバーも一斉に白い花を咲かせたように思う。
テレビの画面から
NHKテレビの画面も雨に相応しい菖蒲の花だ。吾が輩今日はゆっくりパソコンやらテレビやらを視て朝のうちは過ごし、午前は身体を横たえて充電に務めた。
 午後になって町日中友好協会会計の小森さんが見えて決算書の内容を承り、総会に先立って受ける決算監査の書類をまとめてもらった。
 午後の3時過ぎには雨が上がったのでキャベツに追肥を行ったほか、雨露があるときに捗るリンゴ園の草刈りをした。
 夕方になってFBのお友達のタイムラインを覗くとO切さんが「駿河湾の活桜えび」の写真を載せていらっしゃった。こんな海老を肴に一杯飲めたら幸せだろうなー、と思いつつ夕餉の膳についた。
押さん、駿河湾の活桜海老
のだが、雨があがってから行った作業で"腹へらし”ができたので、我が家の家庭料理で、結構ご馳走を頂いた気分になったのであった。

雨の前に

6月2日(火)晴れ午後はときどき曇り
 雨が近づいている。となると降る前にしておきたい作業が多くある。明日はは朝から雨前作業をなるべく多く片つけよう、昨夜はそのようにインプットして寝たので今朝は早く目が覚めた。
 日の出
 日の出前だったのでお天道様が立山連峰に顔を出されるのを待った。4時48分、連峰は”ず-っと”左の端に顔を出されたのであった。吾が輩すぐにリンゴの梅雨前防除の準備だ。6時過ぎには薬液の噴霧作業着手だ。
 噴霧
 リンゴは梅雨の間に病気に罹ることが多いので、減農薬栽培もこの時期は欠かすことが出来ない。
 ハーブの蕾
1時間足らずで済んだので、鉢物やペーパーポットに蒔いたエゴマなどに水遣り。中でも開花が近いハーブには”しっかり”水を与えた。
 朝食後は茎ブロッコリーのマルチはずしと追肥だ。マルチを外して判るように水を求めて根が地表面に集っている。
茎ブロッコリー
 きのうキャベツで確認できたように、ここのところの日照り続きでマルチの下は”カラカラ”に乾いている。放置しておくと生育が遅れるので、マルチをはがして,薄い液肥を”たっぷり”与えたのである。
 午後の吾輩は西瓜作りの相方、藤瀬さんと2人で西瓜の追肥とウネ寄せ作業だ。
西瓜の追肥・中耕  溝立て
 追肥は勿論”有機肥料”今回は玉肥の意味もあるので甘味を強くする肥料を施した。その上で中耕を行い、後日になって肥料に”馴染んだ”土を寄せるのである。
 今日は、このほかにトマトの尻腐れ予防や、里芋の芽を食害する害虫対策など、雨前作業を多く”こなした”。これで明日雨が降るのを待つだけだ。
池ミクリガ
 夕方になってFBを覗くと森田さんが、立山はミクリガ池の雪解け進む、と素敵な写真を載せていらっしゃったので、夕涼みを兼ねてお借りした。

水無月朔日

6月の別称「水無月」は、本来旧暦6月のこと。ところが今年は旧暦が4月のうちに水に悩まされている。
わけても露地野菜は乾燥つづきで生育が滞っている。吾が輩が手塩にかけて作っているキャベツ「グリーンボール」も、このままでゆくと結球しないのでは、だ。
キャベツ・1
 で今朝は思い切って白黒マルチを外した。すると、キャベツの根が水を求めて地表部に集っているのであった。
 今朝は野菜類に潅水した後、きのうトンネルを外した西瓜の状況を見に行ってきた。
西瓜の大きさ
 開花の状況は?蜂は飛来しているか?朝露は葉に降りているか、などの観察だ。今日は一番生りの大きさが判るようにゴルフボールを持参して写真を写してきた。
ログハウスついでにと云っては申し訳ないのだが、西瓜のウネを入れて、かの”ドクター夫人”のログハウスを写してきた。今朝は気温が下がったので朝露が”しっかり”降りたのであろう、屋根の色が鮮やかに撮れている。
 吾が輩今日はリンゴ栽培を試みるS渡さんに摘果講習をするので、彼が来宅するのを待った。
プリンたー
 その間に町日中友好協会の定期総会案内はがきをプリントした。
 午後は月に一度の中国現代史講座だ。
講座採用
 いつもながら講師先生の熱心さに感心するのであった。
 終わって小森さんの車に便乗して帰宅したのは5時近く。
山並み
 今日はこの時間、累々と重なって色様々に映る県境の山並みに見惚れたのである。
 6月1日は旧市内は”山王”さんのお祭りだ。吾が輩幼い頃、親の手にひかれて”山王”さん境内のサーカスを見に行ったことを思い出すのであった。
 さて、水無月はこの後どのような推移をするのであろうか、願わくは"やさしい気象”であって欲しいのである。
プロフィール

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR