3月みそかは「春分」の末候の初日でもある。

3月は去る、もう晦日になった。今年の3月は後半が気温が高めに推移したので桜は開花まで日がないようだし、我が家のリンゴは蕾が随分膨らんだ。
 今日の吾が輩朝の出は、H君からS君に経営が移るリンゴ園の防除作業を段取りし、S君の到着を待って薬液散布を行った。
 今日は気温の上がりようが早く、最高気温は25・4度と、今年初めての夏日となった。近くを流れる井田川では堰に水鳥が遊び、構造物の上では日向ぼっこする鳥もいるではないか。
日向と水浴び
 午前の余った時間は野菜畑をトラクターで砕土耕を行った。午後はS森さんに請われて、彼がこの春新植した柿とリンゴ、ついでに桃の剪定をアドバイスに出かけた。
杉森さん
S森さんは、吾が輩の勧めで柿の鉢栽培を始めるので、初めが肝心と、出かけたのであった。
近くにはラッパ咲きの水仙が満開になっていたのでパチリした。聞けば花好きなH山さんが手入れされているとのこと。
東山さんの・・
花の序ならばと吾が輩、我が家の辛夷の蕾が膨らんだので花開く前に写しておいた。
煙突の風景   辛夷かも
 今度の好天は今日限りのようだ。ならばと吾が輩、今日中に馬鈴薯の”うね作り”を行って植え込もおえよう、と馬力をかけた。
畝作り
きのう今日と土が良く乾いたので、トラクターで溝立てをした”うね”は理想的に仕上がった。
馬鈴薯植え込み
 じゃが芋を植え終えた頃はお天道様が山の端にかかられるのと一緒であった。吾が輩晦日とは言え3月中に植え込んだのは久しぶりであった。

スポンサーサイト

今日は一昨日A野さんのタイムラインで見つけた東京駅に展示されている富山のチューリップを書き留めておく。
東京駅で富山のチューリップ展示
A野さんは以前富山に勤務されていた方なので冨山贔屓、ありがたいことだ。写真はこのほかに3点あったのだが吾が輩この彩に魅了されたのでした。
吾が輩午前は山畑を耕す仕事から始めた。
春霞   
往路、高台から眺めた富山平野は霞がたなびいて”うすぼんやり”、気温の上昇は急カーブであった。暫くぶりで足を運んでみると、山里のログハウスも春に模様替えが終わっていた。
山里に春の訪れ
畑の1部をトラクターで耕して後、吾が輩トラクターを家まで陸送した。帰り路で道端にあるお家の庭にピンクと黄色の花が見事なコントラストで咲き誇っているのが目に留まったので、トラクターの運転席から写したのが次なる写真だ。
ピンクと黄色
ピンク色は「花桃」、黄色は「さんしゅ」であろうか、吾が輩しばし見とれたのであった。
午後の吾輩は野菜畑を約5㌃、田んぼを約18㌃トラクターで耕した。
春耕
高齢になっていても”耕せる”歓びは格別。母なる大地の匂いをかいて吾が輩満足した、のであーる。

鹿島立ち

今日は朝のうちは晴れていたが、陽が高くなるにつれ曇り空。お昼近くからはポツリポツリと雨がきた。
梅と屋根
我が家の庭、朝の光を浴びて満開の梅が綺麗だ。今朝は7時過ぎに孫娘から電話が入り8時過ぎの飛行機で出発するという。
鹿島立ち  機種を北へ
時間を調べると羽田行きは8時25分と判った。風向きからは今朝は、南向きに離陸だ。ならば我が家の方向で写真がとれると、待ち構えてた。時刻は少し遅れたが間違いなく我が家の方向に向かったのだが予想より早く左旋回であった。
機影は小さいが彼女の”鹿島立ち”を見送ったのである。
 今日の午前は乾燥気味の上無風だ。ならばと吾が輩、田畑の畦畔の枯れ草焼きを行った。
草焼き
田畑の畦畔に止まらず、リンゴ園の東を流れる排水路の溝畔も作業ができて、日曜の午前は予定を越えての作業を終えたのである。
 午後は曇りちきどき小雨だ。わがはい、ならばと休養を決め込んで高校野球・プロ野球のテレビ観戦であった。
針仕事
今日はワイフ殿が久しぶりに”針仕事”だ。吾が輩の”つな衣”のチャックが不具合になったので、代って”スナップ”をつけたのである。
 夕方になってFBを覗くと、M田さんが海上観光をガイドされて、ホタルイカを頂戴したと、タイムラインに写真が載っている。
海上観光でホタルイカ
如何にも”キトキト”だったので吾が輩”せめても”写真でご馳走になろうと思って転載させていただいた。
夕方になって雨はあがったみたいだ。気温は下がらないし、となるとこの雨は”花を催すの雨”であった。

マッサンがEND

昨年の9月から続いたNHKテレビ朝の連ドラ「マッサン」が今日で幕を閉じた。
マッサン幕を閉ざす   マッサン
吾が輩このドラマのストーリーが気に入ったので毎朝欠かさず視てきただけに感慨”ひとしお”、テレビ画面で最後のシーンを写し、記憶に留めることにした。
 今日は3日続きの好天、明日も半日は雨が降らない、と、なると、リンゴ園の防除作業には絶好の日和だ。
リンゴ発芽
 昨年の12月から、ほぼ4ヶ月休眠していたリンゴは先日来の暖かさで目を覚まし、一昨日あたりから発芽が始まった。
トモノール散布
 発芽が始まると同時に病害虫も動きをはじめる準備をするので、出鼻を挫くべく、今年初めての防除作業を行うのだ。今日は藤瀬さんに手伝ってもらって油製の液剤を噴霧したのである。
1時間あまりかかって作業終了、今日は10時から詩吟教室だ。
詩吟教室
何時もは土曜日の午後なのだが、今日の午後は教場で流派の役員会があるので変更になったのである。
午後の吾輩はリンゴの強勢枝の誘引作業を行った。強勢枝に着果させるといろいろ問題が起きるので、開花前に縄をかけて誘引するのである。
土曜日でもあり、少し早めに仕事をきりあげて、ブログやFBに目を通す。
幼稚園準備
今日も長崎に住む子育てママのブログに可愛い写真が載っている。今度は4月から幼稚園に入る男の曾孫だ。制服が届いたので着用したというわけだ。
 曾孫さえもこんなに大きくなったのだから老爺が”ひなびて”ゆくのは当たり前、と吾が輩今日は割り切るのであった。

春めく

きょうは昨日に勝る好天、気温もぐーんとあがり、一挙に春めいた。日の出
今日の日の出は文句なしお天道様が連峰の嶺に顔を出される瞬間は後光が射すのである。早く目覚めたので、長崎に住む子育てママのブログを覗くと、曾孫のK乃が昨日花見遠足に行ってきた、と書いている。
香のが花見遠足
花見遠足といっても車で移動したとのこと、ヨチヨチ歩きは当然だわい、と吾が輩。
午前の吾が輩、茎ブロッコリーのセルトレイを外に出して、今度はキャベツの種蒔きだ。
キャベツ種蒔き
このキャベツはグリーンボールで名前は「ジャンヌ」、初め作る品種だが期待が大きいのだ。
日中の連峰
きょうの立山連峰は時間の経過とともに表情が変わる。吾が輩今日日中の写真を撮った。
気温調査   OさんKさん
午後はりんご作りの応援団長K山さんに助けて貰って剪定枝を片付け焼却した。作業中に県農業共済のOさんとKさんがリンゴ園の気温調査器具の取り付けに見えた。ま、お茶をどうぞ、とすすめたところへJAのT松さんも見えてチョットした農談会になった。午後は少し風が立って体感温度はチョット下がったが、夕方になって風は凪いで暖かさが戻った。
夕映えの牛岳
 お天道様が沈まれた直後の西の空、牛岳の夕焼けがきれいだ。明日も好天が続くこと間違いなしだ。

冬にさらば

春の彼岸があけて2日目、朝から快晴・気温も上がって、これでこそ冬とはお別れだ。
3・26・日の出    リンゴ園に日は昇る
吾が輩今日の午前は菩提寺の雪囲い外しだ。例年この時期におこなうのだが、何時も五位鷺の巣作りと一緒になる。今日も3羽が杉の大木のテッペンに止まって吾が輩たちを見下ろしているのであった。でも今年は去年より作業が遅れているようで巣はまだ未完成のようであった。
雪囲いは外すのには手間取らず10時過ぎには終了したので、お茶を頂いて帰宅した。。
寺の屋根と鷺   五位さぎ
午前の余った時間は我が家の庭木の雪吊りはずしだ。雪吊りだけではなく、冬の間、廊下の日当たりのところで過ごしていた君子蘭の鉢を玄関先に出して、4ヶ月ぶりに水を与えて春にチェンジしたのであった。
君子蘭    雪吊りはずし
午後は山間地の集落で有機無農薬稲作をしているSさんが訪ねてきた。山間地での稲作りは普通に作っても大変なのに無農薬、中でも除草剤を使わずに作るとなると、よっぽどの知識がないと収量を多く望めず、低米価では、作る人が生きてゆけなくなる。吾が輩、園芸農作物のことも話して”覚悟のほど”を聞いたのであった。
3時過ぎ彼はかえったので、その後吾輩は畑に「籾殻牛糞」運びを行った。
堆肥運び
今年の生姜栽培予定地に施すのだが、生姜は普通の作物の2~3倍の腐植を施さないと収量が上がらないので、額に汗して運んだのである。
終日の好天だったので6時近くまで作業ができた。今日は朝日も入り日も拝めた。
a href="http://blog-imgs-72.fc2.com/c/h/i/chiyokomasaji/20150326195044738.jpg" target="_blank">日没     山の端に
 入り日が山の端にかかったのは5時51分、お天道様が立山連峰の嶺に顔を出されたのは6時5分だったから、昼・夜は今日でほぼ一緒になったのであった。

明日からは「四温」かな

今日は曇りから次第に晴れてきて午後には日差しが戻った。
吾が輩寒さは昨日ほどではないだろう、と読んで外出だ。出かける先は呉羽のタネ屋。往路は丘の夢牧場の近くを通る。
丘の夢牧場
牧場は畜舎のところには雪はないが丘の峰のところにはまだ雪が残っている。遠望する限りではまだ寒いこともあって家畜の姿は見えない。
 今日の用件は西瓜のトンネル栽培の資材調べとリンゴに施す有機液肥の購入だ。帰路は大きな神社やお寺の前を通る。
鵜坂神社
 この神社は格式が高い”やしろ(社)”なので車を降りて参拝する。
妙順寺
こっちのお寺は由緒あるお寺だ。ちょうど陽光が大屋根に反射しいる。吾が輩車を停めて合掌をした。
午後はリンゴ仲間のS藤さんが来宅、4月に入っての接木のことや、害虫防除の勉強会だ。
菊咲一華(キクザキイチゲ) IMG_0296.jpg
午後になって空が怪しいので知人のブログを訪ねてみると、T峰さんのブログに輪島市門前町の猿岬で写された「菊咲一華」の写真が載っている。まてよ、と吾が輩、先日の妹宅で写した「キクサキイチリンソウ」と似ている。で、ネットで調べてみると、「菊咲一華または菊咲一花」とも「キクサキイチリンソウ」とも呼ばれていることが判った。この植物は多雪地の山地や林内に生える多年草で花色も白や淡紫色の花と知ったのであった。
ネットで調べ物をしているところへワイフ殿の姪っ子が来たので、午前に品定めしてきた西瓜のトンネル栽培に必要な資材を確認した上、発注をすませた。夕方近くになって日差しが戻ったので、今日を締めくくる写真の題材探しだ。
さんしゅの花
あった有った隣家の庭の「さんしゅの木」が花開いている。吾が輩垣根越しにシャッターをおしたのであーる。
今日で寒さは3日続いた。夕方の天気予報は明日からは暖かくなるだろう、と伝えている。今度は4日続きそうだ。

彼岸があけると云うのに・・・

朝目覚めてみると夜来の雪が”うっすら”と積もっている。夜があけてからも雪が降ったり止んだりで寒い一日だった。
今日は花開いたのに雪を被って寒さに震えている(そうでもないかも)庭木から。
まずは朝早く写した雪椿。
しぼりの椿
先日来の暖かさで雪囲いを外した”しぼり咲き”の椿、雪か花弁か間違いそうだ。
雪椿
次は日中写した大株の椿、雪が横殴りに吹きつけて寒そうにしている。
椿はともかく、寒さに先駆けて咲く梅も満開に近いときにこの天候では実が着くのが少なくなるだろうな、だ。
梅花に雪
吾が輩午前はワイフ殿の舎弟からの要請で米を送る仕事をしただけで、パソコン弄りだ。
午後になって詩吟仲間のK瀬さんが訪ねてきた。3月も残り1週間、春を待つ心境を話し合った。
夕方まで残った時間はFBのお友達の動向を探る。
押切さんの雪化粧する山
すると、写真家のO切先生が「雪化粧する山」と題されて素敵な写真を載せていらっしゃったので、吾が輩厚かましくも転載させてもらった。今日は午後になって暫く晴れ間があったので、そのときに写されたのであろうが、惚れ惚れする写真だ。
夕方の天気予報は日中でも気温が3度台だったと伝えている。きょう24日で春彼岸があける、”・・・寒さも彼岸まで”で勘弁してもらいたいものだ。

三寒四温

今日は雨ときどき小雪、でも夕方には晴れ間もでた。
テレビの天気予報5・2が伝える7時30分の気温は5.2度と昨日にくらべると”がたん”と下がった。
富山の朝
雨と決まれば吾が輩”電脳”だ。FBを覗くとY本さんが新幹線初乗り、東京見物で、浅草で人力車のものった、とタイムラインに写真を載せていらっしゃったので借用させて貰った(けなるいね)。
浅草で人力車
外の様子は、と玄関を開けると、尾長鳥が椿の蕾を啄ばんでいる。
尾長鳥
 吾が輩の動きを察知されると飛び立つので逆光もなにも考えずニシャッターを押したのが、この写真だ。
午前の吾輩はネットで調べもの。午後になってボイラーの配管が水漏れをしているようなので、I田水道店に往診?を願った。
血管?の穴
案の定、細い銅管に穴が空いていて水漏れをおこしているのであった。これも吾が輩同様年齢?が嵩んで”銅脈硬化?”をおこしたのであろう。
午後も遅くなって晴れ間がでた。庭の梅で一番開花が遅れる「紅梅」だが、近づいてみると、蕾はうあんと膨らんでいる。
紅梅の蕾
遅くには雪の予報であったがイッパイは心配がないようだ。
雪にはならず
でも、寒いは寒いで、3日ほどは寒さ我慢をせねばなるまい。

晴れのち曇り、夕方は風が立つ

きょうは朝のうちが好い天気、吾が輩朝食を済ませて外仕事をした。、暖かいので薄着にしたが、それでも汗ばむ陽気であった。
水仙の花
陽気が好いので庭の水仙コーナーに植えてある水仙が花開いた。今年は黄色が鮮やかだ。
外仕事は10時に切り上げて、小森夫人の車に便乗して町日中友好協会の集いに出かける。
 坂の街  井田の流れ
会場は坂の街の入り口にあるY田屋、ここから見る街の家並みと井田川の流れは春近しを思わせるに充分だ(足元にある堰には水鳥が遊泳していた)。
懇親会
集いは、昨年秋に県省友好締結30周年で瀋陽・大連を訪ねたMさん、Tさんから報告があったのち、暫くぶりの懇親会でった。今日はかの国から嫁いだKさんMさんの2人も参加して草の根交流がおこなわれた。
終わったのは2時過ぎ、帰路はMさん夫妻の車で送ってもらって帰宅した。夫妻を招きいれて吾が輩草の根交流の続きだ。
梅花満開近し
この時間はまだ日差しがあって、今度の暖かさで開花が進んだ庭の梅の花が目にとまった。
 mさん夫妻が帰ったところで、吾が輩倦怠感を覚える。昼寝をしなかったのか、朝の出に汗をかいて風邪が偲びよったのか、いずれにせよ、と身体をよこたえたのである。
 夕方になって弱い風が立った。天気予報は今夜から気温がさがり、明日は雪だと、伝えている。やはり「三寒四温」と、覚悟せねばなるまい。

春分・お彼岸の中日

今日は(今日から)二十四節気の「春分」、お彼岸の中日でもある。穏やかに晴れた彼岸日和だ。
日の出6時15分
昼と夜の長さがピッタシ一緒になるのは今日とは限らないが、ほぼ同じ。日のでは連峰の嶺で6時15分であった(日の出の時刻は気象情報は5時53分だ)。
今朝は、ブログのランキングの方がインパクトが強い。
84位
一昨日「ゆとり世代」で、ちょうど100位だった吾が輩のブログ、昨日は84位、今朝は69位と3日間連続でランクアップしたのだから、正直に言って”喜びこれに勝るものなし”である。今日は、改めていつもご贔屓にして下っている皆様に、厚く御礼を申し上げるのであります。
69位
今日の吾が輩、朝の出に手土産に持ってゆく”草大福”などを地元の銘菓店で買ってきて、午前午後と出かけた。
午前は、近くに住むかつての先輩に戦後70年の記念講演の講師に迎えたいので、と遺族会の世話をする友人の依頼で,O田さんを訪ねた。快く引き受けてくださったのであった。
午後は旧市内に住む、妹の家に続いて、90歳になる叔父貴夫妻を訪ねた。
富山城   町角
途中、市内の目抜き通りの交差点で信号が赤、停まった位置も好くて、いつか撮りたいと思っていた写真が撮れた。
妹の旦那は写真はプロ級、わけても山の写真が得意、部屋には幾つも掛けられている。
菊先 芸術家
だけではない。高山植物にも造詣が深く、庭に植えてある「菊咲きイチリンソウ」は、吾が輩”よだれ”が出るのであった。
老夫婦
今年12月には90歳になる叔父貴はチョットした足の障害もなんのその、矍鑠としていて、吾が輩安心したのである。なにしろ吾が輩とは気性が似ているので、話が合い、いつも長居をするのである。
帰宅したら夕方近くであった。
5時50分日没
昼と夜の時間が、今日はどうなのかが気になる吾が輩、お天道様が沈まれるのを見届けた。17時50分に山の端にかかられたのだから、「日の入り」の時刻は6時をすぎるのであろう。

如月朔日

旧暦は今日から2月だ。朝は濃霧注意報が出ていただけあってリンゴ園は緑の絨緞が露で”びっしょり”だ。
緑の絨毯
我が輩の地域は濃霧とまではゆかず、霧は次第に晴れた。
空港の朝
朝のテレビは霧が晴れた富山空港を写している。北陸新幹線が開業した以降も利用客は減らないそうだから結構なことだ。朝の出はリンゴ園や庭先の変化を観察するのも吾が輩の日課だが、今朝は庭先で「土筆(つくし)」が目についた。
土筆
吾が輩「つくし」の漢字表現が「土筆」となるのが嬉しく、この時期題材にするのだが、今日はスギナも一緒に育っている写真がとれたのである。今日の吾が輩、午前はリンゴは”生り粕”の摘除もれがないか見て廻った。
午後は小森さんが明後日のランチ会の打ち合わせにみえたので、細部を詰めた後、山畑に出かけて西瓜のトンネル掛けの寸法を現場計測してきた。
トンネルの計測   計測・2
今年は”ひとりじめ西瓜”のトンネル栽培を増やすので、うね幅、マルチの幅そしてトンネルをどんな仕様で掛けるかを、決めて資材を発注するのである。
 2月の別称は「如月」、寒いので衣類を重ねることから”きさらぎ”と云うのだそうだが旧暦が50日もまだも開いていると”きさらぎ”はチョッと間延びしているが、天気予報は来週になると寒さが戻る、と伝えている。
内山邸の梅満開
夕方のNHKテレビの天気予報はウエーザーが旧市内の内山邸に出かけて、梅の満開の模様を伝えている。梅は寒さをついて咲く花だから暦に合っている、吾が輩そのように考えてテレビの画面に見入ったのであった。





雨の一日

今日は朝から雨、それでも一時止み間があった。
雨の朝は我が輩ゆっくりだ。ブログを明けてみるとランキングが”ゆとり世代”でちょうど100位にランクされいる。今年に入って100位以内に2度もランクされたのだが丁度100位と言うのも嬉しいものだ。
ランキング
。いつも視てくださっている皆様に心より御礼申し上げます。
 今日の我が輩、午前はJAの金融窓口にいって金銭出納、営農経済センターで西瓜に使う有機肥料の発注などを行った
帰路は周り道をしてFBの友達で規模の大きい農業を営むF山さんの麦畑を覗いてきた。
麦畑
今冬は根雪と言うほどの積雪がなく、比較的に日照もあったので、麦は順調に育っている
帰宅して写真の被写体を、と、庭を見るとミニアイリスが小雨に打たれている。
IMG_0260.jpg
ミニアイリスの花言葉は「使命」だとか、我が輩が庭に草花を作るのも使命かな、と思ったりもするのであった。
椿乱れ咲き
こちらは「木へんに春」の椿だ。ミニ果樹園の片隅に植えてあるのだが日当りが好いので大株に育って今年は多くの花が咲き乱れている。
 午後は充分に休養をとった後、22日のランチ会に出席する人の名簿を作ったり,FBで友達の動向を探ったりした。
上市の完熟イチゴ
 すると、農林省に勤務されるA野さんが上市の完熟イチゴの写真を載せている。彼は昨年の3月まで富山県職員として上市も管轄の部署に勤務されていたので、先日上市を訪ねたと見える。見事なそして、いかにも美味しそうなイチゴだったのできょうのブログに彩りをそえるべくシェアさせて頂いたのである。


おだやかな彼岸入り

今日は彼岸入りだ。午前はうす曇りで一時陽がさしたが午後は本曇りになった。
夜明けのグラデーション
朝FBを覗くと押切先生がタイムラインに「夜明けのグラデーション」と題されて、素敵な写真が載っていて、見惚れたので借用させてもらった。
 今日は彼岸入りだ。暑さ寒さも彼岸まで、と云うだけあって今日は暖かだ。こんな日は朝食から食欲が出る。
白菜の漬物
我が輩の年代になると、食欲を一層そそるのは漬け物。わけても白菜は”みずみずしい”ので美味しく、我が輩大好物で昔の人ではないが我が輩、朝・昼・晩と、それこそ”馬ほど食す”のである
午前の我が輩、おだやかな天候で風が無いので、剪定枝の焼却作業だ。
剪定枝焼却
これでリンゴ園の冬の仕事は略終わった。この時期にここまで作業が捗ったのは積雪が無かったからで、例年に無いことだ。昼までの余った時間は"生り粕”が残っていないか念査を行った。
午後は県省の交換留学で富山大学で1年間の研修していたLさんが、帰国挨拶にみえた。
梅開花
"こち吹かば匂い起せよ”ではないが、彼女を送るかのごとく我が家の庭の梅が花開いた。
スマホで交換
 今日は近くにお住まいで同じ省出身のSさん宅にも案内して帰国後の交流にプラスになるように、吾が輩取り計らったのであった。
 帰国挨拶
 彼女は中国の育才外国語学校の日本語の老師、1年間の研修で身につけた語学力や日本の文化のこともあわせて一層の中日交流に務めて戴くよう願ったのであった。
 夕方になって、もう一人転任挨拶にみえた方がある。Kさんだ。大切な業務についている方だが"気さくな方”で時々我が家を訪ねてくださって四方山話に花を咲かせていたので、我が輩いささか寂しい思いに駆られたのである。
 3月末は別れの季節でもある。新しい勤務地で、その道に精進されるよう申し上げて、別れを惜しんだのであった。





今日は5月下旬並みの暖かさ

きのう今日と暖かい日が続くいた。
日の出
日の出もずいぶん早くなってお天道様が雄山の”いただき”の上に顔を出されたのは6時21分であった。
朝食直前になって、ピンポーンだ。誰かと思いきや我が輩のブログをいつも訪ねてくださっているH爪女史だ。
赤飯
先日ワイフ殿にスーパーで会ったとかで、今朝は我が輩の大好物の赤飯を持ってきてくださったのであった。嬉しいかな、朝から口福感に浸ったのである(ごちそうさまでした)。
 きょうの午前は楽しみな御仁が訪ねて来るはず。その前に一仕事と我が輩野菜畑にでる。
白菜のとうだち
天気続きにやりたいのが白菜の”とうだち”促進の作業だ。昨年の暮れに結球したままで畑においた白菜。雪の下になったので外側の葉は痛んでいるが、中はなんともない。このままでは朽ちてしまうので、刃物で十文字に切れ目をいれて、株まわりに有機の液肥を散布しておくと、やがて、立派に茎立ちして”柔らかな白菜のとう”が収穫できるのだ。
 約束の時間に訪ねてくださったのが県有機農業研究会の大幹部Z仏先生にY崎女史のお2人だ。
有機のメンバー
今日は果樹の剪定について勉強するのだ、と遠路訪ねてくださったのである。我が輩きょうはリンゴと柿を題材に経験談を語ったのである。
午後は今日のために1本残しておいたリンゴの剪定をおこなった。これで今冬の剪定作業はすべて終了したので4時半過ぎになって接骨院に行くことにした。
a href="http://blog-imgs-72.fc2.com/c/h/i/chiyokomasaji/20150317201308837.jpg" target="_blank">水鳥
往路は井田川ベリを辿る。すると5月下旬並みの暖かさで水が温んだ堰に多くの水鳥が遊泳をしている。
帰宅のころはお天道さまが山の端にかかられるところだ。今日は堰の水際でシャッターを押してみた。
水と空
お天道様が沈まれたのは午後の5時42分、お彼岸が近くなったのだから日脚が延びてあたりまえ、と云えば当り前だが、身も心も温まる思いに駆られるのであった。

4月上旬並みの暖かさ

今日は「啓蟄の候」も七十二候は末候、朝から弱い南寄りの風で暖かくなることを予知できる。、
毛勝三山
日の出の時刻は、立山連峰に霞がたなびいて山並みはぼんやりと見えるだけであった
北陸新幹線が開業して3日目、今朝のテレビは神通川鉄橋が映っている。
鉄橋
カメラは富山駅から呉羽山方向に向けて写しているのだが、この曲線は見応えがある。
我が輩、こんな日は忙しい。先ずは野菜に有機の液肥散布だ。
a href="http://blog-imgs-72.fc2.com/c/h/i/chiyokomasaji/20150316192509278.jpg" target="_blank">キャベツ   人参
3月も後半になって、彼岸入りまであと2日、もう雪はそんなに降らないとみて、春野菜にひと通り追肥して、元気づけをするのだ(写真左がキャベツとアスパラ菜、右は春人参だ)。
午後はリンゴの枝の誘引を行った。
電線の間
午後は風向きが変わったのか富山空港に着陸する飛行機は我が家の上で左旋回着陸態勢だ。
夕方になって東洋医学に詳しい柔道整復のS先生が訪ねてくださった。
IMG_0222.jpg   佐藤先生
我が輩、この先生には”昵懇”にさせていただいているのだが、最近は、「量子波」で痛みをとる治療の講演活動でご多忙とのこと。今日はそんな話をしながら、吾が輩実験台?になったのであった。
 夕方、テレビの天気予報は今日の暖かさは4月上旬並み、だった、と伝えている。明日はもっと暖かくなる、とのこと、七十二候の「啓蟄」末候の"菜虫化蝶”も近くなることであろう。

晴れた日曜

きょうは朝から好天、放射冷却でリンゴ園は霜で真っ白だ。
日の出 霜、真っ白
昔はこの時期に天気が好ければ、あちことで野良仕事風景がみられたものだが・・・、今は農村も日曜日は・・・・
我が輩、午前は管理を増やす桃と柿の防除作業だ、
桃の幼木 桜の手入れ
この桃は植えられて4年目、”桃栗3年柿8年・・”で、今年から実を着ける。我が輩ついでに園の傍らに植えてある桜も貝殻虫の防除をしておいた。
今日は昨夜やってきて久しぶりに泊まった孫娘がいる。
彩乃と写す ちらし寿し
彼女は先日高校を卒業、4月から首都圏の大学に入るので高校卒業と大学入学のお祝いをしたのであった。
我が輩、午後は孫娘とお喋りしながら、昨夜NHKテレビが放映していた「世界牛肉争奪戦」の映像を整理して、ブログに留め置くことにした。
豪州の大豆畑 畑潅水
この番組は多くを教えている。近年中国が牛肉の輸入を増やしたことから、今世界的に牛肉が不足とのこと。牛肉だけではない。大豆も品薄と伝えている。
世界牛肉争奪戦 見渡すばかり
”ぎくり”とさせられたのは、オーストラリアのその道の権威の言葉だ。「水不足、食料不足 無視できないほどに地球規模で問題になっている」であった。食料自給率がカロリーベースで39%の日本、この国の人たちの無神経にあきれるのである。夕方になってバッジのA大先生がやってきた。
エゴマの種
先日、とあるところでお会いしたので、エゴマの種をお願いしていたら、きょう奥さんともども、持って来てくださったのである。嬉しき極みだ。
我が輩エゴマ油のよさを心得ているので、今年から山畑で作ろう、と云うわけだ。これでまた楽しみが増える。

歴史に1ページを刻む

県民待望の北陸新幹線がきょう開業した。50年来の夢が実現した日だ。
一番電車発車
上り金沢発東京行1番列車「かがやき」500号が発車したのは6時21分であった。
501到着間際
下りの「かがやき」501号、1番列車、東京発金沢行が富山に到着したのは8時26分であった。
志の輔さん来る
この電車に落語家の志の輔さんが乗ってきて駅構内でテレビ出演、構内の人混みが凄い。
我が輩午前はテレビで北陸新幹線開業を伝えるテレビ各局の取報道合戦に見入る。
心配していた天候も陽が高くなるにつれて晴れ上がり、開業を祝っている。
淡雪
天候が好くなったので”春の淡雪”は、消え方が早い。我が輩午後は富山県有機農業研究会の第1回定期総会に出席だ。
会長挨拶
会場は富山大学の経済学部301教室、酒井会長は第1回の定期総会が北陸新幹線の開業の日であったことにふれて意義深い、と挨拶された。
足立原先生祝辞   大学構内
 宮腰衆議院議員、穴田JA中央会会長に続いて草刈り十字軍の足立原 貫先生が祝辞を述べられた。足立原先生は今年85歳とのこと、元気矍鑠いつもながら心に沁みる話をされるのであった。
定期総会が終わって記念講演、講師は元明治大学教授の北出 俊昭先生で「農業者・生活者の協同と農について」と題されての講演であった。我が輩所用があり中座したのだが、きょうの日に相応しい内容であった。
今夜は大学受検に合格した孫娘が来ると云うので早めにブログを認めている。ワイフ殿が今日の日の入りは綺麗だ、と云うので写しにでた。
日没
お天道様が山の端にかかられたのは午後の5時40分、本当に綺麗な日の入りだ。明日はきっと春の陽射しが戻ることであろう。

葬送に思う

今日は曇り、ときどき小雨から夕方には雨になった。
北陸新幹線の開業が明日となってテレビは開業に向けての各地の取り組みを報じている
高岡駅
この写真はテレビに映った新幹線高岡駅の今朝の表情だ。
我が輩午前はネットを明けて情報収集、11時過ぎには遠縁に当るT家の葬儀に出かける
竹部家葬儀 行一さん
故人は我が輩の亡母の従姉妹、享年85歳であった。聞けば病気で臥せって居られた訳でもなく、急死であったとのこと。I遺族の方には慰める言葉がみつからないのであった。 故人の実家は弟さんが継いでいらっしゃって、吾が輩と確か同年代、好く存知あげているのだが、長く闘病生活をおくられているので、心配していたが、今日は車椅子で葬儀に参列されていたので安心したのであった。
 最近の弔事で我が輩が思うのは、式場は当然のことながら高齢者が多いのだが、子供の姿が見えないことである。少子高齢化がまだまだ顕著になるのだが団塊の世代がこの世を去るころの葬儀はどうなるのだろうか、と、爺は余計なことを考えるのであった。
 午後は早い時間に帰宅した。玄関先のフレームでは6日に蒔いた茎ブロッコリーが芽を出している。
芽ばえ
小さな双葉が広がって"命”がそだったのである。2~3日寒い日が続いたので温度があがらず芽をだすまでの日数が多く要するのだが、間違いなく芽生えてくる生命力に感動するのである。
 午後は小雨混じりの天候、外には雪がある、と云うわけで外仕事は諦め、吾が輩ネットで勉強だ。
AIIB・国際金融秩序
今日は「ダイヤモンドオンライン」の記事を読みふけった。中でも山田厚史先生の「世界かわら版」は読み応えがあって、眠気が覚めたのであった。

読み飛ばしたんだなー

昨夜の雪は思ったより少なく、ヤレヤレだ。朝のテレビは高岡大仏を映して気象情報を伝えている。
高岡大仏
今朝は、新聞をみると「お悔やみ欄」に亡母の従姉妹の方の訃報がある。明日が葬儀と書かれているので参列お参りすると決めて、今日の午前は身嗜みを調えるために理髪店に行くことから始めた。
 鏡
店作りがハイカラな理髪店なので鏡もよくて爺も映りが好く、男前をあげて、次なる行動だ。次は所得税の確定申告に、行政の税務窓口に行く。
 例年3月12日に提出するのが我が輩の”慣わし”だ。今日は担当の方が記載事項をチエックしてくださったのだが、生命保険料控除の数字を間違えていることが分かった。昨日も書いたが日本の税制は細かくて、難しい。今日の場合、吾が輩は例年通りだろうと、早合点して、説明を良く読まなかったことが原因であった。幸い、小さな変更だったので、訂正して提出したのである。
  帰路は周り道して門前町の名刹に行く。
大屋根
この時間は、また小雪になって、名刹の大屋根は空から降る雪の向こうにあって一幅の絵になった。
 午後の吾輩はJAの生姜栽培研修会に出席した。
組合長挨拶
浅地さん
生姜栽培の取り組みは昨年から始まったのだが、今年はさらに拡大をしようとの意図で行われたのだが、組合長の熱の入れようが強く、生産者も”その気でやるまいか”となったのであった。

風雪強く寒い一日

きょうから啓蟄は次候で七十二候は「桃初めて咲く」だが、なんのことは無い、風雪が強くて雪の花が舞った。
春は遠い
夜来の雪は夜が明けてからも降り続き朝までには我が輩の所で10㌢弱の積雪となった。
ツララ
気温も氷点下になって軒にはツララが下がった。今日は午前に中国からの留学生L女士が訪ねて来る予定だったが、雪のこともあって取りやめになった。
東京駅のkitteで李さん
彼女は県が招聘している交換留学生で、先日東京にいって東京駅向かいのKitteで開かれた富山の日の会場にいってきた、としてFBのタイムラインに写真を載せていたので、吾が輩転載させて貰った。
我が輩、今日は青色申告決算書と所得税の確定申告書を浄書して、あすには提出するまでにこぎつけた。
午後はネットを使って、今年力を入れる「小玉西瓜」栽培の勉強をした。
西瓜の勉強・1   西瓜の勉強・2
作るのは奈良の萩原農場で採種されている「ひとりじめ西瓜」、萩原農場のHPには参考になる情報が沢山あるのだが、中で目についたのが古い時代の人たちが「瓜を食んでいる図」だ。大勢の家族で美味しそうに食べている絵がとても好く描かれていたのでパチリさせてもらった。
午後5時過ぎ
夕方になって雪は一時小止みになった。3月は中旬入りしたのだが、旧暦は今日がまだ1月21日だ。気候は旧暦に準拠する、ともいわれるのだから今年は春の訪れは遅くなるのでは、と我が輩思うのであった。

終日の雪模様

3月も10日になって未明の雨が夜明けとともに雪になった。
今日は最初にランキングのことだ。
ランキング・62位
 朝食を済ませて、雪が降ることだし、と、やおらブログを開けると、「ゆとり世代」で10,941人中62位と今まで最高の位置にランクされていてビックリしたのである。
 日記のジャンルでも、過去にない高位置、455,518人中2,071位なのだから驚きであった。昨日は「地方創生」のことを中心にした記事だったので、そのことが読んでくださった皆さんに訴えたのだろうか、ともあれ我が輩のつまらぬ記事と代わり映えしない写真を見てくださっている多くの方々に感謝し、心より御礼を申し上げる次第だ。
送電線霞む
今日の午前はお得意さんにお米を送る事から始めた。郵便局に行くまでに、高圧送電線の下を通る。今日は雪が降りしきるので送電線もさることながら、鉄塔までも”かすんで”見えるのであった。
米発送
米は東京の知人に送るのだが、吾が輩と同年代なので重い荷物は扱い難いと、昨年からは10kg入り2袋の荷造りでお送りりするのである。
 午後は接骨院にいって膝に施術を受けてきた。暮れ以来キチット通院したお陰で、ほぼ元に戻ったようだ。
帰宅してFBだ。今日は東京のK大学に籍を置く孫息子のFBを覗く。
達哉スイングのふり
 平成の子供だから”おとなしく”育って、我が輩には、のんびーりと構えているように思えてならない。タイムラインには友達が写した写真が載っている。ゴルフのスイングの真似でもしているのだろうか、吾が輩たちが苦学したことには比ぶべきもないのである。
 夕方までの余った時間は確定申告書の精査を行った。今年の申告からはお袋の扶養控除と障害者控除が無くなったので納税額が増える。国民の義務とあれば止むを得まい。
雪化粧
夕方になっても雪は止まない、どころか降りかたが違ってきた。明日朝までには新雪が積もるのであろう。

地方創生はできるか?

今日も曇り空、陽射しはないが比較的に暖かく、外を出歩くにも、野良仕事するにも、どうこういうことはないのだが・・・・
IMG_0096.jpg
昨日のことで云えば、かつては町の商業施設が集中し店が軒を連ねて、目抜き通りだったのに、今は、日曜だと言うのに人影がない。
田んぼに人影なし
今日も今日とて、平野部で我が町の穀倉地帯とも云える広い範囲に農作業をする人が、全く見ることができないのだ。
 少子高齢化の深まりと、産業構造の変わりようで、地方は死んだのでないかとさえ吾輩は思うのである
 5日後には北陸新幹線が開業するのだが、その後どのようにして地域の活性化をはかるのか、具体的な道筋が示されていないではないか。
 為政者はもとより、この地に住む人たちが,みな知恵をだして、もっと活き活きとした地域造りをしないと、地方創生など望むべくもないのではないか。
 閑話休題としよう。
 我が輩の方は午前リンゴ仲間でクラスメイトの村山君が訪ねてきてリンゴ作りの研究会だ。時間が少し余ったのでお得意さんに送るコシヒカリの精白に行って来た。
 鶴の来る町
 昼休みのNHKテレビは「ひるプレ」の番組で北海道の観光地のことを報じている。鶴がまとまって飛来するように、と餌を与えているとのことだが、なんと生きた魚を獲って与えているのには感心すのであった。
 我が輩午後は税の確定申告書を下書きした。いつもこの時期に思うのだが日本の税制は難しくて細かすぎる。
 終わった後はネット漁りだ。昨日は孫娘のことだったので今日は曾孫の動静だ。
 人形香乃が作ったひな
 長崎に住む子育てママのブログによると、3歳になったばかりの曾孫が保育所で雛人形を作った、と書いている。この子はママが若いこともあってスクスクと育っている。やはり子供は”若いうちに恵まれる”と元気にそだつのだわい、と我が輩嬉しくなるのであった。

さくら咲く

今日のトップは我が家に”さくら咲く”だ。さくらと云っても「サクラ科のサクラソウ族」の、プリムラポリアンサだ。
sくら草咲く
本物のサクラより約1ケ月早く、さくらが咲いたのだ。こじつけてまで”さくら咲く”としたのは、孫娘が思いどおりの大学に合格したからだ。高校3年になってから、それこそ寝食を忘れたかの如く勉強した甲斐があったと言うもの、いやメデタシメデタシだ。
 きょうも一日曇り空、朝NHKテレビはきのう旧市内を流れる川にサケの稚魚が放流された、と伝えている。
サケの放流
その数3000匹、子供達の自然を大切にする活動に我が輩打たれたのである。
今日は午後に集落自治会の決算総会がある。我が輩は午前も呼ばれて決算書の精査に立会いした。
午後は4時から総会なので、その間22日に開催する町日中友好協会の「案内はがき」をプリントしてポストに投函してきた。
IMG_0094_201503081816425c3.jpg
今日は日曜なので、ポストはポストでも郵便本局前のポストへ行って来た。途中、坂の街門前町は、名刹の鐘楼が目についたので、人通りの少ないのを幸いとばかり、デジカメのシャッターを押したのであった。
 銀座通り
今日は日曜日、坂の街の目抜きどおりは人影が見えない。北陸新幹線”開業前の静けさ”にしてはチョット?だ。
姫踊り子草
今日は初めが花だったので最後も花だ。この花は「ヒメオドリコソウ」、漢字で書けば”姫踊り子草”、我が家の庭の片隅で蕾が綻び始めた。ヨーロッパ原産の越年草だ。他の花の少ない時はミツバチにとっては重要な蜜源になると言うのだから自然の営みには頭を下げざるをえない。




週末も、それなりに動いたかな・・・

今日は晴れ後くもり夕方から小雨だった。晴れた朝はまだ霜が降りる。
朝の霜
今朝も放射冷却で、このとおりだ。でも晴れ空は午前10時過ぎまででその後は曇りになった。
フレームの中
きのう種蒔きした茎ブロッコリーはフレームに入って加温してあるので、中はポカポカの春だ。
今日の午前は我らが町日中会長で、FBで多くの友達を持つ宮本先生の事務所開所式だ。
宮本先生挨拶採用 頑張ろう!我が輩、先生の後援会の相談役とやらを仰せつかっているので、早めに出かけた。顔見知りの方も多く、会場は溢れんばかりの人・人だ。
 県議選は4期目の出馬と言うこともあって先生にたいする期待は大きく、見ごたえのある開所式であった。
 でもチョットばかし、気になるのは若い人が少ないことだ。若者の選挙に対する関心を高めねばなるまい。
午後は詩吟教室だ。今日は息子さんの勤務先が北海道というH木女史が、休憩時間に北海道の土産をくださったのだが、綺麗な包装に感心したのでパチリした。
北海道の土産
北海道は最近外人観光客も増えているのだが、気候と云え食べ物、みやげ物と健闘振りが目立つ。
上田さん
4時前には帰宅したのでFBのお友達と交信をしたりタイムラインに投稿したりだ。これは本日の宮本先生の開所式で司会の補助役を務めたFB友達のU女史だ、ご苦労様でしたと、労ったのであった。
 日暮れまでは、22日に予定する会合の案内はがきをプリントした。
羽根を休める
夕方になって外の様子をみると、曇り空から小雨がポツリポツリと落ちている。今日も小鳥たちがねぐらに帰る前に我が家のりんごの枝で羽根を休めている。
 我が輩もこの辺で足腰を伸ばすとしよう。

啓蟄の候

今日は(今日から)二十四節気の「啓蟄」、七十二候の初候は「巣篭もりの虫 戸をひらく」だ。
モグラのトンネル
これは“戸を開くどころか、朝から穴を掘り開けているモグラの仕業(しわざ)だ。
 啓蟄ともなると日脚はぐ~んと伸びる。日の出は6時16分だ。
6時34分
お天道様が立山連峰の嶺から顔を出された位置は佐良峠あたり、6時34分であった。
今日は終日曇り空であったが暖かかったので、我が輩啓蟄になればと予定していた作業は全部行うことが出来た。
朝から順に
 ①、先ずはフレーム(ミニ硝子室)から冬の鉢物を外に出して、整理清掃。
寒梅の剪定
 中に入っていた寒梅は徒長枝を切り返す、つまり剪定をして新梢を強く育てて、翌年も多く花を咲かすようにする。
 ②、フレームが空いたので茎ブロッコリーをセルトレイに種蒔きだ。
茎ブロッコリの種蒔き
 ③、H井君が植えていた柿のうち県の推奨品種になっている「陽豊」を、貰い受けてミニ果樹園に植える。
柿の補植
 ④、午後は無花果オーナーのMさんがやってきて、柿同様にH井君の圃場からイチジクを1株移植した。
 ⑤、残った時間は残り僅かになったので楽しみながら鋏を入れてリンゴの剪定。
夕方は町日中友好協会の行事の打ち合わせにSさんを訪ねるも不在だったので帰宅する。途中で小学校のクラスメイト清涼君の訃報に接した。百余名いたクラスメィトも、物故者が、もう50名を越した。オールドブラックジョーではないが、♪ 我が友みな世を去りて・・♪だ。
 夕方のNHKの気象予報は春に先駆けて咲く中央植物園の福寿草を映していたので使わせてもらって啓蟄の日の纏めとしよう。
福寿草
追記、筆を擱いて外に出てみると”まんまるーい”月が中天にある。
望月
今日は旧暦の1月16日だが、月齢は15・1の満月であった。

元宵節

今日は旧暦の1月15日、元宵節だ。つまり新年になって初めての十五夜なので、中国では「湯圓」といって丸い食べ物を作ってお祝いするのだ。
元宵節
この写真は胡麻餡が詰めてある"湯圓(たんゆえん)”、小森さんからプレゼントされたのだ
桃の剪定
 きょうの午前はH井君がギブアップした果樹園のうち吾が輩達が継承する予定になった桃の剪定作業を行った。3月になったので一日でも早い方が好いとの判断だ。午前は曇り時々小雪が舞う寒さ、でも止み間もあって仕事は捗った。この桃は植えて4年目、今年から実を着けるので、楽しみがまた増えるのである。
 午後は多面的支払制度の研修会だ。26年度から始まったこの制度、吾が輩の地域は「広域協定運営委員会」が設けられて、この会が主催した。
多面的機能研修会
初めに会長が挨拶だ。この会長は我が輩の友人Sさん、かつての職場の後輩でもあり、地域の中心人物でもある。
出席しました
我が輩はこの仕事は第一線を退いたのだが、集落が小さく日中の会合に出席できる人がいないので代理出席したのであった。事務当局から資料に基づいた説明の後は優良事例報告だ。
事例発表・新田
さすがに優良事例だ。参考になることが多くあって、吾が輩勉強をさせられたのであった。
事例発表・大杉
 4時近くになって帰宅したところに小森さんが訪ねてくださって、冒頭の元宵節の贈り物を戴いたのである。そのご2人で町日中友好協会が22日に開催する、懇親会の会場手配を行って、一日は終わった。
 ならばと”たんゆえん”を熱して食べたのだが、ゴマの餡がとても美味しく、異国の食文化に舌鼓を打ったのである。

人の往来

今日は訪ねてくださる方が多くて我が輩予定の変更を余儀なくされた。
朝から曇り勝ちで小雨もパラついたのでゆっくりペース、テレビは富山の模様を伝えている。
富山の朝
 朝食の後パソコンのデスクトップの写真を入れ替える。
pasokonn.jpg
この桜花にメジロの写真は、何時だったかネットで見つけて保存しているもの。我が輩大好きな構図なので季節になると、このように引っ張り出すのであーる。ついでにFBのお友達ノタイムラインを覗く。
新田保育所
今日は民生委員をされているT井先生が昨日の「雛祭り」の日の写真を載せていらっしゃる。校下のS保育所で行われた高齢者の方との「ふれあい活動」だ。記事によると、園児たちの遊戯や歌の発表の後”さくら餅”を食べてのふれあいで、とても喜ばれたとのこと、素敵な活動に我が輩感心したのであった。
さて用足しに、と思っているところにリンゴ仲間のMさんだ。仲間の一人が経営規模を小さくすると言うので対応を話し合った後、園にでて我が輩の剪定の特徴などをみてもらった。
 ごごになると、今度は「ふぁーむよつば」の藤瀬・野田のご両人だ。
野田さん
 午前の話とも関連して、吾が輩の農地を借りて3年前に植えた桃やリンゴの栽培を辞める、と云うH井君の後をどうするかで話し合った。結論はH井と協議した後になるが、吾が輩たちの希望としては桃とイチジクは継承して作ろうでは、となったのであった。
 夕暮れまでに時間が余ったので、近くに住む叔父貴の家にコシヒカリ白米を届け、帰路はJAに寄って用足し、いった序に売り出したばかりの「しょうが醤油」を買って来た。
しょうが醤油
この「しょうが醤油」はJAあおばが吾が輩達が昨年から始めた生姜栽培の拡大のために工夫された上、販売にこぎ付けた商品だ。早速夕食に使ってみると、なかなか美味しく、これなら”いける”と確信したのであった。

2010年3月3日→きょう、丸5年

我が輩がブログを始めたのは2010年の3月3日だった。2010年の10月に海外旅行で1週間休んだだけで、丸5年の間1日も休まず、きょうから6年目に入る。
 ”継続は力なり”とも、”継続は精神なり”ともいわれるが、ともあれ今日まで続いたことで、自分に褒美を贈るとしよう。
今朝は晴れて放射冷却、りんご園は”真っ白”な霜に覆われて6年目のスタートを祝っている。
霜の朝
午前の吾輩はリンゴの幼木を植え替えた。先立って、植穴の土壌条件を良くするために入れる「赤玉土」を買ってきた。
店には鉢花の”お買い得品”があったので買ったのが「プリムラポリアンサ」だ。
プリムラ
今日は孫娘が高校を卒業する日、ささやかなお祝いであり、8日に発表になる、と云う大学入試の結果が”サクラ咲く”となることにかけた心算だ。
植え替え
 秋映(あきばえ)と云う品種、昨年移植したのだが、故ありで再度の移植になった。
午後は接骨院にいった後コシヒカリの精白だ。佐藤農園の近くにコイン精米所がある。それに託けて、昨日写してきた佐藤農園の近況を載せておく。
佐藤農園・1 IMG_0009.jpg
IMG_0011.jpg
育苗ハウスの中はポカポカ陽気、ナスもピーマンもすくすくと育っている。その一画は仕切られていて、今日から始まった、茄子の接ぎ木作業が進行中だ。この女性達は接ぎ木の名手、その手際のよさに我が輩感心するのであった。
大もの小
今日は終日の曇り空、夕方になって本曇りだ。雨が近いのか楓の枝に小鳥たちが止まってねぐらに飛び立つ準備だ。

有意義な一日

今日は思いがけなくも良い天候、我が輩思い通りに行動ができた。
先ずは隣の家のあるじを入院先の病院に見舞った。出がけに目に止まったのが我が家の柿の枝に止まって会話に夢中のスズメの群れだ。
スズメのお宿
晴れ上がった空模様に嬉々としているように我が輩には思えるのだ。
週明けの病院は外来で混んでいる。M井さんは思っていたより元気で我が輩”お大事に”と申し上げて失礼したのであった。
 病院の近くに太陽光発電施設がある
IMG_0008.jpg
今まで、ここに在るとは知っていたのだが改めてデジカメに収めてみると、なかなか立派な施設なのだ。
帰り道は佐藤農園によって育苗作業中の皆さんに陣中見舞いをしたのだが、写真は明日のブログに書くとしよう。
 帰宅したのは10時過ぎ、だったので午前の余った時間は剪定枝の片付け。
午後は月に1度の勉強会だ。
中村先生採用
 今日は12回に及んだ中国近代史の最終講座、先生はホワイトボードをイッパイに使って碩学の何たるかをお話されたのであった。
 夕方からはJA組合長を励ます会だ。
IMG_0021.jpg
交久庵・1
集ったのは、いずれも口八丁手八丁の面々(我が輩を除いて)1時間あまり好き放題を言った後の懇親会は,励ますに余り有るものがあったのである。
プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR